2012年 07月 27日

皇帝ダリアは今

本日もご訪問くださいまして有難うございます。我が家の皇帝ダリアの様子をご報告いたします・・・・yo-shi2005

皇帝ダリアとは、ほっておけば毎年芽が出て勝手に大きくなるが、育てるに付いて悩み多き植物です。

皇帝ダリアは2009年からだから、4年目になる。
あるときは伸びすぎて手が届かず、あるときは台風で幹がぽっきり折れて、緊急外科治療したり。
伸びすぎて心配、伸びなくて又心配、子育てみたいなものだ。

戴いたコメントで、皇帝ダリアのことを、とリクエストいただいたので、早速写真を撮ってUPします。


   ・・・まずは太郎・・・

一時は心配しました。
あまりよく伸びるので、この調子でいったら、「ジャックとマメの木」みたいになったしまうんじゃないかって。

そこで早めに芽をつみました。
そして、最近は水も肥料も制限しています。

水も、肥料もたっぷり与えていた頃に育って、根本のほうは
e0033229_211081.jpg


節の間が50cmもあったが、肥料と水を控えたら


先端部
e0033229_2118678.jpg

このほうが伸びすぎなくてよい。

   ・・・次郎は・・・

e0033229_21191890.jpg


これも心配の種が残っている。
大きくなりすぎるとお隣さんの方に倒れないかと気がかりだ。
お隣の奥さんが、この花が好きだといってくれるので、嫌いにならないようにちょうどよい高さで見ていただきたいものだが、もう一度くらい芽を摘んだほうがいいかなと思っている。


   ・・・女帝ダリアSAYURI・・・

裏庭の女帝ダリアさゆりは、今年は育ちが遅いようだ。
まだゴーヤの棚からやっと頭を出したところだ。
e0033229_21251147.jpg


最初に植えたときは、それぞれ一本だったが、みんな株を増やして3本になっている。

悩みを抱えながら、11月の開花を楽しみにしています。

4年育てて学習したこと、それは、地植え皇帝ダリアは肥料は要らない。
育ちが悪くても大丈夫だ。水も枯れない程度に。


皇帝ダリアはこんな状態です。台風が来なければ、秋遅くには花をUPできると思います。
by yo-shi2005 | 2012-07-27 21:35 | 花日記 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/18482404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyakeoriibu at 2012-07-27 21:59
皇帝ダリアは、一度植えたら毎年芽を出し、きれいな花を咲かせる
優等生です。
我が家の皇帝ダリアも日に日に大きくなっています。
花の咲く11月が楽しみですね。
女帝ダリア?  どんな花が咲くのでしょうか・・・・・・。
Commented by yuriazami at 2012-07-27 23:21
こんばんは
皇帝ダリアも今年は順調に育っているようですね^^
気候がおかしいのでまだ安心はできませんね。
幹が折れて緊急手術したこと思い出しました。
太郎・次郎・さゆりと名前を付けて
毎年増えていったことも懐かしいです。
たくさんの緑に囲まれて暮らしているのがステキですね。
Commented by Mrs.和やか at 2012-07-28 15:30 x
皇帝ダリアの苗を二年に渡って、下さった友だちが居ります。
でも、こちらに興味と愛着が無かったのでしょうね。
私のところでは咲きたくないと…。
咲くどころか、気にもしていなかった折り、はっと気づいて見に行ったら腐って枯れて居ました。
多分、土が気に入らなかったと思います。水はけが悪かったような気がします。
可哀想なことをしましたが、近くに花の美術館があります。
そこで夏の終わりごろになったら堪能して来ます。
Commented by pckago at 2012-07-28 17:01
皇帝ダリア此方でも見かけますが
あまり手をかけなくても良いのですか!見かけるのは皆背が高いですが芽を摘んでも良いのですね。
台風の被害も無き花の咲く頃が楽しみですね❀
Commented by satami1224 at 2012-07-28 21:24
台風で折れない事を祈ります 咲きましたら アップしてくださいね。
最近 良く見かけます 皇帝ダリア まだ花は咲いていませんが。
Commented by timata-sn at 2012-07-28 21:53
よしさん  こんばんは
今日も良いお天気でした、暑いあつい一日でしたね。

皇帝ダリアは以前は探すような珍しい花でしたが、今ではあちこちで
見かける様に成りましたね。
言われる様に大きく成りすぎると台風に会うと可哀そうな結果に成りますよね。
4年目ともなれば、色々と研究されて調整されて居るんですね。
今年も元気に育って居て綺麗な花を見る事が出来そうですね。
Commented by yo-shi2005 at 2012-07-29 07:51
元気ばばさま
コメント有難うございます。
あの時皇帝ダリア太郎は地上1mあたりでおれてしまいました。
その時はもうだめかと思いましたがこの植物は繊維質が強いことを思い出し、「しっかりせよと抱き起しタオルの湿布にビニールを巻き丈夫な棒で添え木して支えも十分にしてあげたら、そのまま息を吹き返し、しっかりと花を咲かせてくれました。さすが皇帝です。
元気なことはいいことですよ。困ることなんかないと思いますよ。
Commented by yo-shi2005 at 2012-07-29 08:03
miyakeoriibu さま
コメント有難うございます。
以前写真で拝見しましたが、oriibuさんの皇帝ダリアは広い畑にのびのびと育っている様子で、あれならダリアも幸せです。でもあの条件では支えを十分にしてあげないと台風の時に怖いですね。
我が家では狭いところに「特別待遇」で地植えにしてありますから。その周囲は日が当たらなくなってしまって休眠中の鉢を置いている始末です。
皇帝ダリアに戯れに、太郎、次郎、花子と名前を付けたところあるブロ友さんが、花子なら「女帝ダリアですね」とコメントをいただき、また別のブロ友さんから、花子よりも「さゆり」のほうが・・・とコメントをいただき、お二人の合作で「女帝ダリアSAYURI]と名付けましたが、元は普通の皇帝ダリアです(笑)、そんなことして楽しんでいます。
Commented by yo-shi2005 at 2012-07-29 08:10
yuriazami さま
コメント有難うございます。
皇帝ダリアは一度植えると、あとは自分で増えていきますが大きくなって、支柱を立てるのが大変です。それだけが欠点です。
この花も好きです。
もう少し広い庭があれば、文字通りの緑に囲まれた生活ができるのですが、なにしろ、狭い庭に雑多な植物たちがひしめき合っています。
緑も花も好きですからいいですけど・・・でも先日、カサブランカの花粉で、ズボンとシャツを予定外の選択をさせられました(笑)それ以来、雄蕊を切り取っています。
Commented by yo-shi2005 at 2012-07-29 08:21
Mrs.和やか さま
コメント有難うございます。
植物も動物も世話をするには興味がなくては愛着が湧きませんね。
ダリアのほうで「残念だけど、ここでは咲かせてもらえそうにない」と自分からあきらめたのではないでしょうか。
私にとって古くからのブロ友さんで、東京都心にお住まいの方がおられますが、時々花の苗や種を送ってくださいます。元気に育った様子をブログにUPするととても喜んでくださって、お電話などくださいます。やはり花に興味と愛着をお持ちの方で、そんな方がくださった苗や種は、素直に育ってくれるような気がします。花を通じて心が通うような気さえします。
Commented by yo-shi2005 at 2012-07-29 08:28
pckago さま
コメント有難うございます。
皇帝ダリアは大きくなるのが特徴ですが、反面大きくなるのが欠点で支柱をしっかりしておかないと、台風シーズンのあとで花が咲きます(11月以降)。
今年気が付いたのですが、この植物は、肥料が多すぎると間延びしてしまってよけい背が高くなります、肥料は控えて、水やりも控えて、6月頃に先端の芽を摘んであげるとその下の節から枝が二股に分かれます、芽を摘むのは7月中が限界とか聞いたことがありますが、その後の芽摘みはまだ実験してみていません、今年やってみます。
Commented by yo-shi2005 at 2012-07-29 08:33
satami1224 さま
コメント有難うございます。
一生懸命育てて自慢のできるような花を咲かせて、ご覧いただきたいと思います。お楽しみになさってください。
皇帝ダリアは「単日性植物」といい、日が短くならないと蕾をつけません。私の住むあたりでは11月中ごろに蕾が出ます。
寒い冬でもさきますが、霜には弱いようです。
2年ほど前に1月後半まで咲いていたことがありました。
Commented by yo-shi2005 at 2012-07-29 08:39
timata-sn さま
コメント有難うございます。
何ともむしあついですね。昼間だけなら我慢もしますが、夜まで暑いと、クーラーを好まない私は夜が辛いです。
皇帝ダリアは、流行もあるかもしれませんがそれよりも、大きくなりすぎるので嫌われてしまって、育てる人が減ったのではないかと思います。
事実、私が最初にさしきの枝を頂いたご近所のお宅も「大きくなりすぎて手におえない」とやめてしまいました。
なるべく育てやすい状態で育てようと私なりに研究していますが、それでも大きくなりますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧