2016年 06月 03日

庭の花たちは

e0033229_17555178.jpg


このところわが庭をにぎわしているカンパニュラ、昨年10月頃5本の苗を買ってきて植えた。
そして5月になって次々と花を開いた。

最初に白が咲いて、そのあと3鉢は、花の形はそれぞれ違うがみんな紫だった。
そして、ずいぶん待たせてくれた一鉢。
「花のかたちはどうでもいいから白かピンクが咲いてくれよ」とつぼみに言い聞かせていた。

というのは、カンパニュラは、つぼみは白で咲くと紫になってしまうのがよくあるのだ。

そして、待ち焦がれたその花が咲いた。
e0033229_1825936.jpg


ラッキー!。咲いても色が変わらず白のままだった。それも二重咲
少しアップして
e0033229_1841781.jpg


これが咲いたら、これまで咲いていた紫が一鉢しおれてしまった。

・・・・・・・・・・・・・

マンデビラ、サンパラソルのピンクが咲いた。
サンパラソルというのは、サントリーの商品名で、マンデビラをサントリーで品種改良したものだそうだ。
e0033229_187926.jpg


同じような花で赤もつぼみを膨らませているので間もなく咲く見込みだ。

・・・・・・・・・・・・・

これは咲くのを待っていたわけではないが、大きいほうのマンデビラの鉢の隅っこに、どこかから飛んできた「むらさきつゆくさ」が芽を出して、花を咲かせた。
昔私が今の土地に住み始めたころ、リヤカーを引いたおばさんが魚を売りに来た。
そのおばさんのリヤカーの隅に、この紫つゆ草が2~3本おいてあった。
それを見て、商品の魚を、氷で冷やす以上に涼しさを感じたのを今でも覚えている。
あのおばさん、生きていれば100歳くらいだと思うが、まだご存命かな?。
紫つゆ草を見て、そんなことを思いだした。
e0033229_18163737.jpg


・・・・・・・・・・

これはわが庭の話ではないが、先日の話の白い姫檜扇が咲いたお宅の庭に、ホウセンカが自生している。ただそれは、橙色の花だけしかない。
e0033229_18191588.jpg

ほかの色もあるといいんだけどね。

ということで、先日ホームセンターで八重咲き種を見つけて買ってきて、人様のお宅の庭だが、私が勝手に蒔こうと思ったら、そのお宅のおばさんが出てきたので、「種があったから蒔くよ」というと、「うん、ありがとね」というので蒔いてきた。

土を耕すでもなく蒔いた後に土をかけるでもなく、砂利の上からパラパラと蒔いただけだが、芽を出した。
e0033229_18233880.jpg

おばさんに「踏まないようにね」と注意?してきた。
 いったい誰のうちの庭なんだ!。



by yo-shi2005 | 2016-06-03 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/24430953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧