2007年 12月 12日

シャコバサボテン

 咲き出した シャコバサボテン いとおしく
        布団すれすれ 添い寝のごとく     よし

春に、葉を切り詰めて、植え替えて 夏は強い日を避けて、水を控え・・・・・と面倒を見てきたシャコバサボテンが花を開き始めた。
この植物、変わった習性があるようで、蕾がついてから、急激な環境の変化があると蕾を落としてしまって咲かないと言うことをTVの園芸番組で知った。
折角ついた蕾を落としてしまってはもったいないと、窓際の特等席に置いたままで、私はその横にそっと布団を敷いて寝ている。 どっちが主か?。
e0033229_21584966.jpg

園芸店にある鉢ほどの花数は多くないが、面倒見てきただけにいとおしい。
  ’07・12・12 撮影
by yo-shi2005 | 2007-12-12 22:04 | 花日記 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/6933203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyakeoriibu at 2007-12-12 22:39
見事に蕾がつきましたね。
開きかけているのもあるようですね。
このように育てるのには随分手をかけてこられたのですね。
横にお布団を敷いて寝るなんて凄いですね。
Commented by アズキの母 at 2007-12-12 23:02 x
お写真拝見しますとこちらまで愛おしくてうるるんしてきます。。
シャコバサボテンって手がかかるのですね~?
実家の昔の家の軒下に咲いていた記憶があります~なんかほったらかしだったような?
シャコバサボテンではなくてガニの爪(蟹の爪)と言っていたような?
母は元気な時に日本の原種の物だったと言っていましたが花を忘れました・・・・・。
Commented by yo-shi2005 at 2007-12-13 06:22
miyakeoriibuさま
コメント有難うございます。我が家はリビングが日当たりが悪いので、ついついこの部屋で添い寝の形になってしまいます。挿し芽も、育てるのも基本を守れば意外と楽ですよ。
Commented by yo-shi2005 at 2007-12-13 06:28
アズキの母さま
コメント有難うございます。かにそうはよく似ていますが葉の形が違います。カニ草のほうが日本古来のもののようですね。指し芽をしたのも殆んど根付きました。基本さえ守れば意外と楽に育ちますが、プロの方のように蕾を沢山つけるのは私には無理です。
Commented by noa_maybe at 2007-12-13 10:54
大切に育ててきたいとおしいお花に添い寝してもらってるんですね~。
綺麗に咲きそろったお花たちに見守られているような気分になりません?
外はさむ~い冬ですが、yo-shiさんの周りはほのぼのと暖かですね♪
Commented by yo-shi2005 at 2007-12-13 18:52
noaさま
コメント有難うございます。添い寝してもらってるんではありません。添い寝してやってるんです。目が覚めるとすぐ横に花が咲いてるんですいいですよ。私寝相がいいので花も安心してるでしょう。
Commented by udonn418 at 2007-12-14 20:07
園芸店に売ってるような豪華な鉢植えはどのようにしたらできるのでしょうね?
いえ、決してyo-shi2005 さんのが貧弱な、と言っているわけではありません。
私は栽培が難しそうなので買ったことがありません。環境が変ると蕾が落ちると聞きました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧