2016年 05月 21日

アマリリス・・実は

e0033229_1741579.jpg


昨日のブログにも載せたが、我が家のアマリリスの最後の白が咲いた。
白が一番元気がなく球根も小さい。

e0033229_17465729.jpg


実はこのアマリリスは純白のはずなのです。
でもよく見ると花弁の縁のあたりに、レタスが古くなったように赤茶色の筋が見えます。
今に始まったことではない、もう何年も前からそうなります。笑いうちゅるいなのだと思っていました。

そこで調べてみたところ、実はこれはウイルスによる病気なのだそうだ。
その名前は忘れたが、それを退治する薬はないのだといいます。
葉も茎にも茶色になるのと同じウイルスの仕業なのす。
茶色の斑点のできた葉っぱは切り取って焼却処分した方がよいといいいます。

そんなこと言ったって、葉っぱを切り取ってしまったら来年の花が期待できない。葉の数と花の数が比例するというのだから。
それに、もう何年もこの赤い線はついていた。こういう種類だとさえ思っていた。今更病だと知ってもどうにもならない。

言われてみれば、花茎にこの赤い線や細長い斑が入ると茎がまっすぐ伸びなくなることが多い。

「どうしたもんじゃろのぉ」、
水を控えたほうが良いとか特に冬から早春は注意が必要だそうだ。
いつもよりも背が低く曲がったように咲いたのはそのせいか・・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーー

ガクアジサイはそんな心配は少しもさせない。親木はホタルブクロに駆逐されそうだが、この子は元気にこの後次第に花が赤くなってくることだろう。
e0033229_1843959.jpg


ーーーーーーーーーーーーーー

実は来週火曜日に富士山に登ります。
でも自分の脚では登りません、バスで5合目まで行って、滝を見てきます。
その時に、両手を開けておいて、いつでもカメラが取り出せるようにしておきたくって、今日の手芸はこんなものを作りました。
e0033229_1875475.jpg

前に作ったのはもう古くなって捨てました。

今日のはこのカメラ(ちょっと大きめ)に合わせて作りました。
ベルトを通して、おなかのあたりに来るようにします。
そのベルトには、水筒袋、携帯電話などもぶら下げます。
e0033229_18102854.jpg

カメラにはネームカード用のひもをつけて首にかけます。
そうすれば、取り出すときに手が滑って落としても首にぶら下がっています。

こんなことをやっていると楽しいです。

今度は時間があればモバイルパソコンの持ち運び用のケースを作ろうと思っています。



by yo-shi2005 | 2016-05-21 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/24398022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧