2015年 02月 19日

勿忘草

e0033229_183613.jpg


思えば今からちょうど半世紀前の1965年の事、住み慣れた会社を”一身上の都合”で退職することになった。

その時、いくつか送別会をしてもらったが、そんな時いつもお開きに歌われるのがこの歌だった。


別れても 別れても

心の中に

いつまでも いつまでも

覚えていてほしいから

倖せ祈る 言葉に添えて

勿忘草を あなたに

    あなたに






ところが、私は、その当時勿忘草と言う花がどんな花か全く知らなかった。
そして送別会で、この歌は歌ってくれたが、肝心な勿忘草を私にくれるひともいなかった。

送別会は7月だったから、その時期は勿忘草の花は終わってしまっていたからかもしれない。


そして私が勿忘草の花を初めて見たのはそれから40年後の2005年5月9日の事だった。

その年、妻と箱根にドライブに行き、箱根湿生花園(はこねしっせいかえん)に行ったとき

妻が
「おとうさん、ほら、勿忘草って、こんな花だよ」と教えてくれた。

花は終わり際で、小さな花が少し残っていたが、「なんとつまらない花だろう」名前に負けてるな。と思ったのを覚えている。
デジカメを持っていたので、写真は撮ったが、ピンボケのつまらない写真になった。

その時の写真・ポツリポツリとある白いのが花だと思う。
e0033229_21513584.jpg


それから何年かして、何が原因だったか忘れたが、急にこの花にご執心となり、一時はこれほどまでになった。この画像は2011-04-21のものです。


e0033229_19165360.jpg

大きくなるタイプ。

e0033229_19304741.jpg


これまではこんなに草丈が大きくなるのはなかったが、この背の高い子は妙高出身のようだ。3株植えてあるが、中の一本がそれだ。

e0033229_19323769.jpg

ブルー
大きくなるタイプではなく小さいほうのブルー

e0033229_19412041.jpg

ピンク

e0033229_1953922.jpg

MIX

e0033229_19543868.jpg

このピンクの中間色は、妙高から来た子だと思う。

e0033229_19572448.jpg

ミックスの大鉢




その後ほとんどなくなってしまって、今では昔のこぼれだ根があちこちで芽を出す程度になってしまった。

今年のほかの鉢の隅っこにちょこっと芽を出したので、引き抜かずにとっておいたら、次第の大きくなって蕾もたくさん出てきた。立った一本だけだが。

そして「つぼみがはっきり分かるようになってから・・・・・・・・
「今頃植え替えてはちょっと可愛そうだけど、ここじゃぁ狭すぎるから我慢しろよ」と言い聞かせながら鉢に移したのが・・・・・・我が家でただ一本の勿忘草だ、
昨日一輪咲いて、今日二つ咲いた
e0292622_2174715.jpg


まだ蕾がたくさんあるが、変な時に根をいじったので、だいぶ疲れているようだ
e0292622_2183218.jpg



この、スクロールの中の画像を見たら、またあんなふうに育てて見たくなってしまった。

来年あたりやるかも・・・・。
e0033229_2231564.jpg




by yo-shi2005 | 2015-02-19 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/22819582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧