<   2012年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2012年 04月 30日

滝紀行 都留市 太郎・次郎滝

本日もご訪問くださいまして有難うございます。滝に行ってきました ・・・・yo-shi2005
e0033229_20333615.jpg


滝はGWが終わってからのほうが・・・なんて声も戴いたが、もう我慢しきれずに行ってきました。
よかった~~~。です。

滝に行くと決めた日は不思議なことに朝も早く目が覚める
5時には目が覚めた、しばらくして起きて昨日の残りのご飯を温めて、食べて残りをおにぎりにして出かけたのが6時半。

行き先は、我が家から見て、ちょうど富士山の向こう側になる河口湖の向こうのほうだ。

予定としては、
 ① 山梨県都留市の太郎滝と次郎滝。
 ② 静岡県富士吉田市の白糸の滝と下見の滝。
 ③ 静岡県富士河口湖町の母の白滝。
   ここは昨年2月に氷瀑の状態で見たが、水の落ちる滝が見たくて。

 ほかに時間が許せば「あなん淵」と「田原の滝」も予備として下調べもしていったが・・・。

   ・・・◎・・・

太郎滝と次郎滝とその周辺の滝

都留市南部を流れる小さな川「柄杓流川」に落ちる滝だが。

道路沿いに上夏狩地区の公会堂と、消防自動車の車庫と火の見櫓が併設された建物がある。
そこの駐車場に車を置かせてもらったが、ここは先述のように消防車の車庫の前だから、邪魔にならないように置かなければならない。

公会堂の前の道路の向こう側に幅1mあまりの狭いが舗装した道路がある。

そこに入ると間もなく急な坂道になる。その向こうはもう柄杓流川だ。

少し進むと・・・うわ~!うわ~!・・このあたりは滝だらけだ。

まず最初の滝。

これは伏流瀑といい、最上段は地中から湧き出した水が滝になっていて、その下は段瀑だ。
そして各段には緑の草が茂って、白い花が咲いている。

なんとも風情のあるいい滝だ。しかしこの滝の名前はわからない。
その落差は各段全体で20m近いとおもうが・・。
e0033229_21431142.jpg


その向こうにも、あちこちに地中から噴出した水が、滝となって落ちている。
こんな滝が大小無数にある
e0033229_21103173.jpg


そしてその向こうにメインの太郎滝と次郎滝が真っ黒な断崖から流れ落ちている。
e0033229_21185869.jpg

左の細い直瀑が太郎滝、右の幅の広い段瀑が次郎滝。
それぞれ落差は15mくらいはありそうだ。

平成の名水100選に選ばれた水だとか。

この滝のすぐ上の台地には住宅が建っているのがなんとも不思議だ。

オマケに、ちょっと加工して雰囲気を・・・
e0033229_21433129.gif



そして残りの滝、水量は少ないが150mの滝などは明日にします。

こぼればなし
by yo-shi2005 | 2012-04-30 21:42 | | Trackback | Comments(7)
2012年 04月 29日

歌散歩 花と戯る

本日もご訪問くださいまして有難うございます。 ・・・・yo-shi2005
e0033229_21542028.jpg


夏を思わせるような暑い日、屋外に出て、ヘタな歌など詠みながら、例によって花たちと語らいました。

e0033229_21563789.jpg


元はといえば、尾張は瀬戸のババピーさんから、挿し穂を送っていただいたものです。
こんなに綺麗に咲いたことを実家の母に見せたいだろうな、なんて思いながら・・・。


   ・・・◎・・・


e0033229_220556.jpg


今年の冬の寒さが原因か、それとも私がマメに消毒をしたのがよかったかわからないが、例年はつぼみのうちに虫に食われてしまって殆ど花が咲かなかった石楠花が今年は咲きそうだ。


   ・・・◎・・・


e0033229_2234933.jpg

東京在住の弟が、我が家に持って来て6年になる「アンネの薔薇」だ。今年も蕾を膨らませている。
花に逢えるのはあと幾日かな?待つ日は長いものである。


明日あたり、滝に行きたいなぁ・・・・なんて思いながら、
          花のブログを書くyo-shi2005であった。




  滝が呼ぶ そんな気がする 暑い日も
       庭を片付け 花と戯る       滝花好男







 

ついでに
by yo-shi2005 | 2012-04-29 22:14 | 歌散歩 | Trackback | Comments(4)
2012年 04月 28日

頂き物の花たち

本日もご訪問くださいまして有難うございます。花たちもUPしてあげないと、この子らも家族ですので・PART 3 ・・・・yo-shi2005
e0033229_22161412.png


朝方、二階で洗濯物を干していると、玄関チャイムが「ピンポ~ン」。

急いで降りて玄関を開けると

「宅急便で~す」。

見ると、東京在住のブロ友(K)さんからだった。

早速あけてみた。

中にはポット苗や花の種、種が蒔いてあるというポットまでいろいろ入っていた。

とりあえず出して並べてみた。

e0033229_21173691.jpg

こんなに入っていた。

何で?急に?こんなに?・・・とよく考えてみたら。
先日、「オダマキ」を育てたことがないとコメントしたので、オダマキの苗を送って下さった。ついでにいろいろ入れてくださったのだと思う。

これがその「おだまき」の苗。白花だ。
e0033229_2125583.jpg


そしてマーガレット この花も我が家にはない
e0033229_2127424.jpg

珍しい花ですが、この花の名前がわかりません。どなたかご存知の方、コメントください。
これは花が傷んでいるわけではないのです、こんな花なのです
e0033229_21333555.jpg


ペットボトルに入った、ダリアの挿し芽用の穂。ポットに蒔いたオジギソウ。それに、花の種。

苗は早速植え替えた
e0033229_21351087.jpg


   ・・・◎・・・

それともうひとつこういうものが入っていた。
e0033229_21383258.jpg

最近チマタで噂の高い「塩麹」は私も使い始めたが、これは普通の麹のようだ。

これも早速試してみようと思う。

母とも姉とも思えるような心使いに感謝、感謝である。

  ・・・母とか姉にたとえては申し訳ないな、なぜってKさんは私よりは「歳の離れた妹」というよりもっと多い歳の差の方だから。
Kさん、有難うございました。







  

花盛り
by yo-shi2005 | 2012-04-28 22:18 | Trackback | Comments(10)
2012年 04月 27日

はなごよみ 3題

本日もご訪問くださいまして有難うございます。花たちもUPしてあげないと、この子らも家族ですので・PART 2 ・・・・yo-shi2005
e0033229_21155050.jpg


嬉しかった話

このところの雨で、庭の花たちも大分傷んできた。

そこで夕方、仕事を終わってから、少し手入れをして上げた。

玄関アプローチの右側に、ビオラの大きな鉢が5個も並んでいる。
花柄摘みもこのところの雨で儘にならない日が続いたので、まずそこから手をつけた。

鉢を引っ張り出した。
するとその鉢の陰にひっそりと・・・白い花を付けた勿忘草だ!!。

可愛い白い花はにっこりと、こっちを見ているような気がした。

それを見た私は、嬉しさのあまり・・・
「おぉ、今年はお前には逢えないと思っていたんだ、こんなところによく芽をだしたなぁ」
と小さな声で話しかけていた。(表庭だから大きな声で花と話すわけにはいかない)

そして、次に、ハナガラを摘もうとして40cmもあるノースポールの鉢を動かすと、今度はその鉢のすみっこのほうに、ピンクの勿忘草が遠慮するように、ひっそりと咲いていた。

これには驚いた
「おぉ、お前もか。よく芽を出したなぁ」と私はつぶやいた。
e0033229_2132714.jpg


勿忘草は、普通は秋10月頃に種を蒔くのだが、昨年秋は採取した種はあったのだが、蒔くのを忘れて、12月に気が付いたが、もう遅いと思って諦めたのだった。

でも今日見つけた、この2色の勿忘草はおそらく去年落ちた種が今年になってから芽を出したものだと思う・・・・ということは12月に蒔いても間に合ったはずだ。


自己主張で助かった話

先日このブログに、「寒いので手を洗うのが億劫でサフィニァを助けた」という話を書いたが、これは、寒い頃に自己アピールして助かったサフィニァの話。

表庭で、寒さの為に葉はみんな枯れてしまって、何が植えてあったかわからないようになってしまった、カップ型の鉢があった。

裏庭に持ってきて、鉢の土を出そうと、よく見ると、枯れた茎の根元に近いところに米粒くらいの緑色の芽を見つけた。

「こいつはまだ生きてるなぁ」と思ってそのまま置いてみた。

そのときは、土いじりをしていて、園芸用のビニール手袋をしいるときだった。
その米粒ほどの緑色の芽がなかったら、古い土とともに鉢からぶちまけられてしまうところだったが・・・。

「私、まだいきてるよ~」と自分の生存を主張したのだろう、その為に助かったサフィニァだった。その後、その小さな芽は、寒さが緩むにつれてだんだん大きくなって、今では・・・
e0033229_21495237.jpg



もうひとつ、ちょっと古い話

去る24日に、滝に行った帰りに、蕗を摘んできたことは当日の記事にちょっと書いたが、そのときの写真と歌があります。

早春に春の香りとして食卓に登る食材に、「ふきのとう」があるが、そのふきのとうを、そのまま大きくしたら最後はどうなるかという話。

こんなふうになります。
e0033229_21572637.jpg


山の中の小さな沢の沢床といい、その岸といいあちこちにこんなのが見られる。

これが本来のフキノトウの仕事で、タンポポのような綿毛の種が沢山付いていて、風に飛んで入って、種を撒き散らしているわけだ。
by yo-shi2005 | 2012-04-27 22:18 | 花日記 | Trackback | Comments(9)
2012年 04月 25日

はなごよみ 庭の花たち

本日もご訪問くださいまして有難うございます。花たちもUPしてあげないと、この子らも家族ですので・・・。・・・・yo-shi2005
e0033229_21451927.jpg


今の季節は我が庭にも沢山の花たちがにこやかに咲いています。

でも時々「このやろう!」と思うようなことも有ります。

今まで何年も植え替えていなかったが、去年はこんなに綺麗に花を付けた「鳴子蘭」・・・・
これは去年の画像です
e0033229_21541269.jpg


そして、今年の春、
去年はよく咲いたから、植え替えてやろう」と丁寧に植え替えた・・・
すると今年は
e0033229_21591774.jpg

「何が気にいらねぇんだ!?」と思いながらも・・・
こんなこともあるさ、来年に期待しよう・・・・・とおおらかな気持ちの
yo-shi2005であった。

   ・・・◎・・・

この子は手のかからないいい子だ。

我が家の「ギンギアナム」
e0033229_2234371.jpg

何年も植え替えないし、水遣りも他の鉢にかけた水がかかったくらいでも大丈夫だ。
こんな可愛い顔をしている。
e0033229_2243340.jpg


   ・・・◎・・・

この子はどうして・・・・と時々思う。
ゴデチャ(和名=イロマツヨイ)
e0033229_22103636.jpg

蕾は枝先に付くのですが花は葉っぱの下のほうに咲くんです。
こんな可愛い花なんだから枝先に咲いたら綺麗だろうと思うのだけど・・・。
e0033229_22124587.jpg

少しピンが甘かったですね。
e0033229_22133487.jpg


このニ色は、苗を買ったものだが、私が種を蒔いた別の色は裏庭で蕾を出している。

こんな花たちと、仲良く暮らす毎日だ。

本当に仲良くかどうかは、ご想像にお任せするとして、今宵はこれくらいに・・・・。
by yo-shi2005 | 2012-04-25 22:33 | 花日記 | Trackback | Comments(14)
2012年 04月 24日

滝紀行 再訪 不動男女の滝

本日もご訪問くださいまして有難うございます、春の陽気に誘われて滝に行ってまいりました・・・・yo-shi2005
e0033229_2142239.jpg


この滝は私が滝に取り付かれて半年あまりした頃に一度訪問した滝です。

しかしその頃は、メインの滝に下りる遊歩道が崩壊して通行止めになっていて、一部分だけ見て帰ってきました。

先日ブロ友で滝友のお茶さんが、「下までいけるよ」と教えてくださったので出かけました。

前回行ったときは・・・
e0033229_21104056.jpg

こんなことでメインの部分は見ないで帰ってきました。

その後崩壊した遊歩道は廃道となり。新しい遊歩道ができていました。

案内には滝まで100mと書いてありましたが実際には数十メートル下ると、そこにごうごうと落ちていました。落差12mくらいの素敵な直瀑だ。水量も充分だ。

滝壷まで降りるのが待ちきれず、坂道の途中からコンデジで一枚!。
e0033229_21295141.jpg


滝に着いたときは、滝全体と滝壷も日が当たって、きらきら輝いていた。
「これじゃぁしょうがねぇ」といいながら、リュックサックの中を探したが、フィルターがない。
考えてみると「そうだリビングのテーブルの上に出したままだ!!」。
これじゃもっとしょうがねぇ。

まだ正午前だった。 

ゆっくりと滝のしぶきを浴びながら滝を観賞して、時の経つのを待った。

やがて太陽は滝の後ろ側にまわり、滝の輝きは消え、滝壷も日陰になってきた。   おお、天の恵み!!。

不動男女の滝下部
e0033229_21181878.jpg


滝壷の両岸の大きな杉の木を渡すように注連縄(しめなわ)が張ってありその上に何のためかわからないがロープが渡してある。

写真を撮るのにこれを入れないように滝全体を撮ろうとして、あちこち動いてみたが、どうしても少し入ってしまった。

このロープも注連縄も滝の付属品とでも見るしかないか。

水量の多い滝が岩肌に少し当たっているので、しぶきが多い。パーカーもズボンも湿ってしまう。
カメラにしぶきがあたらないようにタオルをかけて。写すときだけタオルをはずす・・・手がかかるがこれも楽しみの内か。

満足な滝だった。

  ・・・◎・・・

滝とおいらと影法師

先日歌の中で影法師と滝の前で一緒に写真を撮ろうと約束していたが、その約束を果たしてきた。

その歌は、こんな歌だった。

2  こんな男を 見捨てずに
      エエ ついてくる
   可愛いやつだよ 影法師
   いつかお前と 二人して
   大きな滝の その前で
   写真を撮ろうな ポーズして

太陽が真上に来ていたので、可哀想に影法師は小さくなってしまったが、それでも約束は果たした。

 
e0033229_2201212.jpg


そして、階段を登って道路に出て、滝の上部を観に、少し上流に歩くとガードレール越しに上部が見える。
だがこの滝は複雑な落ち方をしている上に、滝の正面には足場がなくていけない。

ガードレールから身を乗り出して、撮ったが、満足のいく写真ではなかった。
e0033229_22105943.jpg

実はこの写真は繋ぎ合わせてあります。

2年半前に撮った同じところの写真
e0033229_2216178.jpg

二年半経っても、進歩のないカメラの腕・・・・(泣)。




帰りに蕗を沢山採ってきた。
e0033229_22195628.jpg


もう調理していただきました。
by yo-shi2005 | 2012-04-24 22:21 | Trackback | Comments(17)
2012年 04月 21日

命拾いのサフィニア

本日もご訪問くださいまして、今日は短いです・・・・yo-shi2005
e0033229_2313471.jpg


今年のあの寒い頃のことだった。

裏庭の隅に小さな鉢に葉っぱが数枚ついたなんだか記憶にないような植物があった。

引き抜いてしまおうかと思ったが、寒くて手を汚すと洗わなくてはならないので、ついそのまま置いた。
そのとき「どこかで見たような葉っぱだな」とも思った。

そしていくらか寒さが和らぐと、その葉っぱは脇芽を出して伸びてきた。
どうも見たことのある葉っぱだ。

桜の開花宣言を聞いて気象台に行ったあの頃には、その植物は枝も葉っぱも増えていた。

「どうせ残してやるなら、なにが咲くかわからないけど、この鉢じゃ小さすぎる」と思って、近くにあった蘭用の深い鉢に植え替えてやった。

そのえたいのわからなかった植物にこんな花が咲いた。

サフィニアだった。
e0033229_23235323.jpg


あの日、寒かったので、私が手を汚したくなかったお陰で、今こんなに咲いている。

だが、この花の苗を買った記憶も、記録もない。

       ・・・・きっとどこかで衝動買いをしたのだろう・・・・ 
            ・・・それも去年のことだからもう忘れた・・・・。
by yo-shi2005 | 2012-04-21 23:35 | 花日記 | Trackback | Comments(15)
2012年 04月 20日

御衣黄

本日もご訪問くださいまして、有難うございます。また花見です・・・yo-shi2005
e0033229_21402522.jpg


今朝新聞にこんな記事が載った。
e0033229_20392349.jpg

クリックすると全画面になって新聞記事も読めます。 

増善寺は静岡市のはずれの山あいにある古い歴史を持つ古刹だが、本堂は新しい。
徳川家康公が若い頃に今川家に人質に取られていた頃、鷹狩に出てこの寺の和尚と出会い、和尚の計らいで、岡崎の両親の墓参りをしたという、話が残る寺である。

この新聞を見て
「ここなら、今日行く予定のところから3kmほど先だから足を延ばしてみよう」と決めた。

   ・・・   ・・・   ・・・

広い境内には御衣黄(ぎょいこう)と鬱金桜が沢山植えられていた。

御衣黄
e0033229_213479.jpg


花なんか咲いていないように見えますが、花もこんな色なんです。
e0033229_214491.jpg


御衣黄は花が散る頃になると赤みがかってくるようです。

そして鬱金桜も沢山ある。
e0033229_2161750.jpg


   ・・・   ・・・   ・・・

竹やぶにはシャガが満開
e0033229_2191311.jpg



そして月桂樹も花を咲かせていた
e0033229_21104953.jpg

e0033229_21112890.jpg


私は月桂樹の花は、始めてみたが、どこか金木犀に似ていた。



御衣黄は桜の栽培品種で、開花はソメイヨシノより少し遅い。
花弁は肉厚で、花の色は葉緑体によって、淡い緑色をしているが、花の終りころにはその葉緑体が減少して少し赤みを帯びてくる。
by yo-shi2005 | 2012-04-20 21:22 | 花日記 | Trackback | Comments(8)
2012年 04月 19日

苗を買った・・と・・影法師

本日もご訪問くださいまして、有難うございます。独り言のようなネタです・・・・yo-shi2005
e0033229_20342989.jpg


珍しいことではないですが・・・

今日苗を買った
この花が欲しいわけではなかった。
名札の看板娘があんまり可愛いので、つい買ってしまった。
苗がやきもち焼くかな?。

だって・・・。
e0033229_2038428.jpg

わかるでしょ?。
これまでこんな可愛い名札の花苗見たことなかった。

花はなんだっけ?・・・・ペチュニアみたいな黄色の花だ。

誰かが・・⇒よしさんてそういう趣味があったのなんて言ってるみたい。

   ◎

今日苗を買った
この花はまだ育てたことのない花だった。
切花は仏壇に飾るために時々買っていた。
妻が好きだった花なのだ。
苗はこれまであまり見かけなかった。
そうです、トルコききょうです。
e0033229_20471642.jpg

「俺が育てたんだぞ」なんていいながら、仏壇に飾ってあげたら喜ぶだろう、なんて思いながら。
だけど、咲いたら切れるかなぁ?。植木鉢のまま仏壇に持っていくわけにいかないし。

今から、悩むなぁ。

滝とおいらと影法師
by yo-shi2005 | 2012-04-19 21:00 | 花日記 | Trackback | Comments(10)
2012年 04月 18日

準備中で~す

本日もご訪問くださいまして、有難うございます。短いネタです・・・・・yo-shi2005
e0033229_21521539.jpg


思い返せば、一昨年の夏の始め頃に、東京在住のブロ友さんが、他の花の種と一緒に、この種も送ってくださった。

そのとき、「ちょっと遅いかもしれないけどまだ間に合うかもしれないよ」ということだったので、半分ほど蒔いてみたが間に合わなかった。

そして、去年春にその残りを蒔いたら、見事に花が咲いた。

ふじまめの花 (この画像は去年のものです)
e0033229_2157598.jpg


その種を採っておいて今年も蒔いた。
そして今日、その鉢を見ると、だいずもやしのような芽が二つ出ていた。

ふじまめの発芽
e0033229_22134823.jpg


だけど蒔いた種は10粒くらいあったが、あとはどうなっているのかなと、その二本のあいだあたりをそっと掘ってみた・・・・・すると・・

そこには豆が二つに割れ始めた状態の種が・・・

「すみませ~ん!、まだ準備中なんですけど!!」
と聞こえたような気がした。

ちょうど、開店前のお蕎麦屋さんに、準備中の看板に気がつかずに飛び込んだような、きまづい気分だった。

「ごめんよ」とつぶやいてそっと土をかけておいた。

・・・花を楽しみに,待つことにしよう・・・・。
by yo-shi2005 | 2012-04-18 22:14 | ひとりごと | Trackback | Comments(9)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧