2016年 07月 23日

あの花はどうなった?

e0033229_17311256.jpg


以前にこのブログにちょっと登場して、鬼気迫るようなことを書いた花たちはどうなったかここで中間報告をします。

猫の額ほどの狭い庭でせめぎあっている我が家の花たちは99%が鉢植えなので、花たち自身もうっかりできない。
暑い日に限らず、ちょっと水が足りないとすぐに葉っぱをしょぼんとさせて私に合図してくる。
それを見た私は、仕事をほったらかしても、焼けるような暑い時でも構わずすぐに水をやる。
真夏の暑いときは水やりは控えてょうが良いというが熱中症寸前の状態を見れば人でも花でも、まず水でしょう。

もう6~7年も前に私が一目ぼれをした花薄いピンクのマンデビラが今年はたった一つしか咲かないでこのまま枯れてしまうのではと気をもんだが、あの時、植え替えの時期ではなかったが無理やり植え替えてやった。
・・・・その後・・・・
あれから間もなく新芽が7~8本出てきて今すくすく伸びている。先端にはつぼみの素のようなものも見られる。
この調子でいけば8月の終わりか9月には口づけをしたくなるような花が咲くと思います。
e0033229_17592377.jpg



昨年坂道散歩の途中で見つけて、種を採取して蒔いたが芽が出ず、今年になって山で芽が出たものをそっと2本とってきたが、それは枯れてしまった。
そのとき苗と一緒に来た土の中に種が入っていたようで、枯れた苗の横に次々と芽が出て、ここまで伸びてきた。
これもこの調子でいけば真っ赤なかわいい花を期待できそうだ。
何の花かって、そうそう、書くの忘れてた。
丸葉ルコー草です
e0033229_1845252.jpg



先日ブログネタが間に合わなかったとき、一つだけぽつんと咲いた「浜なでしこ」のピンクの写真をアップしたが、その後次々と花を開いて、にぎやかになりました。

その前に咲いた白は、裏隣の奥さんから種をいただき、今回のピンクはお向かいの奥さんから種をいただいたものです。両方とも丈夫な多年草で、白のほうが早くに咲きます。
一度蒔けば種が落ちて翌年芽が出て花が咲くし花が咲いた後はそのまま置けば来年またその茎にも花が咲くという、手のかからない可愛い花です、我が家も3年ほど鉢に植えたままです。
e0033229_1810332.jpg

ご希望の方には浜なでしこの種を差し上げます。ピンクはこれから採取しますが、種は十分に獲れるはずです。コメント欄にカギコメでご連絡ください。


今年はゴーヤはやめました。その代りゴーヤの棚の下に、鉢植えの皇帝ダリアを置きゴーヤの棚にはハヤトウリを這わせています。
ところが昨日見ると棚から首を出した皇帝ダリアにハヤトウリの蔓がチョッカイを出しているのです。今にも絡まりそうに。
これは二階から撮った昨日の画像
e0033229_18152965.jpg


そこで今日は、手前の台の上の鉢を下してその上に載って、ハヤトウリの蔓をチョッキン チョッキンと惜しげもなく切りました。
行程ダリヤもほっとしているようです。
e0033229_18175623.jpg


といったような調子で、どうかなと思った草花も育っています。
今ちょっと心配しているのは、ドーム菊です。



by yo-shi2005 | 2016-07-23 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/24547600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧