2016年 06月 21日

カンパニュラとハヤトウリ

e0033229_17383036.jpg


一か月余り前、5月17日に「カンパニュラが咲いた」とこのブログにアップした。

ところがこれが、特殊な花で、花自体が重たいうえに、上向きに咲いた中に雨水がたまって、細い茎は耐えきれずに折れてしまって、急きょ茎を補強してやったりした、手のかかったカンパニュラだったが、
その花は全部咲き終わって、二番花が咲きはじめた。
最初に咲いた時の、この花の写真
e0033229_17431845.jpg

こんな変わった花で、名前は何て言うのかなと、ネットで調べてみた。

すると
これは参照画像だが、これの名前そのまんまだった。
カップ アンド ソーサー (cup & saucer)
e0033229_17463565.jpg


私はこの花を最初に見たとき、「茶托に乗っている湯飲み」みたいだと感じたが、そのままの名前だったとは驚きだった。

そして今日咲いたこの花は一番花よりは貧弱だがやっぱり同じような形をしている。

カップ アンド ソーサー 二番花
e0033229_17594223.jpg


二番花は真横を向いてしたので、感じが分からないか・・・・
それじゃ向きを変えてみます
e0033229_1804136.jpg


こうすればカップと受け皿になりますね。

・・・・・・・・・・・・

昨年までは、ハヤトウリが母屋の二階のベランダまで這い上がっていた。
今年はそんな行儀の悪いことはさせまいとハヤトウリには母屋に手が届かないようにしてやった。

今年はゴーヤをやめたので、ちょっと道は遠いがその棚が空いているので、そこまで行かせるように誘引している。でも、まだ道半ばだ。
e0033229_1851335.jpg



そして今日見ると、もう花が咲いていた。
例年は早くても9月末から10月が普通だが・・・・。
ハヤトウリの花
e0033229_187325.jpg


この頃気象がおかしくなってきているようなので、ハヤトウリも調子が狂ったのか。
e0033229_188596.jpg


この調子だと7月頃には食えるかもしれない。

東京の義姉からも
「よっちゃん、ハヤトウリたくさん取れたら少し送ってちょうだい、あれ漬物にするとおいしいから」と頼まれている。
7月に送ったら、姉もびっくりすることだろう

また捕らぬ狸の皮算用って言われそうだけど、それにしても、どうしたのかなぁ、このハヤトウリ。



by yo-shi2005 | 2016-06-21 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/24474258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧