2017年 06月 27日

まだ続いてるアボカドの夢

e0033229_17584618.jpg


去る4月のことだった、亡妻のママ友が、仏壇のお参りに来てくれた。
その時仏壇のお供えとして持ってきてくれた果物の詰め合わせの中に、アボカドが入っていた。
果肉の部分は私がありがたくごちそうになって、種を見ると、硬い種が割れ始めていた。
そこで、もしやという夢を抱いて、その種を鉢に植え付けた。
その時の様子はこのブログのこのページに書いてあります
その時の鉢
e0033229_1851522.jpg


そのことは私自身は忘れていた。
もしやという程度の夢は忘れるくらいでちょうどよいのではないかと思うが・・・・。


先日、甥から、の便りの中で、「ピンポン玉くらいの何かの種を庭に植えた、たぶんアボカドの種ではないかと思う」と書いてあったので。
その返事に、
「俺も、だいぶ前にアボカドの種を鉢に播いたけど、どうなったか忘れてた、たぶん腐ってしまっただろうと思う」と書いてやったのが今朝のことだった。

そして裏庭に出て・・・・
「えーと、アボカドを播いたのはどの鉢だったかなぁ・・・」と見ると?!?!。
自分の目を疑った!
黒い鉢の真ん中に茶色の細い棒のようなものが立っているではないか。

早速カメラを持ってきてパチリ
e0033229_18135378.jpg


よく見るとあの硬い殻を割って芽が出て来たようだ。からの割れ目もよく見える。

そしてその芽の先端を、ズームしてみると、もう双葉が出る準備ができているようだ。
e0033229_18161232.jpg


そこでもう一度ネットで調べてみると、”アボカドの種は土に播いてから芽が出るまでに2か月ほどかかる”とある、あれからほぼ2か月になる。

”一年目は冬の寒さに注意、そして2年目からは外で冬越しできる”のだそうだ。
鉢植えにして、観葉植物にもなるという。どんな葉っぱかな?と思って調べると・・・・

こんな葉っぱのようだ
e0033229_18271716.png


だけど、これに果実がなるまでには長い年月がかかりそうだ。

それでもいい。育ててみよう。接ぎ木をすると早いなんて書いてあったけど、どこかで接ぎ穂が手に入るのかなぁ?。

接ぎ木だと、接ぎ穂の品種になるからこの色じゃなくなるんだろうなぁ。
e0033229_18335763.jpg


まだまだアボカドの夢は広がるyo-shi2005なのでした。

まだまだ夢は広がりそうだ。

ゆぅめぅぇ、僕は楽しい素晴らしい 大きな大きな夢を見た
どん~な時でも誰でもみんな夢を見なけりゃいけま~せん・・・・。




by yo-shi2005 | 2017-06-27 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/25876657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧