2017年 05月 05日 ( 1 )

2017年 05月 05日

昨日の続きの今日の作業

e0033229_13453096.jpg

宇嶺の滝の崩落状況はMOREの欄に掲載しています。

昨日は隣町の藤枝市の用事をまとめて済まそうと出掛けた。
そして、まず白藤見物は、行った時期が早かったか花の咲くのが遅かったか白藤の花は一部しか見られなかった、次はその近くの白藤の滝は水が少なくって、「あれでも滝なんだよなぁ」と言いたくなるくらい。
でも、この滝は私と滝を結び付けたキューピット役の大切な滝。
次に行ったのが充分に水がある宇嶺の滝(うとうげのたき)で滝の横が土砂崩れがあったというので気になって観に行った。
大きな土砂崩れはあったが滝は、滝つぼとも無事だった。

そして最後に、私のお気に入りのお花屋さんに行った。

店の一番前に、こんなのがあった(画像は実物ではなくイメージ)
e0033229_1452965.jpg


お「俺もこんな風に育ててみてぇなぁ」なんて思いながら買って来た。

レジに、いつものこの店の奥さんらしい人がいたので
「店の一番向こうの方にあるこんな形のミリオンベル作りたいんだけど、この苗であんな風にできるのかしら」
「あれはこの苗の生産農家の方が育てたものですけど、上手にやればできるはずですよ。
「主な手入れとしてはどんなようにやればいいか教えてくれますか・・?」。

そこで、教えられたとおりにやってみた。
買ってきた苗。
e0033229_14112593.jpg


それを惜しげもなく思い切って枝を切り詰める。このときは蕾があるからとか花が咲いているからといったことは考えずに剪定する。
ビフォアー
e0033229_14134780.jpg


アフター
e0033229_14141684.jpg


三株とも、花もつぼみも無視して
e0033229_1415137.jpg


それをバージンの培養土に植え付ける。

e0033229_14213274.jpg


これでたっぷり水を上げて終わりだが、プラスアルファを教えてもらって来た。
切り取った芽を捨てずに、きれいな用土に挿しておけば苗が出来ます。
ということでそれもやった、
e0033229_1423265.jpg


なお、なぜバージンの培養土を使うかというと、この花、ベルフラワーは、茄子科の植物で、連作を嫌うのだ。
茄子科は野菜では茄子ピーマン,馬鈴薯が有名だが、特に鉢植えの場合は連作障害が出やすいので、新しい用土を使う方が無難だ。

さぁ、この結果が、どのようになるかそれは、逐次その様子を、うまくいっても行かなくってもこのブログで報告します。ガーデニングのお好きな方お見逃しなく。

実は昨日これも・・・・
今朝植え替えました。カラーの黄色です。
e0033229_14475216.jpg





宇嶺の滝の左岸の崩落状況
by yo-shi2005 | 2017-05-05 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(3)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧