カテゴリ:花日記( 1061 )

2017年 09月 27日

今年のドーム菊失敗宣言

e0033229_1759038.jpg


こんなことを書くのは自分自身がつらいと思う前に、菊に申し訳ない気持ちでいっぱいであります。

菊はただ私が植えるままに芽を出し肥料を貰って綺麗な花を咲かせようと努力してきたと思うと、菊たちに対して頭を下げたい気分です。

菊がみんな枯れてしまったなんて言う事ではないのです。菊は全部元気です。
ただ形を作るための方法を私が失敗したのです。

今から取り返しはできません。今年はドーム菊は失敗です。

これはだめな写真です。
e0033229_188937.jpg


ドーム菊に仕立てるためにはもっと「ずんぐりむっくり」に作らなくてはいけないのです。
私の菊は現代の若者風にみんなすらっと脚が長く育ってしまったのです。

もっと幹から沢山脇芽が出て下の方が幹が見えないようにならなくてはいけないのです。
今から脇芽を出そうとしても、それは無理な注文です。
それに、見ると蕾が出ています。
e0033229_18115734.jpg


品種によってこれは早咲きの種類だと思いますが、蕾はもう大分大きくなっているのもあります。
e0033229_18134437.jpg



失敗したからと言って、ここまで育てたのを全部引き抜いて処分するなんて残酷なことはしません。
これはこれで、ドーム菊にはならないとしても、菊の花として咲かせてやりたいと思います。その中で、いろいろと趣向を凝らした形の菊を作ってみようと思っています。

何しろこんなに沢山ありますから。
e0033229_18162610.jpg

これでもまだ一部分です。

ドーム菊ではなくても、花が咲いたらこのブログにアップしたいと思います。



 
ドームには


ならなくたって


 菊は菊


愛でる気持ちは


どれも変わらず


    よしa0290852_9551381.gif



  




失敗の原因はおよそ習得しています。一層勉強して、たとえ鬼がおへそでお茶を沸かそうと、来年こそはと心に決めています。

もしも来年も失敗したら、今度はお読みになったあなたがおへそでお茶を沸かす番になります。

そんなわけで、ドーム菊としての今年の菊は失敗でした。





by yo-shi2005 | 2017-09-27 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(4)
2017年 09月 26日

咲く花に 季節は秋と 教えられ

e0033229_1821278.jpg


最近お店に並ぶ商品は季節感が薄れてきた感じがする、花も生産者が温度調節や品種改良などで、とんでもない季節に店に並ぶものもある。

我が猫の額に咲く花は温度調節も何もしないので普通に咲く。

秋明菊


10日ほど前に初めて買ったシュウメイギクは最初に咲いた花が色が濃く、ついていたラベルと色が違うと思っていたら、だんだん色が変わってきて今ではラベル通りの色合いの花になっている。
e0033229_1883881.jpg


今日もお隣の奥さんと話したが
「シュウメイギクってどうして花びらの大きさがまちまちなんだろう、変な花だね」
「でも、それが可愛いじゃん」と奥さん。

ケイトウ

同じ日に買い求めた、濃い赤色の葉を持つケイトウは、よく見ると先端に穂が出始めている、この穂が大きくなったらにぎやかな花になることだろう。
e0033229_1813842.jpg


ネリネ

今年植え替えた彼岸花はほとんど花が咲かなかった。
そしてまだ葉っぱも出てこない。
花が咲かなかったので気まずくって葉っぱが出られないのかも・・・。
彼岸花は葉っぱよりも先に花茎が出て花が咲くが、ネリネは葉っぱが茂ってから花茎が伸びて花が咲く。
そのネリネの葉っぱが元気に伸びて来た。
e0033229_1820819.jpg


葉っぱが伸びても外にしだれないようにリングの支えを付けてやった。

酔芙蓉

裏庭のジャングルみたいなところに、75cmの棚の上に高さが120cmもある枝の先に、酔芙蓉の一番花が今朝咲いたようだった。
その下を何度か通ったが、足元の菊に気を取られて高い所は見なかった。
気が付いたときは昼過ぎ、その花はもうすでに赤くなっていた。
「こりゃぁ酔芙蓉に悪いことをしたなぁ」と思いながら、重たい鉢を表庭まで抱えて行った。
e0033229_18275184.jpg


やっぱり、気づかなかったことで動揺していたか、その時写真を撮ることを忘れて、この写真は16時過ぎに撮った。


ハイビスカス

ハイビスカスも秋が好きなようで、夏の間は咲かなかった木も蕾を付けている木が幾つかある。
この木は夏の間もポツリポツリと咲いていたが、最近は蕾の数が多くなってきた
e0033229_18392353.jpg

季節は秋なんだなぁ。

もう一つあった!!。

薔薇が咲いた バラが咲いた・・・・

お向かいから預かっている鉢物の中で「これ花が咲くのかなぁ?」と思っていたバラがある。
我が家に来たときは土が少なく、根っこが半分くらい見えるような状態だった。
丁度、バラ専用の土というのがあったので、土増しをして肥料もやっておいた。
すると、蕾が一つ出て来た。そして咲いた!。まだつぼみがたくさんあるので次々と咲きそうだが、それらが咲くころはもうこの鉢はお向かいの庭に帰っているかな。
e0033229_18451889.jpg


支柱が細くて弱弱しかったので立て替えて結んでやろうとしたら・・イテェ!!。
あんな棘でも血が出て来た。
綺麗なバラには棘がある。

花はいいなぁ、俺は花と滝を見ている時が一番幸せなんだ・・・・。





by yo-shi2005 | 2017-09-26 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 23日

待ちに待った花

e0033229_17165369.jpg


今年の春早くに植え替えたハイビスカス。去年は私のふるさとの会社の玄関前で40こを超える花を咲かせた。

これは去年の9月23日、よく咲いていたころに撮影した画像です。
e0033229_17271311.jpg


なのに今年はというと・・・・。
一度だけ小さな花を咲かせたがその後は蕾が膨らみかけるとポロリ。あるときは蕾の先が赤くなり始めたのにポロリ。、またある時は小さなつぼみのうちにポロリ・・・・。

これは何かの祟りかそれとも根っ切り虫か、それにしては葉っぱは元気だった。

ところが今度出た蕾は頭が赤くなっておおきくなっても落ちない。
今度は大丈夫そうだと思って、昨日写真を撮っておいた。
e0033229_17285856.jpg


そして今朝咲き始めたが、お天気がいまいちで花の開きが遅いような気がした。

待ちきれずに何枚も写真は撮ったのですがそんなのアップしても仕方ないので、夕方「もうこれ以上は今日は開かないだろうというところで撮影しました。

まだお椀のような形ですが、とりあえず咲いたとしてください。
e0033229_17322058.jpg


くしくも去年写真を撮った日と同じ日だったのです。

よく見ると、枝先にまだつぼみがついているので、このあとは元気に咲くものと、期待しています。

この蕾が落ちてしまった原因として考えられるのは。この木は背が高く土の表面から1メートル以上もあるのです。植え替えた時に少し枝を切り詰めればよかったのではないかと思っています。
来年は切り詰めます。

でも、ようやく花らしい花が咲いてくれたので、ホッとしているyo-shi2005なのです。

これで、花がよく咲くようになったとして、これを私のふるさとの会社に持って行くのに、荷台に乗りません(背が高すぎて)さぁ、どうしようか???。

・・・・・・・・・・・・

私が蒔いたオダマキの苗が大きくなったので、試しに二鉢だけ植え替えてみたのが4日ほど前のこと。
e0033229_17455628.jpg


それが元気にしているので、これなら大丈夫と思い、残りを植え替えました。
今がオダマキの植え替えの適季なのだそうです。

今日植え替えた6鉢
e0033229_17463936.jpg


これが根付いて元気になったら間引きをしますが・・・・間引きができるかな?可哀想で、勿体なくって・・・・。





by yo-shi2005 | 2017-09-23 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 22日

芙蓉・ツーショットの恥じらい

e0033229_17105734.jpg


なんぼ花が好きやゆうても、二日も続けて同じ花見せられたら、たまらんでぇ。

まぁ、そない言わんと・・・・。

棚の上の高い所に、真っ白な一重咲の芙蓉が開いていた。
e0033229_17194676.jpg


「そうだ昨日の芙蓉の写真の真ん中に赤い蕾があったけど、あれも咲いたかな?」
と見に行ったら期待通り咲いていた。

「そうだこの二つの花は両方とも掛川城の出身だから、並べて写真を撮ってやろう」

先日のブログに書いたが、この二つの花は、何年か前の真冬に掛川城前の逆川の土手から採取してきたあの時の種から芽を出したもの同士の花なのです。
種を採取したその日の様子はこのページで秘密にしていたのがそれだったのです。

そして二つの花は・・・・・。

始めは何となくぎこちないツーショット 朝十時過ぎでした。
e0033229_172284.jpg



相手を意識し始めたか三時ころには、ほんのりと赤みが差してきた。
e0033229_17265687.jpg



午後四時過ぎには雨が降り出した
e0033229_17284298.jpg



小雨がしとしと降り続く中、しっぽり濡れて・・・・暗くなる前にもう一枚
e0033229_17385575.jpg


風邪ひかなきゃぁいいが・・・・。

芙蓉の白い花は夕方には赤くなるが、お天気の良い日の方が赤くなるのが早いし、色も濃いようだ。

本物の酔芙蓉はまだつぼみが硬い来週には咲くことだろう。






by yo-shi2005 | 2017-09-22 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 21日

わが庭にも秋の気配が

e0033229_17481286.jpg


自分の家の庭の植木鉢やプランターに彼岸花の球根をたくさん植えた。
今年は珍しく表庭のブロック塀の下に少し地植えもしてみた。

しかしそれらはみんな知らんふり。「もう諦めた」と思った矢先、お向かいから預かっている鉢からにょきにょきと花茎が伸びて、今日黄色の彼岸花が二輪咲いた。
嬉しいような寂しいような悔しいような複雑な気持ちだ。

e0033229_1754118.jpg

どうやら彼岸花は植え替えた年は咲かないようだ。ということで今年は諦めようと思うが「来年はそうはいかないから覚えとけよ」とちょこっと首を出している球根によく言い効かせておいた。


・・・・・・

庭の鷹の羽ススキは毎年よく穂を出して秋の到来を知らせてくれる。
今年はあんなに暑かったのに葉っぱが日焼けすることもなく元気だった。
e0033229_17574666.jpg



・・・・・

今年の夏の暑さで、花は元気がなかった。
花がだめなら葉っぱで楽しもうと買ったのがコキア、昔風に言うと箒草だ。

よく成長してこんなに大きくなった。
e0033229_180228.jpg


そして、もう片方の種類は茎も花もみんな真っ赤になった。
e0033229_182121.jpg


こんもりしているほうは、茎だけ赤くなって、白っぽい米粒くらいの花をたくさん咲かせているようだ。小さくってよく見えない。」
e0033229_184218.jpg


でも、この花がみんな種を実らせて地面に落ちたら、来年はこの地面はどうなるのだろう。
コキアの芝生って感じになるのだろうか。

・・・・・

今朝も咲いた可愛い花の写真があるので、コキアよりかわいらしいからアップしておきます。
e0033229_18245524.jpg







by yo-shi2005 | 2017-09-21 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 19日

枯れる葉も 萌える芽もあり 庭の隅

e0033229_18934100.jpg


今はあんまり忙しくないので、早めに仕事を切り上げた。
そんな日は小さなジャングルのようなところにもぐりこんで花たちの様子を見る。
「あれ?このあいだは元気だったのに、どうしたんだ!?」。
なんと苧環の葉っぱが枯れ始めている。
e0033229_18132725.jpg


水枯れしたわけでもなく、強い日差しに当てたでもない、ほんじゃどうして??。5月末にいただいて頂いてきて、その後綺麗な花を咲かせていたのに・・・・。
これは6月の画像
e0033229_18154710.jpg


先日植え替えようかなどうしようかなと思っていたところだった。
「よし!植え替えちゃおう、そうすれば葉っぱが枯れる原因もわかるだろう」。

植え替えようと思って土の袋を見ると・・・空っぽだった。
「このあいだ使っちゃったんだっけ」
早速車に飛び乗ってホームセンターへ、午後四時だった。

赤玉土の中粒と小粒、それに腐葉土と培養土もついでに買って来た。

そしてまず枯れ始めたのを植え替えた。
e0033229_18274383.jpg

不思議なことに我が家の庭では、私が写真を撮ろうとすると風が強くなる。

枯れた枝を切りながら見ると、根元に新しい芽が燃えてきていた。
「あぁ、それじゃぁこれでよかったんだな」

うちで種を蒔いた苗の大きくなったものを植え替えてみた。
e0033229_18353010.jpg


株が沢山あるが、一番大きいのが根付いたら、小さなのは摘み取ってしまうことになる。


・・・・・・・・・・・・

別の話だが先日何年かぶりで植え替えた木瓜が根付いたようで「ひこばえ」という小さな芽がたくさんでてきた。
e0033229_1845322.jpg


これは来年の春には花が咲くことだろう。・・・・・。





by yo-shi2005 | 2017-09-19 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 17日

オキザリス まだ見ぬ花を 楽しみに

e0033229_1852616.jpg


朝からどんな台風が来るか花たちを安全なところに避難させて恐る恐る待っているが、18時になっても時折小雨が降る程度で経過している。17時過ぎに静岡市南部に「大雨・暴風雨警報」が出されたがまだ静かだ。

花を避難させながら見ると、今まで何もないように見えていた鉢の中にひょろひょろと新芽が伸びているのが幾つかある。見るとオキザリスだ。
これからはオキザリスの季節だ。
  
・・

今、現役で咲いているのは、昨年お友達から頂いた、ちょっと変わった葉っぱの「トライアングラリス」だけだが、これからが楽しみだ。
e0033229_6291992.jpg



 ・・・・・

今は葉っぱだけ元気がいいが、そのうちに真っ白な花が咲くことだろう。
正式の名称は解らないが白い花のオキザリス
e0033229_18144538.jpg


・・・・・

何年か前に東京のお友達から苗を送っていただいたのだが、これも正式名称は解らない。上のトライアングラリスに似たようなかわいらしい花が咲く。
e0033229_18163458.jpg


・・・・・

この花を見ていると心が和むというか元気が出る不思議な花
オキザリス・エンジェルピンク
e0033229_1819689.jpg


・・・・・

花茎がやたら長く伸びるので初めからリングの手が準備してある。
オキザリスアルマピンク
e0033229_18225152.jpg


・・・・・

花が咲く前の蕾の時の渦巻き模様がかわいい。これはまだ芽が出ていない。
オキザリス・バーシーカラー
e0033229_1824188.jpg

  
・・・・・

そのほかに、まだ芽が出ていないが今でもよくお店で売られている、葉っぱの小さい
桃の輝き

・・・・・・

それと、プランターで育てていたが、ちょっと邪魔になった植木鉢をその上に載せて置いたら、その間に芽が出てきて、もやしになってしまって半分しかない。
オキザリス、ボーウィー
e0033229_1828130.jpg


・・・・・・

もう一つは、行方不明になってしまった、黄色の花が咲くゴールドアイランド。
何が植えてありるのか、はっきりしない鉢が一つあるがそれがそうなのかもしれない。
数が多すぎるとそんなこともあるものだ。

こんなラベルがついていたはずだが、そのラベルも見当たらない。
e0033229_18312638.jpg



去年は10月には咲いていたんだけどなぁ。
狭い庭でもこんなこともある、

これから順々にこれらの花が咲いてくれることだろう。まだ見ぬ花を楽しみにしよう。







by yo-shi2005 | 2017-09-17 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(4)
2017年 09月 16日

自分が酔ったか馬酔木の蕾

e0033229_17582982.jpg


あの暑かった8月に庭が寂しいので何か花を…と出掛けたが、その季節は花の苗を仕入れてもあんまり売れないしすぐに傷んでしまうので、あまり仕入れないようで、気に入ったものがなかった。
そこでこれまでに植えたこともない馬酔木を買って来た。
その時の様子はこのブログのここに載っています。

この木は何でこんな名前がついたかというと、この葉っぱに何とかいう毒が含まれていて、馬がこれを食べると、丁度人間が酒に酔った時のようにふらふらするので、馬が酔ったようになることからこの名がついたのだそうだ。
この花は、日陰でも大丈夫だけど、日陰だと花が少なくなるという説明だった。

あれから一か月余り、見ると何か赤っぽい房が出ている。
e0033229_18144121.jpg


e0033229_18123721.jpgこれは蕾だろうと思うが・・・・・でも、ラベルを見ると、花は3.4.5月と書いてある。


3月じゃぁまだ半年もある。
でも、これはどう見てもつぼみだ。
e0033229_1816233.jpg


買って来たときも書いたが、どっちみち、ワンコインだから・・・・。

・・・・・・・・・・・・・

ランタナの七変化が咲いた、
あんまり詳しくは知らないがランタナには何種類かあって、宿根草と木になるのとあるようだ。
我が家には木になるのが三つある、一つは今日咲いているこれ。
時々ブログにアップするが、我が家の黄花ランタナはの木は大きい
樹高は3mほどあってよく花が咲く。
e0033229_18322777.jpg


そしてもう一つは葉っぱにちょっと香りがある小葉のランタナだ。

午後気晴らしに

去年見たコスモス畑が今年はどうかなと、雨の中を出掛けてみたら、今年は種を蒔かなかったようで、こぼれ種が芽を出したものくらいしかなかった。それともこれから蕾が出るのか?。
e0033229_18372640.jpg



その代り、そのコスモス畑の近くの山裾お寺で珍しいお地蔵さんを見て来た。
よくお寺の境内で六体のお地蔵さんが並ぶ六地蔵は見かけるが、これは十二支の動物と一緒のお地蔵さんだ。
e0033229_1984794.jpg


お地蔵さんのお姿を少し拡大しよう
e0033229_19131221.jpg


蛇は何処にいるのかなと探したら、お地蔵さんの左手のにとぐろを巻いた蛇がいた。





by yo-shi2005 | 2017-09-16 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 15日

亡妻の 思い出を買う 秋明菊

e0033229_18262433.jpg


このホームセンターに行くと意外な花に巡り合える。先日もレジに持って行くのが恥ずかしいような枯れそうなマンデビラを買って来た。
でも今はそのマンデビラも元気に花が咲いていて、蕾も数個顔を出している。

そのホームセンターの園芸コーナーで、手入れもしてないような花の苗を見ていると、あるラベルが見に着いた。
e0033229_18335042.jpg


秋明菊と言えば、思い出がある。

もう15年くらい前になるかな、もっと前かもしれない。
そのころは花は主に妻の管理下にあった。

ある日、妻が、小さなポット苗を買ってきて・・・
「これ、秋明菊って言うんだけど菊じゃないんだって、〇〇さんの家で可愛い花が咲いているんで欲しいなと思っていたら、今日お店にあったから買ってきちゃった」とニコニコしながら言った。

ここまで彼女が言えば、言葉の中には一言も入っていないが「植えてちょうだい」が含まれているのは解っていた。

早速丁寧に植え付けてやった。
・・・・そこまでは、はっきり覚えているのだが、その後その秋明菊が花が咲いたのかどうしたのか、その後どうなったのか全く覚えていない・・・・・。

そんなことを思い出しながら一つ花が咲いているポットを手に取ってみた。
「ラベルの花と咲いている花はだいぶ色が違うけどまぁいいや、思い出を一つ買おう」

そして植え付けた。
e0033229_1847089.jpg


この画像では花がよく見えませんね。もう一枚
e0033229_18474273.jpg


ラベルの花とはだいぶ違うけど、15年以上も前に植えた花を今見てると思えばいいや。


その苗の横に山の杉の木みたいにでっかい苗が並んでいた。
ラベルには「けいとう」と書いてある。
先日ハゲイトウを買ったばっかりだから、これもこの赤い色の葉っぱを楽しむ「観葉植物」なのだろうなと思ってみると、なんと、¥98.と値札が付いている。
値段につられて手を出してしまった。
e0033229_1857791.jpg


買ってきて植え付けてから考えた。
観葉植物のつもりで買ってきてけど、これは「ハゲイトウ」とは書いてなかった、…ということは花が咲くということだろうか?。

ネットで検索しても、こんな色の葉っぱの鶏頭は出てこない。一番近い色がこれだ。
e0033229_1905635.jpg


「こりゃぁすげぇ色あいだ、ほんとうに咲くのかなぁ?」
ちなみにこれのラベルは
e0033229_1923418.jpg


すげぇことになりそうだ。二つも買ってきちゃった。

鶏頭の思い出

昔話、私の生家は農家で庭の隅に毎年誰が植えたか知らないが鶏頭の花が咲いていた。
姉たちが「ケイトノ花」と言っていたので私も、その語源など知らずに「ケイト」と言っていた。
ある時それを聞いていた父が
「これはケイトじゃぁなくケイトウって言うんだ、ケイトウのケイは鶏の意味だ、そしてトウは頭っていう意味だ。裏の鶏小屋へ行っておんどりの頭を見てみな、この花とよく似たものがついてるから」と教えてくれたことを思い出した。

花には、ドラマと思い出が隠されている。

父は物事を理屈で教えてくれる人だった。だから今の俺はこんなに理屈っぽいのかなぁ。





by yo-shi2005 | 2017-09-15 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 14日

彼岸花 津軽海峡 超えて咲く

e0033229_1830866.jpg


お彼岸を目前にして、彼岸花の季節になった。

前にこのブログでも紹介したが、実は、去る8月のこと、わが庭の鉢植えの彼岸花を全部植え替えようと、全部の鉢をひっくり返して、球根を取り出してみたところ、とてつもない量の球根が出て来た。
これには困った。
これまででも、鉢の数が多すぎると思っていたのに、これを全部植えたら、置く場所もない、どうしたものか??。

思案の末に、このブログ記事に、「どなたか貰ってください」と書いた。
すると、北海道の方で、いつもこのブログにコメントをくださる方が、手を挙げて下さった。

早速送ろうと思ったが、この黄色とピンクの彼岸花は「気むづかしや」だし、北海道には彼岸花がないとのことだったので、彼岸花と言えば赤い花が定番だからと思い、郊外の田んぼの畔から赤い花の球根を貰ってきて、一緒に入れて送った。

大切に育てて下さったようで、蕾が出たという頼りに続いて、咲いたと、ご自分のブログに書いてくださった。
そのブログの様子はこちらをクリックしてみてください。

画像をお借りして、北海道で咲いた彼岸花をここにも掲載します。
津軽海峡を渡った彼岸花です
e0033229_18465634.jpg


この花の北限は秋田県あたりと言われています。
きっと大切に管理して下さったのでしょう。
ご近所の方も珍しそうにご覧になっていると書いてありました。
それを読んで、私自身も嬉しくなりました。
北海道のsibuyaさん有難うございました。


我が家の彼岸花はまだ咲きません。送った残りの赤い花の球根が一つだけ蕾を出しています。

そこで、郊外の赤い彼岸花が自生している所へ、見に行ってきました。
そこはほぼ満開でした。

北海道の彼岸花の話題に水を差すようで心苦しいですが、花の写真を少しアップします。
e0033229_18544821.jpg


カモのつがいもそろってお花見をしていました。



 
花は葉を見ず


葉は花を知らず


彼岸花とは


不思議な花なり



    よしa0290852_9551381.gif


  


e0033229_1962338.jpg

e0033229_19163466.jpg



 
秋の日に


水面に映る


 彼岸花


思い起こすは


母の牡丹餅


    よしa0290852_9551381.gif


  








by yo-shi2005 | 2017-09-14 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧