カテゴリ:花日記( 1062 )

2008年 03月 08日

しだれうめ

以前、掛川市の龍尾神社のことを書いたことがあったが、そのころはまだしだれ梅の季節ではなかった。
今頃が一番いい時期と思い、ひとっ走り行ってきた。
あの山内一豊公ゆかりの龍尾神社脇の小山にその梅園はある。
入り口付近は、比較的木が若く花も貧弱だ。初めての人は、「これで500円かい、ちっと高いねぇ」と悪口を言う。(入り口付近の若木の花)
e0033229_2095137.jpg

今日もそんなことを言いながら石段を登る人がいたので「石段を登りきると、500円じゃや安くなるよ」と教えてやった。
e0033229_2013328.jpg

掛川城が梅の花越しに見えるポイント
e0033229_20141726.jpg

次第に500円の価値が出てくる。

e0033229_20152852.jpg

e0033229_20171059.jpg
中に小さな小川が
流れている。




これを見たら有名な
短歌を思い出した。

瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の
         われても末に 逢わんとぞ思ふ      崇徳院

e0033229_20281464.jpg

開運の神様を祭った祠 (なぜここに?)
e0033229_20342611.jpg

by yo-shi2005 | 2008-03-08 20:36 | 花日記 | Trackback | Comments(10)
2008年 02月 01日

花と富士山

これが何の花かわかりますか?
e0033229_21371879.jpg

これでも ヒヤシンス なんです。
昨年の秋に、何かわからなくなった鉢をひっくり返したら、球根が出てきました。
「これはなんだったかな~?」と思いながら、折角生きてる球根なんだから、土に入れておいてあげれば何か出てくるだろうと、そこらにあった鉢に植えておいた。
遅ればせながら芽が出て、小さな蕾が見えてきた。
「あぁ、これはヒヤシンスだ」と、やっとわかって、これでは深植えすぎるなと土を少し出してやった。
葉は伸びるが蕾がなかなか大きくならない。そして、大きくならないまま咲き始めてしまった。
そしてこんな形に・・・・・。

一昨年の秋に買ったシクラメンが、いまごろ花を咲かせた。
シクラメンの夏越しは、乾式と湿式があると聴いた。最初は乾式に挑戦して夏の間、一滴も水をやらずに置いたら、ミイラになってしまって失敗。
それからは、湿式のつもりで他の鉢に水をやるときに少し掛かるところに置いたら球根は生きて夏を越した。
e0033229_21471658.jpg

季節外れの感もあるが、足掛け3年の付き合いで、花が咲けばいとおしい。

今日の富士山・・・富士山は飽きたなんていわないで・・・・私の一番好きな山ですから。
e0033229_2149397.jpg

午前10時ころ
by yo-shi2005 | 2008-02-01 21:53 | 花日記 | Trackback | Comments(11)
2008年 01月 30日

他人の花

花好きの主(私のこと)を持つ我が家に梅ノ木は一本もない。
でも近所の、元農家のお宅にはいろいろな花木が植えてあり。薄いピンクの梅がまもなく満開になろうとしている。 塀越しに近寄ってみると、いい香りのおまけがついていて嬉しくなる。
e0033229_21565635.jpg

この枝は満開に近い。

e0033229_21572722.jpg

一重咲きの紅梅
e0033229_215814.jpg

ピンクの椿
e0033229_2158537.jpg

すべて近所のSさん宅の花でした。

♪ かけちゃいけない 他人の花に
     情けかけたが 身の定め・・・・・関係ないうただったな・・・。
by yo-shi2005 | 2008-01-30 22:05 | 花日記 | Trackback(1) | Comments(7)
2008年 01月 18日

桜草

一昨年は、自然に発芽した若い芽が、鉢からあふれんばかりだったが、虫害の予防に殺虫剤を散布したら、その薬がよくなかったようで大半をダメにしてしまった。

昨年は虫がつかないように一段高い台の上で、色別に採取した種を丁寧に蒔いたが殺虫剤は使わなかった、結果は一晩のうちに大きなヨトウムシに全部食われてしまった。
全滅だった。

隣の奥さんにこの話をしたら、「うちにあるから、もう少し大きくなったら上げるよ」と言ってくれた。
ところがよく見ると他の鉢の中で虫にも食われずに、ちゃっかり大きくなっている桜草を見つけた。 早速別の鉢に移植して育てたら、最近になって花を咲かせた。

虫どもの 食い残したる 桜草
       生き延びて今 花を咲かせり          よし    

よく見ると蕾を沢山つけているので今年も楽しめそうだ。 ただ濃いピンクの色ががないのが残念だ。これだけは、お隣りから貰うか・・・。
e0033229_228065.jpg

お天気がおかしくなってきたので急いで撮影したら、鉢が曲がっていました。あしからず。
今日撮った写真です。
by yo-shi2005 | 2008-01-18 22:11 | 花日記 | Trackback | Comments(3)
2008年 01月 16日

一輪の蝋梅

まだあちこちで蝋梅の花ががいい香りを漂わせている。

今年の元旦にこのブログで紹介した、我が家の蝋梅のただ一個の蕾が、気がついたら咲いていた。
うっかりしていたが何日か前に咲いたようだ。 花びらは萎れ加減になっていた。

早速カメラを持ってきて、一枚撮った。
そしてもう少し別のアングルからと思って、鉢をぐるぐると回した。
 そしてカメラを向けたが、
・・・・・花がない・・・・・。  ぐるぐるとやった振動で落ちてしまったようだ。

 ただ一輪(ひとつ) 我が家に咲きし 蝋梅を
         写真に撮れば すぐに散りゆく       よし

考えるに、咲くのを私が楽しみにしていたのを知っていたこの蝋梅が、せめて一目でも見てもらい、写真の一枚でも撮ってもらいたいと、この寒い中、必死にしがみついていたのだろう。そして写真を撮ってもらったことで安心して、力尽きたか。と思うと落ちた花びらもいとおしくなる。
e0033229_21435689.jpg

こんな姿で私が気がつくのを待っていてくれた蝋梅の一輪。
by yo-shi2005 | 2008-01-16 21:49 | 花日記 | Trackback | Comments(10)
2008年 01月 04日

寒い中の花達

我が家は玄関が北側にある。

花好きの私が外から帰ってきたときに、すぐに花に逢えるように、玄関前に比較的綺麗に咲いた選手達を連れてくる。 予備軍は日当たりのよい裏庭でのほほんとしている。

北側の表庭にはこの季節は殆んど日が当たらない。
あまりにかわいそうなので今日のような晴れた日には、保育園の幼児たちが散歩に出るときのようにまとめて台車に乗せて、道路の向こう側まで連れて行って数時間の日光浴をさせてやる。

これが花にとってよいか悪いかなんてことは知らない、ただ自己満足だけだが・・・。
e0033229_2191585.jpg


92歳になる姑を見舞った帰り、近くの丸子川を散策してみた。
土手には誰かが植えて管理しているらしい水仙の花が咲いていた。
鼻を近づけてみると、ほのかにいい香りがした。
e0033229_21122592.jpg

我が家の水仙はどれもまだ数センチしかないのに。
by yo-shi2005 | 2008-01-04 21:21 | 花日記 | Trackback | Comments(8)
2007年 12月 23日

ひとりごと

何の因果か知らないが、この暮れに来て普段はヒマな仕事が急に忙しくなった。
日曜日だと言うのに仕事をした。

だけど考えてみると昔私たちが中小企業に入社したころは土曜も日曜もなかった。休みは月に1日だけ。洗濯でもして、映画を見に行けばそれで終わりだった。
歳がばれる?。 ばれてもいい。高齢者なんだから。

でもやっぱり世間が休みだとのんびりムードになってしまう。

昨日の雨で静岡市北部の山もうっすらと雪化粧。南アルプスの山々ははしっかりと真っ白に雪化粧をしたが、残念なことに厚化粧の富士山は観られなかった。

歩道ではアロエが花盛り
e0033229_22511893.jpg

街路樹の山茶花は散り始めた。
e0033229_22523073.jpg

誰だ!歩道に車を止めるヤツは!、・・・あっ、おれだ。
私の好きな真紅のゼラニウムは寒さに負けずに咲いている。
e0033229_2324962.jpg

私は好きな花が多い。気は多くないが・・・。
by yo-shi2005 | 2007-12-23 23:08 | 花日記 | Trackback | Comments(9)
2007年 12月 15日

オキザリス

寒い日に外に置き去りにしても大丈夫な花、それがオキザリス。
これ ”オヤジギャグ”笑ってやってください。

一番一般的なオキザリスの ボーウィーはもう花が終わりかけているが、いま、とても可愛い
バーシーカラーが咲き始めた。これは咲き始め。
e0033229_202444.jpg
 
満開になると他のオキザリスとあまり変わらないが蕾に特徴がある。
e0033229_2032134.jpg

花が可愛いので先年買ったが名前がわからなかったが、今日わかった。
”桃の輝き” というようだ。これが咲き始め。
e0033229_206197.jpg

これが全開の ”桃の輝き”。
e0033229_2071596.jpg

草ばかり元気のいい ”プルプレア” 別名芙蓉片喰(フヨウカタバミ)
e0033229_2091472.jpg

そして ”黄花片喰”(キバナカタバミ)
e0033229_20105212.jpg

この子達と話をしているときがとても楽しい。変なオヤジです。
写真はすべて今日、咲き始めは9時ころ、全開はお昼ころに撮影した。
by yo-shi2005 | 2007-12-15 20:20 | 花日記 | Trackback | Comments(6)
2007年 12月 12日

シャコバサボテン

 咲き出した シャコバサボテン いとおしく
        布団すれすれ 添い寝のごとく     よし

春に、葉を切り詰めて、植え替えて 夏は強い日を避けて、水を控え・・・・・と面倒を見てきたシャコバサボテンが花を開き始めた。
この植物、変わった習性があるようで、蕾がついてから、急激な環境の変化があると蕾を落としてしまって咲かないと言うことをTVの園芸番組で知った。
折角ついた蕾を落としてしまってはもったいないと、窓際の特等席に置いたままで、私はその横にそっと布団を敷いて寝ている。 どっちが主か?。
e0033229_21584966.jpg

園芸店にある鉢ほどの花数は多くないが、面倒見てきただけにいとおしい。
  ’07・12・12 撮影
by yo-shi2005 | 2007-12-12 22:04 | 花日記 | Trackback | Comments(7)
2007年 12月 11日

アンネの薔薇

北風の 寒さに耐えて 咲く薔薇を
       風除けをたて そっとねぎらう       よし

在京の弟が持ってきてくれたアンネの薔薇(4/24と6/18に紹介)が今年最後の花をつけた。
春から数えて4度目だ。真夏の暑いころはさすがに木も疲れたと見えて花も小さかった、今回もやや貧弱だが綺麗に咲いた。
でも暖かい日ばかりはない。
過保護かもしれないが冷たい風に当たらないように風除けをしてやった。
e0033229_21304877.jpg

もうひとつつぼみもあるので楽しみだ。
e0033229_2028312.jpg

木も大分大きくなったのでこの冬は鉢を一回り大きくして、春には挿し木で少し殖やして・・・・と夢は、蕾と一緒に膨らむ。
’07・12・11 撮影
by yo-shi2005 | 2007-12-11 20:40 | 花日記 | Trackback | Comments(3)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧