2014年 07月 18日

虫害

e0033229_19562183.jpg


このページは虫の画像が出てきます、苦手な方はスルーしてください。

想像では一昨年の秋にバッタのつがいがいて、大量の卵を産んでおいたものと思われるが、昨年梅雨のころに小さなバッタがたくさんいるのを見た。
でもその時はあまり気にしなかった。
しかしそのバッタも次第に大きくなり、食欲も旺盛になってきた。
その上数がものすごい、数えることは勿論想像もできないほどの数のバッタがいた。

とても捕まえきれなかった。

お蔭で皇帝ダリアの葉は網タイツのようになり、義姉が送ってくれた、アシタバの苗は、ようやく根付いたところで、このバッタの大群に食い荒らされて、ついには枯れてしまった。

e0033229_2094536.pngそして今年もちいさな、1センチほどのバッタが見られた。
「去年の轍を踏んでたまるか」と、今年は見つけ次第、アースジェットをシューとやった。

これは使い方にコツがあって、吹き付ける葉っぱから20センチ以上離さないと植物が氷焼けしてしまう。
時に小さなバッタは風圧で飛ばされてしまうので、バッタの塊りの遠くの方から霧が降ってくるように当ててやる。小さい間はこれでころりと行くようだ。

その被害は
穴だらけになった皇帝ダリアの葉っぱ。5枚のうち一枚にバッタがいます
e0033229_201995.jpg


ひと晩のうちに網の目にされた、木瓜(ボケ)の葉っぱ
e0033229_20212129.jpg


そしてペンタスの葉っぱまでも(この画像の中にバッタが5匹います)
e0033229_20231268.jpg


加害者はバッタだけではない
ゼラニュウムを食った虫(名前は知らない)
e0033229_20284411.jpg


これは現行犯
左下のバッタは「僕は見ているだけだよ、食ってないよ」と言ってるみたい。
e0033229_20294384.jpg


ゼラニュウムの芯を食って、折れてしまったので、別の芯に移ろうとする虫
e0033229_20312172.jpg



このほかにまだ名も知らぬ毛虫や、コガネムシの幼虫やらたくさんいるが、見つけ次第捕獲している。

この虫害を免れて綺麗に咲いた花だけを表庭に移している。
特にブログにアップする花はあまり見苦しいものは載せられないので選んでアップしている。

今日は恥を忍んで、「実はこんな状態のものもある」というところをお見せしました。

お見苦しい画像で失礼しました。



by yo-shi2005 | 2014-07-18 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/22212518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぉ茶 at 2014-07-18 22:00 x
まぁこれも自然のなすまま、自然の姿…
本来は殺虫剤やらなんやらが自然のものではないですからねぇ。
とはいえやはり困ったものですね。

あ、ちなみに昨日のコメントの休みっぱなし、ブログの事です。
滝もほとんど休んでますし、その他も休んでますが、仕事だけは休んでません…
Commented by yo-shi2005 at 2014-07-19 20:20
お茶さま
コメント有難うございます。
だから私もなるべく草花の害虫は「テデトール」で退治してるんだけど、1cm位のバッタが数十匹一枚の葉っぱの上に集まっていたら、とても捕まえきれないので、そんな時はシューとやっています。

仕事をやっていればほかのことは休んでいて見いいでしょう、あなたはまだ若いし滝は逃げません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧