2017年 06月 25日

前に見たあれは?どうなった?。

e0033229_18343443.jpg


ようやく梅雨らしくはっきりしない日になりました。
わが庭で新しく咲いた花はこのスカシユリが今朝こんなに咲いていただけなので、ほかにこれといった新しいネタもないので、過去にやりっぱなしみたいになって結果を書いてなかったものの今の状態をご紹介します。
まず、昨日は一輪だけだったスカシユリ

e0033229_18401261.jpg



紅花額紫陽花
今年はこれまでになく大きく咲いた、紅花額紫陽花ももう花の時は終わった。
紫陽花は花が終わったらなるべく早く剪定をするようにということで、昨日始めたが半分切ったところであまりの暑さに中断、そのままになっている。
e0033229_18424936.jpg



カラー
再生して使おうと袋に入れてあった、古い培養土の中から芽を出した、カラー、あの時は葉っぱが2~3枚で弱々しかったが、こんなにしっかりしました、でも花の季節じゃないのでどんなに元気になっても花は咲きません。

拾われっ子のカラー
e0033229_18461170.jpg



カエデ
滝を見に山に行ったとき滝の前の道端で、見つけて拾って来た、この子も拾われっ子のカエデ、あの頃は全長が15cmくらいだったのが今ではひょろひょろと60cm近くある。
e0033229_18481096.jpg



皇帝ダリア
このまま自由に伸びさせておいてら、支柱を立ててもひもで結ぶこともできず、風が吹いたら大変だと、途中からちょん切ってしまった皇帝ダリア、切ったそのすぐ下の節から元気な芽が4本も出て来た。植え付けるときに元肥と、台所から出た生ごみたい肥を入れてやっただけなのに、よく育つ。
あんまり育たない方がいいんだけどなぁ。そんな思いで見ている皇帝ダリア。
e0033229_18541646.jpg



ドーム菊
ドーム菊はどうなった?。
はい、こんなに元気です。一度植え替えをした鉢くらいしの中に5種類の花が咲くはずです。たくさんありすぎるので。これ捨てなくてはならない。(困)
e0033229_1857635.jpg

頑張って育てています。

こんな中で毎日戯れています。

今日は静岡県内では県知事選挙の日です。私は昼前に行ってきました。





# by yo-shi2005 | 2017-06-25 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 24日

踏んづけたスカシユリ

e0033229_17505524.jpg


暑くても寒くても花を相手に話しかけるように独り言を言いながら花と戯れているのが楽しい。

まだ、花たちを見ると、「あれをしてやらなくっちゃぁ、これもしておきたい・・・・」と、次々と仕事が湧き出してくる感じだ。

そんなこんなで、狭い花置き場の奥の方から鉢を取り出そうとすると、手前の方の鉢が「私の手入れを先にやってくれない?」と言っているように絡まって来る、そして、重い鉢をもってよろっとすると手前の鉢がゴロンと倒れる、足元がふらっとして、倒れた鉢に植えてあった、ユリを踏みつけそうになる。
「あっ、茎をふんじゃったかな??・・・・」
見ると「踏んだのは葉っぱだけだった。
この鉢、はほったらかしだったけど季節になったらにょきにょきと眼が出てきてつぼみが出て来たときだった。
「ごめん、ごめん、今起こしてやるからな、茎は大丈夫だったかぁ」とユリに詫びた。
そしてこぼれた土を戻して土の不足は補充して、水をやっておいた。
そんなことがあった黄色のスカシユリが咲いたのだ。
花に声をかけた・・・・
「あの時茎を踏まなくってよかったなぁ」
花がにっこりしたような気がした。
e0033229_1831694.jpg


・・・・

我が家からちょっと遠い花屋で、苗の売り場の横に見本として三色の寄せ植えになった立派なベルフラワーを見た。
「こんなの作りてぇなぁ」と思いながら苗を三色買った。
そしてレジでそこの奥さんに聞いた。
「どうしたらあの見本みたいになるの?」
「あれは専門家が温室の中で育てたものですけど。一つのコツとしては、これを植え付けたら、すぐに、花も蕾も全部摘み取ってしまってください」と教えてもらった。

花が終わるとそのあとには受粉した種の元が残ります、そうすると植物は子孫を残すために中の種を一生懸命実らせようと頑張ります。そうすると茎を伸ばしたり蕾を付けたりする力が弱くなってしまいます。
そこで残酷なようですが、その種を実らせないために、種のできる元を摘み取ってしまうのです。
これもその花屋さんの奥さんから教えてもらったものです。
そしてここまで育った。
e0033229_18135873.jpg


考えてみたら、花柄を摘んでなかった。
暑い日差しを避けて玄関前のデュランタの木陰で、花柄摘みをやった。

・・・・・・

もう一昨年の晩秋になるが、ドーム菊に挑戦したくって苗を求めてあちこちのホームセンターを歩いたとき、ドーム菊の苗は手に入らずスプレー菊の苗を買って来た。でも・・・・
「俺はドーム菊が作りたいんだ、この苗はドーム菊にはならないんだ」
菊苗には可愛そうなことをしたが、ほとんどほったらかしだった。
それでも咲いた。
そしてまたほったらかしだったが今年も咲いた。
e0033229_1821325.jpg


菊に対する詫びも含めてもう少し開花が進んだら特等席の仏壇に供えてあげようと思う。

・・・・・

こんなことをしていると腕のあたりがむずむずして、何かなと見ると蟻が這っている、珍しくもないことだが、日本在来腫の蟻なら、むずむずが気持ち悪ければ振り払えばいいが、こんなのがいるというので、ありと言えども油断はできない。
特に貿易港でコンテナーについてくるようだ、最悪の場合人間が限が死に至るほどの毒があるそうだから、皆さん充分に注意しましょう。
e0033229_18293115.jpg






# by yo-shi2005 | 2017-06-24 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

ファン

画像一覧