2016年 09月 11日

大きくされてしまった花木

e0033229_18552661.jpg


ランタナにもいろいろな種類があって、七変化なんて言われる宿根性の花の色が変わる品種が人気があるようだが。

我が家のランタナは・・・・えぇ?これがランタナぁ??」と言われるような姿になっているというか、そんな姿にされている。

本来、黄花ランタナは、こんな姿で植えられている
e0033229_18585923.jpg
背丈は1m足らずで根元から枝分かれして横に広がる。

花付きが非常によく一年に2~3回咲く。

我が家にも一本、黄花ランタナがある。

記録によると、そもそも我が家に来たのは2004年㋈のことだった。
鉢植えになっていて黄色い花がいっぱいに咲いていた。

残念なことにその頃は花の写真は撮らなかったので画像がない。
それから何年かして撮った画像がこれ
e0033229_194829.jpg


このころまでは普通の鉢植えの花木だった。
よく花が咲くので挿し木で増やした。
そしてその一本を通路の横に植えた・・・・・これがお化けランタナの始まりだった。

地植えにされたランタナはぐんぐん育った。
でもやっぱり此の木は横に広がりたがる。木質が柔らかいので、上に高く伸びることはできない。

そこで悪戯心(いたずらごころ)で真ん中にしっかりした支柱を一本立てた。
そして株の真ん中の元気のよい枝をそれにしばりつけた。
ほかの枝は通路にはみ出して邪魔なので切って捨てた。
一本だけになった(幹)はどんどん伸びた。

数年後にはこんな姿に
e0033229_19123099.jpg


やっぱり足元の枝は邪魔になるので切ってすっきりさせた。このころには2mほどあった。

下の方は枝を切ったので花の咲いている下を通る形になった。
それでも垂れ下がると花びらが落ちてシャツの首に入るので通っても頭が触らない高さまで刈り込んだ。

こっちのいたずらでこんな形にして、こっちの都合で邪魔な部分は切り捨てられて、今ではこんな姿にされてしまった我が家の黄花ランタナ。
e0033229_19171551.jpg


この記事を書くとき「可哀想にこんな姿にと書いた方がいいのか、その必要はないのか、”実行犯”としては少々迷った。

ご覧になってこれは可哀想だと思われますか?実は表庭には玄関前に”ヂュランタ・タカラズカ”が同じようなことをされて、大きくなっているのです。


この二本の木は木質が非常に柔らかく、支柱を外したら、くにゃっと倒れてしまいます。

私は楽しみながら育てているつもりですが・・・・・・。



by yo-shi2005 | 2016-09-11 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/24651529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧