<   2009年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2009年 11月 29日

シクラメン

 ♪ 真綿色した シクラメンほど
   すがしいものはない

 一昨年のこと、ピンクの花の咲いた小さなガーデンシクラメンを一鉢、東京在住の義姉に上げたら、去年の暮れに義姉は電話で 「よっちゃん(私のこと)あのシクラメン花が咲いたよ」といっていた。
今年はどうなったか、まだ聞いてない。

シクラメンの夏越しは少し水を与えながら、涼しい風通しの良い日陰に置くと良いというが、なかなか難しい。

そんなわけでシクラメンを買った。

まずはひとつ、これは屋内用のシクラメン
e0033229_22332832.jpg

これは、白ではなく、薄いピンク色で、中に、半分ピンクの花びらが一枚だけ入っていた。

お店で聞くと、「そのままでも大丈夫ですよ」と無責任なことを言うが、シクラメンは買ってきたら、必ず一回り大きな鉢に植え替えたほうが良い(鉢増し)これも植え替えた。

ガーデンシクラメンがいくつかある。

    エンジ
e0033229_223914.jpg

    白
e0033229_22392854.jpg

    ピンク
e0033229_2240824.jpg

    赤
e0033229_22433555.jpg

    薄ピンク A
e0033229_22441667.jpg

    薄ピンク B
e0033229_22443766.jpg

私が買い物をするスーパーの入り口の横にテナントとして小さな花屋が店を出している。
屋外にも、花の苗が少し並べてある。最近気がついたが、そのお店の苗は、ボームセンターの園芸コーナーの苗よりも植えつけてからの成績が良いように思う。

ちなみ上の写真のうちで、そのスーパーのお店で買ったものは、大きいのと、エンジ、ピンク、赤である。
ほかは、ホームセンターで購入した。 値段は変わらない。
by yo-shi2005 | 2009-11-29 22:46 | 花日記 | Trackback | Comments(17)
2009年 11月 28日

咲き始めた、シャコバとオキザリス

 シャコバサボテンを今年は一鉢枯らした。

 今年は失敗だった。

断食を終わりにするのが遅かった。

シャコバサボテンは、梅雨が明けるまでは肥料も水も普通にやって育てるが、梅雨が明けて熱くなったら、日陰の雨の当たらないところで、飲まず食わず(水と肥料を絶つ)の生活をさせる。

9月になったら徐々に水をやり始めると、蕾のつきが良くなる。
それを九月中ごろまで、断食させてしまった。
そのために、蕾の発生がまちまちで、早いのは咲き始めたというのにまだ米粒みたいな小さいのもついている。
オレンジ系のシャコバサボテン
e0033229_2247402.jpg


ピンク系が一個だけ咲き始めた
e0033229_14444220.jpg


もうひとつサーモンピンク系
e0033229_14572649.jpg

これも、今年は蕾の数が少ない

白系はまだ蕾
e0033229_22491887.jpg

滝に夢中になっていたのがいけなかったか(反省)
来年はもっとうまく・・・・・どこかで鬼が笑ってる?。

***

オキザリス
オキザリスは暖かくなる前に球根を掘り出して、植え替えるのだが、今年は、何もしなかった。
前に一度UPした、バーシーカラー
e0033229_22524426.jpg


カメラを向けたら 「おやじさん!、あと2日くらい待ってくれたらもっと花が咲くのに、まだ一個しか咲いてないんだよ」
なんて言っていたような気がした。 
ちょっと見ずらいが、蕾は沢山出ているのだが咲いているのは右端の一輪だけ。

桃の輝
e0033229_22553952.jpg

 
いつもは一番元気のいい プルプレアも今年はまだエンジンが掛からないようだ
e0033229_2257544.jpg


まだこれでは物足りないので、満開といえるようなときにもう一度UPしたい。

今日のはほんの はしり です。
by yo-shi2005 | 2009-11-28 23:06 | 花日記 | Trackback | Comments(16)
2009年 11月 27日

出会い  ババピー さん

 朋あり 遠方にて逢う 亦楽しからずや・・・論語の文章とは少し違うが。

愛知県にお住まいの、ブログのお友達がバスツアーで、我が静岡県に来られると連絡を頂いた。

この方は、病のため、お体が不自由にもかかわらず、とても積極的に、前向きに明るく生きておられることを知って、日ごろから尊敬している方だ。

コースを聞いたら、県の西部の何箇所かに立ち寄る計画だと教えてくださった。
一番近いところでも我が家から50kmあまりあるが、そんなことは気にならない。
それよりもどうしてもお会いしたい気持ちのほうが大きい。

時間と場所の連絡を取り合って、先方はバスツアーだから、こちらが合わせて逢いに行った。

場所は前にこのブログで紹介した袋井市の油山寺という古刹だ。
行ってみるとちょうど紅葉の真っ最中だった。
まず山門ーこの門は元は掛川城の門をここに移築したものだそうだ。
e0033229_2124255.jpg

山門の中も
e0033229_2134059.jpg



待つ間ほどなく、ツアー客を乗せたバスは着いた。

大勢の客が降りた、初対面だったが、彼女は他のツアー客と離れて一人私のほうに歩いてきた。(なぜ分かったのだろう?)
挨拶をして、茶店で一休み、本堂へは急な石段を登らねばならないので、彼女の身体を考えて、横の坂道を歩いて小さな滝に案内した。この滝は以前にもブログにUPしたことがある。
実はこの滝は、彼女の本名と同じ名前の滝なのだ。
 彼女と大の仲良しだという、屈託のない二人の女性も一緒に滝に向かった。
この二人も、初めて会ったような気のしない人たちだった。

るりの滝
e0033229_21103212.jpg

写真は、暗かったので少し処理してあります

彼女のツアーは、3時半について、4時には出発といういそがしいスケジュールで、出発時刻間際に挨拶をして、お友達と一緒に、車上の人となった。

手を振ってバスを見送って、私も帰途についた。

最初の予定では、帰る途中の掛川市のR1バイパス近くにまだ見ていない滝があるので、寄ってみるつもりだったが、彼女に逢ったことで、そんなことは吹っ飛んでしまった。

以前に逢った、 timata-sn さんといい、先日逢った ナチュラルライフ123さんといい、今回のババピーさんも、私のブログのお友達は、会ってみるとみんないい人ばかりだ。

あぁ、ブログやっててよかったぁ~。(実感)

あっ、忘れるとこだった。 今日お会いした人は、ババピーさんです。
なお、ババピーさんの体調については、彼女自身がご自分のブログで折に触れて説明されております。

頂いた手づくりの土産を見る
by yo-shi2005 | 2009-11-27 21:53 | その他いろいろ | Trackback | Comments(16)
2009年 11月 25日

閑散とした市街地

 クリスマスまで一ヶ月となった。  なんと早いことか・・・・。

市中心部にある青葉公園の街路樹にイルミネーションの飾り付けがされたと聞いたので、夜のウオーキングを兼ねていってきた。

世の中の経済情勢を現しているかのように、質素なものだった。
e0033229_21494837.jpg

静岡市葵区の青葉公園  中央のビルは市庁舎・その向こうの赤いランプは県庁

そして、その質素な飾り付けにあわせたかのように、人影もまばらだった。
e0033229_21511018.jpg

早々に引き上げてきた。
by yo-shi2005 | 2009-11-25 21:56 | ひとりごと | Trackback | Comments(23)
2009年 11月 23日

再訪の滝  (宇嶺の滝)

 今年はあちこちの滝に行ったが、そもそも今年私と滝を結びつけたのは、この滝だったようだ。

周囲にかえでの木が沢山あり、秋には赤や黄色に彩られると、ポスターの写真を見た私は、秋になったらこの滝にもう一度行ってみたいと日ごろから思っていた。

何日か前から、こんどの日曜日は雨と予報が出ていたので、その気もなく、のんびりしていたが、雲は多いが降りそうもない。
これなら行ける。と思って車に乗ったのが午後2時だった。

去る4月16日あの頃は緑に囲まれた宇嶺の滝(うとうげのたき)だったが・・・・。

まず、今日の宇嶺の滝 その落差およそ70m幅およそ5m 東海の名爆といわれるどうどうたる姿。
e0033229_21521497.jpg

車で行ける県道から、石段や坂道を下ることおよそ100m。

見ると、春に来たときは、滝つぼと、最上部は同時には見られなかったが、夏の間に岩が崩れたようで、滝つぼの中までよく見えるようになっていた。(4月の写真参照)

誰が植えたか、自然のものか、滝に花を添える椿の花がちらほら
e0033229_1030328.jpg

振り返ってみると、今年私が滝に取り付かれた原因はこの宇嶺の滝の堂々たる姿を見たことから始まったようだ。

だが、紅葉のほうは、このあたりの木々の葉は、このところの冷え込みにもかかわらずまだ少し色づき始めたくらいで、かえでの葉は春と同じような色をしていた。


下ってきた100m程のの坂道と石段をこんどは登って再び県道に出たときは4時近くになっていた。

同じ道を帰るのもつまらないと思って、帰りはもっと山奥に向かって狭い県道を登った。
峠に近づくと流石にこのあたりは紅葉も進んでいた。
e0033229_2348359.jpg
e0033229_23481531.jpg

山の中の狭い路だが、対向車もなく路の真ん中に車を止めて、愛車と二人しばし紅葉見物

杉や檜の緑の山肌に一部分だけ紅葉した広葉樹帯が、さながら緑に赤のアップリケのように映えていた。
e0033229_2351115.jpg

山の中をしばらく走って、ようやく国道362に出て帰ってきた。

晴れていれば綺麗だろうなと思いながら。「でもこんな日に出かけてきたのも俺なんだからしょうがねぇか」なんて、独り言を言いながら・・・・。

家に着いたら、暗くなっていた。 帰りに遠回りしたので、全行程でおよそ80kmだった。

なお、この記事は投稿が遅くなり日付が変わってしまったので、文中の今日は11月22日のことです。
by yo-shi2005 | 2009-11-23 00:08 | Trackback | Comments(25)
2009年 11月 21日

皇帝ダリア (飽きないで・・・)

 「この人は皇帝ダリアが咲いたことが、よほど嬉しいんだろうな」 なんて思われそうだが、実は・・・嬉しいんです。ほっとしてるんです。

芽が出たばかりの頃から、ブログにアップして、皆様に見守っていただいてきて、「もしも途中で枯れたりしたらどうしよう???」なんて心配もしていたのです。

きょうは、快晴の空の下皇帝ダリアの撮影日和(そんなのあるかなぁ)
午後になって日が少し西に傾くのを待って撮った。
e0033229_2112312.jpg


まだ日が当たらない午前中 この色も捨てがたい。
e0033229_21125247.jpg


全体はこんな感じで我が家の平屋部分の屋根より高い。 (バックはお隣の外壁)
e0033229_2114144.jpg


これで、ご覧頂いている皆様に報告が出来たので、肩の荷が降りた気分であります。

 ・・・・見るほうはそんなに気にしてはいない・・・・なんて言わないで下さい。
本人は気にしてたんですから。
by yo-shi2005 | 2009-11-21 21:20 | 花日記 | Trackback | Comments(20)
2009年 11月 20日

咲く花を、追いかけて書く

 幾分寒さが緩んできたようです。

午後、空にはこんな鱗雲(ウロコグモ)が出ていた。
e0033229_200728.jpg

鱗雲が出るということは、上空の気圧が下がりつつあるということで、翌日はおよそ70%くらいの確立で、お天気が崩れるといいます。

そういえば夕方の夕焼けはあまり赤くならなかった。
明日は降って欲しくないのだけれど、自然には勝てない・・・・ただ祈るだけ・・・か。

***

咲き始めた我が家の花。

葉っぱばっか元気だった、大黄花片喰(オオキバナカタバミ) がようやく花を付け始めた。
e0033229_20142062.jpg

これは丈夫な花で、地植えにしておくと、どんどん拡がる。
我が家では、鉢植えだが、それでも知らないうちに、他の鉢の中で繁殖していることが良くある。


オキザリスはみんな可愛い花だが、これはその中でも、特に可愛い。蕾のときから可愛い。
e0033229_2025762.jpg

これは、大黄花片喰程は繁殖しない。

 
 咲く花を 追いかけて書く ブログにも
       秋の気配は 現れにけり         よし

なんて、詠んだら、何を考えているのか、初夏の花 芝桜が、「俺だっているよ」 と顔を出した。
e0033229_20314829.jpg



お向かいの奥さんが、「今日は7個咲いていたね」といっていた皇帝ダリア。
私は数えなかったが、空が幾分青かったので写真を撮ってみた。
e0033229_20334234.jpg


これが咲いたことがよほど嬉しいのだろうな・・・私は・・・・。


おまけ
今朝6時の県情報カメラが捕らえた富士山(少し色調を変えてあります)
e0033229_20573632.jpg


この後少しずつ雲が増えてきて午後には見えなくなってしまった。
by yo-shi2005 | 2009-11-20 21:02 | 花日記 | Trackback | Comments(19)
2009年 11月 18日

古紙回収

 皆様のブログを拝見しながら、ふと、モニターの向こうに貼ってあるカレンダーに目をやったら、19日の所に、赤ペンで、古紙と書き込んであった。

「あっ、明日だ!!」

毎日我が家に新聞を配達してくれる、新聞販売店では、FAXで申し込んでおくと古新聞を回収してくれる。

市でも回収してくれるが、そちらは隔月なのと、集積所が30mほど離れているが、新聞販売店にお願いする場合は家の前でいいし、レジ袋でもOKとなっている。
そこで、先日このシステムに初めてFAXを入れて申し込んだ。

まだ半分くらいしか束ねてない。それに9時までに出さなければならなし、朝の時間は忙しいので、ブログを一時中断して、古新聞を束ねて玄関に運んだ。
実は大分前から出してなかったので、こんなに溜まってしまった。
e0033229_2252958.jpg

玄関に積んでおいて、明日の朝外に出せばよい。

下のほうの束の日付を見たら5月だった。

半年も出してなかったと云うことか。

 これじゃ ”男やもめに蛆が湧く” なんて云われたって返す言葉がないな。 (反省)
by yo-shi2005 | 2009-11-18 23:03 | ひとりごと | Trackback | Comments(20)
2009年 11月 17日

皇帝ダリア 生育記録  ついに咲く!

 秋ふかく 冷たき雨の 降る朝に
        皇帝ダリア ついにひらきぬ         よし

 何でもこの寒さは暮れからお正月の頃の寒さだそうだ。

でも、この説明では、「今年のお正月は、暖かくていいですねぇ」 なんて挨拶をした年のお正月の暖かさもこの説明のお正月の寒さの対象になるのだろうか。 

どうも理屈っぽくて困る私だ。

それはおいといて・・・・こんな冷たい雨が降る朝に、皇帝ダリアは、ついに花を開いた。

開花した我が家の皇帝ダリア。 太郎。
e0033229_20233270.jpg

私の好みから云うと、皇帝ダリアの花は、青空をバックに咲くのが一番いいように思うが、これも、このダリア自身が心満ちて咲いたのだから、これが一番美しいのだろう。
また晴れた日もあるだろう・・・・。

ちなみに、次郎はまだ蕾がチョコッと見えただけで、こいつは 「おくて」のようだ。


****

ところで、今日の記事を書きながら、ふと思い出したのだが、 この、「冷たい雨が降る朝に・・」と言うフレーズを見ると、思い出すのが、この歌だ。

1962年 東映映画 「江梨子」の主題歌、橋幸雄の歌う”江梨子”だ。

♪ 冷たい雨が 降る朝に  
   一人で江梨子は 死んでしまった
    可愛そうな江梨子よ 
     綺麗だった江梨子よ
      涙に濡れたその顔を
       花で飾って あげましょう


 20代の青年の私はこの映画を観にいった。そして、少なからずハンカチを濡らした。
 周囲にいた若者達もそうであったと思う。 中には、鼻をすする女性もいたようだった。
 そして最後のシーンで、太陽が画面いっぱいに大写しになったとき、あまりの大きさに、劇場内で笑いが起きたが、この笑いは、泣いたことを隠すための照れ笑いだったのではないかと、今でも思う。

物語は、
伊豆の田舎から姉の嫁ぎ先に越してきた高校生の茂が、同じ伊豆出身の江梨子と出会う。彼女は、孤児とい逆境の中で明るく生きる綺麗な娘だった。やがて、茂は彼女と恋に落ちるが、無理解な大人たちは「あんなどこの馬の骨か分からないような娘と付き合ってはいけないと」と二人の仲を邪魔をして、ついに引き裂かれる……。江梨子は病に倒れるが、茂は見舞いにも行かせてもらえなかった。彼女はついに帰らぬ人となってしまった。
確か、こんなあらすじだったと思う。

橋幸夫の大ヒット曲『江梨子』を基に、橋自身が主演した悲恋物語だ。
  
by yo-shi2005 | 2009-11-17 20:53 | Trackback | Comments(20)
2009年 11月 16日

ごますりちゃん へ

 いつもコメントを下さる ごますりちゃん

 00歳お誕生日おめでとうございます。

e0033229_2030386.jpg


いま、我が家の玄関先で咲いている、あなたのお好きな色の百合の花の写真をプレゼントします。

 晩秋に 咲く百合もあり それぞれに
   
       心満たして 咲けば美し            よし



本来百合の花は、夏に咲くものですが、この花は屋外でこの季節に咲きます。でも、この百合の花にしてみれば、今が咲きたいときで、今が一番綺麗なのだと思います。


いつも、私のつたないブログに、お褒めのコメントを下さいまして有難うございます。

 ごますりと 承知で読みし コメントも

         褒める言葉は 嬉しかりけり       よし


 単細胞の私は褒めていただくのが好きで、お褒めのコメントを頂くと、すごく喜びます。
今後とも宜しくお願いいたします。

ご訪問くださったみなさまへ。
ごますりちゃんは、ブログサイトをお持ちではありません。
ごますりちゃん宛てのメッセージがありましたら、このサイトをご利用くださって結構です。

ごますりちゃ~ん、元気でね~。               yo-shi2005
by yo-shi2005 | 2009-11-16 20:45 | その他いろいろ | Trackback | Comments(6)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧