カテゴリ:花日記( 1101 )

2018年 01月 30日

クリスマスローズ

e0033229_1813686.jpg


クリスマスローズの白が咲いた。

昨年も一昨年も、このクリスマスローズには悩まされてきた、そして「もうどうでもいいや」と思ってある程度ほったらかしにして置いたら今年はそれらしい形の花が咲き始めた。

私は過保護なのだろうか??。

昨年は・・・・。
e0033229_18161748.jpg


私が名付けた昨年のクリスマスローズ・・・「幽霊咲き」

そして一昨年は、どうしたわけか葉っぱの茎が伸びず、蕾はできたのだが葉っぱがつぼみに覆いかぶさって花が咲けない、仕方なく葉っぱを茎の下の方からちょん切ってやったが、それでもいい花にはならなかった。

大分形がよくなってきたころの、一昨年のクリスマスローズ。葉っぱはほとんどない。花茎も伸びず花は下の方にコチョコチョと咲いた。
e0033229_1821548.jpg


そこで・・・昨年は「勝手にしろ!!」と言うことでほったらかして置いたら。夏から秋にかけて伸びた葉っぱは茎が長くいい感じになった。
そしてつぼみが出て、花は、普通の花が咲いた。
e0033229_18284081.jpg


もう一枚。
花も葉っぱも背が高い
e0033229_18293038.jpg


やっぱりかほごすぎたのかなぁ、それとも、管理の仕方が悪いかったのか。

手をかけすぎた・・・過ぎたるは猶及ばざるがごとし・・・か。
今年もほったらかして置いてみようと心に決めた、花好きな よしおじさん でした。




                       ・
by yo-shi2005 | 2018-01-30 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 29日

寒さ和らぎ花いじり

e0033229_17265153.jpg


誰に文句を言うわけでもないが、このところの寒さは、寒すぎた。
花の苗を買ってきても植え付けて寒さの中に置くのがかわいそうで、植えずにポットのまま置いた。

今日になって幾分寒さが和らいだので、少し苗を補充して植え付けた。

まず日本桜草、四日前に一株買って、そのまま置いたら屋内に置いたのでだいぶ成長した。
植え付けた日本桜草
e0033229_17321878.jpg


いつもと違うところに置いて写真を撮ったら、バックが汚いねぇ。

これが薄いピンクなので、白が欲しいなと思って、先日のホームセンターに行って探してみたが真っ白と言える花(タグの写真で)はなかったんで、名前に白の字がつくのを買って来た。
e0033229_17381785.jpg

苗は高さがおよそ1cmくらいこれでは、写真をアップしてもしょうがないので省略します。
植え替えもまだ小さすぎて怖いのでそのままです。


パンジー
パンジーの苗は安いのでいくつか買い足してきた。
そして植え付けた。4株づつの寄せ植えだ。

いつも不思議に思うのだが、こんな柔らかい花びらの花の写真を撮ろうとすると風が吹いてくる。
これはきっと風のやつ写真なんか撮ってもらったことがないから花にヤキモチ焼いて意地悪しているるのだろうと思う(笑)。
e0033229_17462481.jpg


e0033229_17464162.jpg


e0033229_1747672.jpg



寒さが和らいだとはいっても、まだ寒いので、丁度いい大きな衣装ケースがあったので、一晩だけちょっと過保護にしてあげようと思う。
e0033229_1754357.jpg


これに夜の間だけ蓋をしておく。
明日枯れてるかな???。

花には、とことん優しい よしおじさんでした。



by yo-shi2005 | 2018-01-29 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 26日

春を待ちきれず

e0033229_183112.jpg


昨日の寒さよりは幾分楽に感じるのは、あの寒さに体の方が慣れたせいか、それとも昨日が寒さの底だったのか・。

実は昨日のうちに春が待ちきれずに花の苗をいくつか買ってきたが、あまりの寒さに植え付ける気にならなかった、もう一日二日待てば寒さは和らぐようだから、そしたら植え付けてあげようと思って寒くないところに避難させてある。

桜草は20年も前から育てていたが、「日本サクラソウ」と言うのは昨年初めて知った。
そして、それを教えてくれた友人から、二種類いただいてきた。
その二鉢はただいまは冬眠中で地中の根っこだけになっているがこんな花だった。

日本サクラソウ、ピンク無地の「千葉乙女」(昨年の参考画像)
e0033229_184033.jpg


もう一つは、ピンクン花びらに白の縁取りのある「南京小桜」(昨年の参考画像)
e0033229_18413880.jpg


昨日、ホームセンターに行って見ると、まだ芽を出したばっかりの日本サクラソウの苗が売られていた。
タグの写真を見ると、いろいろな種類の花がある。
もっと薄いピンクの花が咲くのを一つ買って来た。名前は「月の都」という。
これは写真がないので、苗のポットについていた写真を見ていただこう。
こんな花が咲くらしい。
e0033229_1846192.jpg


見たのでは苗の状態は解らないが。春の新芽が出て間もないような苗だ。
e0033229_184837.jpg

薄いピンク色の花が咲く。

こうそろえると、白が欲しくなる、白も買ってくればよかった。
今まで私が育てていたサクラソウ(西洋サクラソウ)は一年草で花が終わると枯れてしまっておしまいだが、この子らは、花が終わって葉っぱも茎も枯れても根っこは残る「宿根草」だから来年は苗を買わなくてもいい。


この桜草のすぐ横に山野草が並んでいた。
見ると、その苗は4種類のグループに分かれていて、それぞれのグループに、東向き、西向き、北向き、南向きと書かれていた。
「何のことだろう??」近くにいた店員に聞いてみた。
すると
「山野草ですから、本来は山のどんなtころに自生していた、と言うか、どんな環境を好む植物かで分けています」と言うことだった。

この苗は山で自生していたものを採って来たのを売っているわけではないことは確かだが、面白い分け方だ。

二つほど買ってみた。
日当たりの悪い表庭を考えて、北向きの中から、「ひとりしずか」
こんなラベルがついていた。ラベルの隅にも「北」の文字が入っている。
e0033229_1925790.jpg


そしてこのひとりしずかの苗は?とポットの中をみたが・・・・
e0033229_194156.jpg


苗が・・・・ない。よーく見たら、それらしいものがあったが土の色と同色で判別がつかない。


そしてもう一つ「西向き」を買った。これはラベルの花が綺麗だったので買った。
e0033229_196582.jpg


これはタグの横から葉っぱが見える程育っていた。

私の花づくりは楽しみでやっているのだから、珍しいものに手を出して、それを育てて楽しむ。だからこんなものも珍しいから買う。

でもこれじゃぁまだ庭が寂しいなぁ。
そこで、このホームセンターで一番安い、パンジーの苗を買って来た。
これはこんな風に寄せ植えにすると少しは賑やかに見える。
でも寒いからまだ植え付けてない。

植え付けてないパンジー
e0033229_19152312.jpg


早く暖かくならないかなぁ、花いじりがしたい。




                       ・
by yo-shi2005 | 2018-01-26 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(4)
2018年 01月 23日

薔薇の芽が出た

e0033229_1848176.jpg


結局静岡市の南部には雪はひと粒も売らなかった。
静岡市は広い、三並は駿河湾に面しているが、北はリニア新幹線が通るくらい北の方の南アルプスの一部まで静岡市だ。そっちの方は気っと雪が降ったと思うが、市街地辺りは雨だけだった。

その雨も朝までには上がって朝はいい天気だった。

雨に当たって、庭の、花の咲いていない花たちはみんな元気そうな顔をしていた。
でもこの寒さの中では花たちもみんな「準備中」だ。

今月初めに植え替えてやった、可愛い花が咲く野ばらをよく見ると、細い幹に小さな新芽が伸び始めていた。
「この子も根付いたな」
雨上がりに見つけた野ばらの新芽
e0033229_18555736.jpg




庭の隅っこに追いやるようにまとめておいてある中に、ちょっと変わったものが見えた。
「あっ、これは?・・・」そうだ沈丁花のつぼみだ、
「もうそんな季節なんだなぁ」草にうずまった鉢の中で、沈丁花は冬も葉っぱは緑色をしている。
貧弱なつぼみなのは私が手入れをしなかったからで仕方がない。
早速草を取って肥料を上げた。・・・・「おそいんだよぉ」って言われそうだ
沈丁花の弱弱しい蕾
e0033229_1922361.jpg




先日、勿忘草のピンクを植え替えたが、ブルーの苗も大きくなって植え替えを待っているが、この秋ものすごい寒波が来るなんて気象予報士が脅かすので、植え替えを少し待つことにした。
この花は寒さには強い筈だ。我が庭には去年からずぅーっと咲いている勿忘草もある。
我が庭の勿忘草
e0033229_1955944.jpg



直径40cmの鉢が白い花でいっぱいになることを夢見て三株植え付けたノースポールは植えてから20日も過ぎたけれど植えた時と花の数もつぼみの数も変わらない。春が来なくてはだめか。
ノースポール(三株寄せ植え)
e0033229_1912221.jpg


隅っこが少し空いているから、もう一つ苗を買ってきて植えるかななんて考えている、花好きおじさんでした。




                        ・
by yo-shi2005 | 2018-01-23 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 21日

手は出さずに見るだけの花日記

e0033229_15211290.jpg


ズボンのウエストを直そうと思ってミシンの置いてある二階に上がったが、ベランダから下を見ると・・・・

「あれっ?あれは何だろう??」

気になってすぐに降りて来た、裏庭に出てみると、なんとこれは、蕾だ、つぼみだ。

クリスマスローズの蕾が三つも出ていた。
去年は葉っぱの茎が伸びなかったので、葉っぱに抑えられるような形でつぼみが伸びられず、変な花が咲いたクリスマスローズだが、今年は葉っぱの茎が長く伸びて、つぼみも邪魔するものがなく素直に伸びていた。
クリスマスローズのつぼみ、これは白い花が咲く。
e0033229_15325629.jpg



ところで昨日から気になっていたのだが、月見草と赤花夕化粧はどっちがどっちか花が咲くまでわからない。
よく似た葉っぱだ。おまけに、この子たちは種が実ると勝手に落ちて好きなところで芽を出す。
月見草かと思って大事に育てていて花が咲いてみると、ピンクの小さな花だったりしると、がっかりする。(この書き方は赤花夕化粧に失礼だったな、あの花も小さくって可愛い花だ)
今わが庭にどっちかわからないのが二つほかの鉢に居候しているのがある。
e0033229_15392371.jpg
一番頼りない姿のが、月見草専用のプランターに植えてある株で、ほかの二つは元気だが居候をしている。
みんな月見草だと嬉しいんだけどなぁ。(この言い方も赤花夕化粧にはつらいい言いかただったかな?。咲いていない花にも気を遣う、優しいよしおじさんでした。

我が家では黄色のオキザリスが、なかなか育たなかったが今年は元気なようだ。

一つは去年「葉っぱがちょっとかわってるなぁ」と思って買って来た。
e0033229_15464036.jpg


花はあまり変わり映えしないが、葉っぱが何とも可愛い。


もう一つの黄色はそれよりも一年先輩だ、去年はプランターに植えて置いたら、ほかの元気のよいオキザリスにすっかり占領されてしまって、枯死寸前だったので、別の鉢に植え替えてやったら、今年は邪魔ものがいなくなって、のんびり咲いているようだ。
e0033229_15492392.jpg


こうして、花には裏側の見えない部分に、いろいろな物語がくっついているから、見ているだけで楽しいものだ。
今日は手は出さずにただ花を見ながら写真を撮って、いろいろ考えているだけで楽しい時間を過ごした、花好きのよしおじさんでした。




                        ・
by yo-shi2005 | 2018-01-21 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 20日

花の無い花の手入れ

e0033229_1751747.jpg


大寒、一年中で一番寒いとされる日、ではなく、今日から15日間を大寒と言うようだ。
暦の上ではその十五日間が代官と言って一年中で一番寒さが厳しい期間とされるようだ。

でも今日の静岡市はそれほど寒くなく外で庭いじりをしていても、寒さを感じなかった。

最近はホームセンターで苗を買った方が楽なので、あまり花の種を蒔かなくなってきた私だが、ホームセンターにないものは種から育てなくてはならない。
その種さえも売られていないものもある。
昨年秋お友達から頂いた勿忘草のピンクの種を蒔いたら沢山芽が出て、だいぶ成長してきたので植え替えた。
e0033229_17592268.jpg


花が全く見えないのはなんだかむなしいような気がする。


浜なでしこもだいぶ育った、これは宿根草なので大きめの鉢に植えた。
根付いてから、ちょっと間引きをする。
e0033229_18312112.jpg



これも宿根草だ。去年のが一鉢あるが、それが今年どんなふうになるかわからないので、今年も種を蒔いた。
これは、裏隣の奥さんが、この花の名前を見るとお宅の奥さんを思い出す花だから少し上げるというコメント付きでいただいた。私の亡妻は一人娘だった。
一人娘
e0033229_1884619.jpg



長ったらしい名前だが、ホワイトライアンフェータと言う花だ。
植えっぱなしで手がかからない球根の花と言うことで何年か前に買ったが去年は一度植え替えた。
白い可愛い花が咲く
e0033229_1811724.jpg

芽が伸びて来たので草を抜いて綺麗にしてやった。


これは何年か前から我が家にあるが、確か去年は咲かなかったと思う、もしも今年も咲かなければ処分されることになると思う。黄色の花が咲く綺麗な水仙だ。
名札の文字が薄くなってしまったので写真を撮ってから名前を書いた。
e0033229_18142136.jpg



先日の寒さで枯れた、皇帝ダリアの残骸を片付けて綺麗にした。

今日は花を見ない花いじりだった。

こんなことをしていても全く寒さを感じない一日だったが、来週は静岡も寒くなりそうだ。

寒い地方の皆様、この冬一番になるかもしれない寒さがやって来るそうです、どうぞお体をお厭い下さい。




                      ・
by yo-shi2005 | 2018-01-20 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 19日

寒さに負けず咲く庭の花

e0033229_17555831.jpg


今のうちはいくぶん暖かいが来週んはものすごい寒波がやって来ると気象予報士たちが異口同音に言っているということは、間違いなくものすごい寒波が来るのだろう。

庭の花たちがかわいそうになる。

そんな寒波の前のつかの間の寒さのゆるみの中でわが庭で咲いている花を拾い集めてみた。


 スノードロップ

先日は、蕾が一個だけぶら下がっていたので、「なんだぁあんまり面倒見なかったから今年は一個でおしまいかぁ」なんて憎まれ口を言ったが、今日見ると二個に花がぶら下がって咲いていた。
e0033229_18112055.jpg



 プリムラ

我が家の表庭は冬はほとんど日が当たらない。
だから少しでもお日様に当ててやりたいときは、台車に載せて道路の向こう側に連れてってあげる。
「俺は花のためにいいことをしているなぁ」なんて自己満足しながら台車を動かして、道路と庭の低い段差を通るとき、プリムラの鉢が一つダイビングしてしまった。真っ逆さまだった。
可愛そうにこの子
花びらも葉っぱも傷ついたばかりか、やっと伸び始めた細い根が丸出しになってしまった。
e0033229_18184210.jpg


もう一つのプリムラは無事だった。
e0033229_18191790.jpg



 金魚草

秋も早いころからポツリポツリと咲き続ける金魚草、寒さにも耐えて蕾も持っている
こんなふうに安くて長持ちする花が好きだ。

金魚草ピンク
e0033229_18222020.jpg


金魚草黄色
e0033229_18225846.jpg



 サクラソウ

桜草を4ポット買ったが、一つはアブラムシがついたので「アースジェット」をかけすぎて枯れてしまった。
どうやらアースジェットはサクラソウの仲間にはよくないようだ(教訓)。
そしてアースジェットを使わなかった鉢のうち一つだけピンクの蕾が出て来た
e0033229_18261819.jpg



咲いている花は数えるほどしかない狭い庭で、春を夢見て手入れをする 
    yo-shi2005 なのでした。

今日の花の写真は、スマホで撮った写真です。ジジババスマホでもきれいに取れますね。




                         ・
by yo-shi2005 | 2018-01-19 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 18日

初めての花マネッティア

e0033229_18592365.jpg


風もなく温かい日だったがまた明日から寒くなり来週はもっと・・・・。

午前中仕事で出かけた、用事が全部済んで「まだ11時ちょっとすぎだった。
「お昼までには時間があるし、久しぶりに花を見に行くか」

自分に話しかけたら、すぐに話は決まった(笑)。

ホームセンターの園芸コーナーもほとんど客はなく閑散としていた。
私も、「今花苗を買っても寒いからなかなか咲かないで、うっかりすると枯れちゃうから・・・」
なんて考えたり・・・・でも今朝の朝ドラでこんなことを言ってたっけなぁ

e0033229_1973517.jpg


買う気もなくぶらぶら歩いていると・・・
珍しい花が目に入って、そこでジィっと見ていた

すると後ろから店員が
「珍しい花でしょう、この花なかなかうちの店に入らないんです。可愛い花ですよね」

このホームセンターで、こんな風に話しかけられたのは初めてだった。
まだ入荷したばっかりで、運搬用の篭にちょうどいっぱいに入っていた。朝ドラの言葉が頭に残っていたので、つい手を出した。
「綺麗に咲く花と信じて買おう」

レジで、さっきの店員にきいてみた。

「持って帰ったらすぐに植え替えたほうがいいのかなぁ」
「今は寒いですからねぇ、もう少し暖かくなってから一回り大きな鉢に・・・」
そんな話をしながら店員は、スマホでこの花のことを検索して見ていた。

この花、夏の暑さは大丈夫ですけど、冬は7度以下のところに置かないでください。原産地は・・・多年草ですから来年も花が咲きます。そのほかにもいろいろと教えてくれた、スマホの受け売りだが。

そして買って来た
「マネッティア」 簡単なオベリスクの支柱に絡ませてある。
e0033229_1921141.jpg


このままでは下が軽すぎて倒れそうなので、一回り大きな鉢にすっぽり入れて、隙間に重しのために石ころを入れてみた。この方がカッコつくでしょう。
e0033229_19254111.jpg


どんな花かもう少し近づいてみましょう。
e0033229_19273759.jpg


夕方寒くならないうちに家の中に取り込んだ。

。。。。。。。。。。

見ると裏庭の花置き場の雲南サクラソウの蕾がこんなに見えるようになっていた。
雲南サクラソウは4鉢あるが、その中で一番おねぇさんらしいかぶでほかの妹たちも下の方につぼみが見える。
e0033229_1932194.jpg






                       ・
by yo-shi2005 | 2018-01-18 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 15日

昨日の続きの話・マンデビラ

e0033229_1912371.jpg


e0033229_1933720.jpg


二日連続で同じ花の話で、花に興味のない方はうんざりかもしれませんが、私の一番好きな花なので、お付き合いください。

昨日写真でお見せしたように葉っぱがみんな枯れてしまったので、あるいは、もうだめかと思いましたが、まだ蔓の先端を折ってみると芯まで色は変わっておらず、この花を説明しているサイトによると本来は花後に剪定と書いてあるので、それなら今剪定して、寒さに痛めつけられた枝を、楽にしてあげようと考えた。この判断が果たして正しかったかどうか、それは春暖かくなってから植え替えて梅雨明け頃にどんな姿を見せているかである。

日中暖かかったので、早速手を付けた。

まずは濃いピンクの花を咲かせるローズジャイアント

こんな状態のを
e0033229_18245117.jpg


行灯の手を外して、こんなところまで切り詰めた
e0033229_18255815.jpg


次は
今から10年も前にこの花に一目ぼれした花デライト
これは一昨年刺した幼木だが
e0033229_1828780.jpg


これもバッサリ
e0033229_18284332.jpg


そしてこの子の親木も同じようにばっさりやった。

昨年夏に苗を買って、先日の冷え込みで、置いた場所が良かったので葉っぱがまだ緑色をしている白い花のサマードレスも、この通り
e0033229_1834772.jpg


こうなれば「毒を食らわば皿まで」だ
まだあんまり育っていないが、真っ赤の花が咲くのもカットした
e0033229_18375042.jpg


あぁ、ここまでやって今年の夏はだいじょうぶかなぁ・・・・・。
これで春暖かくなったころに植え替えだそうすれば綺麗な花が咲いてくれることを、私は信じている。

自分自身とマンデビラの幸運を祈ろう。




                         ・
by yo-shi2005 | 2018-01-15 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(3)
2018年 01月 14日

枯れた・私が恋した花

e0033229_18134089.jpg


今年の冬は寒い。

何年も寒さで葉っぱが枯れ落ちる事のなかった、マンデビラの葉っぱが綺麗に落ちてしまった。

その葉っぱが落ちたマンデビラの中には私が恋した花といつも書いているマンデビラの薄いピンク色の花が咲く「マンデビラ・デライト」がふた鉢ふくまれているのだ。
e0033229_18182434.jpg



そしてもう一つのもう少し色の濃い花が咲くマンデビラも。
これは「マンデビラ・ローズジャイアント」
e0033229_1820247.jpg


それに同じ仲間で白い花が咲く今年苗を買ってよく花が咲いたのがあるが、それは裏庭に置いたので、今日見た時はまだ葉っぱが緑色をしていたが、これも暖かい所にしまってやらないとやばいかも。

じつは、去年まではこの季節になる前に、寒さに弱い鉢植えは寝室のベッドの脇に連れてきて、添い寝をしてやったが、去年添い寝をしてあげたのに花が咲かなくなったり、枯れてしまったハイビスカスがあったので「そんなんじゃ添い寝したって詰まらねぇ」と今年はやめてしまった。

マンデビラは添い寝の効果はあったのかもしれないが、ハイビスカスのやつが枯れたので、そのとばっちりを食ったことになるかな。

ただ、マンデビラも全くダメになってしまったわけではないと思う。葉っぱだけは枯れたが根はまだ生きているとしたら、来年植え替えてあげれば蘇生するかもしれないといういちるののぞみは残っている。

同じようなマンデビラでも、サンパラソルは葉っぱもシャンとしている。
これは葉っぱの形の違うから別の種類なのかもしれない。でもこれは花の数が少ない。

赤い花が咲くサンパラソル、葉っぱも花もマンデビラよりは小さい。寒さにも強いらしく花は咲いていないが葉っぱは緑色だ。
e0033229_1831026.jpg


このあいだは寒かった、朝見ると散水用のガンが凍っていたくらいで、こんなことは近年まれなことだ。




                            ・
by yo-shi2005 | 2018-01-14 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

ファン

画像一覧