<   2013年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2013年 11月 29日

市街地に富士山

e0033229_2132230.jpg


静岡市繁華街に富士山が出現した。

クリスマスまで一か月を切って、静岡市の青葉通りも恒例の電飾が行われている。

今年は富士山の世界自然遺産登録にちなんで富士山の電飾だ。

先日山でうまく乗れずに苦労した自転車の運転の練習を兼ねて、見物に行ってきた。

まずはメィンの富士山の電飾。
e0033229_2122287.jpg


もう少し近づいて
e0033229_21283159.jpg


富士山の下の壺 水汲み中
e0033229_21321255.jpg


水がいっぱいになると
e0033229_21374765.jpg


水面に移る幻想的な光
e0033229_21334395.jpg


寒いのですぐに帰ってきた。
自転車はうまく乗れるようになった。



by yo-shi2005 | 2013-11-29 21:41 | 富士山 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 28日

花と富士山の今日

e0033229_1461489.jpg


静岡も寒くなってきました。ブログ更新は休みましたが風はまだ引いていません。
先日かかりつけの医院で、インフルエンザの予防注射もしていただいてきました。
ご飯も三度、三度おいしくいただいております。

去る23日に滝好き男4人で滝を求めて山に入り、かなり脚につらい思いをさせてきました。
そして日曜、月曜日はかなり脚が痛かったです、でも火曜日にはほとんど痛みもひいて正常に近い状態になりました。
そんな火曜日に、山に同行したお茶さんから電話をいただき
「よしさん、足はどうですか、歩けますか」と心配していただきました。
「うん、正直昨日までは痛かったけど、今日はあるくのにも普通に歩けるよ」
「へぇー、それじゃぁよしさんの脚は僕の脚より若いですね。僕はまだいたくてたまりません」
と褒めの言葉をいただいた。

それに気をよくしてより一層元気になった単純な私であります。
ちなみにお茶さんは私の倅よりも若い男性です。

ところで、今日午前、市道静岡大橋の上でサイドミラーに映った富士山が頭が重たそうにしていたので帰りがけに写真を撮ってきました。

28日 10時53分の富士山 この雲は笠雲と言い山肌ぶつかった湿った空気が山頂付近で冷やされてできるのだそうだ。上からほかの雲が押さえつけている形になっている。
e0033229_14254697.jpg


昨日撮った画像もあります。 27日11時37分の富士山。この雲は離れ傘と言い山肌にぶつかって上昇した気流が、山頂よりもだいぶ上まで行って冷やされてできた雲で珍しい現象だそうです。 
e0033229_14285194.jpg



   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の皇帝ダリアは、幹が大きくなりすぎるのを嫌って肥料を控えめにしたら、花が少なく、咲いた花も心なしか弱弱しいです。

e0033229_1436204.jpg


皇帝ダリア次郎は、もっと肥料を控えめにしたところ、蕾が出ませんでした、そこで・・・・
「花の咲かねぇ花は俺にゃぁ用はねぇ!」と言い聞かせて切り倒してしまいました。
残忍な私です。

今楽しみは、白花の皇帝ダリアです。
まだ花を見たことがありませんが、だいぶ蕾が大きくなってきました。
e0033229_14394499.jpg


そこで教訓、「皇帝ダリアは肥料をケチるな、大きくしないためには、何回か芽を摘むべし」

下に眼をやれば、ネリネが見頃です。
しばらく前に開花した少し濃いピンクのネリネ
e0033229_14401721.jpg


そして、最近開花した薄いピンクのネリネ
e0033229_14411396.jpg


メーンのこのブログは休みがちですが、群馬ブログは隔日くらいに更新していてこれは面白いと思いますよ。
よろしかったらここをどうぞ。
私のお里が知れるようなブログです。



by yo-shi2005 | 2013-11-28 00:01 | 富士山 | Trackback | Comments(6)
2013年 11月 24日

枯木戸の滝

e0033229_22143819.jpg


この滝の為というわけではないが、この滝をきっかけに自転車まで購入した滝に行ってきた。

まずは失敗談。

自転車を買って、平坦な町の道路で練習をしていけばよかったのに、買ってきて家の近くの道路で200mほど乗ってみて、「怖い乗り物だけど、乗ってるうちに慣れるだろう、くらいの軽い気持ちで車に積んで行った。e0033229_22195623.jpg

ところが、一般車両通行止めのゲートの脇を抜けて工事用道路に入ってみると、ふーらふーら全く落ち着かない。
今回は4人で行ったが、ほかの三人も同じように折り畳みの自転車に乗っていたが、もう慣れていてすいすいと進んでいく。ところが私はというと、ガードレールにぶつかり、道のでこぼこに車輪を取られたり、おまけに、こういう車はサドルが細くてかたい、尻は痛くなるし、ようやく数キロ走って?、登山口まで行きついた。
そして帰りは、山路で足腰が疲れているために、往路以上にふらふらする。仕方なく、道路ののぼりの部分は自転車を押して歩いてきた。ほかの三人もその速度に付き合ってくれた。

これは衝動買ではないとしても、いうなれば「勉強不足買」とでもいうか、これなら自動車の後ろの座席を倒して、普通の自転車を載せていった方がよかったと反省することしきりだった。滝友三人にも迷惑をかけた。


そして本題の滝は
滝のある場所が我が家から道のりで、最短85kmほどのところ静岡市葵区田代にある大井川の支流と言ってもこの部分は大井川は畑薙(はたなぎ)第一ダムによって作られた、畑薙湖に流れ込む枯木戸沢にある。
その名も「枯木戸滝」。

今回は脚を引っ張るお供という形で行ってきたので道順その他はあんまり書かないが、滝の近くに行くにはかなり危険なところも通るという情報なので、遠望で我慢してきた。

枯木戸滝 その落差は4段60mと言われるが、木々の葉にさえぎられて全貌を見ることはできない。
でも見える部分はいつまでも見ていたいような滝だ。
e0033229_22561563.jpg


そして紅葉も真っ盛りだ
e0033229_23282090.jpg


e0033229_23363577.jpg




by yo-shi2005 | 2013-11-24 23:37 | | Trackback | Comments(1)
2013年 11月 22日

衝動買い? 折りたたみ自転車

e0033229_18112470.jpg


私はとかく衝動買いが多い。これも衝動買いということになるか?。


昨夜、滝友のお茶さんから電話があった。

「よしさん、200段の階段を直登出来る?」という。
「危ない階段でなければ、時間を掛ければできると思うよ」
と答えて、何の話か聞いてみた。

およそこんな話だった。
静岡市の市街地から北に直線で50km山道をくねくね行くと70~80km位のところの大きな滝に行かないかという。
ここは一般車両がいけるところから山道に入るまでに平坦な道を1時間ほど歩かなくてはならない、そこを自転車で行けばかなり時間の短縮ができるのだが・・・・。

彼は最近折り畳み式の自転車を買って、通勤にも使っているとか・・・。

一方私はと言えば20年ほど前に買った、亡妻の置き土産のママチャリがあったが、最近処分してしまって、今は何もない。

この滝は、一人で行くにはちょっと心細いので、滝の存在は知っていたが半ばあきらめていた。
ここで自転車がなければこの滝には、、行く機会はなくなってしまうだろう。

もう衝動も何もない・・・・・・・・・・そこで…買っちゃった。

ホームセンターで最初に見たのは、金額が4ケタで子供用の自転車のサドルとハンドルを高くしたようなスタイルだった。
どうせ買うなら、もう少しいいものをなんて考えで

e0033229_1746873.jpg


家に持ってきて乗ってみた。

なんと怖い!。
オフロードタイプにできているので、前輪フォークのそりがなく、トレイルが少ない、だからハンドルの復元力が少ない、だから怖いのだけど、この方が片手運転がやりにくいのでかえって安全かもしれない。

でもこれって、衝動買いって言うことになるのでしょうか。

それよりも明日が楽しみだ。


説明 トレイルとは自転車が倒れそうになった時にその方向にハンドルを動かすと復元するように設計したもので前輪の車軸から垂直に引いた位置と実際にタイヤが接地しているところとの間隔を言います。

自動車の場合でも、昔は免許証を取得するのに覚えさせられた「ホイールアラインメント」とか言って、トウイン、キャンバー、キャスター、キングピン角度、なんてのを覚えさせられた記憶があるが、がその役目をしている、それで自動車はハンドルから手を放してもふらふらしないでまっすぐ走るようになっているし、ハンドルを切っても手をはなすと直進に復元するようになっている。
(ただしこれは一般道路では試してみないように)。 

車の免許を取る時の勉強を思い出しちゃった。



by yo-shi2005 | 2013-11-22 18:16 | 随想 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 19日

今日の富士山

e0033229_17331382.jpg


気温が下がって、空気が乾燥してきた。温かい土地と言われる静岡も今年は寒い。

こんな陽気になると富士山が綺麗に見えるのでうれしくなる。

ところが朝9時ころはこんな状態だった。9時7分
e0033229_1738568.jpg


「これじゃぁしょうがねぇ」とあきらめていた。

ところが、一時間あまりして、用事で出かけた通り道の田町安倍川公園から見るとあの白雲がだいぶ小さくなっていた。10時24分
e0033229_17424457.jpg


「あの雲が流れれば綺麗に見えるのになぁ」

それから二か所ほど用事を済ませて、いつもの安倍川堤防道路に行ってみると。
わぁおぉー!!。
思わず声を上げた。さえぎる雲が何もない 11時6分
e0033229_17481866.jpg



その後は雲に邪魔されることなく綺麗な姿を見せていたのだと思う。(私はずーっと見ていたわけではない)

そして、夕方再び出たついでに、堤防道路へ行ってみると、白い雪がだいぶ赤みがさしていた。16時18分
e0033229_17571585.jpg


しばらく見とれていた。
高い富士山ももうじき日が暮れる。
日暮れ前の赤富士 16時30分
e0033229_1802455.jpg


私はまるで富士山のおっかけをやってるみたいな一日だった。



by yo-shi2005 | 2013-11-19 18:24 | 富士山 | Trackback | Comments(4)
2013年 11月 17日

御前の滝と黒川の滝

e0033229_2191636.jpg


静岡市清水区西里に「清水森林公園・やすらぎの森」として整備された施設があり、その昔妻と何度か行ったことがあったが、滝に興味を持ってからも何度かこの地を訪れて、様々な滝を楽しんで来た。

その時この安らぎの森の案内看板の隅の方に「御前の滝」という滝のイラストが載っていた。

そのころは、それがどのあたりにあるものかさえもわからなかった。
そして2010年6月にこの地に行ったときは、ほかの滝を見てそのあと、この奥にあるのではと思い込んで車を走らせたが、結局行きつけないまま雨で引き返してきた。

その後、滝友のお茶さんと知り合いになり、この滝の話が出て、その滝の場所を教えてもらった、お茶さんの話では「山の奥の集落の民家の庭先みたいなところを通っていくので、説明のしようがない」とのことで、詳しい道順は聞けないままになっていた。

そこで今日は「民家があるならそこで聞けばいい」と決めて出かけた。

そしてその集落に入った。

「このあたりじゃないかな?」と思うあたりで、私を待っているものがあった。
それはこの看板だった。道路の左側の入り口に立っていた。
e0033229_21252294.jpg

最近設置されたものらしい。

近くの空き地に車を入れて支度をして、矢印の方向に進むと坂道の上の方から軽トラが降りてきた。
運転していたおじさんに声をかけた。
「滝はこの道でいいんですね」
するとおじさんは車から降りてきて説明してくれた。
「ここを上がっていくと、左手に看板がありますから、そこから山に入ります、あとはところどころに看板がありますからそれに従っていけばいけますよ」と、親切に教えてくれた。

想像ではもっと谷の深いところに下りるものと思っていたが、なんとずーっと登りだ。
道は踏み跡よりはわかりよいかと思う程度の登り坂を、看板を見ながら400m位歩いたか、向こうに滝の上の方が見えてきた。

ついに滝前に到着。
3年も思い続けてやっと会えた滝。まず左岸側(向かって右)から一枚。

御前の滝 落差およそ15m 静岡市清水区西里字貝伏(かいふし)
e0033229_21355265.jpg


右岸側から
e0033229_21365336.jpg


そして滝つぼあたり
e0033229_21444662.jpg


もっと大雨の後に行けばいいかもしれない。水量が少ないのが残念だった。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうひとつ、この前、黒川本流の滝と知らず、撮った写真を、黒川本流の滝と、このブログにUPしたが、それが正しかったか確認したくて、車を走らせた。

安らぎの森の中心部を通り抜け山道を進む。
右下からいい音(滝の音)が聞こえてくる。この前もこの音に引き寄せられて車を止めて、川を覗き込んだところで、やはり同じように、覗き込んだ。

切り立った谷の中を勢いよく水が流れ落ちている。
そして、少し上流に歩くと橋があった。この橋が目印だった。
e0033229_21572635.jpg

炭焼5号橋の銘鈑がついている。

これが、黒川本流の滝
e0033229_22057.jpg


谷は深く滝はその谷底に落ちている。両岸は切り立って岩で、ロープを使えば少しは降りられそうだが下まで降りても体の置き場はない。
ロープは持っているが、そんな危険を冒す気もない。木々の隙間から写真を撮って、古いブログ記事の確認はできた。


少し上流に向かって車を走らせてみた。この道も何度か通ったことのある道だ。
向こう岸(右岸)から流れ込むかわいらしい滝が見られた。

仮称黒川夫婦滝  落差は大きい方は5~6mはありそうだ。
e0033229_2262579.jpg


川岸の木が白っぽく見えたので近寄ってみると、なんと梅の花が咲き始めていた。
e0033229_2294671.jpg


この近くに行くと必ず立ち寄る蕎麦屋で美味しいそばを食べて帰ってきた。



by yo-shi2005 | 2013-11-17 22:22 | | Trackback | Comments(2)
2013年 11月 15日

どなたかこの子の名前を教えて

e0033229_21493717.jpg


お願いがあります。

園芸店やホームセンターで花苗を買うと、ポットに綺麗なタグがついていて、裏には育て方なども書いてあるのが多いですが、農家の人たちが作った苗を農協経営の直売所などで買うと、それがついていないことが多いですね。

よく見かける花の苗なら解るのですが、初めて見るような花の場合名前も変わった名前だと覚えきれないのです。

これがその一つで、買った時には覚えていたのですが、家に着いたときにはもうその名前は忘却の彼方に行ってしまっていました。

どうやらそれは今年の6月頃のことだったようです。
私のパソコンにある写真の中を探したら、苗を買ってきてすぐに植え替えたらしい写真が6月18日のフォルダーに入っていました。それがこれです。
e0033229_2158666.jpg


そして夏の間も、思い出したように花をつけてきたかわいいやつでなのす。
e0033229_22079.jpg


あれからもう半年近くになりますが、まだ時々花を咲かせるのです。
これが今咲いている姿です。でもずーっと「名無しのごんべぇ」なのです。
e0033229_2243892.jpg


どなたかこの花の名前をご存じありませんか。ご存知でしたら教えてください

葉っぱは縦1cm横幅が5ミリくらいで小さいです。
茎は地面を這うような形で伸びますが、あまり長くはなりません。
花は薄い紫色で花を広げた直径が3cm弱くらいです。
今の様子では冬越しもできそうなくらい株は元気です。

宜しくお願いします。



by yo-shi2005 | 2013-11-15 22:17 | 花日記 | Trackback | Comments(1)
2013年 11月 14日

今日の富士山

e0033229_20192497.jpg


今日は綺麗な青空だった静岡地方も明日は雨の予報が出ています。
こんな日は富士山は一足早く雲に隠れてしまう日が多いのですが、今日もやはり午前中ほんの一時間ほど、姿を見せてくれただけであとは雲隠れしてしまいました。

そのわずかな時間に撮った今日の富士山の姿をご覧ください。
午前10時7分撮影 赤い実はピラカンサです。
e0033229_20365487.jpg

静岡市駿河区東新田・安倍川河川敷にて

もう一枚、いかにも加工したらしい画像です。
e0033229_2039079.jpg



いつもお越しくださる皆様有難うございます。
時には100名を超える方々が当ブログをご訪問くださる日もあります、そんな日に更新していないときは「なんだまた更新してないのか、それとも死んだのかな?」なんて思いながらお帰りになられるのだろうと、想像するときは本当に申し訳なく胸が痛み、心の中で手を合わせております。
滝ブログや群馬ブログを一生懸命書いていると、エネルギーを使い果たしてしまって、電池切れの携帯のように、皆様のお声を聞くこともできなくなってしまいます。
これからも頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。 yo-shi2005
by yo-shi2005 | 2013-11-14 20:52 | 富士山 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 11日

庭で見つけた・蕾・花・実

e0033229_23203272.jpg


人は月日のたつのが早いと口癖のように言っているが、植物たちはちゃんと月日のたったことを承知していて、それぞれに活動している。


季節を感じて、シャコバサボテンはつぼみを付けた。
いつもは9月になるとすぐに水をやったが今年は、半月遅らせて9月15日に水をやり始めてみた。
e0033229_23251557.jpg

これは正解だったようだ。



昼の時間が短くなったので皇帝ダリアの白も蕾を付けた。
白は初めてなので花が楽しみだ。
e0033229_23265220.jpg



そして、皇帝ダリアの紫(女帝ダリアSAYURI)が裏庭で花を開いた。
e0033229_23284252.jpg



先日花を咲かせていたハヤトウリの実が、ハヤトウリらしい形を見せた。まだ2cmくらいだ。
まだ花も咲いているし葉の陰には実もあると思うが、葉が大きくてわからない。
e0033229_23305291.jpg



みんな順調のように見えるが、ただ一つ、皇帝ダリアの次郎(玄関の右側)だけはこの時期になっても、蕾が見えてこない。
幹が大きくなるのを嫌って肥料を控えたのがいけなかったか、だとしたら、俺のせいだ。




by yo-shi2005 | 2013-11-11 23:01 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2013年 11月 10日

雨の日は

e0033229_15121873.jpg


雨の日曜日こんな歌を聴きながらのんびりと幼いころを懐かしむのもよいのではないでしょうか。

新書国物語より紅孔雀
第一回放送の物語も入っています。あとが聞きたくなります。
唄もラジオ放送の原曲


新書国物語より 笛吹童子


少年探偵団





こんな歌も聞きたくなってきた
並木の雨  唄ミスコロンビヤ 歌詞は下にあります。この歌ご存知ですか?。

e0033229_1523129.jpg



by yo-shi2005 | 2013-11-10 11:05 | Trackback | Comments(1)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧