2017年 11月 22日 ( 1 )

2017年 11月 22日

時雨と花と

e0033229_1814229.jpg


この時期としての静岡は三十何年ぶりの寒さだそうだ。

それに雨も降ったりやんだりしていた。こんな雨を「時雨」というのだろうか。

時雨というのは通り雨だともいうが、家の中から窓越しに振ったりやんだりしている雨を見たのではその雨が降る場所を移動しているかどうかはわからない。

そんな理屈はどうでもいいとして・・・・。

お隣の奥さんが褒めてくれた花。この花ももっと開いてもいいころなのだが冷たい雨にたたられてなかなか開かない。
でも、「綺麗な花だねぇ、いい色の花だねぇ、これがダイヤモンドリリーって言うんでしょう、これお日様が当たるとダイヤモンドみたいに輝くんだって」
この奥さんも花のことは本で勉強しているようで詳しい。

そんなに褒められたら、歌をくっつけたくなって、下手な歌を詠んだ。

ネリネ(ダイヤモンドリリー)
e0033229_191663.jpg


。。。。。。。。

時々このブログに登場する私の仕事のサポーターのおばさんの家に何日かぶりに行った。

するとおばさんは「ねぇこれ見て、こんな小さいのにつぼみがこんなに大きくなって、私一人で見て、褒めてやっていたんだよ」

昨年私がこのお宅の砂利の庭にこの種を勝手に蒔いた八重咲の鳳仙花だが今年もよく咲いて、種が落ちて、気の早い種はもう芽が出ていた。
半月ほど前におばさんに
「もう寒くなるからこの芽には花は無理だよ、きっと」と言っておいた。
それが見事に私の予想を裏切ってくれて、おばさん大喜びだった。
e0033229_18341836.jpg



。。。。。。。

何処からか風に乗って飛んできて我が家の庭の隅っこに芽を出して花を咲かせたのが去年の夏のこと。そんな高砂百合が数本あった、寒いころに、それらの球根を一か所に集めて、花を咲かせた、いい花が咲いてくれた。
その時の画像(2017.08.09撮影)高砂百合
e0033229_184476.jpg


そしてその時の花が終わって種が出来た。
種も採ってみようと一つだけ種の鞘を付けておいたのが実って口を開けた。
ほっておけばこれが風に飛んでどこかで芽を出すのだろうが
e0033229_18465755.jpg


一応収穫した、どこか邪魔にならないところに播いてみようと思う。




                           ・
by yo-shi2005 | 2017-11-22 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

画像一覧