2017年 11月 04日 ( 1 )

2017年 11月 04日

もう少しで夏日のオキザリス

e0033229_1720289.jpg


静岡市の最高気温は24.3度だったそうだ。
・・・ということはもうちょっとで夏日になるところだったということだ。

日中良く晴れたから、富士山が綺麗に見えるかなと期待したが、気温がこう高くては、霞の衣を纏ってしまって、こんな状態だった。これは11時57分の画像です。
e0033229_17235786.jpg



我が家のオキザリスは冬の花が多いが、この気温でも一生懸命咲いていた。


この花がこんなに咲いたのは初めてだ、何年前になるだろうか、お友達から苗を送っていただいて根付いたのだが、花が一向に咲かなかった。
一昨年あたりから咲くようになり去年も少し咲いた・・・・せっかくだからたくさん咲いた今日の写真から掲載します、下の段の写真が去年の写真です。

アフロヘヤーのオキザリス
オキザリス・ペンタフィラ 今日の画像
e0033229_17281668.jpg


そして、去年まではこんな調子だった
e0033229_17285811.jpg


東京のKさんこんなに咲きました。有難う。


この花も去年はあんまり咲かなかったが、今年は何が嬉しいのか知らないが、こんなに元気に咲いている。
オキザリス・ゴールドアイランド
e0033229_1733782.jpg


咲いた花もいいが蕾の外側の床屋の看板みたいの模様が好きで買ったのだが、こんなに咲くと、そんなことどうどうでもよくなった。



同じ花みたいな黄色のオキザリスだが、別の品種です。

昨年まではプランターに植えてありました。そのプランターにこれもオキザリスの仲間と思うが、「ムラサキカタバミ」の種が紛れ込んでそれが繁殖して、この気花オキザリスが枯死寸前だったので、今年の春に、この鉢に植え替えました。
花も嬉しかったと見えて、時期が来たら早速咲いてくれました。見ると細い先のとがったつぼみがいくつも見えます。
黄花オキザリス
e0033229_1740820.jpg


「ムラサキカタバミ」をご存知ですか。すごい繁殖力です。オキザリスの中にボーウイーという品種がありますがそれと同じくらい葉っぱが大きく葉っぱの形も同じです。
球根の周りに米粒よりも小さいくらいの球根がたくさんつきます、根っこを引き抜いたときに、その小さな球根がうっかり土の中に落ちるとそれが親となって繁殖します。
花は可愛いのですけどね、こんな花です
e0033229_17444781.jpg

あんまり増えすぎるので嫌われます。

花は可愛いし、こんなに増えるのなら、いっそこの花を楽しんでやろうとあちこちに出て来たムラサキカタバミを集めて一つのプランターに植え付けてみました。

すると、育たずに花も咲かずに全部枯れてしまいました。変な奴です。
下には半透明の小さな大根のようなものがついている種類と、細かい球根だけの種類があるようです
いずれにしても、植えてある草花の根を傷つけないように気を付けてうまく掘り出して捨てることが肝心です。



by yo-shi2005 | 2017-11-04 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

画像一覧