<   2014年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2014年 03月 31日

安倍川公園の春

e0033229_21301435.jpg


静岡市葵区田町、市立田町小学校の裏手の安倍川堤防がそのまま公園になっているような田町安倍川公園には桜の樹がたくさん植栽されている。

今その桜が満開になった。
道路側の桜をタブレットで撮ってみた。
e0033229_21414691.jpg


これはカメラの画像
e0033229_21464726.jpg


公園の北の隅からは富士山も望める。これもタブレット
e0033229_21345035.jpg





庭で見つけた小さな花

昨年ユリが芽を出す前にいたずら心で、「百合には内緒だぞ」と言いながら何かの球根を百合の球根の上の方にそっと植えたような記憶がある。
だがもう一年以上も前にいたずらでやったことで定かな記憶はない。

今日見ると、ユリとは違う葉っぱが出て、花までつけていた。
これはたぶんヒヤシンスだと思う。
e0033229_21533173.jpg

小さな可愛いピンクの花だ、ユリはそんな事とは知らず、芽を出す季節が来たので、太い芽を出し始めている。
咲く時期が違うから、ちょっと多めに肥料をやって置けばいいだろう。

鉢が増えすぎるとこんなことをしたくなる yo-shi2005でした。



by yo-shi2005 | 2014-03-31 21:35 | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 30日

雨の中黄色の花

e0033229_1556382.jpg


昨日の予報通り昨夜降り出した雨は夜通し降って昼過ぎまで降り続いたが、、お天気は急速に回復した。

そんな雨の中わが庭と、お向かいの庭で黄色の花が濡れながら咲いていた。
右側の赤いバーを下に動かすと次の画像になります。


蕾を膨らませていたが、雨を待っていたかのように咲き始めた
カリフォルニアジャスミン
e0033229_165255.jpg


この花も雨を待っていたのか
黄色 フリージァ
e0033229_1672317.jpg


お向かいの庭に眼をやると透き通るような花弁の黄水仙がブロック塀の陰で咲いていた。
e0033229_1691981.jpg


その黄水仙の隣ではクリスマスローズがたくさん花をつけていた
e0033229_16114957.jpg


わが庭のビオラ、摘み取ってやりたい花柄があるが濡れるので止めた。
なぜかわからないがこの鉢の周囲には種を蒔いたようにノースポールが芽を出してつぼみを付けている。
e0033229_16133731.jpg


傘をさして雨の中で花を見つめていた。
その姿を見た人は「雨が止んでから見てもいいんじゃないの」と言いたかったかもしれない。
しかし花好きは雨の中でも見たいのだ・・・・・。


by yo-shi2005 | 2014-03-30 20:59 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 29日

雨の前に

e0033229_20564030.jpg


静岡県東部の三島市にまだ見てない滝があって、木の葉が大きくなる前にぜひ見たいと思っていた。
今日行こうと思っていたら、明日は雨になるというので、今日の滝行きは見送ることにした。

理屈の解らないような文章でブログが始まったが、実はこんなわけなのだった。

鉢植えの花を育てていると、植え替えの時にどうしても古い土が出る。
これをそのまま使ったのでは、次の花がかわいそうだ、だからと言ってその土を捨てて、いつも新しい土を買ったのでは、経済的に厳しいし。古い土の処分にも困る。

そこで

まず古い土を日に干す。
90cm×3mほどのビニールレザーを狭い裏庭に拡げて、古い土を2~3日干す。
e0033229_2154133.jpg


干した土を目の粗いふるいにかけて、大粒の底石などを取り除く
e0033229_2184883.jpg


次に、その土を2mm弱くらいの目の細かいふるいにかけて細かい土を取り除く
e0033229_2110917.jpg


再利用できるのは、中間の土で、それをビニールの袋に入れて、口を縛って保管する
e0033229_21122571.jpg


数か月から半年くらい、土を休ませておく。
そして使うときは、これに腐葉土と赤玉土を少し入れて、必要に応じて牛糞堆肥を入れて使う。

今回干したこの土がもう5日ほど前から干していたが途中で雨が降ったので、真ん中にまとめてビニールを折り曲げて雨をしのいできた、明日雨というので、その前にこの作業をしたかったのだ。

滝を楽しんで帰ってくるとこんなことをするのが億劫になってしまうから。

それじゃぁ、滝と花とどっちが好きなんだと言われたら、即座に「両方!」と答える。

 欲張りなyo-shi2005なのです。

だって、きょうお向かいの奥さんに「あのバラの花みたいな椿すてきねぇ、私あの花好きよ」と褒めていただいた。・・・・これが嬉しくって、土いじりからやってるんですから。

褒められた花
e0033229_2125520.jpg




by yo-shi2005 | 2014-03-29 21:32 | 花日記 | Trackback | Comments(1)
2014年 03月 28日

こんな日の富士山

e0033229_18412997.jpg

3月も終わりころになり

畑に桃の花が咲き
e0033229_18505776.jpg


タンポポが咲き
e0033229_1852481.jpg


桜の花が
e0033229_18546100.jpg


咲き始める
e0033229_18562452.jpg


ぽかぽか陽気のこんな日は、富士山はこんなふうになってしまいます。
これが静岡市から見た今日の富士山でした。 2014-03-28 12:10 撮影
e0033229_18574743.jpg


おしまい             撮影地 静岡市駿河区



by yo-shi2005 | 2014-03-28 21:59 | 富士山 | Trackback | Comments(4)
2014年 03月 27日

ご褒美のGPSデジカメ

e0033229_21504255.jpg


このブログを始めたのは、ブログのハンドルネームでもわかるように2005年だった。
そして間もなく9年になろうとしているが、これまでに、2009年5月の一か月のうち、旅行のために休んだ以外は皆勤の更新をしたことがあるが、それ以外の月は一か月に20回くらいの更新だった。

ところが昨年11月末に遠方に住む親しい友人から
「ブログ更新は、お前が元気で生きている便りみたいなものだから、休まずに書いたらどうだ」と下知を飛ばされた。
その時は「そんなにネタが続かねぇよ」と言ってはおいたものの、こんな気持ちで見ていてくれる人が一人でもいるということは有難いことだ」と一念発起、どこまで皆勤できるか、それが無理でもどれだけ精勤できるか。
自分の気持ちの中で挑戦してみた。

e0033229_2134137.jpg馬の鼻面にニンジンをぶら下げるように、100回以上継続出来たら、自分にご褒美をやろうと一人で決めていた。



そしてときには旅にモバイルPCを持って行って投稿したりして、とりあえず100回以上続けたと言いたいが、旅先で休んだりという日があったので、皆勤賞ではなく精勤賞と言ったところだ。

そこでこれまで使っていた、山で岩にぶっつけたり、落ち葉の切れ端がカメラの中に入ったりしていたデジカメがだいぶ疲れていたので、ひとまず私からのご褒美に・・・・という理由づけで、これまで欲しいと思って探していた、デジカメを私が頂いた。

NIKON COOLPIX S9700 GPS機能を搭載したコンパクトデジカメ
e0033229_21421858.jpg


専用のGPSほどの能力はないが、屋外で撮影した画像の、撮影場所が地図上に表示される機能を持っている。
e0033229_22171092.jpg
e0033229_22104476.jpg

先日の滝行きの時に姪が撮った画像から表示された地図と位置表示です。
こーゆうのが欲しかったんです。

友人Xさん、あの時の下知のお蔭です。有難う。
そしてブログをご覧くださる皆様有難うございます。
これからも宜しくお願いします。  

ちなみに、自慢するわけではありませんが昨年12月初めからは更新をほとんど休んでいません。
これからも頑張ります。
・・・・・今度は何をもらえるかなぁ??・・・・・。
        ・・・・・・なるべく大きなジンジンがいいな・・・・・・。



by yo-shi2005 | 2014-03-27 22:01 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 26日

雨に咲く、絞り椿

e0033229_21374753.jpg


朝、選抜高校野球が中止になった、と聞いて、「それじゃこっちも降るな」と思っていたら、予想外に早く午前中から雨になった、そして今21時半、まだ音を立てて降っている。

そんな雨の中、毎年このブログにアップしているのでおなじみの、絞りの椿が開花した。
記録を見ると、去年と同じ日に咲いた。

先日アップした斑入りの椿と同じ運命をたどって生き延びてきた我が家では古株の花だ。
e0033229_2143526.jpg


たしか去年は無地の花から開いたが今年はメインの絞り咲きから咲いた、
この椿は私の手製の鉢に植えられている。
大きさは60cm×60cmで高さが30cmの家の外壁材の残りで作ったものだ。
これを植え替えるとなると、赤玉土が3袋くらい必要になる
これは去年の画像だが。
e0033229_2153787.jpg


まだこの後、無地も含めて蕾がたくさんあるので楽しみだ。


e0033229_2154278.jpg




by yo-shi2005 | 2014-03-26 21:56 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 25日

曖昧な記憶 浜松の滝

e0033229_22423796.jpg


姪を連れて浜松市の滝に行ってきた。

案内人の立場で滝を訪問する場合は、初めての滝には行けないので、前に訪問したことのある滝を選んだ。
そのため、今日の滝は全部以前にいちどはこのブログで紹介したことのある滝です。

まずは、浜松市北区の滝沢キャンプ場の近くの

仙厳ノ滝 落差はそれほど高くないが滝壺が広くきれいな滝である。
e0033229_21292566.jpg

この滝には2011-10-02に訪れているが、その時は滝壺の周辺がもっと広かったような記憶があったが、これは私の記憶違いだったようだ。
あの時は途中の遊歩道の橋に倒木が倒れ掛かっていて、その下をくぐって行った覚えがある。

そして北上して阿多古川周辺の阿多古七滝に向かった。


まず一番近いところにある、青谷不動の滝
e0033229_2241722.jpg

この阿多古七滝は2011-05-21に一度訪問しているが・・・・・
県道沿いの看板を目当てに左に曲がって狭い橋を渡って、その先どういったか記憶がない。たしかやぶの中を進んで、一度戻ってきたような気がする。
そこいらをきょろきょろしていると姪が、「あそこに道があるみたいだよ」と教えてくれた。
案内役はどっちなんだ!!。


次は強烈な記憶の送水菅が目印だったので迷わず案内できた。
七滝の一つ、清滝は今回はパスしてその先の女滝へ。
ここはこの前訪問したとき私が感動した滝だ。今でも相変わらず綺麗だった。
e0033229_2282767.jpg



そして一度道路に戻って、その上流の男滝へ。
ここはこの前来た時も沢に通じる降り口がわかりにくかった、その時はちょうど散歩に来た地元の人都であって教えてもらった記憶はあるが、その位置の記憶がない。すると姪は「ここがそうみたい」「・・・・・・・・自信喪失、記憶なんてこんなものか」
よく見るとすぐ下の方に滝が見えていた。
男滝
e0033229_2213465.jpg


感賞に浸りながらじっくり滝を観賞していたので、時間が無くなり、途中の滝を省略して、一番遠くにある、枇杷の沢不動の滝に急ぐ。
これも入山口が不鮮明な記憶しか残っておらず。近くで聞いたりしてようやくその入り口を見つけた。

滝の周囲の様子は私の記憶のままだった。
枇杷の沢不動の滝
e0033229_22283059.jpg


こうして四つの滝を訪問してきた。自分の記憶の曖昧さを思い知らされたような滝行きだったが・・・・

楽しい一日だったぁー・・・・・。



by yo-shi2005 | 2014-03-25 22:32 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 24日

ガラケイの受難

e0033229_20433242.jpg


私の携帯電話は、世間でガラケイと言われるタイプだ。

でも難しいことをしなければ、使い勝手はとても良い。

以前ポケットに入れて、ストラップだけ出していたら、ストラップが何かに引っ掛かってストラップの紐を通す部分が壊れてしまった。

そこで修理に出したところ5000円以上もかかった。

             (みどりのバーを下げると画像が変わります)

先日所要で東京に行ったときのこと。
ポケットから携帯を出した時、何か音がした。あとで気が付くと、バッテリーのふたがない。
e0033229_2057219.jpg


その時はそのままそっとポケットに入れて帰ってきた。
そして応急処置としてアルミ箔の粘着テープでふたをしておいた。
e0033229_2103354.jpg


ドコモショップで聞いてみると、「420円でポイントを使って320円で,
取り寄せになりますので、お宅に直送するようになります」。とのこと。
それが届いた。
e0033229_2161897.jpg


早速ふたをした。でもこの蓋にロックがあるとは知らなかった。今度はしっかりロックをした。
e0033229_21111818.jpg


これで私のガラケイは元通りになった
e0033229_21131593.jpg


そして先日アップした、手製のケースに収まった
e0033229_21154471.jpg


今日も私の腰のベルトにしっかりつかまっている。
2011年9月からだから。まだしばらくは使わなくっちゃ。
e0033229_21174058.jpg


という、私のガラケイ受難の物語でした。




by yo-shi2005 | 2014-03-24 21:30 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 23日

滝紀行 再訪 トイグチの滝

e0033229_151269.jpg


昨日アップした黒樫沢の滝を物足りないまま引き上げて、帰りがけに、周辺の砂防帝が完成して綺麗になったという、静岡市葵区平野のトイグチ不動の滝に立ち寄ってみた。

ここは2009年8月28日に一度訪れたことがある。
その時はまだ砂防帝の工事をする前で、近くに学校があるため校舎の保護のために土盛りの砂防堤があり滝の周囲は草むした状態だった。
今は新しくなった不動堂は砂防帝の上の山際に古いお堂が建てられていた。

2009年8月28日の トイグチ不動の滝
e0033229_1593257.jpg


そして新しく低いところに建てられた不動堂
e0033229_1511136.jpg

砂防堤の向こうに滝が見える。

そして現在のトイグチ不動の滝 2014-03-22撮影
e0033229_15141573.jpg


5年前のあのころは、季節が違うとはいえ、滝つぼの近くから下流は雑草が生い茂り水の流れも見えない状態で、滝に近寄るには草をかき分けて進まなくてはならなかった。

今は綺麗になっていて、若い女性でも一人で滝に近づくことが容易にできるようになった。

若い女性と言えば、こんな素敵な出会いがあった。


 この日の出会い 
 私は滝につくと、とりあえず、その滝の様子や途中の道の状態を偵察に、コンデジだけ持って近づいてみる事がある。その結果によって車に戻って、装備や持ち物を決める。

この日も車を止めて、コンデジ一つもってスニーカーのまま、通行止めのチェーンをまたいで坂を上り砂防堤を越えて、滝に近づいてみた。

すると、数メートル下の滝前の流れのところでコートを着た女性がしゃがんで何かしている。
写真撮影にしてはずいぶんローアングルで撮るなぁと思いながら見ていた、そのうち私の気配に気が付いたか、こちらを振り向いた。
私は
写真を撮っているの?」と声をかけたが、滝の音にかき消されて、声は届かなかったようなので、私は、滝を指さして、カメラを構えるしぐさをした。
彼女はにっこり笑ってうなづいた。
私は傍らの崩れそうな踏み跡を指さして
「ここを通って降りたの」と訊いたら、しぐさで解ったようで、再びうなづいた。

私はそのまま車に戻って滝に行く準備を始めた。
e0033229_1641313.jpg
間もなく彼女は戻ってきて私の車の横を通り過ぎようとしたので、声をかけた。

「滝がお好きなのですか?」
「はい、滝が大好きで、こうやって一人でも滝を見に行くんです」と笑顔で答えた。

そのあと、滝ガールの集まりを持っている話しや、ネットにアップする話をして、私は名刺を渡して、「よかったらブログを見てください」。

ほんの短い時間ではあったがこんな若い(孫と言ってもいいくらいの歳の差)女性と知り合いになれた喜びに浸ったのだった。

私の見た印象では、ただの滝好きの女の子ではなく、キャリアウーマンと言った感じが漂っていた。


こうして、最初の滝で流れに阻まれて滝前に行けなかった、今回の滝行きはハッピーエンドの結末となった。


 
by yo-shi2005 | 2014-03-23 19:38 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 22日

滝紀行 安倍川支流 黒樫沢の滝

e0033229_170412.jpg


私自身としては、ずいぶん長いこと滝とご無沙汰していたような気分だが、この3連休滝中毒としては、もうこのへんで出かけないと発作が起きそうだった(笑)

そこで、お天気のよいし風もない。
ただお天気が良すぎるのが気がかりだったが、出かけた。

行き先は、我が家から30kmほどのところ。

以前から行きたいと思っていたところで、あまり知られていない(私の知る限りでは滝の先輩 イチローさんとタキジさんのサイトしかアップされていない)安倍川支流の「黒樫沢の滝」

安倍川の本流を渡渉するので水量の少ないときに行った方がよいとのことだったが、行ってみると・・・・。

e0033229_17294665.jpg

向こうの森の真ん中の暗いところに滝がある。

こんな時のために短パンと、濡れてもよい靴を持ってカメラと三脚を背に上流、下流あわせて300mほどの石ころだらけの河原を浅瀬を求めて歩いて見た。

「ここは少し流れが緩いかな」と思われるところでズボンを脱いで短パンになり、水に入ってみた。

ヒャァ~、これは心臓に悪い。
少しずつ水に慣らして入ってみたが、脚が痛いほど冷たい。それに流れは緩いと思っても入ってみると、足を取られる。
「これじゃぁ流れの真ん中に行ったらヤバイ!」
もしもここで足を取られて転んだら、私の心臓はおそらく耐え切れないだろう。
こんな浅い川でドザエモンにはなりたくない。

俺は滝は好きだけど滝と心中するほどの仲ではない。

すぐ岸に戻って、お天気も良かったので短パンのまま河原を歩いて滝前に行った。
滝が一番よく見えるポイントを見つけて、カメラを構えてパチリ・・・・。

それがこの写真
e0033229_17434418.jpg


この滝は落差が15mほどあり最上部は二段になっているようだがそこまでは見えない。

これも自然のなせることと自分を納得させて滝前を後にした。

e0033229_17481692.jpg


先日、滝友のお茶さんの話では以前に訪れたことのある、トイグチの滝の砂防工事が終わって、綺麗になったというので、帰りに寄ってみたら、そこで、素敵な出会いがあった、その話は明日書きます。



by yo-shi2005 | 2014-03-22 22:52 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

画像一覧