2017年 11月 29日 ( 1 )

2017年 11月 29日

ネリネとバーシーカラー

e0033229_18121922.jpg


一生懸命仕事をして、お昼になったので仕事場から出てくると待ち構えたように誰かが呼んでいるような気がした。

先日ブログにアップから外された、かわいらしい花が呼んでいるようだ。

「ねぇ、おやじさん。今日はこんなに咲いたからブログネタのしてくれるでしょう?」
「うん、だいぶ咲いてきたなぁ、でもまだ花が少くねぇなぁ」
「やだぁ、そんなこと言わないっこしてよぉ、これでも精いっぱい咲いているんだからさぁ」

あれ??花も静岡にいると静岡弁になるようだ(笑)

「よしよし、それじゃ写真を撮っとこう」

・・・と言うことで、撮った写真がこれ
オキザリス・バーシーカラー
e0033229_18215169.jpg


この花としては、これでは花の数が少ない。
あと一か月もすればこんなになる。これは今年のお正月に撮った写真。
e0033229_18234333.jpg


まっ、可愛い花だからいいか。

。。。。。。。。。。。。

わが庭にはネリネ(別名・ダイヤモンドリリー)が二種類あります。
両方とも頂き物なので品種名は解らなかったが今日調べました。
丁度一週間前に一度アップしたのが、我が家の二種類の中では早咲きの方でこれの名前が

ウインズラータ・ロゼアと言うのだそうです。6個の球根が植えてありますがそのうち5本花茎が伸びて次々と花が咲きましたが今日やっと最後の花が開きました。

ウインズラータ・ロゼア
e0033229_18475438.jpg



もう一つのネリネはウインズラータ・ロゼアより少し遅れて花が咲きます、花の色は薄いピンクでなんだかよわよわしい感じです。
これの名前は ネリネ・クリスパ と言うようです。

ネリネ・クリスパ  写真のバックがごちゃごちゃしていて花が見づらいですね。
e0033229_18554837.jpg


花の部分を拡大します。
e0033229_18591719.jpg


一輪だけで見ると
e0033229_1921595.jpg


ネリネと言うのは、一つの球根から一本の花茎が伸びて、そこにに一輪の花が咲きますがその一輪の花の中に沢山の花がつきます。

手のかからない植物で、手をかけると花が咲きにくくなります(笑)。
球根が分球して増えます。種も採れて、実生苗もできるようですが、播いてから花が咲くまでに数年かかるようです。

球根の植物なので花が終わった後は花茎を根元から切りますがやはり葉っぱはそのまま自然に枯れるまで置きます、できれば日の当たるところに。
その時葉っぱが鉢の縁にだらぁっと垂れないようリングの支柱を立てます。これは私流ですが。
上の写真もリングを二個つけて上のリングは花茎のために下のリングは葉っぱのためです。

これでも手がかからないと言えるのでしょうか???。




                      ・
by yo-shi2005 | 2017-11-29 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

ファン

画像一覧