2017年 03月 26日 ( 1 )

2017年 03月 26日

吉田公園チューリップまつり

e0033229_18555668.jpg

<緊急告知>
 寒さのために開花が遅れています
この記事は3月24日に書きましたが、3月25日の静岡新聞によりますと、このところの寒さと少雨のために開花が予想よりも遅れているようです。
これは3月25日付静岡新聞の切り抜きです。
e0033229_9254657.jpg


イベントは終わってしまいますが、お花の観賞は一週間ほど遅らせたほうがよろしいかもしれません。
e0033229_18564357.jpg


昔は、越すに越されぬ大井川と言われた大井川も、今では、リニヤ新幹線の工事で水量が減るんじゃないかと関係者が気にしているほど水量の少ない川になってしまった。

それはいいとして、その大井川の一番下流の、河口に近い右岸に、静岡県が運営する吉田公園がある。
個々では毎年近くの住民の協力で、チューリップまつりが開催される。

静岡新聞アットエスによりますと

60品種10万本のチューリップが彩り鮮やかにお出迎え吉田町にある県営吉田公園のチューリップが3月下旬ごろから見ごろを迎えます。
芝生広場中央の花壇や園内の花壇に植えられた60品種10万本のチューリップが赤や黄、ピンクなど色とりどりの花を咲かせます。

25日には災害時の来園者避難場所となる「命山」の完成を記念した式典、オープニングセレモニーが行われます。期間中の土・日曜日にはバンドや太鼓の演奏、ダンス各種などのステージ披露があるほか、ミニSL運行のイベントも行われ、チューリップを見ながらさまざまな催しが楽しめます。しずかちゃんマーケットでは地場産品をはじめ、海の幸、山の幸、飲み物、お弁当など多数出店します。

ということです。上の画像はそのポスターを撮ってきました。
実はこの公園に、「チューリップはどんな様子かな」と去る3月12日に行って見ました。
このポスターもその時公園内で見かけて撮ってきました。

その日は寒い日でした。
地元の皆さんが一生懸命植えたチューリップは、まだ芽が出ただけで、蕾を出しているのはほんの少し、中でこの蕾が一番大きいなと思ったのがこの程度でした。
参考画像
e0033229_1963298.jpg


広大なチューリップ園では老夫婦らしい二人が、鼻水を拭きながらチューリップの芽よりも大きく伸びて花を咲かせた「ホトケノザ」を、無心に抜き取っていました。

ホトケノザ(雑草)
e0033229_191211.jpg


また、ほかの区画では、中年過ぎの女性がご主人らしい人と来ていた。
私が
「まだ花を観るにはちょっと早いみたいですねぇ」というと
「そうですねぇ、いまね、植え方が深いとか、浅いとか言われながら植えたので、自分が植えたところが芽が出ているか見に来たんですよ。この三角の区画だけで、球根が500個あるんです。眼が出ているんで安心しました」
「それじゃここはみんなボランティアの人たちが植えたの?」
「そうです、大勢来ていましたよ」

静岡県の公園なので県のヒトが管理しているが、実際に手をかけているんはこうしたボランティアの人たちのようだ。
満開になると壮観だ。
e0033229_19284393.jpg


何年か前にも来たことがあった。そのときは満開を少し過ぎたころだった。
私の予想では今年はちょっと遅れて満開になるのではないかと思う。

ここは駿河湾に面している、近くには自然の山も高い建物もない、津波に備えて、「命山」が完成したようだ。
e0033229_1931186.jpg


綺麗に整備された公園だ。チューリップまつりの時も入園自由だが駐車場は有料になるとのこと。
e0033229_1932759.jpg


チューリップまつりは間もなく始まります。お近くの方はどうぞ。
いろいろなイベントも・・・
e0033229_1936381.jpg




by yo-shi2005 | 2017-03-26 20:05 | 自然 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索

ファン

画像一覧