2008年 10月 25日

赤いそばの花

幼いころ、なぞなぞで
「千人小僧の綱引きなーに」 「納豆」
「白い帽子に、赤い杖 なーんだ」 「そばー」・・・・姉たちとこんな遊びをした。

そばの花といえば白いものと思っていたら、先日どなたかのブログで赤い色のそばの花を見せていただいた。

今朝、NHKのローカルニュースで、赤いそばの花が満開だと報じていた。
「これは見なくては、先日のブログの管理人さんに申し訳ない」と昼過ぎになってから出かけた。 (理由なんかどうにでもつければいいが) 場所は家から70kmくらい有るかな?。

途中、「チョット寄り道してSLの写真でも撮っていくか」、と大井川沿いに20kmほど山に入って、線路のカーブするポイントで待ち構えた。

次第に音が大きくなって姿が見えた。・・「な、なんだこりゃぁ!!」
SLのやつ、こともあろうに、俺にお尻を向けて走ってきた。
e0033229_19384525.jpg

終点の千頭(せんず)駅で、何かの理由で方向転換ができないでそのまま帰ってきたのだろう。
次のSL列車を待つ時間の余裕はないので、前向きの写真はあきらめた。

カーナビは、そばの畑のある場所までは教えてくれないので、人に尋ねながら着いてみたら、このあたりは前に何度か来た事のあるところだった。
カーナビに逆らわずに来たらずいぶん遠く感じた。

戦国時代末期に、徳川軍と武田軍が交戦した、高天神城跡の近くだった。
ならら さまにブログ管理人からプレゼント一枚。この奥の小高い山の中に城跡がある。
e0033229_1534117.jpg

早くに稲刈りをした後に、信州からわざわざ取り寄せた「赤い花のそばの種」を蒔いたのが今ちょうど満開になっているのだそうだ。 静岡県掛川市上土方
e0033229_19454670.jpg

向こうに見える白い建物は、高天神城跡の入り口。

ピンクの可愛い花が満開のそば。こんな色のそばは美味しいだろうな。
e0033229_19465027.jpg

昔遊んだなぞなぞは、出題が間違えていた事になる。
出題を間違えるなんて、大学受験みたいだ。

おまけの一枚の写真。
途中、珍しい光景を見たので、車を急停車して、一枚
e0033229_19543542.jpg

道端の古いお寺で、手前が本堂で竹が出ているのは庫裏(くり)のようだ。
筍は、床を突き上げて出てくるというが、屋根まで突き破るとは・・おどろきだ・・
by yo-shi2005 | 2008-10-25 20:08 | 花日記 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://yosihisa.exblog.jp/tb/8824562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuriazami at 2008-10-25 20:55
はじめまして^^
先ほどはコメントありがとうございました。
早速飛んで参りました。

懐かしいSL、可愛いピンクの花畑・・・・・そして
ありゃりゃぁ~~屋根を突き破って・・すごい生命力に
驚きました! 下のブーゲンビリアにも驚きました。
楽しそうなブログですね。 
また訪問させてください。どうぞ宜しくお願いします。
Commented by yo-shi2005 at 2008-10-25 21:37
yuriazami さま
コメント有難うございます。
早速おいで下さって有難うございます。
自分自身が楽しみながら書いていますので、お気に召さない部分も出てくるかと思いますが、宜しくお願いいたします。
Commented by ナチュラルライフ123 at 2008-10-25 22:37 x
私も先日ピンク色の蕎麦の花が咲いている事を
新聞記事で知りました。
明日からは主人の単身赴任先の博多に行ってきますので
帰ってから行ってこようと思ってます。
綺麗な色を見せていただき、楽しみが増えました。

家の屋根をぶち抜くとはすごいですね。
話は聞いた事はありますが・・・
ジャックと豆の木よりすごいかも。

後になりましたが11日にSL乗りました、
すごく懐かしく、楽しい旅でしたよ。

短歌、楽しみに拝見させていただいてます。
私も、挑戦せて見ようかな~
Commented by miyakeoriibu at 2008-10-25 22:51
赤い花の咲く蕎麦があるのですね。初めて知りました。
出来る実は同じかな?
それにしてもニュースを見て70キロも車で走るとはお元気ですね。

竹が屋根を突き破っている家、廃屋でしょうか。雨漏りは?
Commented by yo-shi2005 at 2008-10-26 09:51
ナチュラルライフ123 さま
コメント有難うございます。
ご主人様単身赴任ですか、いろいろとお気遣いも多いここと思います。
今更私が言う事もないと思いますが、働き盛りの男性一人の生活ですと、食事の偏りが心配です。気遣ってあげてください。
屋根をぶち抜いた家は廃寺のようです。同じ敷地内に墓地もありました。
中には入りませんでしたが、雨漏りなんて生易しい状態ではないと想像します。

大井川鉄道の旅の様子楽しみにしていますよ。
  話では 昔難所の 大井川
       今は水なく 奪い合いさえ       よし
箱根八里は馬でも越すが 越すに越されぬ 大井川 とうたわれました大井川ですが、今では流れる水の量も少なく、時には水利権問題さえも報道されます。
短歌は、何か考えていて、ふと気がつくと、その情景を31文字にまとめようとしている自分に気がつくことがあります。
その割には上達しません。
Commented by tamy at 2008-10-26 10:01 x
U^ェ^Uゞ-☆ アッ C11!!! o-ttoに、すぐ見せました(^_^)v
よく時間が合いましたね、そう頻繁には走っていないでしょう。
後ろの方の、顔は撮れませんでしたか。
赤い蕎麦の花は、これだけでも(実が食べれなくても)綺麗ですね。
今日は、肌寒いので、お昼には、お蕎麦が食べたくなりました。
お寺さんだけに、殺生はしなかったんですね。
ユニークですねぇ。
Commented by yo-shi2005 at 2008-10-26 10:10
miyakeoriibu さま
コメント有難うございます。
何日か前にどなたかのサイトで、赤いそばの花の写真を拝見したところにNHKで放送していましたので、早速観に行ってきました。
カーナビだけが話しかけるドライブですから時間が許せばどこへでも出かけます。そのうち「年寄りの冷や水だ」なんて言われそうですが、それを言う人もいないので・・・。
竹が屋根をぶち破っているのは、廃寺のようでした。隣には墓地もありましたが、ここに眠る仏さんは複雑な気持ちでしょうね。
おそらく建物の中は、雨漏りなんて言葉はいらない状態になっていると思います。
Commented by yo-shi2005 at 2008-10-26 10:23
tamy さま
コメント有難うございます。
確か2時か3時ころにSL牽引の列車が通ると記憶していましたので、ちょうどよい時間にR1の大井川の近くに来たので、チョット寄り道をしてみました。桜の木の間から見えたのが、SLの顔じゃなかったので一瞬「なんだこりゃぁ」と思いましたが、急いで2枚撮りました。横からはあまり線路に近すぎて取れませんでした。何しろ「ばかちょんデジカメ」ですから。

あったかいそばの美味しい季節ですね。こんな花のそばだと、舌ざわりも優しいのでは・・・なんて想像したくなります。

このお寺は既に廃寺のようでしたから、殺生どころか、竹に食い荒らされているのではないですか。でもすぐ隣に墓地もありました。
それに戸締りがしっかりしてありましたから、元檀家の人たちが管理?しているのではないかと思います。
よく古いお寺だと幽霊を連想しますが、ここは幽霊も出にくいような雰囲気でしたね。
Commented by ならら at 2008-10-26 12:57 x
こんにちは。
キレイデスね・・・
一面赤いそばの花。本当にキレイデス♪

「高天神城」こんなところにあるんですね。
実は、私は主人ともども「武田贔屓」なんですよ。
高天神城にはなんとも言えない悲哀を感じます。
よいものを見せていただきました!!。
ありがとうございます。
Commented by yo-shi2005 at 2008-10-26 15:43
ならら さま
コメント有難うございます。
高天神城に造詣の深いなららさまご夫妻のために、写真を一枚プレゼントとして、アップいたしました。といいましても、あらかじめそのことが分かっていればもっと城址の写真など撮ってきたのですが、こんなのしかなくてごめんなさい。昨年の大河ドラマ以前からのご贔屓ですか。
Commented by timata-sn at 2008-10-26 18:19
yo-shi2005さん こんばんは
今日は愚図ついたお天気の一日でしたね。

SL懐かしいですね!!最近は見ることも有りませんよ。
小学生の時にJR伯備線の備中高梁駅にD51を見学に行ったことを
思い出しますよ。
蕎麦の花にこんなに綺麗な色のものが有ったのですね。
田舎で蕎麦を作って居ましたが、蕎麦は白の花と思い込んでいましたよ。
素晴らしい光景ですね!!
竹が屋根を突き破っている所が本当に有るんですね!!
お話ではこちら玉島の円通寺に良寛和尚さんが居られたそうですが、
良寛和尚さんは優しい方で「畳を破った竹の子さえも、伸びる子供と同じ事」と言って折らなかったと言う逸話がある事は聞いて居ますが・・・・・
廃寺だそうですが、凄い光景ですね。
Commented by yo-shi2005 at 2008-10-26 19:42
timata-sn さま
コメント有難うございます。
赤いそばの花はTVで見てあまり可愛いので観に行きました。
なんでも、観光用半分と実益半分で、長野県から種を取り寄せてまいたという話です。私も子供のころからそばの花は白と覚えていました。

竹が屋根を突き破った光景は走っていてあまりのすごさに急ブレーキを掛けて車を止めて、撮影してきました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧