2017年 09月 05日 ( 1 )

2017年 09月 05日

e0033229_1825496.jpg


しばらく前の静岡新聞子供向けタブロイド判の紙面に、こんな記事が載っていた。

(切り抜きは一部カットしてあります)

なぜ蚊に刺されるとかゆくなるの?。

その答えです。
e0033229_18302570.jpg


この中で面白いなと思ったのは、ある高校生の発見で、蚊に刺されやすい人、それは足の裏に菌がたくさんいる人ほど蚊に刺されやすい傾向があるそうだ。

子供向けのページだからこのくらいの答えでよいのだろうと思うが、私はもう少し踏み込んだ答えが欲しいので、ネットで検索してみた。

そしてネットで見つけた、これは!という答え。

 蚊に刺されると痒くなる理由は、蚊が血を吸うときに使用する唾液に関係しています。

 そもそも蚊は、卵を育てるために血を吸うので、メスしか血を吸いません。
 蚊のメスは、血を吸うとき、同時に6つの針を人間の皮膚に挿入しています。
 この6つの針を刺したときに人間に気づかれて殺されないようにするための行為が痒みと関係しています。

 人間の皮膚に止まった蚊は、「下唇」(かしん)と呼ばれるケースの中から6本の針を取り出し、それらを人間の皮膚に挿入します。

 まず、血を吸う管を入れやすいようにするために、2本のノコギリ状の「小あご」(こあご)と呼ばれる針を皮膚に挿入し、次に「咽頭」(いんとう)と呼ばれる針を皮膚に挿入し、皮膚を引き裂かれたときの痛みで人間に気づかれ、殺されないようにするための麻酔成分や、血を吸う時間を短くするための、血が固まらないようにするための成分を含んだ唾液を注入します。

 そして、皮膚の感覚を麻痺させた状態で、一番太い針である血を吸うための「上唇」(じょうしん)と呼ばれる針と、その開口部の蓋をしている「大あご」(おおあご)と呼ばれる2本の針を皮膚に挿入し、毛細血管を探り出し、一気に血を吸い上げます。

 そして、蚊が人間に気づかれて殺されないように痛みを麻痺させ、血が固まらないように注入した唾液が、人間の体内に入るとアレルギー反応を起こしてしまうため、その結果痒みという感覚を生じさせます。

 よって、蚊に刺されると痒くなる理由は、蚊が人間に気づかれて殺されないように痛みを麻痺させ、血が固まらないように注入した唾液が人間の体内でアレルギー反応を起こすからです。
 


● メモ


・ 蚊は、人間の皮膚に止まってから血を吸い終わるまでに合計約2分30秒掛かり、そのうち、唾液を注入するのに約16秒掛かります。

・ 蚊に刺されると痒くなるのは唾液が原因なので、蚊が血を吸い終わるまでに人間が動いたなどで蚊が逃げると、蚊が再度血を吸おうとし、結果的に複数の箇所を刺され、複数の箇所が痒くなる場合もよくあります。また、蚊が血を吸い終えても満腹状態にならなかった場合は、再度蚊が血を吸おうとし複数の箇所を刺され、複数の箇所が痒くなる場合もあります。

・ 蚊に刺されても痒くならないようにするためには、蚊に刺された後、蚊の唾液が広がらないようにするために、なるべく掻かないようにするといいでしょう。また、刺された箇所を冷やすとアレルギー反応が起きにくくなり、痒みが弱まります。

・ 蚊に刺された後の痒みはアレルギー反応なので、アレルギー反応がない体質というものも原理的には存在し得ますが、今のところ、そういう蚊の唾液に対する人間の免疫は確認出来ていません。

・ 蚊は、二酸化炭素濃度の高い場所、温度が高い場所、汗などの臭いを好むので、呼吸回数が多かったり、体温が高かったり、新陳代謝が活発だったり、汗を掻いていたりする場合は蚊に刺されやすくなります。

大変お勉強になりました。


ところで我が家の裏庭には蚊がたくさんいます、でも私はかゆくなるほど刺されたことは少ないです。
これは私の想像ですが
蚊は人を刺そうとするとき、皮膚にとまって、脚の先にあるスパイクのようなものを皮膚に刺して体を固定してから、針を刺すのだと思います。
そのために、飛んできて体にとまった瞬間にはそっと乗るだけではなくその針を刺して体を固定して感触があるのです。

こいつはまだ針を刺す前の状態の時にパチリ
そしてそのあとすぐにピシャリ
e0033229_18541536.jpg


それを感じたらすぐに、ピシャリ。蚊がたくさんいるときは、「一石二鳥」ならぬ「一打ち三蚊」なんてこともあって、かゆくならないうちにたたいてしまうので、あんまりかゆい思いをしません。

でも、最近は小さな小さな蚊がいるのです、体調3mmくらいの小さなやつ、これの場合は止まったのに気が付かず、チクッっと来てから気が付きます。

去年も同じようなことを書いたのかな?。
こんな歌が残っていました。
e0033229_18555890.jpg


東京都心のビルの地下などには真冬でも蚊がいると聞いたことがあります。
蚊は風速2m以上ある中ではヒトの体にとまって血を吸うことはできないそうです。ビルの地下は風もないし温度は高いし、天国でしょうね。





by yo-shi2005 | 2017-09-05 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

画像一覧