<   2014年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2014年 05月 31日

滝紀行 清水区由比 雄滝・雌滝そのた

e0033229_21594161.jpg


滝中毒の発作はおき始めていたようだった。土曜日だ、暑い、もう我慢の必要もない。

そこで出かけた。

そして満足して帰ってきて、振り返ってみて・・・・。

「俺は滝に行くとなぜこんないい人に出会うんだろう、俺って親切にしてもらいたそうな顔してるんだろうか?」
そんなことを考えた滝行きだった。

少々長いけど、まぁ、読んでみてください。

行った先は、今は静岡市清水区由比西山寺町
JR東海道線の由比駅からまっすぐ山方面に入ったあたりの滝です。

今回は、だいぶ前からこの滝に行きたいと思っていたので、あらかじめ地理院の地形図をプリントアウトしておいた。
道順も解るようにしていったつもりだった。

   しかし

解りきったことだが、地図と現場が全く違う。山に入って行ったが、ほとんど迷子状態。
改めて一度幹線道路まで出て道路沿いのガソリン屋さんに飛び込んだ。

「すみません、ガソリンを入れる客じゃないんですけど、ちょっと道を教えていただけますか?」
プードルを横に侍らせてソファーにどっかり座っていた親父さんは
「はい、どこへ行くんですか?」と、積極的だ。

「地理院の地図を印刷してきたんですけど、ここへ行きたいんです、この奥に滝があるんで・・・」
「この地図じゃわかんねぇや」と言って大木は住宅地図を出して、女性の事務員と二人で探してくれたが
「ここは、山の中で、はっきりしたことが解らないから、いい加減なことを教えるわけにもいかねぇし、となりが消防署だから、隣に行って、聞いてごらん。車はうちの前に置けばいいから」

消防署では署員が二人で対応してくれた。
近くまで行く道を教えてくれて、この先はやっぱり地元の人に聞いたほうが詳しいと思うから、この西山寺の集落に入って聞いてみてください」と教えてくれた。

集落に入った、人が見当たらない。

しばらく走っていくと、年配の母さんが道端で何かしていた、さっそく声をかけた。

「この奥の方に滝があるって聞いてきたんですけど、解りますか?」
「滝ですか、滝なら銚子口の滝がありますけど」
「銚子口ならこの向こうの方で解るんですけど、それじゃないんです。不動林道って言う短い林道の奥にあるらしいんですけど」

すると家の奥の方から私と同じような年恰好の男性が出てきた。
「不動林道って聞いたんで出てきたんだけど、不動林道と関係があるんかね?」
このおじさんはこの滝のことをよく知っているらしい。

このおじさんとの話は省略するが、話してるうちに
「俺もしばらく行ってねぇから行ってみてぇから、横に載せてってくれるか?」
親切で気遣いの細かいおじさんで、ふつうなら「俺が案内してやるから横へのせてけ」って言うところを、こんな言い方をした。


そして最初に連れてってくれた滝がこの滝
「これはあんたの言ってた滝じゃぁないけど、これも見ておいてもらおうと思って・・・」

由比西山寺 元湯の滝 落差15mくらい、ふだんは水量は少ないが雨が降るとすごい流れになるそうだ
e0033229_22375263.jpg


昔は滝壺が今より2m位深いところにあって、その滝壺の脇から硫黄の香りのする鉱泉が沸いていたそうだ。
このあたりの事にはとっても詳しい。

そして、
「それじゃぁこれからあんたの希望する滝に行こう」と車で、迷路のような山道をはしった、道はだんだん狭くなる。
「もうすぐだよ」と言われたところの道端に赤い車が一台止まっていた。
長くなるのでこの話しは明日書きます。

短く狭い林道の行き止まり近くの草むらの中に車を置いて急な草むらの斜面を下りて沢に出るとその先は堰堤だ、この堰堤、真ん中にトンネルのような穴が開いている、
そこを通り抜けるとすぐに左手から流れ込む沢がある。
その沢にかかる滝

一条の滝。これは15m近くありそうだ。
e0033229_22522215.jpg


そして、本沢に出て上流を見るとそこには雄滝が見えていた。

雄滝 落差は12mと言われている。綺麗ないい滝だ。
e0033229_22582494.jpg


そして向かって右に10mほど離れて

雌滝 落差は10mくらい
e0033229_22572135.jpg


立ち上るしぶきに日光が当たってなんだか神々しい感じさえする。

「この滝上に立派な不動堂があるが、いまは道が崩落しているので、行けないことはないが危ないからやめた方がいいだろう。本当は見てもらいたいのだけど」とおじさん残念そうだった。

私がゆっくりしぶきを浴びながら滝の写真を撮ってる間、ちょっと離れたところにしゃがんで、黙って待ってていてくれたおじさん、いろいろ話をしたがとってもいい人だった。


明日はこのおじさんとちょっと離れた畑に案山子を見に行った話などを書きます。



by yo-shi2005 | 2014-05-31 23:01 | | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 30日

白き 姫 二題

e0033229_2043650.jpg


ひとつめの
先日もこのブログに書いたが、この花の苗を買ってから6年目だが、それまでは山野草店の親父さんの注意事項?を忠実に守ってきたが昨年からはこの花の管理方法を自己流に変えてみた。
するとこれまでは毎年2こか3こくらいしか咲かなかったのに、草も大きくなり蕾もたくさん出た。
そしてその中の二輪が咲いた。蕾はまだたくさんついている。

白花姫沙参(しろばなひめしゃじん)
e0033229_2052238.jpg


ちなみに去年はこの程度
e0033229_2162944.jpg

名前が姫沙参というくらいだから、花は小さく、長さが2~3くらいしかない。
私の自己流の管理方法の方がこの植物には嬉しかったようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてもう一つの
先日このブログに、我が家の姫檜扇の白花が育たないと書いたが・・・・。

実はこんなことになっていた。

我が家の表庭と裏庭を連絡する通路の脇に姫檜扇の橙色の花がたくさん咲いているが、その中に一つだけ、白が咲いていたのだった。

この花は咲いたときに「あっ、ここは通り道だ!、ここは危ない!!」と思った事だろう。
しかし虫なら己の身の安全のために逃げるという方法を知っているが、地面に根を張った草は、逃げようがない。
それを知ってか知らずか踏んづけて通ったやつがいる。

「それは誰だっ!」 ・・・・・・・・・・ジツハオレナンデス。

気が付いたときは既に哀れな姿になっていた。

あわれ、踏みつけられた白花姫檜扇
e0033229_2117418.jpg

種ができて実らせれば来年に期待できるのだが、この姿で実を結ぶことが出来ようか・・・。

e0033229_21194260.jpg




by yo-shi2005 | 2014-05-30 21:16 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 29日

また花ネタです

e0033229_22264097.jpg


毎日書くネタが、花ばっかりで飽きられてしまいそうですが、次々と咲く花を自分自身の記録もかねてUPしたいと思います。
今しばらくお付き合いください。

二鉢並べて置いてあったハイビスカスが同時に咲いた。それもよく似た色だ、でもこれは花の形が違うことでもわかるように別の品種です。

ハイビスカス橙色A (何年か前に買ったもので具体的な名前は解らない。
e0033229_22322229.jpg


もう一つの橙色B
e0033229_22353344.jpg


これも橙色だが、こちらはゴデチャ
e0033229_22371637.jpg


今は、ゴデチャの白と、もう一つのアマリリスの咲くのを待っているが、あまり日をおかずに今度はユリたちが頑張っている。



by yo-shi2005 | 2014-05-29 22:40 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 28日

次々と咲く

e0033229_2041153.jpg


狭い庭が花でいっぱいになりそうで、嬉しい悲鳴だ。

根元から折れてしまったアマリリスの白は、応急手当てがよかったか、花も萎れることもなく、二つ目の花も開花した。

応急手当のアマリリス
e0033229_20464987.jpg


そして今日新たに、白によく似た花で少し黄ばんだ色のアマリリスが咲いた。

アマリリスクリーム色
e0033229_20485444.jpg


そしてもうひとつ、赤
e0033229_2111114.jpg


もう一つあるがまだ蕾が小さい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴデチャも次々咲く

ゴデチャ ピンク斑入り
e0033229_2052580.jpg


ゴデチャ、赤底白
e0033229_20532461.jpg


ゴデチャ 白赤斑入り
e0033229_20534713.jpg


白い花を待っているが、アブラムシにやられて、少し蕾が落ちたので、それが白だったかもしれない。
残っている蕾の開花を待とう。



by yo-shi2005 | 2014-05-28 21:01 | 花日記 | Comments(2)
2014年 05月 27日

現れた花

e0033229_19592973.jpg


e0033229_2094738.jpg裏庭の美央柳の蕾がだいぶ大きくなったから、少し広いところに出そう重たい大きな鉢を引っ張り出したら、驚いたことにその後ろから痩せ衰えたシンビジュームの鉢が出てきた。


おまけに花が咲いている。と言っても花もこの程度で痩せている。
e0033229_20421642.jpg


よく枯れずに生きながらえて、大きな鉢の後ろ側だから、日当たりなんかなかったろうに。
私は「ランは難しいから俺には無理だ」と決めつけているが、こんなほったらかしでも花が咲くのだったら、やってみてもいいかな、なんて気にもなる。

これは考えてみると、妻の亡くなった後、仏前にとご近所のお友達から頂いたものだと思う…ということはもう5年以上も前のものになる。その後一度私が植え替えて、枯れた茎を切り取った痕がある。

それにしてもこの姿
e0033229_2053456.jpg


何とかしてあげたいが、その方法も知らない。
今から勉強するか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一昨年挿したゼラニュウムが綺麗に咲いている。
e0033229_2105583.jpge0033229_21122100.jpg




by yo-shi2005 | 2014-05-27 21:01 | 花日記 | Trackback | Comments(4)
2014年 05月 26日

花たちの災難

e0033229_1953069.jpg


次々と咲く我が家の花たちにとって、今日は受難の日だった。

アマリリス 白花

二日ほど前に咲き始めたアマリリスの白花、今日あたりが花が全部開いて満開状態になると思われた。
そこで直射日光を避けて、玄関前の日陰に移動させて外出した。

帰ってみると、それが茎の根元から倒れていた。
普通は、こんな時とりあえず茎を上げて元の形に戻してみるところだが、そうはしなかった。
そのまま置いて、支柱になる棒と紐を持ってきて、その棒を土に挿してからそっとアマリリスの茎を持ち上げて、支柱に縛り付けた。
応急手当てをした満開のアマリリス 白 2014-05-26 11:40a.m. 撮影
e0033229_200071.jpg


球根とのつながるところが風にゆられて傷んでいたようだ。
長持ちはしないと思うが、満開を見たからいいとするか。
横にもうひとつ蕾も出ているし・・・・・。

カンパニュラ メジューム

毎年のようにカンパニュラを育てている。
昨年秋にも白・藍色・ピンクを各一株ずつ買った。

その中の白花は元気に咲き始めた
e0033229_20103927.jpg


そしてピンクは、かかりつけの医院の玄関前が寂しいので、そちらへ出張させた。

もう一つの藍色は、しばらく前に中心の茎が急に葉っぱが萎れて根元から折れてしまった。
そして今日は横に伸びた枝が4本も同じように葉っぱが萎れて枯れてしまった。
もう蕾もだいぶ大きくなってきているのだから、もう少しこらえて欲しいがその願いは届かなかった。
葉っぱの萎れた枝をちょっと引っ張ると簡単に抜けてしまう。

結局こんな姿になってしまった。
e0033229_2016315.jpg

私なりに考えてみると、植え付けるときにちょっと深植えだったのではないかと思うがそれも定かではない。
残った枝もどうなるかわからない。
昨年10月から手塩にかけて育ててきたのだから、残った4本でせめて花を見せてほしいものだ。

本当はこんな花が咲くはずなのだが。これは2012年の画像です
e0033229_20254887.jpg




by yo-shi2005 | 2014-05-26 20:09 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 25日

今日の花

e0033229_17383195.jpg


昨日は表庭の手入れをして、やれやれと思ったら、裏庭がひどいことになっているし、ゴーヤの棚もまだできていない。
「あ~あ、今日も滝はオアズケか・・・・」

こんな書き出しだと、裏庭の雑然としたところもビフォアー画像が見られると期待された方もおられるかと思いますが、私とてやはり羞恥心は持っていますので、この画像はパスします。

ハイビスカス

それよりも裏庭に出てパッと目を引いたのがこれ、この花でした。
e0033229_17492986.jpg

ついでに先日も咲いたピンクが横で咲いていたので鉢を動かしてツーショットでパチリ。
e0033229_17512376.jpg

ハイビスカスというと私はどうしてもこの歌を思い出してしまう。日野てる子です。


同じ歌手が歌っていてもやはりこのころの歌声、歌い方が好きだ。

ところで、ハイビスカスというと夏の花という印象が強いが、年間通して私がこの花と付き合ってきた結果、この花自身は暑い夏はあまり好まないようだ。

今頃から梅雨のころまではつぼみもよく出るし、枝もぐんぐん伸びるが、真夏には成長も止まり花も少なくなってしまう。
そして秋になると再び息を吹き返したように元気になり花も増える。
真冬だって私が寝室をもっと暖かくして寝る人だったら、もっと花を咲かせると思う。

だから、「夏の花ハイビスカス」と表現する人はハイビスカスの気持ちがわからない人だ」とハイビスカスは思っていると思う。

ごでちゃ

ごでちゃの赤が咲いて、サーモンピンクが咲いて、今日はピンクの斑入りが咲いた。
もうひとつ白が咲くが、あとは何が咲くかわからない。うちで採取した種なので・・・。
今日咲いたピンク斑入り
e0033229_1854966.jpg

この花は次々と咲くのでまだこの後もこのブログに登場することになると思う。


一生懸命片づけていたら、、昨日紹介した細い通路の脇で何か言ってるようだ。
「おやじさぁん、私だって今日咲いたんだよ、無視しないでよぉ」
ペラルゴニュウムだった。
これはゼラニュウムの仲間で、一年中葉っぱは茂っているが花はこの時期しか咲かない。
それでその葉っぱが狭い通路にしゃしゃり出て、雨の日なんか私のズボンを濡らしてきたやつだ。
でも花は可愛い。そこでパチリ。

そうだおまえの仲間のもう一つのペラルゴニュウムも一緒にアップしてやろう。

今日咲いたペラルゴニュウム
e0033229_18115227.jpg


何日か前に咲いたペラルゴニュウム
e0033229_1813342.jpg


これ程違う花だから何か固有名詞があると思うが、私は知りません。
ご存知の方教えてください。

そもそもこのペラルゴニュウムとゼラニュウムは同じ仲間の花で、品種も無数と言ってもいいくらいあり、双方が入り混じっていて区別つけにくくなっているようだ。
だが基本的には。
年間を通して何度か咲く、いわゆる四季咲きがゼラニュウムで、この季節しか咲かない一季咲きがペラルゴニュウムと分けられているようだ。


ゴーヤももう80cm位に伸びている。棚もできた。

この後わが庭では大きい花のカンパニュラが咲き、アマリリスが咲き、ユリもだいぶ蕾が大きくなってきた。

楽しみな毎日である            滝花好男



by yo-shi2005 | 2014-05-25 20:01 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 24日

庭の花 ホタルブクロと姫檜扇

e0033229_1875056.jpg


土曜日で、陽気もいいし、滝に行きたいなぁと思ったが、そんなこと言って花たちを置き去りにしてはかわいそうと思って、雑然とした表庭の手入れをした。

ビフォアー                    アフター     
e0033229_1884092.jpge0033229_1892089.jpg

少しは綺麗になったでしょう。

草を取って並べ替えて裏庭からゴデチャなどを運んでいると、ちょっと白い花が目についた。
ホタルブクロの白が咲き始めていた。
それじゃぁ紫はどうかなと見るとこちらも方がたくさん咲いていた。

ホタルブクロ紫
e0033229_18162490.jpg


ホタルブクロ白
e0033229_1817158.jpg


ホタルブクロの白は静岡に来てから見かけるようになったが、紫は故郷でも畦道などに結構咲いていた。
私は経験ないが、昔は子供がこの花の中に蛍を入れて、小さな提灯のようにして遊んだことからこの名前が付いたという話だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が家には表庭と裏庭を結ぶ狭く長い通路がある、その通路の片側には植木鉢が並んでいて、その反対側には橙色の「姫檜扇=ひめひおうぎ」が、ここが気に入ったというか、この屋敷の中ではここしか生息地がないと言った感じで、花を開いている。
e0033229_18234433.jpg

去年このブログにアップしたが、この姫檜扇にはこの色のほかに真っ白の清楚な感じの花と、橙色と白のグラデーションが可愛い中間の種類があるが、我が家では白がどうしても育たない。
今年は中間色もまだ見えない。

ちなみに白はこんな花。
e0033229_1827141.jpg

by yo-shi2005 | 2014-05-24 18:33 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 23日

旗竿桔梗

e0033229_1884022.jpg

昨日一度書きましたが全部消えました。本日新規に書きます。ご覧ください。
この花にはこんな思い入れがあります。

まずその花です。桔梗の仲間で「旗竿桔梗」
e0033229_201132.jpg

花はこんな花です
e0033229_2014281.jpg


・・・・・・・・・

買ったのは

この花が我が家に来てからもう15年以上になるかもしれないが定かなことは覚えていない。
妻が買ったのです。


その時は、園芸店では、「鳳凰沙参(ホウオウシャジン)」という名前で売られていた。
妻は自分が欲しくって買った花だから大事にしていた。
花もよく咲いた。

最初は一本の小さな苗だったが、株分けしたり、花後の種を採取して蒔いたりして、だいぶ増えた。
今年は、幾鉢かあるうちの一番小さな鉢に植えた小さな株に一番早く花が咲いた。

そして妻はこの花がホウオウシャジンだと信じたままこの世を去った。

気になる花の名前

その後、ネットで調べてみると・・・・??・・・・・やはりこの花はホウオウシャジンではないような気がする。が・・たしかな名前がわからない。

どうしても気になるので、「それなら山野草の専門店で聞けば解るかもしれない」と
我が家からは富士山の反対側の位置関係になる河口湖の近くの山野草店に行ってみた。
2008年6月のことだった。

現物は咲いていなかったので写真を持って行ってこの花の名前を訪ねた。
e0033229_2149929.jpg



見るからの頑固そうなここの親父さんは
「これはホウオウシャジンじゃぁねぇよ。ホウオウシャジンてぇのは、山梨県の鳳凰三山て言う3000m級の山の中腹の荒れ地に自生する花なんだ。そんなとこで育つ花だからこんなふうに茎は直立していねぇんだよ」
「それじゃぁ、この花はなんていうんでしょう?」
私は訊ねた、すると
「この花はなんていうかわかんないけど、ホウオウシャジンじゃぁねぇよ」

白花姫沙参

一見頑固そうな親父さんも、好きな山野草の話になると人が変わったようによく話す。
いろいろ教えてもらったので、お礼もかねて、沙参と名のつく小さな苗を、三つほど買ってきた。
しかしそのうちに二つはいつの間にか消滅してしまった
そして「白花姫沙参」だけはかろうじて生きながらえていたが。

去年までは枯死寸前で、花も一つか二つくらいしか咲かなかったが、今年はすごく元気がよくこんな状態になっている、蕾もたくさんついている。もうじき咲く時期になる。
e0033229_20554248.jpg


「なんでかなぁ」と考えてみたら、この春先に一回り大きな鉢に植え替えて、肥料も少しやったのだった。

これまでは山野草店の親父さんが言った言葉を守って・・・・
「植え替えなんか必要ねぇよ。肥料なんかもってのほかだ」と言われた通りにやってきた。
お蔭でこの白花姫沙参はここ数年ひもじいおもいをしてきたことになる。

滝がらみ

その時この親父さんの説明の中で、山梨県の「鳳凰三山」と聞いたとき、どこらへんにある山かなんてことは全く知らず、たぶん高い険しい山なんだろうなくらいしか考えなかった。

その後、滝の美しさに目醒めあちこちの滝に行くようになり、昨年、滝友のお茶さんに誘われて行ったのが、その話の鳳凰三山の中腹にある「北精進滝」だった。
あの時は別世界にある山のように感じていた山が身近になったものだとつくづく思う。
鳳凰三山のうち薬師岳
e0033229_21373959.png

北麓の北精進滝 500m離れた滝見台から遠望。落差121m )
e0033229_10105950.jpg

(日本の滝100選に選ばれた滝で、山に慣れた人なら滝の真下まで行けるが、私はパスした。
「だって121mもある滝の真下に行ったら滝自体は下の方しか見られないだろう。そんなのつまらない」というのが表向きの理由・・・・)。


e0033229_20273636.jpg後でわかったのだが、ホウオウシャジンというのはこんな花だった。
花自体は似ていないこともないが・・茎は細く垂れ下がったように咲く。





話しは戻るが、この旗竿桔梗も植えっぱなしで何年かすると花が少なくなってくるので3年くらいで植え替えたほうがよいようだ。

この花は気まぐれなところがあって、とんでもないときににょきにょきと茎を伸ばして小さな花をつける。
これもまた楽しからずやと言ったところである。



by yo-shi2005 | 2014-05-23 21:41 | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 22日

言い訳

当ブログサイトにお越しくださいまして誠にありがとうございます。

本日は、私の思い入れの深い旗竿桔梗の花が開花しましたので、それにまつわる色々なことをご披露しようと、一生懸命書きました。
ところが、送信してみると、なかなかつながらず、しばらく待たされた揚句に、エキサイトに接続できなかったというメッセージが出て、せっかく作ったブログ記事はすべて消滅してしまいました。

今から新規に作り直す気力も失せてしまいました。
皆様にはせっかくお越しくださったのに申し訳ありませんが本日は正式記事の投稿はお休みさせていただきます。

原因はパソコン(win7搭載)が悪いか、エキサイトが悪いか、それとも接続業者の方が悪いか、私にはまったくわかりません。

こんな言い訳を書いているあいでに「まだ駄目かな」とセブンのパソコンを操作してみると、今はつながっているようであります。

明日には、気を取り直してしっかり書きたいと思います。

・・・・それじゃ、このいいわけは何で書いているか?、ですか。これは友達からいただいた、古いビスタ搭載のPCで書いています。このPCには画像などのデータが入っていないので、ブログ作成には不自由過ぎて使えないのです。

と言うようなわけで、明日お越しくださいますようお願い申し上げます。

それではみなさま ごきげんよう。

 
by yo-shi2005 | 2014-05-22 23:02 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧