<   2011年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2011年 07月 31日

生存証明

e0033229_21293225.jpg


風邪で体調が悪いなんて書き残して、ブログ更新をサボっていると心配してくださる方が・・・・いないか?。

でも生きている証として、ブログを更新しました。

〇・・・ ゴーヤネタ

こんな大きな看板にゴーヤの写真を載せたので、まず、ゴーヤについて。

このゴーヤのひとつの目的は、云うまでもなく、ゴーヤを収穫して食べること。
もう3本食べた。まだ地獄にはなっていないが、時間の問題だと思う。

そしてもうひとつの目的は、今はやりのグリーンカーテンだ。
上から見たグリーンカーテンの様子。ヤネに登ろうとしているやつもいる。
e0033229_21274542.jpg


下から見ても立派なグリンカーテンだ
e0033229_21283853.jpg


残念なのはこのところ、このカーテンが威力を発揮するような暑い日差しが無いことだ。


〇・・・一大事!!

ホームセンターから、腐葉土が消えた。
花を植えたくて、腐葉土を求めて3軒のホームセンターを回ったが、腐葉土が無い。

先日の報道で「園芸店で売られている腐葉土に、放射性物質が付着している」と言われたため、出荷を止めたのか、それとも仕入を止めたのか知らないが。どのホームセンターにも無い。

そこで、仕方なくチョッと離れた郊外の園芸店にいってみた。

あった!!。
e0033229_21432763.jpg


ホームセンターよりも少々高いが、それも仕方ないだろう。

でも、この損害?も東京電力で補償してくれないのだろうか??。

  ・・・とつまらぬことを考えている、元気になりかけたyo-shi2005であった。

 私ののどの痛みをご心配下さった皆様有難うございました。
おかげさまで、回復に向かっており、ホームセンターをハシゴするほど元気になりました。
どうぞご放念ください。
by yo-shi2005 | 2011-07-31 21:53 | その他いろいろ | Trackback | Comments(11)
2011年 07月 28日

アメリカ芙蓉・白

e0033229_1928238.jpg


昨夜から今朝明け方まで雨が降っていた。

今朝、表のシャッターを開けるために玄関に行ったら、色白で丸顔の可愛い子がニコニコしながら私に声を掛けたような気がした。

「おじさーん、有難う。お陰でこんな綺麗に咲いたよ」

「なぁんだ、もう咲いたのか。明日かと思っていたよ。

この子はアメリカ芙蓉の白だった。

裏庭で、昨日午後、見ると雨の中で蕾が大分膨らんでいた。

「この子も雨に弱いんだっけなぁ」と玄関に取り込んで上げたのだった。
そのときの蕾の様子では、咲くのはあさってだろうなと思っていた。
でも、玄関が屋外よりも暖かかったと見えて今朝咲いてしまったのだった。

玄関で咲く、アメリカ芙蓉の白
e0033229_19382089.jpg


この子は数年前に購入したが、育ちが遅く、今年は蕾が2個しかない。

   〇・・・そして、表に出ると、また可愛い子が待っていた・・・。

ハイビスカスのサーモンピンクだ
e0033229_1945894.jpg


こんな可愛い子たちに朝から会えると一日の元気を貰う気分なのだが・・・・・・
・・・〇ちょっと風邪気味か、のどが痛いので、今夜は早く寝ます。

というわけで、今宵はこれにて、御免!!。
by yo-shi2005 | 2011-07-28 19:52 | 花日記 | Trackback | Comments(23)
2011年 07月 26日

白い槿の話

e0033229_1931174.jpg


南から暖かい湿った空気、その上空には北から張り出した冷たい空気があり、冷たい空気は下に下りたいし暖かい空気は上に上がりたい。

良識を持った人ならお互いに道を譲り合って入れ替わるところだろうが、空の空気にはそんな良識はないようで、時々入り混じって戦闘状態になる。そうすると大粒の雨がどかっと降る。

「この話?槿とどういう関係??」 関係有るんです。

   ・・・◎・・・

槿(むくげ)に興味を持ち始めたのは数年前のことだ。

綺麗に咲く槿の花を見つけると、そのお宅に飛び込んで枝を分けてもらってきて、挿し木をした。

5種類ほどそろえたが、白を忘れていた。気がついて急いで挿したが、その年は間に合わなかった。

仕方なく白だけ一年遅れて挿した。

一年遅れの白は、苗が小さかったので一回り小さな鉢に植えつけた。


今年も蕾が出て、咲き始めた。次々と咲いて、私を喜ばせてくれた。

ところが、一回り小さい鉢に植えられている白は、同じ様に水遣りしても、時々水切れになった。

こんな状態では花が咲くところまで持ちこたえられないとおもって蕾が大分大きくなっていたが、思い切って鉢増ししてやった。

鉢増しとは、一回りか二回り大きな鉢に植え替えることだが、花の咲く頃にこれをやると根を傷めてしまって、花が咲けなくなることがある。

でも何とか花が咲いた。

大徳寺白 本来の大徳寺よりも花が小さい感じがする。
e0033229_19582226.jpg


花弁が少し乱れているのも、蕾のころの水不足が影響しているかも。


   ・・・◎・・・

ところが、冒頭の「気象解説」のような事情でどかっと強い雨が降った。

槿もほかの色の花は少しくらい雨に当たっても平気で咲いているのだが、白は別だったようだ。

それを知っていれば家の中に取り込んだのだが。私自身、白がこんなに雨に弱いとは知らなかった。

こんなんなっちゃった!!。(涙)
e0033229_2065226.jpg


まだ蕾をたくさん持っているからまだ咲く。
今度咲いたら、雨に気をつけてやろうと、思いつつ反省しているyo-shi2005であった


   ・・・◎・・・
その後のゴーヤ

誰かが言った「ゴーヤ地獄」の前触れ的な状態になリつつある。
e0033229_20112521.jpg


左は普通の種類のゴーヤで、上は少し早い、下は食べごろ。右はサラダ用の苦くない種類で食べごろ。

写真を撮る頭の上に無数の赤ちゃんゴーヤがぶら下がっている。


   〇〇

            フジマメ
e0033229_21153552.jpg

by yo-shi2005 | 2011-07-26 20:16 | 花日記 | Trackback | Comments(19)
2011年 07月 25日

帰省 雑感

帰省雑感(平成23年7月24日のこと)

〇 ふるさとの 山に向かいて 言うことなし

        ふるさとの山は ありがたきかな      啄木


 この日、それを再実感してきた。



昨年夏急逝した義姉の一周忌法要のため、実家から10kmほど離れた兄の家に行き、実家にも寄ってきた。


日本中の田舎の風景がそうであるように、我が生まれ故郷も、それなりにというよりも予想以上に開発が進み、大きな工場が進出して我が家からの風景は眺める方向によっては、子供のころの記憶とはまるで別の町のようになってしまった。


ここでその風景の写真はあえて省略する。


でも、ふるさとの山々を見るとホッとする。

これが自分を育ててくれた山なんだと、感謝の気持ちが湧いてくる。


だが、不思議な現象がある。これは私だけなのだろうか。


〇 たわむれに 母を背負いて そのあまり

        軽ろきに泣きて 三歩歩まず       啄木


私の母はもう故人であるから、戯れにも背負って見ることはできないが、私を育ててくれたふるさとの山々を見ると、年老いた母が軽くなったように、子供のころに見た、息を切らしながら駆け上ったふるさとの山が、そのかたちはそのままながら、そのころよりも小さく低く見えて仕方が無い。

そして、森も、田んぼも、みんな小さく見える。

たとえ小さく見えても、父母の眠る、そして私の心の中に、大きな存在で残るふるさとの山は、有り難いものである。

出来ることなら、なるべく開発されないでいて欲しいものだ。


そんなことを思いながら、ふるさとをあとにした日曜日だった。

写真が一枚もないブログは寂しいので、帰りがけの乗り物の写真を・・・たぶん700形というのだと思う。手前の車両に乗ってきた。
e0033229_6344237.jpg

東京駅からの東海道新幹線は、一番前の車輌に乗ると比較的すいていて自由席でも座れる。
少し早めにホームに来て若い号車のところに並ぶことがお薦めだ。

反対側のホームに止まっていた、これは少し形が違う車輌だが私はあまり興味が無いので型式番号など知らない。
e0033229_639026.jpg


いま、この車両をまじかに見た子供たちは将来私の年齢になったとき、この実物をどこかの展示場で見て、「あの時はもっと大きく見えたっけなぁ」なんて思うのだろうな。


この日、関東北部は日中は晴れて暑い暑い日だった。子供のころも、やはり暑かったなぁ・・・。

あのころはもっとあぶら蝉が鳴いていたっけ・・・・

◎そのころの夏は北関東ではあぶら蝉が主体で、クマゼミは静岡に来て始めて知ったものだった。
by yo-shi2005 | 2011-07-25 06:47 | ひとりごと | Trackback | Comments(19)
2011年 07月 23日

滝の水増えず

e0033229_21282011.jpg


台風6号は東海地方を通るときは、遠慮して南の海上を通って行った。

それでもTVニュースでは静岡市北部では大雨が降って、我が家の近くを流れる安倍川も大分増水した。

この雨で滝の水も増水したのではないかと増水した滝を楽しみに普段水の少ない滝に出かけてみた。

ところがなんと言うことだ、いつもの状態と少しも変わらない。

その代わり、私の額からは滝のような汗が流れ落ちた。

普段と変わらない水量の白藤の滝
e0033229_21352759.jpg



   ・・・◎・・・

我が家自慢の花・アメリカ芙蓉が今日は11輪咲いた。
e0033229_2137497.jpg


今日は比較的同じ方向を向いている花が多いようだ。
直径20cmあまり。パラボラアンテナのようだ。

全身を見るとこんな風になっている、この鉢の直径が36cmある。
e0033229_21414695.jpg



我が庭にはこんな花も咲く(名前わすれちゃったぁ)
e0033229_21441998.jpg


明日は早起きして、ふるさとに行ってきます。
by yo-shi2005 | 2011-07-23 21:49 | | Trackback | Comments(15)
2011年 07月 21日

オクラ初収穫

e0033229_1955268.jpg


e0033229_1963153.jpg


「今日は、これってネタもねぇし、ブログは休みにするかぁ・・・」
なんて考えながら、仕事場から出てきたら、どこかで太い声で呼んでいる。

「おやじさぁーん!!」

ひょいっと見ると、それはこのあいだ黄色い綺麗な花を咲かせたオクラだった。

「おやじさん、これ、ネタにならない?」
「おぉ!、もうこんなに大きくなったのか、もう食えるじゃん」
「そうじゃないよ!。今ネタがどうのこうのって言ってたジャン。オクラだってネタになるでしょう?」
「おぉ、そうだな、それじゃこれをネタにするか。ありがとよ、」

というようなわけで、オクラが一本だけ大きくなったので、収穫してきた。

ちょうど昨日買ってきて、まだ茹でてないオクラがあるので一緒に茹でて食べることにしよう。

・・・最近は花だけではなく、野菜の声も聞こえるようになったようだ。心の耳が発達してきたか・・・


   ・・・・◎・・・・

オクラ一個だけのブログでは寂しいので、我が庭に咲いた花をUPしよう。

ミニヒマワリ。草丈20cm。花直径10cm。この咲きかたは八重咲きでいいのかな??。
e0033229_1922968.jpg


こちらも草丈は20cmくらいだが花はもっと小さい一重咲き。
e0033229_19233877.jpg


それにカンパニュラの3番花 ピンク
一番花の半分くらいの大きさ
e0033229_1925432.jpg


   ・・・〇・・・

台風6号は静岡県を避けて南の海上を通ってくれたので、我が家に被害はありませんでした。
ご心配下さった皆様、有難うございました。
by yo-shi2005 | 2011-07-21 19:33 | その他いろいろ | Trackback | Comments(19)
2011年 07月 20日

ゴーヤゴーヤ初採り

e0033229_19456100.jpg


我が家のグリンカーテンのゴーヤが大きくなったので収穫した。
e0033229_1946385.jpg


そこで皆様に教えていただきたいのですが、同時に収穫したゴーヤが変な色しているんです。
この黄色のゴーヤですが、ぶら下がっていた蔓をたどってみると、普通の緑色のゴーヤの写真の付いた苗から出てきた瓜のようで、同じ色のゴーヤがまだぶら下がっています。
これはなんと言うゴーヤで、どうして食べたら美味しいでしょうか


   ・・・◎・・・

収穫したグリンのゴーヤは、早速「ゴーヤチャンプル」に調理して私のお腹に納まった。

そこで、素人が作るゴーヤチャンプルを紹介しよう。


まず、材料はゴーヤ、木綿豆腐、豚肉、卵、ゴーヤチャンプルの元、サラダオイル、おかか。
e0033229_19591738.jpg


・・・◎・・・   では作ります。

ゴーヤは縦に二つ割、種と白い綿を取って2~3mmに切り、軽く塩を振って揉み、10分ほど置く、豆腐は良く水を切って2~3cm角に切っておく、卵は割って溶いておく。
e0033229_2041349.jpg


まず豚肉をサラダオイルで炒めてお皿に取っておく。
e0033229_20163416.jpg


次に同じフライパンで豆腐を軽く色が付く程度に炒めて、炒めた肉と一緒にとっておく。
e0033229_20174544.jpg


塩でもんだゴーヤを水ですすいで塩を落として、良く水を切る。
お豆腐を炒めたあとに少しオイルを追加してゴーヤを炒める。
e0033229_2020257.jpg

塩でもんだことでゴーヤの苦味は大分消えているが、好みによって苦味のきらいな人は良く炒めればよい。

ゴーヤに火が通ったら、お皿に取っておいた肉と豆腐を入れてそっとかき混ぜながら炒めて、ゴーヤチャンプルの元を入れてかき混ぜる。

火が通ったら、溶き卵を入れて卵が半熟になれば出来上がり。
e0033229_20212635.jpg

お皿に盛り付けて、おかかをトッピングすれば完成です。
e0033229_20131917.jpg


収穫して1時間も経っていない新鮮ゴーヤのチャンプル。美味であった。

「ゴーヤチャンプルの元」を使えば味付けが簡単ですが、メーカーによって塩分が違います、濃い味の物を使うときは塩揉みした塩を良く落とさないとしょっぱいチャンプルが出来てしまいます。

(写真の商品はッ少ししょっぱい味付けだ)

私とゴーヤ
by yo-shi2005 | 2011-07-20 21:02 | | Trackback | Comments(21)
2011年 07月 19日

花と台風

e0033229_20135916.jpg


台風6号が接近中で、西日本では被害も出始めているようだ

静岡地方も昨夜あたりから、時折強い雨が降っている。

なにもこんな日でなくても・・・・。
e0033229_2016396.jpg


この子は我が家の槿の中で一番優しい顔をしていると思う。


   ・・・◎・・・

今朝起きて玄関前を見ると、今朝咲いたばかりのアメリカ芙蓉が雨に打たれてひどい状態になっていた。
台風の影響はどの程度になるかわからないが、これから雨、風ともに強くなると予想される。そこで・・・・・・。これは今日の看板の中の花。
e0033229_2020338.jpg

e0033229_2021429.jpg


アメリカ芙蓉の花は、前夜のうちから開き始める。
昨夜23時ころ見たときは、ちょうどご飯のお茶碗くらいに広がっていた(私のお茶碗くらいに大きい)それが今朝見ると、雨に打たれて開き終わらないうちに萎れたようになっていた。
明日の朝は4輪咲くことになっているので、これでは可哀想だと・・・・・・。


 ・・・◎・・・

この子は雨が降っても平気のようだ。

昨年ブロ友さんから種を戴いて、蒔いたが時期が遅かったので、花がやっと2輪ほど咲いただけだったが、残った種をこの春に蒔いたら、順調に成長して花が咲いた。

咲き始めた、藤まめ
e0033229_20321564.jpg

e0033229_20332417.jpg


〇 藤豆の 白き花びら 日が経てば
   
      増す紅色を 待てずブログに       よし

この花は雨風には強いと思うがそれでも台風の風雨ではどうなってしまうかわからないので、とりあえずUPした。

More
by yo-shi2005 | 2011-07-19 20:44 | 花日記 | Trackback | Comments(13)
2011年 07月 18日

カサブランカとアメリカ芙蓉

e0033229_2103917.jpg


e0033229_2112186.jpg


これまで百合はいろいろな種類を育ててきたが、昨年秋初めてカサブランカの球根を購入した。

順調に春先に目を出してぐんぐん伸びたのだが、何故か途中で元気がなくなった。
原因は定かではないが、以前、百合の球根をコガネムシの幼虫に食われたことがあったので、試しに地中の害虫退治の薬を根元にまいてみた
それが効いたかどうかはわからないが、蕾が次第に膨らんできて、ついに咲いた。

花自体は女王の風格だが、何故かうつむき加減で咲くのが気になる。

   ・・・◎・・・

もうかれこれ20年にもなるかと思うが、我が家のアメリカ芙蓉が咲きだした。
e0033229_2194677.jpg


三輪咲いたのだが、蕾のころに何があったか知らないがこの2輪の関係は険悪な状態のようだ。
どうせ一日しか咲いていないのだから、仲良くやればいいのに。


台風6号の進路予報円の中に我が静岡県はすっぽり入っている。
台風が来る前にこのアメリカ芙蓉の大きな鉢を家の中にしまわなくてはならない。

  ◎ 台風よ、もっと南によけてくれっ!!。
by yo-shi2005 | 2011-07-18 21:16 | 花日記 | Trackback | Comments(10)
2011年 07月 17日

興津川流域・阿津羅沢、寺沢

e0033229_19124973.jpg


連日の暑さを考慮して、看板の周囲の黒いボカシを取り払いました。


厳しい暑さが続きますが。皆様体調は如何でしょうか。暑中お見舞い申し上げます。


昔は夏の日差しにあたりすぎると「日射病」になると注意されましたが、昨今は日差しのない室内でも、また夜でも熱中症にかかるといわれます。
どうか皆様には、栄養と睡眠を充分に、そして、水分補給をお忘れなく、元気に夏を乗り越えられますことをお祈りいたします。


   ・・・・◎・・・・

さて、本題に入ります。


行く先は静岡市清水区の国道1号から中央自動車道に繋がる、国道52号線。清水区小島。

この滝は前夜の下調べで、この近くのハイキングで人気のある、「浜石岳=797m」の西側の麓あたりということはわかっていた。

国道沿いの小島公民館の先を右折ということになっていたが、その公民館が見当たらない。
そのあたりを探したら、「浜石岳登山道」の看板を見つけたので、それに沿って進んでみた。

するとあった、写真で見かけた吊橋だ。全長が30mくらい。橋床は金網だけで、下はすけすけ。
少し上り坂になっていたが、意外にゆれない。
e0033229_19411719.jpg


それを渡って、数十メートル、単なる踏み跡といったほうが良いくらいの急な登り坂の山道を登ると、くさむらの向こうにすらっと細い滝が見えた。

阿津羅沢不動の滝 (あずらざわふどうのたき)地図の中の紫の★

e0033229_1945471.jpg

全体の落差は十数メートルはあると思う。

これでも滝壷かといいたくなるような小さな滝壷だからぬれてもよければ滝の落ちるすぐ近くまでいける。
涼しさも味わえるし、飛沫もたっぷり浴びることが出来る。
e0033229_2156062.gif


ここで概略の地図で記事中の位置関係を表示します。


次は、少し戻って、県道に入った。今度の滝は、第二東名高速(仮称)の下にあるという。

県道を進むと、写真で見覚えのある石段が見えてきた。・・・ここだ!・・・

ここは第二東名高速の工事のための道路で、この日は工事は休みで広い舗装道路はゲートを閉められていた。
e0033229_20512465.jpg

e0033229_20494146.jpg
ゲートの手前に車を置いて、この石段を登って、広い工事用の道路に出て坂道を歩いていくと、左手にあった沢がこの道路の下をくぐって右の山のほうに繋がっている、
「多分これだ!!」と「滝好きの感」沢に沿ってくさむらの中を登っていくと、高い高い橋梁に下に、滝が流れ落ちていた。感はあたっていた。






下田・寺沢不動の滝 地図中の赤い★
e0033229_2102638.jpg


滝の上のほうに黄色く見えるのは滝に覆いかぶさる、第二東名高速道路の橋梁の裏側。
だからこの滝は橋の真下に有るわけだ。・・そうではない、滝の真上に橋がかけられたわけだ。

この滝も落差15メートルくらいはありそうだ。
ここは涼しくていい。・・・上にヤネ(橋梁)があるから。

どの滝も独り占めだ。
だから、嬉しくなるとこのポーズ。
e0033229_21195450.jpg


喜んでいるうちに、時計を見たら13時近くなっていた。




そしてハプニングが・・・。

免許証が無い
by yo-shi2005 | 2011-07-17 21:43 | | Trackback | Comments(16)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧