<   2014年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2014年 09月 30日

滝紀行とこぼれ話 その1

e0033229_22493247.jpg


今日の話は9月28日のことです。

最近は車で群馬に行くのに便利になった。
ことし6月に東京付近の圏央道の八王子ー厚木が開通したため、東名高速から中央道に入らなくっても都心を通ることもなく関越道に行ける。

しかし今回の群馬行きは往路はその便利になって高速道路は使わずに、静岡市清水区から国道52号を北上して山梨県から長野県に入り、JR小海線の臼田駅のあたりから東に進み田口峠を越えて群馬県の南牧村に入った。

ナビが「群馬県の入りました」と言ってもまだ相変わらず山の中の県道だ。
しばらく走って家が見えてきた集落だ。

そこで珍しいものを見た。
それは典型的な養蚕農家の建物だがでかい。
ざっと見たところでは、一つの建坪が5~60坪はあろうと思われる総二階の建物が3棟並んでいる。それもきれいに手入れされていて見るだけで嬉しくなるような姿だった。
e0033229_22112968.jpg


興味があったので帰宅していろいろ検索してみるともう一つ興味のあることがわかった。
e0033229_22212775.jpg

この地域は二つの県民が一つの集落を作っていることになる。
地図の中の赤い四角が民家です。このマークよりもかなり多い民家があります。
川沿いにできた集落は珍しくないが、その川が県境になっていて、県道側は群馬県、川の向こう側は長野県である。

このあと出てくる、オープンレストラン?のおじさんにその話を持ちかけたとき・・・
私がおじさんに
「いま、田口峠から下ってきたんだけど、馬坂っつうとこにすげぇ立派なうちが三棟並んでいたけど、あれは何か由緒のある家なんかぃ」と聞くと

「うん馬坂の川の向こうだったんべぇ、あれは昔の養蚕農家だったんだんべぇのぉ」というだけであんまり語らなかった。
今になって思うと、この村のことじゃァないからあんまり知らないということだったのかなと思う。

それにしても、行政サービスなどはどうなっているんだろうか。
同報無線のスピーカーは、群馬県側に立っていたが・・・・・・考えすぎかな。

この集落を抜けて、尾沢小学校が廃校になって、今は南牧村民俗資料展示館になっているところを左に曲がって、最初の訪問滝、線ヶ滝に向かいます。

次回は線ヶ滝の様子から書きます。
by yo-shi2005 | 2014-09-30 22:58 | Trackback | Comments(2)
2014年 09月 29日

群馬の滝

e0033229_22215169.jpg


念願の群馬の滝に行ってきました・・・・と言いましても、群馬には滝が星の数ほどとはいきませんが、たくさんあります
その中の極一部です、
そして、足元の明るいうちに帰りたいと思っていましたが、欲が出て最後にひとつ寄ってきて帰りは7時になりました。総走行距離は、二日間で750kmになりました。

今日はとりあえず主なところだけ画像をご覧頂きます。

最初に行った滝 線のような滝ですがこれは昨日旅先からアップしてあります。

次が象の鼻に似ているという象ヶ滝
e0033229_21541775.jpg


熊倉不動の滝
e0033229_21545988.jpg


八ッ場ダムに沈む運命の白糸の滝の川面の波紋
e0033229_21565313.jpg


そして、八ッ場ダムに半分沈むらしい 不動の滝は、水量少なくその上逆光で、写真になりませんでした。
少し加工してみて見られる画像になったら後でアップします。

そして最後に欲で行ってきた 蒔田(まいた)不動の滝
e0033229_2201513.jpg


後日エピソードも含めて書きます。



by yo-shi2005 | 2014-09-29 22:04 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 28日

群馬へ滝見に

e0033229_21362795.jpg

ただ今念願がかないまして、群馬に滝見に来ております。

もしも万ひとつしか見られなかったら、この滝だけでもと心に決めていた滝の画像を一つだけご紹介して、本日は旅先で慣れない機械で投稿しておりますのでこれで失礼させていただきます。
明日9月29日も滝を見て足元の明るいうちに帰宅したいと・・・今は・・・考えています。

この滝は群馬県南牧村(なんもくむら)の山中にある滝で、見た通りの名前の滝であります。

細い線のように落ちている 線が滝 落差は 35mと言われています。
e0033229_2117326.jpg

この村にはこのほかに滝が20本ほどあります。明日は別の村に行くつもりです。

では本日はこれにて失礼します。         群馬の宿にてyo-shi2005
by yo-shi2005 | 2014-09-28 22:01 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 27日

褒められて伸びる

e0033229_17155182.jpg


褒められた庭の花

褒められるということは、嬉しいものだ。

表庭で花たちに水やりをしていたら、見ず知らずのおばあさん、たぶん近所にお住まいの方だと思うが、立ち止まって・・・・

「素晴らしいお花ですね、これは色もいいし豪華ですね」と言っていきなり褒める。
「うん、この花はいい色ですね、俺の好きな花なんですよ」と素直に応えた。

「なんていうお花ですか?」
「これねぇ、外国から来た花みたいでマンデビラって言うんですよ」。

「オタクのお花はいつもきれいですねぇ、時々見せて頂いていますよ」
「ありがとう、そう言ってもらえるとやりがいがあって嬉しいですよ」。

こんな会話をした花はこれ、私の恋花 マンでビラ薄ピンクだ。
e0033229_17242180.jpg


こういって褒めていただくと嬉しいものだ。

ほかの花も

お友達から送っていただいた寄せ植えポーチュラカは、いま各色揃い咲きだ。
e0033229_17274784.jpg

吊るためのパーツも送っていただいたのだが、表庭には吊るすところがないので、スタンドに載せて楽しんでいる。


先日、葉っぱが秋のように茶色になって散り始めたので、気が早いと短歌に詠んだ紫紺野牡丹だが、あれは秋の先取りではなく、二回目の春の準備だったようで。今はつぼみがいっぱい付いていて、まるで春先のようだ。
e0033229_1731522.jpg


私も我が家の花たちも「褒められて伸びるタイプ」なのかもしれない。
・・・・マンでビラの蔓が伸びること・・・・やっぱ、褒められたせいかな?。伸びる意味が違うか。



by yo-shi2005 | 2014-09-27 17:40 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 26日

酔芙蓉咲く

e0033229_19525836.jpg


酔芙蓉が咲き始めた。

私はどうやら白い花が好きなようだ。

この花は、私のかかりつけの医院の先代院長先生の奥様が、お好きで、医院の前に植えられていて、毎年真っ白な花を咲かせていた。

この木が欲しくって、奥様にお願いして枝を剪定した時に少し枝を頂いてきた。
その時期が挿し木の季節ではなかったので、湿らせたバーミキュライトのなかに入れて、そっとしまっておいて、春になってさして、根付いたものだ。
咲くようになるまでに2年ほど、そして咲き始めてからもう数年になると思う。長い付き合いの花だ。


今朝起きて窓の外を見ると、昨日予想したとおり真っ白な花が咲いていた。早速写真撮影。

6:40 酔芙蓉
e0033229_201183.jpg


日に当たるともう少し紅がさしてくる
9:40
e0033229_2023573.jpg


時間とともにピンク色が濃くなる11:40にも撮ったがここでは省略。
これは13:40撮影
e0033229_2051335.jpg


15:40も撮ったが省略
17:40日暮れ前、もうぐでんぐでん状態
e0033229_2072414.jpg


そして追先ほど、フラッシュをつけて撮影
19:40撮影
e0033229_2093527.jpg


これで明日の朝には濃いピンクの萎れた状態になる。
そしてまた明日の朝、新しい白い酔芙蓉が咲きそうだ。

e0033229_20511493.jpg




by yo-shi2005 | 2014-09-26 20:17 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 25日

皇帝ダリア

e0033229_19242610.jpg



生きている

証しでもあり

このブログ

ネタを求めて

外を見回し








日々の出来事を毎日綴っているこのブログだが。
毎日50~60名の方が訪問してくださるブログだと思えば、一日たりとも疎かにできない。

でも時として、どうしてもネタが見つからないこともある。今日がそれだった。

そんな日は、表に出てあちこち見回す・・・・・と、あった!。

皇帝ダリア

我が家には皇帝ダリアが4株植えてある。

兄貴株の「皇帝ダリア太郎」
今年はこれが一番元気だ。いま高さは3mを超えているだろう。
e0033229_1946558.jpg

途中で芽を摘んだので、写真の窓枠のあたりから二股になっている。


その隣にある、皇帝ダリアホワイト
まだ2mあまりで幹も細いが今年は2本ある。これが心配だ。
一本は前に一度新芽が茶色になったが、それは回復し、今はもう一本の方が茶色になってしまった。
今は様子を見ている。
ホワイト
e0033229_19512455.jpg



皇帝ダリア次郎
この株は去年も途中から成長が止まってしまったが今年もその傾向が見られる。これも心配だ。
2本あるが一本は葉っぱをバッタに食われてしまったが高すぎてバッタに手が届かない。
e0033229_19531564.jpg



皇帝ダリアSAYURI(さゆり)
この子だけは裏庭にあるがゴーヤの棚から首を出す計算だったが、ほとんどゴーヤに押さえ込まれた感じで、まだ首を出せないでいる。
もうゴーヤも終わりなので蔓を取り払ってやればもっと伸びると思う。
この子は上手くすると年が変わってからも花を咲かせることがある。
e0033229_19562113.jpg


裏庭で、酔芙蓉がつぼみを膨らませている。明日には咲くことだろう。



by yo-shi2005 | 2014-09-25 20:05 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 24日

猫のやつめ!!

e0033229_18474766.jpg


熟睡しているとき、裏庭、すなわち寝室の前で・・・・

かたがたん、ぎゃぁおー!!。ばたばたん。

目が覚めた。
野良猫の喧嘩だ。

心配なのが、この猫ども、せっかく芽を出したワイルドフラワーの鉢の中に入らなければいいが、
早く追い払わなくっちゃァ

窓を開けたら、びっくりしたようで、二匹ともどこかに行ってしまった。

最近このあたりでは野良猫はあまり見かけなくなったが、どこか遠くから遠征してきて喧嘩をしているのだろう。

時計を見ると4時だった。
「この時間に起こされちゃァ、もう眠れないや」と起きてしまった。

パソコンをスタートさせた。この時間だとパソコンの動きがいい、快適だ。

夜が明けるのを待って庭に出てみた。

ワイルドフラワーは無事だったが、3年がかりで育てた芙蓉の鉢が倒れていた。そしてその隣にあった大事にしていた月見草の鉢もひっくり返っていた。
e0033229_190391.jpg



芙蓉は昨日見たとき、明日は咲くだろうと思ったつぼみがあったが、幸いにも倒れたところが、生ゴミ堆肥の箱の上だったので無事だった、倒れたところでそのまま咲いていた
e0033229_1911373.jpg


その他に最近涼しくなって花を咲かせ始めたゼラニュウムがふた鉢倒れていて枝が折れていた。

被害は最小限におさまったようだ。
それにしても白花芙蓉は夜は倒されて、それでも咲いたが昼前からは今度は雨にやられてショボンとしていた。最悪の日だったようだ。
e0033229_19234388.jpg



e0033229_195476.jpgこんなことを一生懸命書いていると、どこかで猫が笑っているような気がする。

そんなにいらいらすんなよぉ。
おおらかに行こうよ。




by yo-shi2005 | 2014-09-24 19:25 | 花日記 | Comments(2)
2014年 09月 23日

花の苗を買う

e0033229_17502759.jpg


用事でホームセンターに行った。
お決まりのコースで、まず園芸コーナーを見た。

一般的な花苗の中で、ちょっと大きめで花を咲かせているのが目に付いた。
ペチュニアの白花、これはちょっと高いのだろうなぁと思って値段を見ると、なんと¥98。
見るとしっかりした苗で、根元の下葉も傷んでいないし蕾もまだたくさん付いている。
ただペチュニアは10月くらいで花が終わりになるのが気になったが。
「98円で一ヶ月楽しめればいいか」・・・・・・・買い物かごにいれた。

帰宅後鉢に定植したペチュニア
e0033229_1756867.jpg


その横を見るとなんと嬉しいことに、私の好きな、さくらそう(プリムラマラコイデス)の苗がもう出ている。
まだちょっと早いかなぁと思いながら、もう、手の方は買い物カゴに入れていた。3色各2ポット。

帰宅後小さめの鉢に仮植えしたさくらそう
e0033229_17594049.jpg


その横で可愛い花を咲かせている子が・・・・・。
私と一緒に我が家へ行きたそうな顔をして私の顔を見ているよう見えた。

撫子だ、我が家には撫子がひと鉢あるがそれは昨年春に買ったもので、今でも花を咲かせている。

これも長持ちするだろうと3色各1ポット、買い物かごに入れてしまった。

帰宅後植え付けた撫子
e0033229_1834819.jpg


あ~、もうだめだ、買い物かごはいっぱいになって、財布はカラになりそうだ。

これで、しめて980円なり。 ということは全部98円の苗だったわけだ。

急いで本来の用事の買い物をして帰ってきて植え付けた。
これらが咲けばまた楽しめる。



by yo-shi2005 | 2014-09-23 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2014年 09月 22日

黄色 彼岸花咲く

e0033229_1854831.jpg


この花の球根買ったのはずいぶん前のことだ。
球根を買って1~2年はなんとか花が咲いたと思うがその後は咲かなくなってしまった。

このブログの記録を見ると2012年は花が咲かないと書いてある。
そして昨年は、一本だけ咲いた写真がアップされている。

そして今年は、二本咲いた。大きな花だ。

これは咲いたまんまの、いわば普段着の黄色彼岸花。
e0033229_18101058.jpg


例え一年間放っておいたとしても、これではちょっと・・・・。

そこでツーショットできれいに・・・・
e0033229_18115065.jpg


そしたら、片方の子が、見合い写真にするから・・・・って言うんで・・・・

正装の黄色彼岸花
e0033229_18134691.jpg


やはりこの花は黒屏風の前が似合うようだ。

そんなことより、来年は3本咲くのかなぁ???・・・・・・・。



by yo-shi2005 | 2014-09-22 18:18 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 21日

気になった無名滝

e0033229_19413965.jpg


去る8月14日にある滝に行った。
滝に行ったというよりは、滝がありそうだったので山の中に入っていったらそこに滝があったのだった。
その時の様子はここをクリックすればご覧になれます。

そのときは、お盆で亡妻の伯母の家にお盆のお参りに行ったあと、そのまま車を走らせて山に入ったのだが。
その日は午後も遅く小雨が降り出した最悪のコンディションだった。
撮った写真は露出不足だったし、周囲の探索もあまりできなかった。

この滝の上流にもまだ何かありそうな気がして、是非もう一度お天気の落ち着いている時にこの山に入ってみたいと思っていた。


今朝、日曜日に、短歌ブログの整理をしていたがどうも、尻の方が落ち着かない。
「今日なら天気もいいし、ちょうど良いのに、なんで俺は今こんなことをしているんだろう」なんて考えていた。
我慢しきれなくなって家を飛び出したのは11時半だった。

途中のコンビニでおにぎりとお茶を買って山へ。
今回は親戚の家の前を通ったがそのまま通過。

e0033229_20481927.jpgまだ一ヶ月あまり前にいったばかりだから道はすぐわかる。
急いでおにぎりを食べて、山に入った。


まずは、その滝に向かった、滝までは道はおろか、踏み跡も獣道さえない、ただ以前の記憶と、方向感覚だけが頼りだったが、迷わず目指す滝についた。
e0033229_20504976.jpg


今度は写真もよく撮れた。
このところ大きな雨は降っていないが水量は前回と変わらないようだ。


ここで滝を楽しんでから、滝の上流に行ってみた、
e0033229_2057095.jpg道はない、沢から出て、道なき坂を登って7~80m登るとしっかりした山道に出た。
どうやらこれは竜爪山(りゅうそうざん)への登山道のようだった。
そのまま進むと、先ほどの滝の上流に出た。
先ほどの滝からは数十メートル登っているようだ。


沢を渡るところから見るとその上流にはこんな流木と一緒になった滝があった。
e0033229_2059350.jpg


そして、その下流は、先ほどの滝の落ち口まで樋のような滝とも流れとも言えないような流れが続いているだけだった。
e0033229_2214141.jpg


登山道は沢を越えて、まだ山頂まで続くが、この沢とは違う方に登っていくので私もこれ以上この沢を登るのはやめにして、登山道を通って、山を下りた。

その沢の手前にも二本の水の流れる沢があって、その辺もあちこち探索してみたが、結局大したものはなかった。
「くたびれもうけ」の感じだったが、これで見たいところを見たので、心は落ち着いた。

程よい疲れだった。




この滝の落差は
by yo-shi2005 | 2014-09-21 22:05 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧