2017年 09月 10日 ( 1 )

2017年 09月 10日

今ごろ何をするの!!花に叱られた。

e0033229_145150100.jpg



思い起こせば、もう10年ちかくも前の五月の連休のころに、静岡市中心部の駿府城公園で、植木市があるというので出かけた。
中で目についたのが、花が終わりかけた、カロライナジャスミンの幼木だった。

値段は忘れたが一つ買って来た。
早速植え替えて三つ折りくらいに枝を縛ってあったのを解いて支柱を立てて巻きつけた。

その後は毎年のように黄色のいい香りのする花を咲かせていた。
幼木はずんずん育ち、2~3度くらい鉢を変えてやったと思う。

毎年よく枝が伸びるので、毎年枝を選定して整姿してきた。
去年もそこそこ花を咲かせてくれた。これは去年の画像です
e0033229_1554276.jpg


ところが、去年の秋からというものは、ドーム菊に気をとられて、この木のことは何もせず、ほったらかし状態になってしまった。
花は正直で、今年の春は数えるほどしか花が咲かなかった。
本来は花後に植え替えも剪定に施肥と手をかけるべき花木だが、それも怠った。

見ると、蔓はひょろひょろと伸び隣に置いた酔芙蓉の蕾に巻き付いて、首を絞めているような姿は、何も手をかけてくれないおやじさんに対するうっぷんをここで晴らしているかと思うような状態に二さえ見えた。

「こりゃぁいかん、何とかしてやらなくっちゃ」と台から取り出して、作業台に乗せた時、花の怒りの声が聞こえてきたような気がした。

その時のカロライナジャスミンの姿
e0033229_15181486.jpg


「おやじさん、今ごろ何をしようっていうの?、まさか植え替える気じゃないでしょうねぇ!!」

ハッと気が付いた。「そうだ今は蕾の元が形成される時だ」
そこでとりあえず、枯れた枝を切り取り、元気な枝を残し枝をきれいに整えてあげた。

たっぷり水を上げて、肥料も上げて、すっきりした。
e0033229_15201051.jpg


・・・・・・・・

すぐ隣に置かれていた木香薔薇(モッコウバラ)も、同じ待遇に置かれていたのだ。
この子は、バラでありながら棘を持たないというおとなしい花木だ。
小さな八重咲の淡い黄色の花をつける。
こんな花です。
e0033229_1523201.jpg


この子も去年の春には立派に花を咲かせたが、今年はやっぱり花は少なく寂しい状態だった。

台から引き出すとこんな感じ
e0033229_15264725.jpg


思い起こすと、この花はカロライナジャスミンよりも我が家の歴史は古く、妻が元気なころにどこらか苗を買ってきて
「これ、木香薔薇って言ってね、秋篠宮紀子様のお印のお花なんだよ」と言って教えてくれた。
だからもう12~3年以上になるだろう。

蔓が伸びるタイプの木ではないので、隣の木に巻き付くようなことはない。

これもやはり植え替えるわけにはいかないので、枝を整え肥料と水をたっぷりあ上げておいた。
e0033229_163782.jpg


e0033229_1550260.jpg


両方とも、春になったら、植え替えてやらなくてはならない。




by yo-shi2005 | 2017-09-10 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(5)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

ファン

画像一覧