<   2008年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2008年 05月 31日

百合 (蕾)

この涼しさというか、寒さといったほうがよいのか、長袖が欲しくなる陽気だ。

開花待つ 百合の蕾に もりもりと
       みなぎる力 頼もしきかな        よし

こんな中、我が家の百合は、咲く日を待ちかねているようだ。
 ・・・待ちかねているのは、実は私の方かもしれない・・・。
大分前に近所の奥さんから頂いた球根だが、毎年素晴らしい花を見せてくれるし、球根も大分増えた。
去年も、素晴らい花を咲かせてくれたので、ご褒美に鉢の数を増やして植え替えてやった。
e0033229_20205262.jpg

咲いたら、必ずご覧に入れたいと思います。

先日の名前のわからない花の満開の写真をとりあえずここで・・・
e0033229_2032368.jpg

鳳凰沙参(ホウオウシャジン)のつもりが違うようなので・・・。
by yo-shi2005 | 2008-05-31 20:37 | 花日記 | Trackback | Comments(6)
2008年 05月 29日

ダリヤ

春先に 悪たれオヤジに 脅かされ
      健気に咲きし ダリヤいとおし          よし

自称 「花好き」 なんていうタイトルを剥奪されそうな・・・・。
去年買い求めて花を観たダリヤは、まだ一年目だからいいだろうと思い、植え替えなしでそのままにしておいた。
春になって鉢を見ると雑草が少し出てきているだけで、ダリヤはどうなったか解らなかった。
そのとき、鉢に向って、このオヤジ 「いいか! 今年咲かなかったら、来年はないものと思えよ!」
ひどいことを言ったもんだ。

しばらくして、緑色の小さな芽が出てきた。
勿論水も肥料もやった。
あんなことを言われても、ぐれることもなく健気に咲いたダリヤは、より一層いとおしい。
e0033229_2092923.jpg

まだ蕾も沢山つけているようだ。

*    *    *
 このアマリリスは、もう忘れるくらい前に、宅配会社のドライバーがカタログを持って注文を取りに来たのを買ったのだが、良く咲いた。
去年は花の数が多すぎて心配なほど咲いたが、今年はその反動か少し寂しい咲き方だ。
宅配便のアマリリス。
e0033229_20164211.jpg

by yo-shi2005 | 2008-05-29 20:21 | 花日記 | Trackback | Comments(12)
2008年 05月 28日

京鹿の子

不精して ほこりかぶるか 京鹿の子 
       よくよく見れば これが花なり        よし

京鹿の子が咲き始めた。
折角咲いた花に対して、なんと無礼な歌を詠んだものだ。
色がピンクだから花とわかるが、もしもこの花が灰色だったら、誰が見ても綿埃だろう。
e0033229_20184739.jpg

e0033229_20185971.jpg

鹿の子とは文字通り子鹿の毛皮の紋様に似た”絞り柄”のことだ。
     
e0033229_20221454.jpg

京鹿の子といえば上等な反物だが、写真は和裁の練習のときに縫った安物の布地だ。

*    *    *
お向かいの庭で珍しいものを見つけた。
実は珍しいものではないのかもしれないが私は始めてみた花だ。
奥さんの話では、「去年も咲いたよ」との事だが私は記憶にない。
e0033229_20263163.jpg

柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)という。
e0033229_203496.jpg

葉は確かにあの柏餅を包む柏の葉に似ているが、花がユニークだ。
今咲いている花の裏側に蕾が沢山ついていて、次々と咲いて長く楽しめるそうだ。
by yo-shi2005 | 2008-05-28 20:36 | 花日記 | Trackback | Comments(10)
2008年 05月 27日

金糸梅 (キンシバイ)

黄金の 梅花(うめ)見る思い 金糸梅
      明日は散りゆく 俄成金          よし

昨日掲載した未央柳よりは幾分おとなしい雰囲気で、どこか梅の花に似ているところからつけられた名前だが、金糸梅とは金持ちの好みそうな立派な名前だ。
この花もあまり長持ちせず、翌日には散ってしまう。
いわば 俄成金(にわかなりきん)といったところか。
e0033229_19351365.jpg


昨日の未央柳も、この金糸梅も ”オトギリソウ” の仲間だ。
オトギリソウも同じような花の付き方をするが、花の形が違うし、オトギリソウは薬草だ。

オトギリソウには悲しい物語がある。
昔鷹匠の兄弟がいた。兄は非常に研究熱心で、ある怪我に効く薬草を発見して、自分の鷹の怪我をその薬草で治療していたが、その薬草は誰にも教えなかった。
ところがその薬草を知った弟は人に話してしまった。怒った兄は弟を切り殺してしまった。
その弟には恋人がいたが、彼女もあとを追って自殺してしまった。
弟を切り殺してまで守りたかった薬草ということで、弟切草=オトギリソウと言われるようになった。とさ。

同じように黄色い花で、元気に咲いているオオキンケイギク。
e0033229_1951072.jpg

元気で繁殖力が強いばっかりに栽培禁止植物だ。
by yo-shi2005 | 2008-05-27 19:57 | 花日記 | Trackback(1) | Comments(10)
2008年 05月 26日

未央柳 (美容柳=ビヨウヤナギ)

庭先の 葉分けの風に 花揺らし
      未央柳は 金の糸吐く         よし

 まもなく梅雨入りするころだが、今日の静岡は夏の暑さだった。
季節になれば季節の花が咲くもので、去年から ”ほったらかし状態” だった、未央柳(美容柳)の花が開き始めた。
この花は一日で散ってしまうが、まるで花びらの真ん中から金の糸を吐き出したような ”派手” なつくりだ。
e0033229_2075350.jpg

花を沢山つけると散った後の掃除が・・・・勝手なこと言ってる!!。

 
姫野牡丹(ヒメノボタン)
 去年蕾のついた苗を買って花を楽しんだあと、 「なーんだ、これで終わりかー、つまらねー」と思ったが、花には優しい私のこと、鉢を替えて肥料も欠かさず面倒を見たら今年はもっと大きな花をつけてくれた。
e0033229_20365343.jpg

まだ沢山蕾をつけているから、しばらくは楽しめる。終わったらどこかにぶら下げておくことになる。
以前、庭の隅にぶら下げておいて水遣りを忘れ、一鉢枯らしてしまい、妻に叱られたっけ・・・。
by yo-shi2005 | 2008-05-26 20:40 | 花日記 | Trackback | Comments(12)
2008年 05月 21日

沙参(シャジン)

花好きの友人がいる。
そのお宅に、ポット植えのマーガレットの苗がひとつぽつんと置いてあった。見ると花はもう開いている。花は薄いピンクの可愛い花だ。
聞くと、「買ってきたけど、臭いが気に入らないから捨てようかと思って、そのままにしてある」と言う。
このまま捨てちゃうのはもったいないと貰ってきて、鉢に植えてやった。
丁度、玄関前の ”表札ワンちゃん” の花が終わったところだったので ”選手交代”
e0033229_203869.jpg

このワンちゃんの首に掛けた札が、我が家の唯一の表札になっている。
(個人情報保護のため個人名は伏せてあります)

ホタルブクロが咲き始めた。
これは白
e0033229_20464747.jpg

これは紫
e0033229_20473110.jpg

これらは園芸品種だが。これの野生種の花の中にホタルを入れて遊んだことから、この名がついたとか。

もうひとつ桔梗の仲間とか
鳳凰沙参(ホウオウシャジン)?
e0033229_2057150.jpg

ずいぶん前に”鳳凰沙参”として購入したが、図鑑で調べるとそうではないようだ。
どなたか正しい名前をご存知のかた、教えてください。好きな花なので・・・。
まだ咲きはじめだが、好きな花のひとつで、満開が待ちきれないで掲載した。
これで一株だが、去年は花がひとつも咲かなかった。今年は植え替えてやったら、こんなに元気になった。
満開になったらもう一度くらい登場するかも。 ・・・だって好きなんだもの~。
by yo-shi2005 | 2008-05-21 21:15 | 花日記 | Trackback | Comments(8)
2008年 05月 19日

どくだみ

シンプルで清楚な感じの真っ白な花だが、

悪臭と 名前のために 人からは
      嫌われ悲し どくだみの花       よし

繁殖力が旺盛で、引き抜いても根が少し残っていればすぐに芽を出す。
そしてこの臭いたるや、素手で持ったらその臭いはなかなか取れない。
だいいち名前が悪い、 ”どくだみ” だ。

いきなり悪口ばかり並べたが、実はこの ”どくだみ” 薬草としての価値は非常に高いようだ。
そのどくだみが花をつけた。
e0033229_20121621.jpg

十種の薬効があるとされて、別名 ”十薬” ともいわれる。
腎臓病のむくみ取りや皮膚のトラブルにもその効果が知られているが、私はまだ一度も使ったことがない。
世の中にはこんなに役に立つのに嫌われるものもあるわけだ。

しかしその反面、人に可愛がられそうな花だが、何も役に立たないどころか、栽培禁止植物に指定されているものもある。
e0033229_20212855.jpg

咲き始めたオオキンケイギク
繁殖力が旺盛で、生態系を崩す恐れがあるため、栽培禁止植物に指定されているのだそうだが、私はそれを知る前に種を採取してきて蒔いておいたら、足掛け3年でやっと花を咲かせた。
by yo-shi2005 | 2008-05-19 20:33 | Trackback | Comments(8)
2008年 05月 15日

ニオイバンマツリ (アメリカジャスミン)

いま、あちこちで紫の花と白の花が入り混じって盛んに咲いている。
アメリカジャスミン (ニオイバンマツリ)

近所のお宅にも門柱に絡みつくようなカッコウで満開だった。
e0033229_2051498.jpg

不思議な植物で、芽吹きのときは真っ黒、それが成長するにつれて緑色の葉になる。
花は紫色で咲きだして次第に白に変わって、しおれていく。鼻を近づけるとジャスミンの香りがする。
変わった花だ。

この変わった木が我が家にも一本(一鉢)ある。昨年は綺麗な花をつけた。
花好きの私としては、恥ずかしいことだが、去年の花の後ほったらかしておいた。
すると今年は葉も花もお粗末で、とてもブログに掲載などできるものではない。
仕方なく、ご近所の花を撮らせていただいた。 
やっぱり手を抜いてはダメだ。
・・・・反省・・・・・反省だけなら猿でもできるぞ・・・・自戒。
by yo-shi2005 | 2008-05-15 21:02 | 花日記 | Trackback | Comments(7)
2008年 05月 13日

富士山とデンファレ

♪ 頭を雲の上に出し・・・と言いたいところだが、今日の静岡市からの富士山は
♪ 頭を雲の中に入れ・・・といったところだった。
e0033229_21144527.jpg

 
富士山の話はここまでで、全く脈絡のない話

昨年5月6日にこのブログに載せたが、お隣の柿ノ木のデンファレが今年も咲いた。

昨年は隣の奥さんが「あそこにデンファレうえたよ」といって私に教えてくれた。
そのときは「果たして咲くかな」と半信半疑だったが、見事花をつけて、疑った私を反省させた。
そのとき、「来年まで冬の寒さに耐えられるかな?」とまた、疑っていた。
今日、反省が全く役立っていない私のおろかさを実感した。
そのデンファレが冬の寒さに耐えて、去年よりも立派な花を咲かせているではないか。
e0033229_2124795.jpg

この花のある高さが地上3mくらい。
    見上げたもんだ、いろんな意味で・・。
by yo-shi2005 | 2008-05-13 21:31 | Trackback | Comments(13)
2008年 05月 12日

寒さと花

先日の大型連休が終わるころから、天候がおかしくなってきて、きょうあたりは寒いという言葉を使ってもいいくらいになってしまった。

この寒さで我が家の花たちは、成長を止めてしまったみたいだ。

そんな中で健気に咲いている花たちを拾い集めてみた。
アッツ桜(大きい鉢はかかりつけの医院の前で咲いている)
e0033229_2149751.jpg

姫フーロ草(二重咲き)
e0033229_21501811.jpg

姫檜扇(薄ピンク色)昨年かかりつけの医院の前に咲いていたので種を貰ってきて蒔いたもの。
e0033229_21503382.jpg

ベルフラワー
e0033229_21505527.jpg

今年買った薔薇(スカーレット何とかといった)
e0033229_21513685.jpg

この子達は寒さに震えながらも咲いている。
by yo-shi2005 | 2008-05-12 22:00 | 花日記 | Trackback | Comments(9)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧