2017年 07月 25日

暑きなか ダムを見んとて 滝の汗かき

e0033229_19174896.jpg



昨日のブログの続きのお話です、もう少しお付き合いください。

ダム工事を見に行ったのだが、どうせダム見学ツアーは満員でダメだとわかり、それならば自由に・・・と、以前この地に来たときに見た綺麗な滝が地図で見ると丁度、ダム本体のあたりになるので、「どうなったんべぇか」と暑い中を、痛い脚をだましだまし歩いて行ったら現地に着く直前で、通行止め。仕方なく引き返す途中、往路では段差に気が付いていたのに、ついよそ見をしながら歩いていて、痛い方の足を、その段差の下に踏み込んでしまった。
「いてぇ!!!」その場に尻餅をついてしまった。
・・・・とここまで昨日書きました。

その気になった滝っつうんがどんな滝かお見せしましょう。
吾妻峡谷・白糸の滝
e0033229_19253737.jpg

この写真は前に2014.09.29にこの地を訪れた時に撮ったものです。

今はこの峡谷には水は流れていませんここを流れる水はダム工事に邪魔なために一時的にトンネルを掘って迂回させています」。
だからこんな波紋は見られないことは承知していましたが、それでもどうなっているか、ダムの底に涼むことになってしまったのか知りたかったのでした。だけどその滝までは行けませんでした。
そのあげくに、尻餅です。
こういうのを、泣き面に蜂というのでしょうね。

でもここで座っていても誰も助けてはくれない。恐る恐る立ち上がってみました。
こんなときは、掛け声を出すといいのだそうですね、だからガードレールにつかまって、「せぇの、どっこいしょ!!」立てた。そぉっと痛い方の足に力を入れてみると、・・・・大丈夫そうだ。

そぉっと腰を曲げて、足元に置いた、杖と、カメラの一脚をもって両手に杖の状態で少し歩いてみた。

ゆっくりなら何とか歩けそうだ。
とにかく車まで行かなくっちゃぁ。

車までは1km近くあったと思われる。
車の中で手当てをして、おにぎりを食べて牛乳を飲んで・・・・。
足はだいぶ楽になった。

ここから少し走ったところに八ッ場大橋(やんばおおはし)がある、そこからは水平方向に工事現場が見えると聞いていた。



ただ橋の上に車は止められないので、近くの資料館の駐車場に車を置いた。大きいカメラは持たず、コンデジと一脚と杖をもって歩いて行った。
e0033229_19474697.jpg


橋の上からズームで撮った工事現場
e0033229_19505070.jpg


正確には解らないがこの橋の上から工事現場までは1kmくらいはあるのかと思う、どのあたりで何の作業をしているのが見えるのか全く分からない。

車に帰って、ヤンバダム資料館に行って見た、資料館なんて言うとさぞかし大きな・・・・と思うが
プレハブ作りで中には資料と写真が展示してあった。
解説してくれる職員はただひとりこの人?だけ。
e0033229_19592528.jpg


このあとは、一番つらかった無料の展望台に行きますが、
これも思い出すとつらい。
その話はその当日現地から投稿していますのでご覧ください。

泣き言ばっかりのブログになってしまいそうなので、この旅の話はこれくらいにしたいと思います。
ながながとお読みくださいましてありがとうございました。

でも私自身は、つらかった、痛かったなども旅の思い出の一つと思っています。

この旅にもう一つの目的があり、まだブログに一度も発表してない話もありますがそれは後日、ご紹介します。

今宵はこれにて。ご無礼仕り候。






# by yo-shi2005 | 2017-07-25 20:05 | | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 24日

帰宅して 浸る余韻も 旅のうち

e0033229_1891441.jpg


今回の旅は昨晩帰宅したところで、終わったわけだが、頭の中には、その余韻がぐるぐる回っている。

その余韻を楽しみながら、ブログのまとめを書きたいと思います。

まずは、八ッ場ダムの工事現場見学ツアーに参加したいと思い、出発前日に国土交通省の現地の事務所に電話した、
「何日をご希望ですか?」
「明日なんだけど」
「何名様ですか?」
「おれ、一人だけでいいのだけど」
「申し訳ありませんが、このツアーは8月22日まで予約がいっぱいなんで、お受けできないのですが」・・・・・
予約がいっぱいなら、何で人数なんか聞いたんだろうと思ったが、もっと深く考えてみると・・・・
一回の団体になるくらいの人数なら、新規に一団体組むという方法があるのかなと想像。

でもこのツアーはあきらめた、どこか見られるとこで見りゃぁいいや。

ということで出かけた。

何回か現地に行っているんで、道は大体わかるし、頼りねぇけどナビもある。

とにかくダムにちけぇとこぃ行ってんべぇと、走って行った。
ダム現場に近づいたところで、道端の小さな畑の隅で足を投げ出して座っているおばあさんがいた。
ちっと離れたとこぃ車ぁ止めておばちゃんに近づいて行って
「こんちわー、おばちゃん暑くって大変だのぉ」
「アッついのぉ、こんなちっとんべぇ草むしりィしただけで、はぁ、くたびれてこのしまつだぃ」
「でも綺麗になったじゃん。これ小豆だんべぇ?」
「えぇ、うちで食うだけでも作るべぇと思ってやってるんさぁ。あんたぁ、この暑いに静岡からなにぃしぃきたん」
私はちょっと驚いた。
「おばちゃん、何でおれが静岡から来たってわかるん?」おばちゃん笑いながら。
「だって、あんたが今乗って来た車に書いてあるだんべぇやぃ」
「ええっ、おばちゃんあんな遠くの字が読めるん?、目が達者だねぇ。おらぁ、ダムぅこしらえてるとこを見ぃきたんさぁ」
私はこんな会話が大好きだ。

おばちゃんはおせぇてくれたんさぁ。
この先100メートルくえぇいくとガードマンがいて、その先は車じゃぁ行けねぇよ、だけど、歩いて行くんだら、ええかんべぇ先までいけるっつうはなしだよ」
「そうかい、暑いけどおらぁせっかく来たんだから行ってみらい。おばちゃんいろいろありがとうね」
「ごくろうさんだねぇ」

少し進むと見覚えのあるところに出た、ガードマンがいて、反対側にトイレと駐車場があった。

確かこの先に大きな橋から見える「白糸の滝」っつう、波紋のきれいな滝があったはずだけど、どうなったんべぇか、それが見てぇ。

ガードマンに「暑い中をたいへんだねぇ」と一言ねぎらいのおてんたらぁ言ってから。
「ここは、あるきなら行ってもいいんかぃ」
「途中までですけど行けます、車道は工事のダンプが通るから出ないでくださいね」。

渓谷を流れる水は、ダム工事に邪魔なんで、トンネルを掘って、そっちに流しているそうで、渓谷はただの谷間になっていた。
時々ダンプカーやミキサー車が通る道の歩道を歩いて行くと
突然こんなきれいな橋が現れた。前に来たときはこんなのなかった。
猿橋
e0033229_1934212.jpg
そして、その橋の向こうには細長い滝が落ちていた。
これが白絹の滝というらしい
写真を繋いだが、まだめぇねぇ部分があるらしい長い滝だ
e0033229_19422422.jpg



この歩道はほとんど高低差を感じねぇ道だった。
ただ一か所だけスロープ状に段差のあるところがあった、これが・・・・
e0033229_19394074.png


ストリートビューめっけた段差がわかるかい。
ガードレールの下の縁石の高さが違うだんべぇ。

行くときは、段差もわかっていた、波紋の滝を求めて進む、だけどついに歩行者も通行止めんなっちゃった、
e0033229_1953189.jpg

むこうのほうにゃぁくじ現場がめぇるんだけどなぁ。
これぇ無視していくほどの無法者じゃぁねぇ、だけど木の葉っぱに下から見るとはぁすぐそこに工事現場がめぇるんだけどなぁ。
e0033229_19552388.jpg

この歩道の先ぃ見ると、あの波紋の滝めぇた橋がすぐそこにあるんさぁ。

あきらめてあっついなかぁ引っ返してくる途中のことさぁ。

さっき書いた歩道の段差があるだんべぇ。
おらぁ、まわりの景色を楽しみながら疲れた足でとぼとぼと帰ぇってきたんさぁ。

今度の旅は、左膝を心配しながらの旅だった。その日だってシップ薬ぃ貼ってサポーターでおさえていたんさぁ。
それぇ、よそみぃしていてその左足ぃ踏み出したとこが、丁度その段差の下だったんさぁ。

あぁかんげぇても痛くなるから、続きは明日にするべぇ。はぁ送信する時間だから。
あとは明日書きます。グニャっと尻餅ぃ突いた話を。






# by yo-shi2005 | 2017-07-24 20:05 | | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

検索

ファン

画像一覧