2015年 10月 23日

野牡丹と話し合い

e0033229_20244518.jpg


昨年まで紫紺野牡丹の高さ1mほどの鉢植えがあった。
しかし秋口に急に勢いがなくなってしまってついには枯れてしまった。
鉢をひっくり返してみると、案の定、コガネムシの幼虫が十数匹も出てきた。
そしてそいつらに食われた紫紺野牡丹の根は綺麗に丸坊主になっていた。

どうしてもあの紫紺のぼたんが忘れられずに、7月後半になって園芸店に行ってみたが。あの紫紺野牡丹はなかった。

代わりに色違いのピンクの野牡丹をふたつ買ってきた。
e0033229_20312863.jpg


ちょっと遅かったので、花も終わり際だった(紫紺野牡丹はもっと遅くまで咲いたけど)

その後は大した花は咲かなかった。
そして今日、季節外れに一輪だけ小さなピンクの花が咲いた。
e0033229_8442350.jpg

ところがこの画像を見ても解るように枝が横に広がって、これでは「オクトバートル」だ。
「オクトバートル」わかりますか。
「置くと場をとる」すなわち場所をとるということです。

もう一つの鉢もこんな状態でした。
e0033229_845227.jpg


猫の額のようなわが庭には、この樹形は禁物なのです。

そこで野牡丹を二つ並べて話しかけた。

「おい、見ても分かるようにな、我が家の庭は狭いんだ、そんなに横に枝を伸ばされたんじゃァ迷惑なんだけどなぁ」
「でも私らは、茎が軟らかいから上に伸びたらぐにゃってなっちゃうんだよ、それならどうすりゃぁいいの?」
「そぉかぁ、それじゃぁそこのランタナとか、玄関前のタカラズカみてぇなやつだな」
「そぉなんだよ」
「よし、それじゃぁ何とかしてやるから、俺に任せろ」

といって作ったのがこんな形。
花が咲いたA
e0033229_8514045.jpg


花が咲かなかったB
e0033229_20532854.jpg

大して変わらないみたいだけど・・・・
Aの方はツリーのように上に伸ばして、Bの方は横の枝を枝垂れさせてやってみようとこんな風にしてみたが、はたして来年思うように伸びてくれるかどうか。



by yo-shi2005 | 2015-10-23 21:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/23801554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧