2017年 04月 20日 ( 1 )

2017年 04月 20日

咲き誇る花たち

e0033229_18344426.jpg


この花を植え付けたのは1月23日のことだった。いつもの年なら今ごろは鉢からあふれるように増えているのだが今年は陽気がおかしいので花もなかなか育ちにくいようだ。
でも、この花を観ると私は気持ちが晴れ晴れする。
白いマーガレットも好きなのだが、どういうわけか白に限らず、マーガレットを育てるのが苦手のようで、うまくいかないが、この子はたいした手入れをしなくても綺麗に咲いてくれる。

ノースポール
e0033229_18391141.jpg


そんなことを考えながら写真を撮っていると、隣に咲いているアリッサムが・・・
「おやじさーん、私だって同じ日に植えてもらって一生懸命咲いているんだよぉ」
「おいおい、あんまり話しかけるなよ、ここは道端だからだれか聞いてると困るから返事もできねぇや」

そうそう、この子も同じ1月23日に植えたんだっけ。
だけど去年の今ごろは大きい鉢からあふれそうに咲いてた写真が保存してあるけど、やっぱり気候のせいなんだろうなぁ。
アリッサム 白、無臭
e0033229_18485481.jpg



私は考えた、寒いころにつぼみが出始めたクリスマスローズが、まだあまり伸びていない葉っぱや茎に抑えられて、花が開けないで、、それでも無理に出てくると、しわくちゃな花になって、私に「幽霊みたいな花だ」なんて言われる。
だから最初に出てきた蕾は、思い切って摘んでしまって、まず葉や茎をのばしてそれから咲かせれば最初からいい花が見られるんじゃないかと・・・。
来年はやってみよう。
今ごろならこんなに花が咲くんだから。
クリスマスローズ これは白のはずなんだけど・・・。
e0033229_18542512.jpg



手をかけなくても、ほったらかしておけば花が咲くなんて言いながら本当にほったらかしておいたら、花が少なくなってしまった。やっぱり少しは手をかけてあげなくってはいい花は望めない。
精いっぱい咲いた、ギンギアナム いい香りがするが部屋に入れると香りが強すぎる。
e0033229_18571884.jpg



e0033229_193852.jpg今は鳴子なんて言っても知らない人のほうが多いと思うが時代劇などには登場することがあるが、人里離れた山の中で暮らす人が、自分の家に人や動物が近づくのを知るために張り巡らせたもので、縄を張ってこれを間隔をあけて、ぶら下げておく。
この花がそれに似ているということでこの名前がついたのだそうだ。


鳴子欄 (なるこらん)
e0033229_1963196.jpg


花が咲くと
「あぁ、この子ももっと手入れをしてやればよかったなぁ」と反省することしきりの yo-shi2005 でありました。



by yo-shi2005 | 2017-04-20 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

ファン

画像一覧