<   2015年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2015年 03月 31日

花も氏より育ち?

e0033229_20133391.jpg


ツルニチニチソウは、繁殖力の強い植物で、鉢植えにしておいても蔓を伸ばし、地面に届くとそこで根をだして広がっていく。

2年ほど前に鉢から延びた蔓が地面を這い始めた。
時どき雑草と一緒に引き抜いたがなかなかしぶとい。

気が付くと、椿の木を植えてある大きな箱鉢のところで花を咲かせていた。
e0033229_20263969.jpg


だけど待てよ、花がちょっと違うみたいだ。

もう少し拡大してみよう。
e0033229_2028143.jpg


ちがう!。他の鉢植えはこんな花だ。
e0033229_20292019.jpg


しかし我が家のツルニチニチソウはこれと、もっと葉っぱも花も小さいのと二種類しかないはずだ。

やっぱり、元は同じものでも、鉢の中で、水が足りなかったり、肥料が切れたりしてきたのと、地面を自由に這い回って根を張って大地の養分を存分に吸って育ったのとはこれだけ違ってくるものか。

花の世界でも、「氏より育ち」と言うことか。

別の話

鉢植えの小さな木が枯れた。
小さな花が咲くランタナの一種だったようだが、冬の間水が切れたようだ、可愛そうなことをした。
鉢はしばらくそのままにしておいた。
すると例によって雑草が芽を出す。
e0033229_20422179.jpgこの鉢には緑色のカタバミが芽を出した。カタバミとは、上の箱鉢の中に生えているような雑草です。
箱鉢の中を少し拡大してみました。


ところでそのまま置いた鉢の中のカタバミと思っていた草が花をつけたのです。
それもこんなかわいい花です。
e0033229_20463054.jpg

これは雑草なんかじゃなかったのです。花かたばみ(オキザリスの仲間)の中の、「コモサ」と言う園芸品種です。
球根植物です。

昔誰かから頂いたか、それとも自分で買ったか、定かな記憶はありませんが、確かに以前我が家で咲いたことが有りました。
それが、なぜその枯れた木の鉢の中でこの花の球根が生息していたのか。
謎は深まります。

e0033229_21183158.jpg




by yo-shi2005 | 2015-03-31 21:30 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 30日

忘れた草

e0033229_1745542.jpg


「あんたさん、どなたさんでしたかねぇ?」

顔見知りの人にこんなことを言うようにはなりたくないが・・・・・・。


一週間余り前から、わが庭の真っ白な陶器の鉢の中に新しい芽が出てきた。

だがこれがなんだか思い出せない。
鉢に向かって何度となく、返事の来るはずのない質問をした。

「あんたさん どなたさんでしたかねぇ?」

e0033229_17545773.jpg


我が家には白い陶器の鉢は一つしかない。一昨年までは確かこの鉢には「黄水仙」が植えられていた。
そして昨年黄水仙は一回り大きな鉢に植え替えた・・・・・・ここまでは思い出せたのだが。

その後この陶器の鉢には何を植えたか?。

今日も、だいぶ伸びてきた、鉢の中の新芽に向かって・・・・
「あんたさん、どなたさんでしたかねぇ?」と声をかけながら、写真を撮った。

新しい芽をもっと拡大すると、こんな姿の子だ。
e0033229_1756113.jpg



もうこんなことしててもラチがあかない、いっそ自分で調べてやろう!!。

と思って、先日このブログで紹介した私の外付けハードディスクの中に収納されている画像のうち、去年の春以降のものを全部調べた。白いあの陶器の鉢を探せばよい。

5月、6月、7月、8月、9月、あった、白い陶器の鉢に植えられたのは、この子だった。
e0033229_1834765.jpg


そうだ、この紫紺の花が白い鉢に似合うだろと植えたのだ・・・・思い出した。

あの時はタグもちゃんとついていた。e0033229_1893793.jpg
ひとつ気になったのは、「岩手産と言うことなので、静岡と岩手では気候が違いすぎてどうかな。竜胆は難しい花だから」と思ったのを思い出した。


そして心配が現実になったのか、それとも、お店で蕾に水をかけたのか、蕾が開かないうちに、茶色になって、一本、また一本と枯れていって、あまり花を見ないうちに全滅になってしまった。


ダメなものは仕方がないと、枯れた茎をちょん切って、鉢はそのまま庭の隅の置いたままだった。
その時にタグもどこかに行ってしまったのだろう。
その後は、水も意識してやった覚えがないが・・・・・・・それがなんと無事で生き延びていたのだった。
「よくぞ御無事で」といったところだ。

解ってからよく見ると、茎と葉の形は、昨年の竜胆と同じ形だし、もっと注意してみれば、(一番上の写真の)鉢の中に、去年咲かなかった蕾が枯れたままひとつ転がっているではないか。

「あんたさん、どなたさんでした?」なんて本気で言うことのないように気を付けなくっちゃ。
でも時々同じようなブログ記事を書いている自分が恐ろしい。

と言うお粗末でした。



by yo-shi2005 | 2015-03-30 20:05 | Trackback | Comments(2)
2015年 03月 29日

春の芽吹き

e0033229_2059554.jpg


さくらの便りとともに温かさが訪れ、わが庭にもあれやこれやと芽吹きが見られる。

まずは、わが庭の植えて6年まだこれまでにたった2輪しか花を付けなかった、蝋梅の鉢植えをこの春まだ寒いころに植え替えてやったが、元気な新芽が出てきた。今年は咲くか?。
ただ、こいつ、去年も葉っぱだけは立派に出たから、花を見るまでは何とも言えない。
e0033229_2125283.jpg


同じように鉢植えだが毎年花を咲かせる、酔芙蓉
e0033229_2135728.jpg

写真では、大木に見えるがそんなに太い木ではない、鉢植えだ。

芍薬は赤い新芽がこんなに大きくなってしまった。
e0033229_2191273.jpg


新芽が出る前に植え替えてやろうと思っているうちに脇芽が出てきてしまった。
今年はこのまま咲かせることになるか。アマリリス。
e0033229_21111846.jpg


美央柳と錦糸梅は鉢から抜いてみたら、根がいっぱいだったので株分けしたが、新芽がぐんぐん伸びている。
錦糸梅
e0033229_21135637.jpg

美央柳
e0033229_21143046.jpg


紫蘭は元気で、もう蕾が見えてきた。
e0033229_21153032.jpg


花たちの新芽の成長に私の方が追い付かないのが現状だ。



by yo-shi2005 | 2015-03-29 21:05 | Trackback | Comments(2)
2015年 03月 28日

滝と富士山の続き

e0033229_205574.jpg

昨日久しぶりに滝見に行ったときの画像や歌が残っているので今日はそれらを紹介します。

静岡市あたりでは、桜も開花して、今度の日曜日にお花見を、なんて考えて、でも日曜日は後半雨だそうだから、お花見は朝からやったほうがいいなどと大騒ぎだろうが、、昨日行った富士宮市の白糸の滝のあたりは、標高が500mほどあり、まだ河津さくらに似た早咲きのさくらと、梅が満開だった。
e0033229_2145981.jpg


昨日も書いたが、名瀑「白糸の滝」の上流は、大雨でも降らなければ水は流れていない。
県道に架かる橋(滝元橋)の下あたりは少しは水があるが、その上流は川床は乾いていた、そしてなおも遡ると白糸の滝の近くに豪快に落ちる、音止の滝の上流の川と合流してしまう。
そのあたりの水はきれいで、流れも静かで、とてもあの滝の400m上流とは思えないようだ。
e0033229_2110475.jpg

この流れの下流400mにこの滝は落ちている。
e0033229_21322421.jpg


白糸の滝を撮っていたら、知らない御嬢さんが写り込んでいた。
これって、肖像権やらプライバシーやら、うるさいのかなぁ。

自撮りする女性・・・・後ろ向いている女性はきっと笑っていると思う
e0033229_21233383.jpg


「ねぇねぇどんなふうに撮れた?」といっているようだ。
e0033229_21243998.jpg

元の写真は、この二人の後ろに大きな白糸の滝が写っている。




by yo-shi2005 | 2015-03-28 21:25 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 27日

白糸の滝に

e0033229_1862076.jpg


白糸の滝は、富士山が世界遺産に登録されてから観光客も増えて、話題も多い滝だ。
私はその前から何度となく訪れている。

だが今度は先ごろ世界遺産に登録されたことから、滝前にあった土産物店が撤去されて、周辺も整備が進んで綺麗になったということで、それを見に行ってきた。

それよりももっと大きな目的は・・・・・・・・
こんな写真を撮ることだった。これは、道端の駐車場の看板をちょっと加工したものです。
e0033229_18213812.jpg


富士山と、白糸の滝がツーショットで入るポイントがあるのです。
駐車場に車を入れて、前金で支払いをして、駐車場の案内のおじさんにそのポイントを聞いてみた。
おじさんは親切に教えてくれて、、最後に気になるひとこと・・・・
「だけどねぇ、写真が撮れるかどうかわからないんですよ。今ちょうどその場所で工事をしているのです、うまくその写真を撮れるスポットに入れればいいんですけどねぇ、何とも言えません」。

心に不安がよぎる。

本当は階段を下りて滝前に行くのだが、それは後にして、そのポイントに行ってみた・・・・。
工事の真っ最中だがちょうどお昼時で、車の中で弁当を食っていた工事の人に。

「写真を撮りたいんだけど、あの、コンクリートパネルの中にちょっとだけ入らせてもらいたいんだけど」
すると弁当を食っていたお兄さんのつれない返事

「工事の場所には一般の人は絶対に入れちゃぁいけないって上から言われているんで、悪いけど・・・」。

「だめかぁ~~」

何処かにそんなポイントはないかと探したがここしかない、この工事が終われば、そこがツーショットの展望スポットになるらしい。

・・・・・・・・

仕方ない、そのまま階段を下りて、滝の近くで写真を撮ってきた。

日差しが強すぎる今日の白糸の滝。
e0033229_18355389.jpg

この白糸の滝の不思議。
一番左がメインの滝だが、この滝の上流50mほどのところにはこんなに大量の水は流れていない、この水はほとんどがこの滝のすぐ上流で湧き出したものだ、。
そしてその右の方に100mに渡ってその場で岩の間から湧き出した滝が続く。
メインの滝の左に斜めに落ちてくる細い滝があるが、この上には、源頼朝が狩りに来たときに、この泉の水に顔を写して、鬢の乱れを直したという「お鬢水=おびんみず」の泉がありそこから流れ出したものである
e0033229_2051923.jpg

この白糸の滝のすぐ近くに、音どめの滝がある。ここは上流から水が流れてくる豪快な滝である。
音止めの滝
e0033229_2071732.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまで行って富士山の写真がブログに登場しないのは不自然ですよね。
今日の、富士山は涙が出るほどきれいでした。
ご覧ください
白糸の滝駐車場から見た富士山
e0033229_20153569.jpg


たきとふじさんのツーショットをあきらめてもう少し上の方に車を走らせたところで畑仕事の女性が、ここからは滝は見えないけど、この上がいい写真が撮れるらしくって、よく素人カメラマンが来てますよ」と教えてくれた、梅畑からの富士山
e0033229_20215163.jpg


大きな目的は一つ逃したが、綺麗な滝と富士山を見て。満足して帰ってきた。

脚はどうしたかって??。坂道も結構歩いたけど大丈夫だったみたいです。
4時過ぎに帰宅して、すぐに風呂を沸かして入ってよーくマッサージしました。
もう一回入って寝ます。    いい一日だったぁ。

なお、タイトルの枠の中のワイド写真は、つなぎ合わせたものです、実際にはこの右にもまだ滝が続きます。



by yo-shi2005 | 2015-03-27 20:05 | | Trackback | Comments(2)
2015年 03月 26日

外付けハードディスク

e0033229_20131421.jpg


新しい機会を買っても使って役に立てなくては、無駄遣いと言うことになる。
そんなことはずいぶん昔に、わが子にさんざん言い聞かせてきたことだ。
今はその言葉を思い出して、今度は自分に言い聞かせるときが来たようだ。

今日もまた一つ、機械を買ってきた。使いこなせれば非常に役に立つ。
小さな、持ち運びができるようなハードディスクだ。
その寸法は、縦11cm、横5cm、厚さは8mmと言う小さなものだが、これに500ギガバイトの情報を取り込むことができる。
e0033229_2020232.jpg



買ってきたのはいいけど、使えないのでは仕方がないと思い、私のパソコンの中に収納していた、自分で撮影した画像、(何枚あるか数えたことがない)画像を、番号別、日付別、月別、年別、い整理して、それを3時間ほどかけて、全部入れてみた。

外出している間に、綺麗に入っていた。
呼び出してみると
e0033229_20294391.jpg

これは一年分が一つのフォルダーになっている。2004年から現在まで入っている。
これをクリックすると、月別の12のフォルダーが出てくる、、その中のひとつをクリックすると、その月の一日分ずつのフォルダーが出る。その中のひとつをクリックすると、その日に撮った写真が全部表示される。その中のひとつをクリックすると、その一枚が大きな画面になって表示される。

このように書くと一枚の写真を表示するのにずいぶん手がかかるように思えるが、この画像は普段はバックアップ用で、ノートパソコンを持って外で使いたいときに役に立つ。

これで、今パソコンに入っている画像をうっかり消してしまっても、これに入っているから心配ない。

・・・・と言うようなわけで、今回はこのような心配はないようだ。
e0033229_20461388.jpg


いろいろ入れて、活用するのが楽しみだ。



by yo-shi2005 | 2015-03-26 20:05 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 25日

静岡市駿河区桃園町

e0033229_2028253.jpg


この話は静岡ローカルの話なので、静岡市の方以外は読んでもピンと来ないかもしれません。
あしからず。

さて静岡市駿河区の郊外に、「静岡徳洲会病院」がある。

私はその病院の「歯科・口腔外科」に通って歯の治療を受けている。

今朝病院に行く途中で見かけた満開の桃の花、歯の治療が終わって帰りがけに車をとめて写真を撮ってきた。
e0033229_20405974.jpg



そこは、その病院にほど近く、ある量販店(薬)の駐車場の隣の、桃畑と言っても桃の木は10本ほどの小さな畑だ。
e0033229_20434573.jpg


この桃畑のあるところは別の町名だが、ここから西に200mほどのところに、「静岡市駿河区桃園町」と言う町名がある。

以前私が静岡市に移り住んだ頃にはそのあたりは一面桃畑で、この季節になるとさながら「桃源郷」と言ってもいいほどの、夢のような風景だった。

当時はまだこの近くを通る国道150号線の南安倍川橋はなく、その上流の市道の静岡大橋もなく。静岡市街地からここに来るには、国道一号の駿河大橋か、旧国道の安倍川橋を渡ってくるしかなかった辺鄙な(失礼)ところだった。
そしてこのあたりは早生物の桃の産地だった。

ところがこのあたりも橋ができて、道路が広くなり次第に家が増えてそれに反比例して桃畑は少なくなっていった。
そして今ではほとんどなくなってしまった。
でも、この美しい町名はそのまま残っている。
e0033229_20585468.jpg


だからこの小さな桃畑も今では貴重なものになってしまったようだ。

帰りに、安倍川の堤防道路に回って、富士山に逢ってきた。

今日の富士山
by yo-shi2005 | 2015-03-25 21:05 | Trackback | Comments(1)
2015年 03月 24日

アズーロコンパクト

e0033229_2034667.jpg


何年ぶりだったか、去年久しぶりにこの花の苗を見つけて一つ買ってみた。
もう5~6年ぶりくらいになるだろう。
それがうまく育って大きく枝を伸ばして綺麗な花を咲かせてくれた。
e0033229_20373663.jpg


これに味を占めた私は、今年も苗を手に入れた。
それも三色も買った。

もう置くところがないとか、鉢がないとか言いながら、見ると欲しくなって我慢が出来なくなる。
困った花好きだ。

e0033229_20404299.jpg


そしてなんとか鉢を探して植え付けた。
「ちょっと狭いけど我慢しなよ」なんて言いながら。赤と白
e0033229_2042914.jpg


そして大きな鉢は、ブルーふた株。これが枝を広げたらすごいだろうな。
e0033229_20435269.jpg


ホームセンターの園芸コーナーに行くのが怖い今日この頃である。

でも咲くのが楽しみだ。  だって私は滝花好男だもの。



by yo-shi2005 | 2015-03-24 20:55 | Trackback | Comments(2)
2015年 03月 23日

忘却とは

e0033229_18271946.jpg


昨年ユリの花が咲いて、花が終わって、花柄だけを撮って、そのままほったらかしになっていた。
植え替えもしなかった。

植物は季節を知っていて、もうこんなに伸びた百合もある。
e0033229_18301126.jpg


だがその向こうの方の鉢(赤い矢印)を見ると・・・これは百合じゃぁない。
近寄ってみるとピンクの蕾も見える。拡大すると・・・。
e0033229_18321583.jpg


そう言えば、2年ほど前に、残った球根を「まだ百合は出ないからいいや」と言っていたずらのつもりで、ユリの球根の上の方に何かを植えたような気がするが、それが何だったかもう・・・・・忘却・・・・。
e0033229_20392048.jpg



蕾に訊く「一体君は誰なのだ?」。
e0033229_19303465.jpg



あぁそうだぁあの花だ、ピンクのヒヤシンスだ。

あった、あった!。去年の咲いているときの画像が。
もう少し待てばこんな花が咲くんだ。

e0033229_18582443.jpg


・・・・・と言うことは、今年咲いたヒヤシンスもどこかに埋めておけば来年こんな花が咲くのかな??。

捨てるつもりでいた球根を探す、、欲張りなyo-shi2005でした。

こんな歌を口ずさみながらブログを作りました。




by yo-shi2005 | 2015-03-23 20:05 | Trackback | Comments(2)
2015年 03月 22日

ソメイヨシノ開花

e0033229_16534251.jpg


静岡地方気象台は本日、静岡地方でソメイヨシノが開花したと発表した。
これは言うまでもなく静岡市駿河区にある静岡と訪気象台の敷地内の標準木に五輪以上の開花が見られた時に発表されるものである。

今日のニュースでは気象台の職員が、指さして「あそこと、こことあれと・・・・で五個になりますから開花とします」と言う開花宣言が放送されていた、いかにもお役所らしい。

e0033229_1745946.jpg


ここ静岡市駿河区広野は、気象台のあるところからはだいぶ離れているが、丸子川(まりこがわ)沿いのさくらは、樹によってはかなり咲いていた。
e0033229_1791738.jpg


いよいよ春だ。
しかし月日の経つのが早く感じるのは私だけだろうか。

誰かが言っていたが、歳とって月日の経つのが早く感じるのは、その人の行動が遅くなるためで、同じ量の行動をするのに時間がかかっていることを忘れて、行動した結果のみを考えたとき時間のたつのが早かったのだと思うためであると言うことだ。
言われてみれば、昨年暮れから脚が痛かったりしたので、それ以前よりも行動が慎重になり、結果遅くなっていたからだと考えれば、お正月からお彼岸までが一か月くらいしかなかったような感じがすることが納得できる。


つまらないことを考えないで、桜の花をめでて、明るく過ごしたいものだ。
e0033229_17212576.jpg


e0033229_19585176.jpg

丸子川で遊ぶ川鵜とオシドリ。この川で川鵜を見るのは珍しい。



by yo-shi2005 | 2015-03-22 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(4)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧