2017年 02月 23日

雑然とした春の庭で

e0033229_19164189.jpg


雑然としてわが庭もいくぶん春らしく賑わって来た。

あの時は、というより先日ストックの花を買ってきたがその名前がわからず、教えてくださいなんて騒いでいたあの頃です。
10日ほど前になりますが、それらと一緒に買ったときは花が2~3個しか開いていなかった風信子(ヒヤシンス)が花がだいぶ開いた。何年か前にヒヤシンスを部屋の中に置いたら、あんまり香り(臭い)が強すぎてたまらず玄関に追い出したことのある花だが、外ではあまり感じない。
種類が違うのか?。
e0033229_18511790.jpg



そしてその時のストック、これは別名アライセイトウと言い別にこんな名前も持っているようだ
紫羅欄花、なんて読むのだろシラランカだろうか。
これもだいぶ花が開いてきた。
e0033229_18572261.jpg



このストックの写真の右上にちょっと顔を出しているのが木瓜
その木瓜のご難物語

もう2~3日前のこと、明日にでも咲き始めるというほどつぼみが膨らんできたので、その鉢を台の上に載せておいた。

その日は珍しく私は一生懸命仕事をしていた。
荷物を持ってその台の横を通った。
その時着ていたジャンパーのファスナーを閉めてなかったために台の上の木瓜の枝と私のジャンパーが握手をしてしまった。
一瞬、「あっ、鉢が落ちる!!」と思ったとき荷物を両手に持ったまま体を鉢の方に寄せて、鉢が落ちるのを防ごうとした。
その時、私の体と台の間の隙間から木瓜の鉢と枝がすり抜けて落下、
こともあろうに私のスニーカーの上に落ちた。スニーカーの中には私の足が入っている。
「イテェ!!」
でも私は木瓜の方が気になって、観ると、私が体をよせたためにまっすぐそのまま落ちたので、植木鉢から根鉢が抜けることもなく・・・・でもその時周囲を見ると明日にも咲きそうな木瓜の蕾がパラパラと・・・大小合わせて20個ほど。・・・「あーあ」(落胆)・・・

ジャンバーか木瓜の枝かどちらかがちょっかい出したんだ。でもこれはすべて、この庭を雑然とさせておいた私が悪いのだ。木瓜の鉢を持ち上げながら・・・・・
「一年頑張って、これからっていうときにごめんな」木瓜に詫びるしかなかった。

災難に遭ってつぼみがほとんど落ちてしまった木瓜
e0033229_1912244.jpg


その時は足はそれほど気にならなかったが、夜になって、風呂に入るのに靴下を脱いでみると親指が紫色になっていた。
・・・・・これも自業自得というものだろう・・・・


今日2月23日は語呂合わせで富士山の日だそうです。
そこで、おしまいに今日の富士山、雨上がりで湿気の多い時に気温も上がってぼやけ加減の富士山です。
e0033229_1914818.jpg


よーく見ないと富士山がわからないですね。今日夕方撮りました。




by yo-shi2005 | 2017-02-23 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/25421348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧