<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2008年 10月 31日

静岡の秋の風物詩

静岡の秋の風物詩と言うか定番というか、恒例の
 
 「大道芸ワールドカップ in 静岡2008」が今日から、11月3日までの日程で、静岡市の駿府公園(城址公園)と、市街地の街角で開幕した。
世界20カ国から160人あまりの大道芸人(パフォーマー)が集まってパフォーマンスを競う大会だ。

最初のころは、比較的簡単に見る事ができたが、年を追うごとに見物客が増えて、今では脚立でも持っていくか、早く行って前のほうを陣取っていないとなかなか満足には見られなくなってしまった。

初日の夜ならすいているだろうと、散歩をかねて、今夜行って見た。
人出は少なかったが、出し物も少なく、暗くて、バカチョンデジカメではよい写真は撮れなかった。
駿府公園内で
e0033229_2265445.jpg

e0033229_2271636.jpg

街角でパフォーマンス
e0033229_228939.jpg

e0033229_2283042.jpg

どうもあまり雰囲気が出ていないので、新聞からチョット頂いて・・・
e0033229_22103430.jpg

静岡新聞さ~ん、一枚頂きました~。 (事後申告)
by yo-shi2005 | 2008-10-31 22:25 | その他いろいろ | Trackback | Comments(15)
2008年 10月 29日

映画 「釣りばか日誌」

 今月25日公開の映画 「釣りばか日誌19」 を観賞してきた。
夕食を済まして、一休みしてから出かけて最終回を見てきた。

e0033229_2211472.jpg

釣りばか日誌は、第一回から全部劇場で見ているファンの一人で、前回のときもブログで紹介した。

今回 #19の感想としては、「スーさん、歳とったなぁ」、ともうひとつ、「笑いを求めて映画館に行った身としては、イマイチだったなぁ」 が正直なところだ。

スーさんの出番が少ないし、はまちゃんあまりにだらしなくなりすぎた。
はまちゃんには時には働いてもらわないとはリアリティが乏しすぎる。

物語のヒロイン、常盤貴子扮する派遣社員の河井波子と、相手役の山本太郎ふんする高田大輔は、新鮮な感じでよかった。
e0033229_22225567.jpg


最後のシーンで、チョット匂わせたが、はまちゃんの相手役として、三国連太郎と佐藤浩市が交代する日が来るような気がした。
・・・だけどあの親子の仲は・・・・・共演じゃないからいいのか・・・・。。

おまけの一枚
今日の富士山はなんだか遠慮しているようだった。
e0033229_22335359.jpg

by yo-shi2005 | 2008-10-29 22:57 | その他いろいろ | Trackback(1) | Comments(12)
2008年 10月 26日

秋だなぁ・・・

   秋風に トウワタの実が 飛び乗って
       
         いずこかの地で 花を開かん      よし

我が家に勝手に侵入してきたトウワタが今年も花を咲かせて、実を結び、今朝のやや強い秋風に、飛び乗っていずこかの地へ旅立っていった。
e0033229_1954827.jpg

秋風に飛び乗って旅立とうとするトウワタの実。

毒草と知ってから、かわいらしさが半減したような気分だったが、それでも、花は可愛い。
今年も黙って咲いていた。 雨にぬれたトウワタの花
e0033229_19563719.jpg

この写真は2008・7・3 撮影
かわいらしい花なのだが・・・なぜに毒持つ。

今朝のやや強い秋風に、我が家の鷹の羽ススキも穂をなびかせていた。
e0033229_2056830.jpg

秋だなぁ・・・・。・・・しんみり・・・
by yo-shi2005 | 2008-10-26 21:02 | Trackback | Comments(15)
2008年 10月 25日

赤いそばの花

幼いころ、なぞなぞで
「千人小僧の綱引きなーに」 「納豆」
「白い帽子に、赤い杖 なーんだ」 「そばー」・・・・姉たちとこんな遊びをした。

そばの花といえば白いものと思っていたら、先日どなたかのブログで赤い色のそばの花を見せていただいた。

今朝、NHKのローカルニュースで、赤いそばの花が満開だと報じていた。
「これは見なくては、先日のブログの管理人さんに申し訳ない」と昼過ぎになってから出かけた。 (理由なんかどうにでもつければいいが) 場所は家から70kmくらい有るかな?。

途中、「チョット寄り道してSLの写真でも撮っていくか」、と大井川沿いに20kmほど山に入って、線路のカーブするポイントで待ち構えた。

次第に音が大きくなって姿が見えた。・・「な、なんだこりゃぁ!!」
SLのやつ、こともあろうに、俺にお尻を向けて走ってきた。
e0033229_19384525.jpg

終点の千頭(せんず)駅で、何かの理由で方向転換ができないでそのまま帰ってきたのだろう。
次のSL列車を待つ時間の余裕はないので、前向きの写真はあきらめた。

カーナビは、そばの畑のある場所までは教えてくれないので、人に尋ねながら着いてみたら、このあたりは前に何度か来た事のあるところだった。
カーナビに逆らわずに来たらずいぶん遠く感じた。

戦国時代末期に、徳川軍と武田軍が交戦した、高天神城跡の近くだった。
ならら さまにブログ管理人からプレゼント一枚。この奥の小高い山の中に城跡がある。
e0033229_1534117.jpg

早くに稲刈りをした後に、信州からわざわざ取り寄せた「赤い花のそばの種」を蒔いたのが今ちょうど満開になっているのだそうだ。 静岡県掛川市上土方
e0033229_19454670.jpg

向こうに見える白い建物は、高天神城跡の入り口。

ピンクの可愛い花が満開のそば。こんな色のそばは美味しいだろうな。
e0033229_19465027.jpg

昔遊んだなぞなぞは、出題が間違えていた事になる。
出題を間違えるなんて、大学受験みたいだ。

おまけの一枚の写真。
途中、珍しい光景を見たので、車を急停車して、一枚
e0033229_19543542.jpg

道端の古いお寺で、手前が本堂で竹が出ているのは庫裏(くり)のようだ。
筍は、床を突き上げて出てくるというが、屋根まで突き破るとは・・おどろきだ・・
by yo-shi2005 | 2008-10-25 20:08 | 花日記 | Trackback | Comments(12)
2008年 10月 20日

ジャックと豆の木

食品の安全性が騒がれているが、私は食品に関しては以前からかなり重症の ”中国アレルギー” だ。

天気のよい日曜日、いつものように新鮮野菜を求めて、JAの運営する野菜市場へ行った。
今日は食品の話ではない。

その駐車場で異様なものを見た。
e0033229_21334451.jpg

写真が遠いので分かりにくいかもしれないが、ブーゲンビレアが、外灯のポールに巻きついて、もうこれ以上登れないところまで上り詰めて花を咲かせていた。
写真を拡大してみよう
e0033229_21543637.jpg

これを見て、忘れるくらい昔に読んだ童話、「ジャックと豆の木」を思い出した。
この蔓がどこまでも伸びていったら、一番上にはお城があるのかなぁ。 
そこには金の卵を産む鶏がいるのかなぁ。

大丈夫。頭が変になったわけではないのです。
あまり天気がよいので、車の窓からぼーっとこの花を眺めながら、遠い昔を思い出しただけです。
  時には、脳みそをスロー回転させるのもいいでしょう。
    いつもスローだ!、なんて言わないでください・・・・。
by yo-shi2005 | 2008-10-20 21:55 | ひとりごと | Trackback(1) | Comments(20)
2008年 10月 18日

色づく秋  PART Ⅱ

秋だなぁと思いながら、脇見運転にならない程度に、走っていると、秋色が眼に飛び込んでくる。

まだ収穫には早い "中手” みかん。
e0033229_22191774.jpg

今出回っているのは ”極早稲(ごくわせ)” で少し酸味がある。
その後に ”早稲種”が出て、これが甘い。中手はその後になる

生垣に絡まったカラスウリのつるにぶら下がった実も色づいてきた。
e0033229_22221858.jpg

これ、ホントにカラスウリかなぁ??。どなたかご意見をください。

ピラカンサは今年も重たそうに実をつけていた。
e0033229_22241811.jpg


色は違うがこれも秋の田の風物、”ひこばえ” もう少し早く刈っていれば穂が出たかも。
e0033229_22264989.jpg

写真の後方は 東名高速道路の高架橋です

 稲株は 余力残して 刈り取られ
      この秋の田の ひこばえのあお           よし
by yo-shi2005 | 2008-10-18 22:35 | Trackback | Comments(8)
2008年 10月 17日

かすんだ富士山

  朝焼けの 空と川原と 枯れ尾花

         かすみし富士と ともに明け行く      よし

全国的に秋晴れとか。
今朝は眼が覚めると風の音がしていた。

「こんな風のある天気のよい日は富士山が綺麗なはずだ」
勝手に思い込んで飛び起きた。

富士山の見える安倍川河川敷に行ってみた。・・・まだ日の出前だった。

「富士山がよく見えるはずだ」 なんて勝手に思い込んだのは自分自身だから誰に文句を言うわけでもないが、こんな状態だった。
e0033229_21152695.jpg

その代わり、少し欠け始めたお月様は、はっきりと綺麗だった。
「今日は富士山の写真はだめだよ」と、お月様に笑われているような気がした。
e0033229_21198100.jpg

そして、伊豆半島の中ほどから日の出だ。
e0033229_21214183.jpg

仕方なく諦めて帰ってきた。
明るくなると、今度はお月様が、お隣の屋根の上でぼんやりしていた。
e0033229_21261572.jpg

「お月さんも富士山もぼんやりしていて、俺とおんなじだ」 心の中で言ってやった。

それにしても、今日の暖かさで、富士山の冠雪はだいぶ解けてしまっただろうな。
      ーーーいささか落胆ーーー
by yo-shi2005 | 2008-10-17 21:32 | Trackback | Comments(6)
2008年 10月 15日

色づく秋 PART Ⅰ


十月も半ばといえば、秋たけなわ、いろいろなものが色づいてきた。
朝方チラッと見えた富士山の頂上は真っ白に雪化粧していた。

夏に大きな花を咲かせたアメリカ芙蓉、いつもの年は花が終わると葉巻虫にやられるのだが、今年は虫もつかずに開いたまま次第に黄色くなった。
e0033229_2081756.jpg

すずらんも、実が赤くなった。
e0033229_209379.jpg

春は花を、夏には日陰を提供してくれた桜も、葉が落ちて次第に冬の装いになる。
e0033229_2011361.jpg

近くの鎮守様の大きないちょうの樹には、三遊亭小〇三師匠の喜びそうなぎんなんが鈴なりで黄色く熟して落ち始めていた。
e0033229_20141652.jpg

ぎんなん
e0033229_20143673.jpg

この写真を撮っていたら、知らないおじいさんが、私に「おじさん、ひろわねぇんかい?」という。
私「うん、ぎんなんはかぶれるし、くせぇし、くやぁ(食べれば)うんめぇんだけどね」。
おじいさん「うん、かぶれるけど、くやぁうんめぇからな」といいながら手にレジ袋をかぶせて拾っていた。
私は拾う気にはならなかった。
ただ・・・・こんな年のおじいさんに、おじさんと呼ばれたのは初めてで、少なからずショック・・。
久方の秋晴れの日のことだった。
by yo-shi2005 | 2008-10-15 20:30 | Trackback | Comments(14)
2008年 10月 14日

過ぎたるは、なお 及ばざるが如し

     (本日は写真はありません)
我が静岡市では、天気予報がしっかり当たって、昼ころから雨になり、気温も下がったようで薄ら寒いような日になり、あわてて長袖を羽織ってPCに向かっている。

こんな肌寒いような日はよいのだが、昨日あたりまでは夕方になると、どこから湧き出すか、10月というのに蚊がうじゃうじゃというか、ぶんぶんというか、要するにたくさん出てくる。

ふと考えてみると、こんな蚊の多いところで花の手入れをしていても、この夏以来まだ蚊に食われて痒いという記憶がない。

私の肌は敏感で、蚊が止まったのが感触で分かるので、見て、蚊が針を刺すのでしりを上げたらすぐにピシャリとやるから、痒くなるところまで行かない。

江戸川柳に
   
   蚤の子は 親の敵(かたき)と 爪を見る
     
というのがある。分かる人にはわかる川柳だが、蚊の場合は

   ぼうふらは 手のひらを見て 逃げ回り       よし
   
といったところか。

蚊にも目があるようで、しりを上げる体勢ににならないうちに手を出すと逃げられる場合が多い。

蚊といえば、まだ血を吸う前にピシャとやったのに、真っ赤な血が意外と大量(蚊にしては)出ることがある。どこかで腹いっぱい吸ってきたのだろう。
それなのに、もっと吸いたがって私の腕にとびついたようだ。
適当なところで、満足してやめておけばよかったのに、欲張るから、命までも・・・・。

これ即ち、 「過ぎたるは なお 及ばざるが如し」   論語より
by yo-shi2005 | 2008-10-14 21:14 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)
2008年 10月 11日

憎さも憎き・・・PART 2

何日か登校拒否・・間違い・・投稿休止していて、いきなりこのタイトルでは、読む気力も失せてしまうかも知れないが・・ご容赦を・・・

一ヶ月程前にこのブログに一度書いたが、同じ虫にまたやられた。

今度はこの夏に綺麗な花を咲かせてくれたあの百合を植え替えるべくひっくり返したところ、なんとこの中にも、あの ”憎さも憎き” カナブンの幼虫が出るわ出るわ・・・4鉢で60匹あまり、そして、花が少なくなったポーチュラカの鉢からまた16匹、特に百合の被害は甚大だ。
e0033229_20152148.jpg

どの球根もみんなこんな状態で根を殆ど食われてしまっていた。
特にひどいのは、球根の芯まで食われてぽっかり穴が開いてしまっていた。
e0033229_20163013.jpg

これでは植えてもだめだろうと思うが、 ”ダメモト” で植えておいてみた。

そこで皆様にお願いです。この虫の害を防ぐ薬剤か、または何か方法をご存知でしたら是非教えてください。
この虫は、先日書いた ”テデトール” ができないのです。土の中なので。
そして、この虫はカブトムシの幼虫に似ていますが、カブトムシにはなりませんから見つけ次第死刑にしてください。                    
                       怒り心頭のブログ管理人でした。
by yo-shi2005 | 2008-10-11 20:30 | ひとりごと | Trackback | Comments(11)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧