<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2014年 02月 28日

雨上がりの花と富士山

e0033229_1884848.jpg


昨日はだいぶ降ったようで、外に置いたバケツにもだいぶ水がたまっていた。

裏庭でちょっと見ると、ようやく咲き始めたピンクのさくらそうが首をしなだれてあえいでいるように見えた。
「こんな大雨だから水やりはいいだろう」と思っていたのがいけなかった。

「おぉ、ゴメン!。おまえの席は屋根下だったなぁ」と言って、たっぷり水をやり、古いフライパンに水をためてしばらく底面給水をしてやった

まだあまりダメージを受けていなかったようで元気をとり戻した。

e0033229_18154625.jpg


この子は外にいたので無事だった
e0033229_18193075.jpg


ごちゃごちゃした画像で、何が何だかわからないかもしれませんが、
e0033229_18214117.jpg

寒い間私のベッドの横にいたハイビスカスを、春のような陽気の今日は全部外に出して、水をたっぷりあげて、肥料もあげ、雑草を取り、よけいな枝の選定もしてあげた。
そして、再びベッドの横に収納した。
画像の中に蕾も見えるが、ここまでしか育たず、花は一度だけしか見られなかった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の富士山
雨上がりでお化粧直しを舌富士山の姿を期待したが、富士山周辺は雲が多くこの程度しか見られなかった。

朝の富士山
e0033229_18275919.jpg


そして昼ころ
e0033229_1826135.jpg

行きつけのスーパーの3階駐車場より撮影

明日からまた寒くなるという。



by yo-shi2005 | 2014-02-28 18:01 | 富士山 | Trackback | Comments(3)
2014年 02月 27日

救われる三保の松原

e0033229_21504222.jpg


去る12月24日のこのページに、三保の松原に通ずる御穂神社の参道(神の道)の両側の松並木が、通過する大型バスの重量や排気ガスの影響で、危ないという記事を書いたが、ここにきてようやく行政も動き出したようだ。

1月23日には、地元のボーイスカウトや高校生の協力で三保の松原の松ノ木の数を数えた。
およそ7kmにわたる松原の松ノ木一本いっぽんにチョークで印をつけて数えた。
その結果は54,000本と推測されていたものが、実は30,699本だったことが分かった。

三保の松原と富士山
e0033229_223842.jpg


そして昨日の地方紙(静岡新聞)にはこんな記事が載っていた。(レイアウトを変えています)
e0033229_225356.jpg

挿入写真は、神の道の三保の松原側の入り口。

2月16日に写真を撮りに行ったときも駐車場には大型バスが6~7台来ていた。
この神の道の両側の道路を大型車通行禁止にすることで命を救われる松の木もあると思う。

一刻も早く実行に移してほしいものだ。

2014-02-16撮影の三保の松原からの富士山
e0033229_22285661.jpg




by yo-shi2005 | 2014-02-27 22:01 | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 26日

河津さくら満開

e0033229_23163240.jpg


今年は咲くさが厳しいので例年よりも少しは遅れるのではないかと思っていたが、今朝の地方紙(静岡新聞)によると、伊豆、河津町の「河津さくら」が満開になったと報じていた。

e0033229_23232733.jpg


河津さくらは何年か前に見に行っているので、今年はパス。

この画像は前に行ったときのもので、ちょうど満開だった。
e0033229_23261527.jpg


もしもお出かけになる方は、早めにお出かけになったほうがよろしいかと。
ここは時間の経過とともに混雑がひどくなります。



by yo-shi2005 | 2014-02-26 23:29 | Trackback | Comments(1)
2014年 02月 25日

見慣れた10円玉だが

e0033229_21392498.jpg


先日TVのチャンネルを切り替えるときチラッと見た番組。
どこのチャンネルのなんという番組だったか覚えていないが、面白いことを放送していた、しかし私はほかの見たい番組が始まる時間だったので、すぐにそちらに切り替えてしまった。

私が見た範囲のことを書いてみると、現在流通している10円硬貨の中で、昭和61年後半に作られたものだけは、デザインの、京都府宇治市の平等院の鳳凰堂の絵が微妙に違っており、高値で取引されているというものだった。

e0033229_21493055.jpg
今日になって、ポケットに入ってジャラジャラ言うつり銭の硬貨を出しながらふと思い出して、我が家にあった10円硬貨を、虫眼鏡片手に調べてみたら、なんと500円ほどあった中に昭和61年が一枚だけあった。

表麺の鳳凰堂を虫眼鏡を二枚重ねて拡大してみたが、何しろ昭和61年からと言えば27年もの間、ポケットや小銭入れの中でジャラジャラとこすれあったきたのだから絵も鮮明ではなく、その上手垢で汚れて、とてもわからない。


e0033229_2158398.jpg
そこで、この汚れだけでも落とそうと台所の液体クレンザーで洗ってみた。
だいぶ綺麗になった10円玉



インターネットで探してみたら、あるサイトでそれを比較した画像があった。
それを拝借した。

まず普通の
e0033229_2282977.gif


そして問題の
e0033229_2285248.gif


そして、これが私の10円玉の拡大画像
e0033229_2210457.jpg


どうご覧になりますか??・・・・・・・・・・・やっぱりだめかぁ・・・・。



by yo-shi2005 | 2014-02-25 22:01 | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 24日

宇嶺川支流の 三段の滝

e0033229_2138641.jpg

                     滝の位置 138・11・11E   34・59・12N

昨日掲載した「大沢峡の滝からちょっと離れたところに、この1月5日に訪れた宇嶺の滝(
うとうげのたき)がある。
その上流1kmあまりのところに、可愛らしい滝があるというので行ってみた。
e0033229_21435125.jpg
宇嶺の滝を右下に音だけを聞きながら900mほど走ると道端にこんな看板があった。

この奥にある髙根山への登山口のうちの「まるがし」という大木のあるコースになっているようだ。
その登山道の中間に目的の滝がある。

e0033229_2158312.jpg
心地よい坂道を登っていくことおよそ300mあまり、


e0033229_2201575.jpg
道は左に曲がって沢を越えて急な坂道になる。

だが私はここまでしか行かない。
この右側に目指す滝がちょろちょろと流れ落ちていたのだ。

こんな可愛らしい連瀑。宇嶺川支流の三段の滝。総落差で5~6m位
e0033229_2284275.jpg


これだけの山路を歩いて、来て・・・・・それは言うまい。小さくってもそれなりの自然の美しさを持った滝だ。

山を下りて帰路に着く。



by yo-shi2005 | 2014-02-24 22:15 | | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 23日

藤枝市 大沢峡の滝

e0033229_21185140.jpg

                  滝の位置 138・11・10E   34・59・11N

私の滝中毒記念日(笑)で白藤の滝に行っているころに、ブロ友で滝友のお茶さんがその白藤の滝の近くを通って、ある滝に行ってきたと、電話で聞かせてくれた。

話を聞いてみると大したことはない滝だと言って、およその場所を教えてくれた。

そんなことを聞いたら、もう、ほっておけないのが滝中毒だ。
お天気も良く暖かいので、出かけた。

行ってみると、大したことないどころか、五段、六段、上にまだあって合計は七段になるではないか。

だが最上段以外は深い谷の中にあって道路から見えるのだが降りるには危険が多すぎる。

まずは、少し離れた最上段の滝以外の全体の姿。
e0033229_21295045.jpg


落差はそれぞれ5mくらいずつはありそうだが定かでない。

私は焦る気持ちを抑えてもう一度200mほど引き返して別の道から滝の一番下に行った。
写真の掲載は順番が逆になるが、

下から一段目は二筋の滝
e0033229_21325240.jpg


二段目 これが一番幅が広い
e0033229_21333481.jpg


三段目 川っ淵の崖によじ登って片手は木につかまり片手を思いっきり伸ばしてコンデジで撮った画像
e0033229_2137414.jpg


下からはここまでこれ以上は岩をよじ登るので危険が伴うためあとは上の道路から。

しかしこの時珍しいものを見た。これがここにあることを知っている人は少ないだろう。
道路からは見えない。
護岸のためにモルタルを吹き付けたところに作ったものだ。
直径40cm、高さは1m近い。
e0033229_21421160.jpg


道路に上がって、蜂の巣の上あたりから
四段目と五段目 五段目の上の方は太い流木に水の流れ道はふさがっている。
この画像からは少ししか見えない。五段目には滝つぼもないようだ。
e0033229_21463379.jpg


そしてちょっと離れて、最上段 これが一番いい。これも5mちょっと位。
e0033229_21482740.jpg


滝前は狭いので、車の中でおにぎり(自作)を食べた。
やっぱり滝はいいですねぇ。

しかし残念なことにこの滝に名前があるのかどうかさえもわからない。


by yo-shi2005 | 2014-02-23 21:56 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 22日

春を見つけに郊外へ

e0033229_2021859.jpg


春を見つけに郊外へ出てみたが、吹く風は冷たく、咲く花は、梅ばかり。
どこへ行っても梅の花は満開のようだった。


梅の花 白一重咲き
e0033229_2044286.jpg


八重咲きピンク・・・ちょっと遅い品種か
e0033229_2073981.jpg


もうひとつピンク
e0033229_2094770.jpg


そして、一重咲きの木瓜
e0033229_2041182.jpg


青木の赤い実
e0033229_20424852.jpg


春を探すにはちょっと早すぎたか、たいした収穫なし。



by yo-shi2005 | 2014-02-22 21:01 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 21日

学難成

e0033229_20553583.jpg


折角お越しくださいましたが、本日はパソコン関係のお勉強のため、記事投稿はお休みさせていただきます。

又お越しくださいますように。

e0033229_2058612.jpg


お勉強をしてもなかなか頭に入らないのです。それが悩みの種です。

少年老い易く学成り難し

われ老いて学成り難し



by yo-shi2005 | 2014-02-21 21:01 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 20日

身近な雪の被害(群馬)

e0033229_2050580.jpg


今回の大雪のニュースはもう古い感じもするが、まだ雪に閉ざされて孤立状態の村落もあると言います。

故郷に住む小学校の同級生から電話があった。
最初の用事の話を済ませてから・・・・
「ところで雪はどうだったぁ?」
(彼は完全な上州弁です)
「雪はすごかったいのぉ。とにかく外ぃ出るべぇと思っても、玄関のすぐめぇ(前)にゃぁもう90cmくれぇの雪の壁があるんだから。90cmっつう雪はおらぁ生れて始めてだぃ。おらぁ子供のころにゃぁ40cmっつうことがあったいのぉ」

「うん、そりゃぁ俺も覚えている、あんときゃぁすごかったいなぁ。何にもねぇ頃だったんで、そんな大雪が降ったって足袋ぃ履いて下駄ぁ履いて学校へ行ったっけなぁ」。

「こんだの雪はあんなもんじゃぇねぇんだものなぁ」

「被害はなかったかぃ?」

「うん、お蔭で俺んちは被害はなかったけど、近所のうちじゃぁ、車庫の屋根が落ちちまったり、車庫そのものがつぶれたりしたうちがうんとあったぃなぁ。ほら、こっちゃぁ空っ風が吹くから、屋根ぇ飛ばされねぇ様に頑丈に作ってあるけど、その割に上からの重みにゃぁ弱かったんだいのぉ」

「屋根が落ちちゃったんじゃぁ、下にあった車はどうなったんだね?」

「おらぁ、よく聞きゃぁしねぇけど、ちったぁ傷んなったんべぇのぉ」

「それで、今日〇〇ちゃんちぃ行ってきたっつうけど、道はもう通れるようになったんかぃ」
e0033229_2138277.jpg
「うん裏道はまだ駄目だけど、主な道は除雪ができて走れるようになってるよ。あんときやぁ、碓氷峠がダメだったもんで、この近くの国道まで車が詰まっちゃって、えれぇ騒ぎだっけ」

e0033229_2133861.jpg
「そうかぁ、おめぇんちで被害がなかったんじゃぁよかったけど、これからも気をつけろよ、歳ぃとると、ころびやすくなるかならぁ」。

「ありがとよ。だけど歳ぃとったんはおめぇもおんなじだだからな、おめぇも気をつけろよ。ところで、そっちはどのくれぇ降ったんだぃ」。

「何が?、雪かぃ?。俺んちの方は雪なんかひとっつぶも降らねぇやい。雨だけだ」。

「ほんとかぃ。ぬくてぇとこなんだなぁ」

「うん、俺が静岡ぃ来てもうすぐ半世紀になるけど5cm以上積もったのは2回か3回くれぇだ。だから子供らは、ちぃっとはぁて(風花)が舞ったりすると雪だっつって大騒ぎするくらいだ」

こんな話で実家周辺は90cmほどの積雪になったようだ。

e0033229_21555435.jpg


画像は記事とは関係ありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あんまり殺風景なブログになりましたので、だいぶ咲いてきた木瓜の画像を一枚

木瓜   2014-02-20のようす
e0033229_22114385.jpg



by yo-shi2005 | 2014-02-20 21:01 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 19日

大雪被災地と滝

e0033229_2144195.jpg


昔俺らまだ若いころに「38豪雪(さんぱちごうせつ)」というのがあった。昭和38年の豪雪のことだけど、それだったら今回の豪雪は「14連続豪雪」とでも言うのかもしれない。

あちこちで予想外の被害が出ていて、ニュースでは、山梨県全体が一時孤立状態になったと恐ろしいことを報じていた。

その豪雪被害のニュースに出てくる地名が私の行く滝のあるところが多い。
地名が出ると、「あ、あの滝のあるところだ、あのあたりは山の中だからなぁ」といった具合だ。

 山梨県で今日もニュースになっていた、山梨県早川町はいい滝がたくさんある町で、山梨県でも静岡県に近い方にあるので、私も何度か訪れている。
e0033229_2158178.jpg
山梨県早川町の雨畑(あめはた)地区が孤立したと言うが、このあたりは、書道の硯(硯すずり)の産地だ。
そして、雨畑湖という湖の奥には、見神の滝(けんしんのたき)という綺麗な滝があるところで、私は3回ほど訪れている。
何年か前に台風の大雨による洪水被害のあったところで、その時は見神の滝も大きな石が流れ落ちて被害が出たようだった。
        見神の滝
e0033229_22193170.jpg



 東京都西多摩郡檜原村には払沢の滝(ほっさわのたき)があり、隣の奥多摩町には百尋の滝(ひゃくひろのたき)という、二つとも綺麗な滝だ。
この、東京都の一番西にある二つの町も一時孤立した。
この両滝は昨年一月に訪れている。
        100尋の滝
e0033229_22261894.jpg



 群馬県と長野県を結ぶ国道18号は雪の装備のない車が急坂を登れなくて立往生しそれが原因で大渋滞、何日も通行不能になった。
この国道18号の登り口にあるのが「麻苧ノ滝(あさおのたき)で、ここには2010年3月に訪れているが、その時も雪の中を歩いた記憶がある。
        麻苧ノ滝
e0033229_2230310.jpg


 群馬県南部の南牧村(なんもくむら)、ここはまだ訪れたことはないが、ここも孤立した村だ。
2010年3月には長野県側からこの村まであと1kmあまりのところにある「乙女の滝」を訪れているし、今の計画ではこの4月頃にその乙女の滝から3kmほど群馬県側に入った、南牧村にある象ケ滝と線ヶ滝を予定していたところだった。
      資料画像 南牧村・線ヶ滝(ここに行く予定)
e0033229_22314793.jpg


この冬の雪は滝のあるところを狙って降ったのではないかなんて思いたくなる。

「あの集落は今は雪ん中だろうなぁ」とか「あの時道を教えてくれたおじいさんは大丈夫かなぁ」なんて雪のない静岡から案じている。



by yo-shi2005 | 2014-02-19 22:44 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧