2017年 07月 31日 ( 1 )

2017年 07月 31日

ぎんなん

e0033229_1983299.jpg


しばらく食材を買いに行っていないので冷蔵庫の中が寂しくなってきた。
底をついた野菜室を見ると、小さな袋に入ったぎんなんがあった、これはまだ寒いころに蝋梅を見に行った帰りに、道端の無人販売で買ってきて煎って食べた残りだった。

幾つか電子レンジで焼いて食べていてふと思い出した。

私の実家は田舎で、墓地は里山の中腹にあった。
そこへ行く途中にちょっとした広場があった。
引導場(いんどうば)と言って葬儀の時、家で本葬儀を行ってから墓地に埋葬する前に、この場所で再び読経を行いその後死者の魂に引導を渡すという最後の儀式を行う場所だった。

昨年暮れに墓参りに行ったときその引導場には無数の銀杏が落ちていた。最近はこれを拾う人もいないようだ。
e0033229_1843974.jpg


e0033229_18444568.jpgこれを拾っても食べられるようするのは大変なことだ、とにかく臭い。

なので今では誰も見向きもしないようだ。


この引導場の隅には3本の大きな銀杏の木がある、私が子どものころはまだ幼木だったが今は大樹に成長している。ぎんなんも大量になるようだ。
先日撮影した銀杏の樹(スマホで撮影)
e0033229_18481326.jpg




先日墓参りの時足元を見て、「ずいぶん草ぼうぼうだな」と思ったが…よく見るとこれは雑草ではなかった。

引導場の雑草と思った(スマホで撮影)
e0033229_1851633.jpg


よく見るとこれはみんなあの時のぎんなんが芽を出した銀杏の苗だ。
これがこの引導場の横にある銀杏の大樹のように育ったらどうなるんだろう???。

そんなことを思い出しながら昨日はぎんなんを食べた・・・・・

そうだ、このぎんなんだって播いておけば芽が出るかもしれない。大木になると困るけど、盆栽くらいにはなるだろう。
ネットで見るとぎんなんは3月ごろに播くとよい。と書いてあるが、
「ダメもとでやってみよう」と何でもやってみたいこの男・・・・
芽が出やすいように殻を割って
e0033229_1931361.jpg


このとき!、ふと気が付いた、銀杏には三角の形をしたのと二つ割のがあるがどう違うのだろうか。
二つ割と三つ割を3個ずつ播いてみた。

e0033229_1952532.jpg


目が出たら、このブログで報告します。

・・・・・・・・

今日も暑かったですねぇ。皆様お元気ですか。
私は赤信号で止まった車の中からこれを見て、よだれを垂らしそうになりました。
「アイス、しばらく食ってねぇなぁ」
e0033229_2131119.jpg





by yo-shi2005 | 2017-07-31 20:05 | 自然 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

画像一覧