2016年 09月 29日

庭で見つけた喜び

e0033229_1774415.jpg


この話しはもう何回もこのブログで紹介しているから御存知の方は多いと思いますが、きょうの話のつながりでもう一度書きます。

もうかれこれ 10年近くなると思うけれども、私はテレビの園芸番組を見ていて、この花に恋をしてしまいました。

その花というのが、今日の話の主人公「マンデビラ」の薄いピンクの花です。

早速その苗を買ってきて育てました。
その後何度か枯れてしまって、新しい苗を買ってきては育てて楽しんできました。

ところがなんとしたことがそのマンデビラが今年は急に元気がなくなってしまったのです。
はっぱは青々としているのですが、つぼみがたくさん出る季節になっても一つしか出ません。
こんな状態だったのです。
e0033229_17212884.jpg


何が悪いのがわからないまま「何とかしなくては」と、蔓も葉っぱもぎりぎりまで切り捨てました。
e0033229_17232418.jpg


そのとき切り落として枝を・・・・
「マンデビラは挿し木ができるのかなぁ??」興味本位で挿してみたのです。
それが、忘れたころに芽を出したのが、丁度半月前のこのブログのミクロの喜び記事でした。

嬉しくなって少し肥料を上げたりしました。
そして今日見ると・・・・
こんなに伸びていたのでした。これが今日の最初の喜びです。こんなにと言ってもまだ3cmほどですけど。
e0033229_1737959.jpg



そしてこの前見たときは芽も何も出ていなかったもう一本のすぐ横に新しい芽が出ているではないですか。これもびっくりポンのよろこびでした。
e0033229_17381819.jpg




そして親木はどうなったかというと、あの時の思い切ったダイエットが良かったようで、その後元気を取り戻して。今では表庭の特等席で咲き乱れています、元気を持て余してか、蔓をのばしてお隣のフェンスに巻きついたりしています。
この画像は今日午後の様子です。
e0033229_1741984.jpg


前に掲載した記事と重複するところもたくさんありますが、あまりの嬉しさに、つい詳しく書きたくて、長いブログになりました。

この新しい芽の生長具合も追々書いていきたいと思います。
これで来年、このマンデビラに花が咲けば「マンデビラは挿し芽ができるということを実証できたことになります。

どうしても私のブログは来年のことを書いてしまいますね(笑)。



by yo-shi2005 | 2016-09-29 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/24688457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧