カテゴリ:花日記( 1047 )

2017年 10月 20日

コムラサキ 再生作業

e0033229_187664.jpg


日ごろから、私が「静岡の実家」と言っている会社に、しばらく前に行ったとき、会社の前にコムラサキが、可愛い実をつけていた。
e0033229_1824167.jpg


ここにもコムラサキがあったのかぁ、知らなかったなぁ。と思って近づいてみると、確かに実はついていたが、根元の方はなんだかわからないような状態になっていた。

このまま置いたらこの木は枯れるなぁと独り言を言って帰って来た。

そして今日商用で行って見ると枝は切り取ってあったが、根っこの方はそのまんまだった。
あんまり木が弱らないうちになんとかしなくっちゃぁと思って、奥さんに

「この、コムラサキしばらく俺に預けてみない?」

「面倒見てくれる?、わたしじゃぁどうやったらいいか全くわからなくって・・・それじゃお願いしようかな」と遠慮しながら、もう頼んでいた。

「下のプランターにまで根が張っているからプランターも持って行くよ」

というわけで預かって来た「コムラサキ」
e0033229_1825403.jpg


元は買ったか貰ったか知らないが、苗用の小さな鉢の中にピニールポットがまだ入って状態で、根元の方はとぐろを巻いていた。鉢の中にはほとんど土はなかった。
e0033229_1828232.jpg


そして鉢の底の方を見ると、小さな穴から根っこが出てきてプランターの土に根を張っていた。
e0033229_18292315.jpg


ところが、こんな偉そうなことを書いている私は、このコムラサキの育て方を知らないのです。
果たして、今植え替えてもいいものなのか、預かって来たものを枯らすわけにはいかない。

そこでネットでしらべた。
[#IMAGE|e0033229_18314293.jpg|201710/20/29/|mid|422|152]

あぁよかった、今が植え替えの適季のようだ。

そこで、まずプラスチックの鉢を切って。小さな穴から出ている根を切らないように取り去った。黒いビニールポットも切って捨てた。
鉢の中でとぐろを巻いていた太い根は土から出して植えれば、面白い形になるが、それでは木が揺れすぎると思って、土の中に埋めるように植え付けた。

土の表面には乾いたときに土が飛ばないように赤玉土で覆っておいた。
水をたっぷりやって、出来上がり。
植え付けたコムラサキ
e0033229_18392936.jpg


とぐろは隠しても根元は変わった形になった。

これで来年の梅雨のころに、小さな花が咲いてくれれば、成功したことになるのだが・・・

果たして・・・・・・。
by yo-shi2005 | 2017-10-20 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)
2017年 10月 19日

詫びたい気持ちゼラニューム

e0033229_1748491.jpg


朝から冷たい雨が降り続き、こんな日は、心も滅入ってくるものだ。

狭い庭だが見るとあっちこっちにゼラニュウムが花を咲かせている。
それも何年か前の私が熱を入れていたころに比べると、花の大きささえも違っている。

あの頃はあんなにきれいに咲いてくれていたのに、ほったらかしで・・・
他の鉢を置くのに邪魔になるとあっちに動かし、こっちに移動したり、邪魔にされて今では「住所不定」状態だ。

ゼラニュウムよゴメンナサイと詫びる気持ちだ。それでも花は咲く。
この花は咲く季節がそれぞれ違うので、今申し訳ありませんわが庭のあちこちに咲いている、見すぼらしい花たちを、花に詫びる気持ちで、集めてみました。
このみすぼらしさは管理人たる私の責任です。

我が家に古くからあるかわいらしい花(名前不明)
亡妻もこの花可愛いと言っていたっけ・・
e0033229_17593122.jpg



真っ赤な花がボールのように咲く、花付きは良いのだが茎が大きくなるので狭い我が家には不向きのような気がした。今はボールのように咲く力もないようだ。
e0033229_1824149.jpg



朱色の花が欲しくって、これは私が買ってきて増やした覚えがあるが、今は・・・
写真がピンボケでごめんなさい。
e0033229_1863076.jpg



オレンジ色というか橙色というか、これも好きだったなぁ。同じものが3鉢くらいあったと思うが、どこへ行ったかなぁ、これもお粗末な花になってしまって
e0033229_1884381.jpg



白い花は八重咲と一重咲きとあったはずだ、いつもは初夏のころに咲いたと思ったが、花は体力がなくなると変な季節に咲くことがあると言われるから、これもそうなのか
e0033229_18102686.jpg



これでは、自ら「花好き」というのはおこがましい限りだ。

来年は何とかしてやりたいと、反省を含めて真剣に考えている 
 花好きなyo-shi2005であります。

・・・・・・・

昨日の話の報告です。
「寒くならないかなぁ」と思っていたら今日は冷たい雨の降る寒い日になったので、灯油を買ってきて、昨日の「石油ファンヒーター」初運転。
最初は、音が大きくて「ずっとこんな大きな音じゃぁいやだなぁ」と思っていたら、少し部屋が温まって、気がついたら静かになっていた。まだ時計を合わせてないので変な時刻を表示しています。
足元が暖かくて快適です。
e0033229_1840294.jpg






by yo-shi2005 | 2017-10-19 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 17日

秋の長雨

e0033229_21345318.jpg


こうゆうのを「秋の長雨」っていうのでしょうね。

もう降り始めてから何日になるでしょう、こんなに野も山も水浸しの時に台風が来て、大雨のダメ押しをやられたら、怖いですね。
皆様、平地にいても気を付けましょう。道も滑りやすくなっていますよ。


来年の花の季節を夢見て、先日来一生懸命種を蒔いたり、球根を植え付けたりしていたのが芽が出ました。
でも屋根のない所に置いた新しい苗は、お日様にご無沙汰されて、ひょろっとし始めて心配です。

今年はラナンキュラスがたくさん芽が出ました。
今こんな段階です。この子は変に徒長しないようで安心です。私のパソコン机の横の窓の下に9鉢あります。その中のひとつラナンキュラス
e0033229_1902196.jpg



今年初めて種を蒔いた、ホリホック、和名はタチアオイ、これは静岡市の花なのです。大きくなります。地植えだと2mくらいになることもあります。これも何とかしないとひょろっとしてきました。
e0033229_1925940.jpg



ルピナスも去年初めて苗を買って、うちで採取した種を蒔いて初めての苗です。
でもこんなに茎が長くっていいのか心配です。
ルピナスの新芽
e0033229_1952813.jpg



お友達が勿忘草の種を送ってくださいました。「わピ」って言うのは勿忘草のピンクの意味です。
そうすれば下の写真もなんだかわかりますよね
e0033229_1982048.jpg

e0033229_1983931.jpg

これもくきがのびすぎてるようで・・・。


困ったことに種を蒔いておいて忘れてしまったのがあります。
ラベルもつけてなかったので何の種播いたかわかりません、花が咲けばわかるわけですが、それまでの間「名無しのゴンべぇ」じゃちょっとかわいそうですね。
e0033229_1912661.jpg



裏隣の奥様から株分けしていただいて、今年始めた育てた一人娘の種も蒔きました。
凄い発芽率のようで、だいぶ間引きをしなくてはならないようです。
この株は、宿根ですが、何年かすると株が弱ってきて枯れてくるという事なので、種を蒔いて新しい株にした方がよいそうです
e0033229_19193843.jpg


この花はリクニス・コロナリアというのですが、枝分かれした先に一つだけ花が咲くので、一人娘と名付けられたのだそうです。

こんなに花の話題ばっかりなのに、花の写真が一つもなくってゴメンナサイ。

最後に余談
このヒトリムスメの花の育て方を知りたいと思ってネットで検索してみました
一人娘の育て方・・・クリック

するとこんな答えが出ました
e0033229_19265586.png


これじゃ花の育て方にはならねぇや。

明日辺りお日様の顔が見たいですね。





by yo-shi2005 | 2017-10-17 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 13日

ハヤトウリの花

e0033229_18312651.jpg


昨晩24時ころ、寝る前に窓を開けたがまだ雨は降っていなかった。朝には地面が濡れていた。

午前中から雨で時間の経過とともに寒さが増してきた。
昨日までの暑さはどこへ行っちゃったんだろうか?。ちなみに昨日の静岡はは真夏日だった。


裏庭のハヤトウリの蔓が屋根の上を通って棒の上を伝って今年も裏隣のお宅に入り込もうとしていた。
こいつ、お隣に行かせないために今年は別のところに植えたのに、ちょん切らなくっちゃ駄目かな。


「そっちに行っちゃだめだよ」と、蔓の先をちょん切ってやろうとハサミをもって近づいてみると・・・・。

昨日は気が付かなかったが、なんと花が咲いている。それも付け根に瓜を持った雌花だ。

もうそんな季節になっちゃったんだなぁ。
e0033229_1728910.jpg


ハヤトウリの花は、メインの蔓から枝分かれした蔓に花をつける

よく見るとあっちこっちに花が咲いている。そして瓜を抱えていない雄花も咲いている。
e0033229_1731722.jpg


急に寒くなったので急いで咲いたのかなぁ。

去年のこの時期に東京在住の義理の姉にハヤトウリの食い方を教えてもらったので、今年は収穫が楽しみだ。
e0033229_18143920.jpg


ちなみに去年は10月8日に花を発見、11月2日が、初収穫だった。
e0033229_17472122.jpg


たくさん取れたら東京の義姉さんにも送ってやろう。

獲らぬ狸のなんとやら、ということだ。

寒くなったから風邪が心配だ。
皆様も不順な天候に、体調を崩さないようにお気を付けください。
e0033229_1874648.jpg







by yo-shi2005 | 2017-10-13 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)
2017年 10月 12日

裏庭で・・・・

e0033229_180502.jpg


私の住まいは猫の額ほどの狭い土地ですが、それでも表の道路に面している部分以外になんと周囲に6軒のお宅と隣接している。言い換えれば6件のお宅に守られて暮らしているようなものである。

昨日裏庭で水遣りをしている時・・・

「うぅ、何かいい匂いがするなぁ」と顔を上げると、其の6軒のうちの一件のお宅の裏庭の金木犀が咲き始めていた。

今日は昨日よりも一段と良い香りがする。秋酣(たけなわ)を知らせる香りだ。
私の仕事場の屋根の向こうに咲いているのだ。
二階のベランダに上がって写真を撮った。
e0033229_18111656.jpg


この金木犀の木が、PCの外付けHDに収納されている古い画像を見ると、2004年にすでに樹高3mを超えている。あれから13年の間にすくすくと伸び今では梢は二階の屋根よりも高い。

「これを切ってしまってくれ」と頼まれてからもう何年になるかな、今や私の手に負える高さではない。
毎年こんなきれいないい香りの花が咲くのだから・・・
e0033229_18252264.jpg


毎年「花が終わってからにしよう」なんて言いながら何度も花を見て、今や怖くて手が出せない状態だ。

また、来年もこのいい香りをかぐことになるのかもしれない。


二階のベランダから写真を撮ったついでに、少し手前のわが庭の、せめぎあいにカメラを向けた。

今年植え替えて新天地に根を張った皇帝ダリアの白と紫、それに対して、これも今年新しい場所に植え付けてもらったハヤトウリ。
始めのうちは皇帝ダリアの上にハヤトウリの蔓と葉っぱが覆いかぶさる形になっていたが、最近は皇帝ダリアが背丈を伸ばしてハヤトウリを見下ろす形になった。
e0033229_1833016.jpg


ハヤトウリは、それじゃぁというので方向転換して屋根の方に向かったが、このところの夏のぶり返しのような暑さで、トタン屋根はやけどするくらいに熱くなる。
登り始めたハヤトウリも二の足を踏んでいるようだ。
e0033229_1839183.jpg


皇帝ダリアもハヤトウリもまだ蕾も出ていない、私は二階のベランダから文字通り「高みの見物」ということにする。


この夏、季節外れを承知で買った、「馬酔木」だが、蕾みたいなものが出たと前にブログにも載せたが、その後それがたくさん出て来た。
この木についていたタグの裏を見ると
e0033229_18441752.jpg


今からこんなにつぼみが出て、
e0033229_1856372.jpg


花は何月に咲くのかなぁ??。
いつ咲いてもいいか、可愛い花が咲いてくれれば・・・。







by yo-shi2005 | 2017-10-12 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 11日

何故か?、なんでぇ?

e0033229_17591274.jpg


「花が咲かない」って言ってた木に花が咲いたんだから、いいじゃないの」
なんて言わないでくださいね。

前にもこのブログに書いた覚えがあるハイビスカスです。
去年は真っ赤な花を驚くほどたくさん咲かせたのですが、今年は蕾が大きくなって「咲くかな?」と思うと、その蕾がポロリと落ちてしまったのです。何度も何度も。
これは去年のよく咲いたときの画像です。場所は私の静岡のふるさとの玄関です。
e0033229_1834532.jpg



それが、ここにきて一つ蕾が膨らんできたので「どうかこの蕾が落ちないで・・・」と祈る思いでした。
祈りが通じたか、ついに今日無事開花しました。
でも・・・、この花、上の画像と同じ木に咲いたようにみえますか。
e0033229_1863412.jpg


椿や木瓜はこんなことはよくありますがハイビスカスは聞いたことがありませんでした。
でもこの花も可愛いですけどね。
でも 何故でしょうね。


もう一つあるんです。

今年は今まで植えたことがなかったコキア(ほうき草)を植えました。
そもそも、ほうき草が気になりだしたのは、私がいつも通る細い道の道端にあった、このほうき草からだったのでした。
e0033229_21122927.jpg


これを見てわが庭の花が夏の暑さに負けてしまうのを見て、それならあのコキアにしたら花は関係ないからいいだろうなんて不精なことを考えたのでした

そして私の心を動かしたこのコキアはぐんぐん育ちました。でも、どんな肥料を上げているのか、知らないお宅のですから知る由もありませんでした。

しして我が家のコキアもそれには及びませんがよく育ちました。
そして真っ赤に紅葉しました。もうじき種が実るころだと思います。

e0033229_18183516.jpg


ところが、あの道端のコキアは大きくなったけれど紅葉しないのです。
品種が違うのでしょうか???。
e0033229_18195638.jpg


来年はコキアを自分で種を蒔いてたくさん育てようと思っていますが、もしも、品種が違って紅葉しないのだとしたら、その種が少しほしいです。

今度あそこを通った時、あのお宅に寄って種をお願いしてみようかな?。

「猫の額がいっぱいになって身動きできなくなっても知らねぇぞ」なんて自分に言い聞かせながら、このブログを書いています。





by yo-shi2005 | 2017-10-11 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(4)
2017年 10月 10日

人口種まき床

e0033229_1824033.jpg


昔は私も花は種から育てることが多かった、しかし、いつのころからか、
「苗になっているものの方が育てやすい」なんてものぐさなことを考えるようになって、ほとんど種は蒔かなくなってしまっていた。

でもお友達が一生懸命種を採取してそれを播いていることを知り
「俺は花に対する愛情が足りねぇのかなぁ」なんて反省するようになって、今年はいろいろ種から育てるようになった。

そして、今何種類かの花の苗が可愛い双葉を広げている。
e0033229_193952100.jpg


それをタイミングを合わせて掘り上げて植えつけて・・・・。やっぱり面倒だなぁ、何かいい方法はないものか・・・・やっぱり愛情が足りないか・・・・

そこで思いついたのがこれ
e0033229_18175775.jpg


この中身はこれ
e0033229_19132985.jpg



これを水につけておいてしばらく給水させると厚さというよりもその高さが3倍くらいになる。
そこに種を蒔く。

今回は今年の春に「麻の葉模様」のような葉っぱがかわいかったので種を採取しておいたルピナス
写真がどういうわけかこんなのしかない。
e0033229_19203147.jpg


保存してあった種をを24時間水につけておくと3倍くらいに大きくなる、それを蒔いた。

そして乾燥を防ぐために種の上にピートモスを少しかけておいた。

花は2色あるはずだ。
e0033229_19265479.jpg


黒い土のポットは、これを使わずに、普通の培養土で、一昨年の残りのアグロステンマ(麦ナデシコ)を播いてみたが、これ目が出るかなぁ??。

これでうまくいけば、種まき後の管理が非常に楽になるので、これからは実った種を採取したり、苗ではなく種で買ってきて蒔いたり、まじめな花好きになれそうだ。

余談

今から10年ほど前にブログでお付き合いしていた奈良県のある花好きの方のブログを久しぶりに覗いてみた。
そのページには、
「先日蒔いたロベリアの芽が出たので、これをピンセットで掘り上げて苗用のポットに植え替える」なんて、私にとっては気の遠くなるような作業をしている様子が書かれていた。

 これを読んだ私はただ  反省。  これからは嬰児を育てる母のような慈しみの心で花を育てよう。と思ったのでした。

思っただけに終わらないように、努力します。

これは今日午後五時前の酔芙蓉です。
e0033229_19371922.jpg







by yo-shi2005 | 2017-10-10 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 09日

花を咲かせる準備作業

e0033229_18304458.jpg


しあわせだなぁ 僕は花をいじってる時が いちばんしあわせなんだ

そんなことを言いたくなる。

この花はこんな咲き方するからこうしておいてやらくっちゃぁ・・・・なんて考えながら、そして独り言を言いながら。
その一部を、お見せします。

ネリネ

間もなくこの花のシーズンがやって来る。

去年に引き続いて彼岸花が全くダメだったが、よく似た花でネリネ(別名ダイヤモンドリリー)が、今年も葉っぱを伸ばし始めた。この花は葉っぱが充分に茂ってから花茎がにょきにょき出てきて、先端に花が咲く。
だが、ほおっておくと葉っぱ折れてだらしなくなる。
もうこんなに伸びた。
e0033229_18375746.jpg


毎年やるがこの葉っぱを少しでも上を向いているようにしてやる。

これで花が咲いたときに葉っぱがだらしなくならない。
e0033229_18392668.jpg


上のリングは花が倒れないためのリングです。

小さい鉢もちょっとやっておいた。
e0033229_1840523.jpg



オキザリス達

この子は支柱なんかあってもなくっても同じようなものだが、それでもいくらかいいと思って。
オキザリスペンタフィラ
e0033229_18422344.jpg



あっ、そうそう、今日のこのブログには花の咲いている画像は登場しませんから、準備が話題ですから・・・。


この子は茎がしっかりしているタイプだから少しはいいと思うのだけど、一応やっておこう。
オキザリス・ゴールドアイランド
e0033229_18454255.jpg




今年の春先にこの球根を掘り上げて忘れていたんです。
そうでした、プランターに植えたら雑草がはびこってあまり花が咲かなかったので、今度は鉢に植えようと、掘り上げてそのままだった。
何か白いひげのようなものが見えるなぁと袋の中を見ると、オキザリスの球根が
「おやじさん、何やってんの!早く植え付けてよぉ!!、掘りっぱなしじゃ困るんだよぉ」
オキザリスの球根に叱られちゃった。

黄色の花が咲くオキザリスだ。急いで植え付けたのがツイ三日ほど前だった。
余程芽を出したかったと見えて、もう芽が出て来た。
e0033229_18555422.jpg


蚊に刺されながらの作業もまた楽しだ。今日は何匹つぶしたかなぁ。少なくも15はやったなぁ
  
ピシャリ!!と。






by yo-shi2005 | 2017-10-09 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 08日

秋を感じる昨今

e0033229_1737084.jpg


この春5月にダリアの苗を三つ買った。綺麗な花がよく咲いた。
e0033229_18103748.jpg

そして花も終わって蕾もなくなった。
「あぁ、この花もよく咲いたけどこれで終わりかな」と、邪魔になった鉢をそのまま三つ重ねておいた。

しばらくして見ると、一番上の鉢から新しい芽が出ているではないか!。

「これはまだ咲くのかな??」と、慌てて下積みになっていた鉢を見ると、そこにはダリアのもやしのようなものがにょろにょろと伸びていた。
慌てて、日の当たるところに並べたが、下積みの二鉢からは新しい芽は伸びてこなかった。

そして偶然一番上に置かれて助かった鉢のダリアが、今日咲いた。
e0033229_18143581.jpg


あの時、三つの鉢をそのまま並べておけば・・・・。

・・・・・・・・・・

徳川家の家紋のモチーフになった双葉葵に似た葉っぱが本物であるかどうか。
この蕾が咲いたら花を見て白黒つけようとブログに書いた。
それが三日前のことだった。
e0033229_18192552.jpg


今日見ると、あの時つぼみだと思っていた丸いものがもう弾けてみどりっぽい殻になっていた。
e0033229_1821279.jpg

註:この画像の中につぼみと書いてあるのは果実の誤りです。

あれは蕾ではなく果実だったようで、ネットでどこを調べても双葉葵がこのような結実をするとは書いてないようだ。
でも、これを双葉葵と思っている人はたくさんいるようで画像サイトにはこの葉っぱを双葉葵としてたくさん掲載されている。

・・・・・俺も人並みのことをやってるんだなぁ・・・・・

・・・・・・・

大分秋めいてきたお隣の庭で見つけた。
あの、オオキンケイギクの画像を見た後のこの花は何とも可愛い。
e0033229_18302095.jpg



わが庭にも秋を思わせる色があった
e0033229_18312382.jpg



あぁ、秋だなぁ 食欲の秋だ・・・・あの夏太りを解決してないのに、どうしよう・・・・。

ズボンが全部履けなくなっちゃう。





by yo-shi2005 | 2017-10-08 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 04日

友あり 遠方より来る 花苗をもって 

e0033229_19211079.jpg


ブログで知り合ったお友達が、ご主人様とドライブ旅行の途中で我が家に立ち寄って下さった。

先日、サクラソウの苗が残ったとおっしゃっていたので欲しいと言ったら、それを持ってきてくださった。
他に、見たこともないような多肉植物の苗もくださった。

早速植え付けた

雲南サクラソウはたくさんいただいたが、一鉢だけ代表掲載
植え付けた雲南サクラソウ
e0033229_1925769.jpg


私は多肉植物はあまり手掛けたことがないので名前も知らない。

3種類の苗?をくださった。これも早速植え付けた。
e0033229_19545415.jpg


その多肉植物を説明すると
e0033229_19263684.jpg


① これがメインの苗だが名前は忘れた、花が咲いたらネットで調べてみようと思う。2本ある。
② その①の葉っぱが落ちたのでそれも挿して置いてみた。
③ これも名前は知らないが、バラの花みたいな可愛らしい葉っぱの多肉植物
④ 彼女が「これ、こうやって鉢の中に置くと根が出てくるから」というのでそのまま転がして置いてみた。
とにかく多肉植物は初めてなので、ドーム菊以上に手探りだ。でもこれがうまくいって病みつきになるかも・・・病みつきやすい性格だから(笑)。



話は変わるが、お向かいの家が出来上がって、新しい住まいに住むようになった奥さんが、我が家の秋明菊を見て・・・
「秋明菊ってかわいいね、この花白もあるんだってね、白もかわいいみたいだよ」と言っていた。
ホームセンターに行ってら、それがあった・・・・あとは書かなくってもわかりますね・(笑)・

早速植え付けた

秋明菊、白八重咲
e0033229_1940344.jpg


まだ花は咲いていないがラベルを見たら、我が家のよりももっと淡い色のピンクがあったのでそれも・・・・。
e0033229_1941487.jpg



それともう一つ報告です。
あの時一緒に4本芽を出した、ギンナンが一本だけ残ったが元気がない…というところまでブログに書いたが、今ではこんなに元気になりました。
銀杏の苗
e0033229_19463948.jpg


銀杏はもう葉っぱが色づくころだけど、こいつはどうするつもりだろう?。





by yo-shi2005 | 2017-10-04 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

画像一覧