<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2015年 06月 30日

二度目の花

e0033229_17324057.jpg


「鳴りを潜める」と言う言葉がある。・・・・活動しないでじっとしているという意味だが。

庭の花もそんなことがよくある。

一度満開になってそれが終わるとしばらくは、花のない地味な状態になってしまうが、そんなときの手入れを怠ると花は正直だから、そのまま終わりになってしまうことがある。

先日白い花として紹介した「カリブラコア」も鳴りを潜めていたが、白をはじめほかの色たちも次々と花を咲かせ始めた。
白は先日アップした通り
e0033229_17445846.jpg


濃いピンクも
e0033229_17454448.jpg


黄色も
e0033229_17461483.jpg


あれ?こんな色もあったんだっけ?
e0033229_174778.jpg

これはよそのお宅の庭に出張していたんだっけ。またつぼみを付け始めた。

そして表庭でしばらく頑張っていたアズーロコンパクトも
一度全体を切り詰めてやったら
e0033229_17491838.jpg


そしてよそのお宅に行ってたピンクも蕾がだいぶある
e0033229_1750110.jpg


このピンクの鉢の向こうの半分は白い花だが、これはまだ鳴りを潜めている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年もこの季節になった

むくげが咲き始めた
白が咲いた
e0033229_17532952.jpg


むくげもだいぶ減らした。
それでも4鉢ある。次々に咲くと思うので楽しみだ。
九州地方の方には申し訳ないが、静岡は今年の梅雨は雨が少ない。適度に降ってほしい。今夜から雨になるそうだから期待しよう。




by yo-shi2005 | 2015-06-30 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2015年 06月 29日

新入りのマンデビラ

e0033229_13531587.jpg


「もう花は増やすまい」と自分に言い聞かせてはいるのだが、気に入った花があると、”自分に内緒で”つい買ってきてしまう。

これも先月買った内緒の花のひとつだが、それが開花した。

ピンクのマンデビラだ。
先日の蔓性の花の時にちょっと取り上げた花だが。
こんな花です。
e0033229_1358843.jpg


この花とよく似た花です
e0033229_1404614.jpg

これは、何年か前にお友達が苗を送ってくれた真っ赤のマンデビラで健在です。
去年も長い間花を咲かせてくれましたが今年ももう咲き乱れるように咲いています。
e0033229_1422267.jpg


この二つの花が微妙に違うのです
無理して二つの花を並べてみました。
e0033229_1432899.jpg


真っ赤なビロードのような花も可愛いけど、新入りの透明感のある花もまたいいでしょう。

ただ悩みもあります。
来月には我が家は少し工事をします。その時の家の周りにびっしり並べた可愛い花たちが邪魔になるというのです。
毎日水を上げるので、まさか寝室に入れるわけにもいかないし。
最近は、悩みながら花を楽しんでいるyo-shi2005なのです。



by yo-shi2005 | 2015-06-29 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2015年 06月 28日

行き付けなかった竜走の滝

e0033229_19341673.jpg


去る1月に、亡妻の従兄弟が他界した。
残された妻は倅と二人暮らし。倅は仕事でいつも家を空けている。
「ねぇさんどうしているかなぁ。しょんぼりしているんだろうなぁ」といつも気になっていた。


我が家から20kmあまりのところに滝がいくつかありそのうちの二つは以前に訪問したことがあったが、その上流にある滝にはまだ行ったことがなかった。


その滝に行く途中ちょっと横道に(500mくらい)入ったところに冒頭の従兄弟の妻の家がある。

「そうだ、お天気もいいし、滝も見ながら行ってみよう」と思い立ったのが11時半過ぎの事だった。
急いで支度をしてちょうど12時に出かけた。

今では買い物もひとりでは行けないと言っていたので、途中でスーパーによって、自分のお昼とそのお宅にお総菜を買っていった。

行ってみると一人しょんぼりとお昼ご飯を食べていた。
「ついでにこれもたべな。スーパーで買ったんで値段がついてるけどそんなことは気にしないでなかみだけ食べて」

暫く話して、今からこの上の方のの滝に行くと言ったら、「雨上がりで滑るから今日はよしな」と言う
「大丈夫だよ、滑らねぇ靴を履いて行くから、それじゃぁ兄さんにお線香を・・・・」
と言うと
「今っから滝に行くんじゃぁ、お線香はよしな。どっかに行く途中でお線香をあげてはいけないっって言うから」
そんな話聞いたこともなかったが、年長者の言うことだから尊重して、
「それじゃぁ帰りにまた寄るよ」と言って、滝に向かった。


静岡市の北部に聳える竜爪山(りゅうそうざん)の麓にある滝で、下流の二つの滝は以前に行ったことがあった。
とりあえずその上流にある「竜走のたき」を目指した。この道は登山道になっている。

途中まで登ると、左の遥か下の方が賑やかだ、滝の音だ。

見ると、まだ写真でしか見たことのない「竜走の滝」の姿が木々の間から見えた。

「紛れもないあれがそうだ、ちっと登り過ぎたか」
滝はまっすぐ下に見えるいから、ここをまっすぐ降りれば滝に行ける、しかし、かなり傾斜がきついし灌木も少なく滑りそうだ。
ここで無理をしたら昨年秋の脚を痛めたときと同じことで、折角よくなってきた脚が元の木阿弥だ。

ここは慎重に登って来た坂道を少し下って獣道でもないかと探したが・・・・ない。

仕方なく傾斜のゆるそうなところを選んで滝を目指した。

そして川床に降りたところに綺麗な滝があった。
e0033229_2152427.jpg

これは竜走の滝の最下段の滝とあとで解った。
その上には二本に分かれた滝がある。
そこまで行ってみようと、このごつごつした右側の岩を登ってみた
e0033229_2165118.jpg

どれを見ても、さっき上の登山道から見たのとは違う。

本来はこんな姿の滝があるはずだ。
この滝の流れの形が竜が走っているように見えることから竜走の滝と言う。
どうやら少し下流に降りてしまったことがはっきりした。

こんな滝だ(この画像は別のサイトからお借りしました)
e0033229_21143240.jpg

二本の滝の右側の一番上にその滝があるようだ。
二本に落ちる滝の横をよじ登れば、この滝に行けるはずだ。後10mほどのところに、目指した木はある。

しかし、岩のごつごつ加減が細かすぎてこれでは、スパイク長靴でも無理だろう。
かと言って、もう一度山に入って、あの崩れやすい山の斜面を歩いて・・・・・そんな体力はない。

ここでけがをしなければ、家から近いのだからまだ機会は十分にある。

挑戦中止を決断した。

時計を見ると3時半。

帰りに寄ると言ってきた親戚でもあんまり遅いと心配するだろう。

そのまま沢を下って、前に来たことのある「5丁目の滝」によって・・・・
e0033229_21294896.jpg

「3丁目の滝」を左岸から覗いて、帰ってきた。
e0033229_21301931.jpg

親戚の家では、年老いたねぇさんが、今や遅しと待っていた。

「ねぇさん、俺の顔を見たから安心したでしょう」
「うん、だけどあたしゃぁ心配してたんだよ」
「だからさ、俺も滝を一つ諦めて帰ってきたんだよ」

そんな会話から、仏壇にお参りして30分ほど話して帰ってきた。



by yo-shi2005 | 2015-06-28 21:40 | | Trackback | Comments(1)
2015年 06月 27日

今日の富士山

e0033229_20582565.jpg


夕方になって、急に仕事を思い出して、安倍川向こうに行った。

行くときは、いつもの市道の静岡大橋をわつぁったのだが、富士山のことは、しばらく見ないうちに忘れていた。

そして帰り道、今度は国道一号の駿河大橋を渡った。
国道に出るといきなりいきなり綺麗な富士山の稜線が見えてびっくり。

「うぉ!、今日はこんなにきれいに見えていたのかぁ」

でも国道の橋の上でUターンは出来ない。
仕方なく橋を渡り終えてもう一度別の橋を渡って安倍川向こうに急いだ。

そこで撮った画像がこれ
静岡市駿河区向敷地から見た今日の富士山 2015.06.27 17:35
e0033229_20312162.jpg


富士山のこんな姿は久しぶりで見たような気がする。

それに静岡県内からの眺めでも、富士山から西側は、雲が切れてよく見えたが、東側の御殿場市や三島市からは一日中ほとんど見られなかったようだ。

ラッキー!と言ったところだ。

ちなみに静岡市清水区(私の撮影ポイントより20kmあまり富士山に近い、清水港あたりからの、県のライブカメラにより同じような時刻の画像は、こうだった。
カメラの違いと距離の違いでこんなにはっきり映る。

清水港に設置された県のライブカメラによる富士山 2015.06.27 17:10撮影
画像を鮮明にする加工を少し施してあります。
e0033229_20381778.jpg


梅雨が明けると、晴れた日には、地肌のままの富士山がよく見られるが、それを見るとよけいに暑く感じるんは私だけだろうか。



by yo-shi2005 | 2015-06-27 20:56 | 富士山 | Trackback | Comments(2)
2015年 06月 26日

待ちに待ったゴーヤチャンプル

お断り  これは昨日の話題です。昨日25日は「ギボウシ」の花が咲いたので、タイムリーな方を先に投稿しました。
e0033229_194935.jpg


我が家のゴーヤの第一号が程よい大きさに実ったので、初収穫をした。
e0033229_1952153.jpg


長さは、スーパーにあるものより少し短いが、これがこのゴーヤの特徴なのだろう。

いつゴーヤが作れるかと思って楽しみにして、肉などの具材は既に買って用意してあった。

早速作った、ゴーヤチャンプルまだフライパンの中で失礼!。
e0033229_19581163.jpg


味はどうかって?。

言うまでもなく美味!でした。

仕事場の前にヘチマだのひょうたんを作っていたのでは、この味は楽しめない・・・・。昔は千成瓢箪だの、ヘチマだのを作っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

別の話ですが・・・・。

去る5月末に群馬県に行って、「たんぼアート」と田植えをしてきました。

現地群馬県高山村役場のブログに6月24日のたんぼの稲のようすがアップされていました。
稲はだいぶ伸びて、絵柄も解るようになってきました
下の原図と見比べてご覧ください。
e0033229_2072090.jpg

e0033229_208868.jpg


なお、同村役場のブログでは一週間ごとに田圃のようすをアップしますが、当ブログでは折を見てアップしたいと思います。
詳しいようすをご覧になるには こちらの高山村のブログ をご覧ください。



by yo-shi2005 | 2015-06-26 20:05 | | Trackback | Comments(2)
2015年 06月 25日

ギボウシの気持ち

e0033229_17282841.jpg


今から10年以上も前に妻が買い求めてきた、縁白(ふちしろ)の葉のぎぼうし(英名・hosta)が一鉢ある.

買った当初は花が咲いたと思うがその後はしばらく花が咲かなかった。
このブログでも何度となく「花が咲かない」と愚痴のようなことを描いたが、本当に花付が悪かった。
それが今年は咲いた。
今日の画像
e0033229_18201595.jpg



最近では花が咲いたのは2010年と2013年だけだった、それも今年と同じように茎が一本だけ。

そして咲かなかった年はいつも、ギボウシに向かって・・・・・・・

「おまえはどうせ花が咲かねぇンだから、もう花は期待しねぇ、葉っぱがちぃっときれいだから、観葉植物っつうことにしとこう。おらぁ花は期待しねぇよ。俺が買ったんじゃねぇから勝手に捨てるわけにもいかねぇからなぁ」。なんて、葉っぱに対して嫌味たらたらだった。

すると、妻の七回忌を秋にやって、その次の年の6月には花が咲いたのだった。
2013年の事だった。
あの時は何か変な感じがしたのを覚えている。
その時の画像
e0033229_1832582.jpg


その翌年すなわち2014年は、咲かなかった。
又例によって嫌味を言った「おまえは観葉植物だけど、今年の葉っぱはあんまり綺麗じゃぁねぇなぁ」

そして先日、ほかの花の手入れをしながら、ふと見ると、なんと蕾が出ているではないか・・・これは「隔年開花」なのかな、なんて言ってみたが、蕾が出たことは嬉しかった。
6月22日の事だった。その日のギボウシ
e0033229_1838083.jpg


そして今日、最初の花が開いた。
e0033229_18385132.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなに、うちのギボウシの悪口を書いておいてから、ギボウシのことをネット検索したら・・・・・・

鉢植えのギボウシは2年に一度くらいの頻度で植え替えが必要だと書いてあった。

考えてみると、鉢が小さいと思って今の鉢に植え替えたのが、忘れるくらい前のことだ。
その後は植え替えた記憶がない。

そのことを私に気づかせたくって、このギボウシは精一杯の力を振り絞って一本だけ花を咲かせたのかと思うと・・・・・・・。

そうい絵が今年は葉っぱの茂り具合も弱々しいように見える。
さぞかし辛かっただろう。可愛そうなことをしたと涙の反省のyo-shi2005であった。

今年の秋には植え替えてやろう。



by yo-shi2005 | 2015-06-25 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 24日

庭に咲く白い花 二題

e0033229_20314542.jpg


カリブコアラ

去る4月7日、読み方の難しい花と言うことでアップした「カリブコアラ」。

4月7日の画像
e0033229_20351489.jpg


その後花は咲くのだが、いまいちパッとしない。

最近も花は咲いているがその数は少なく、おまけに咲いた花は蛞蝓(ナメクジ)のごちそうになっていた。
6月11日
e0033229_20374025.jpg


「これじゃ花がかわいそうだ」と花好き男が立ち上がった。
まず鉢の裏から、葉っぱの下までよく見て、蛞蝓を5匹駆除した。

そして食い荒らされた花や蕾を取りながら、「あぁ、これが悪いんだ」と気が付いた。

これまでに咲いた花は、蛞蝓に食われたのも含めて残りは自分で萎れて散っていた。
その後には花弁を落とした種が残っていた。
種が実るために養分を取られて次の花まで行き渡らなかったわけだ。

そこで、小さな鋏を持って花柄摘みを始めた。
葉っぱをかき分けて、根元から、茎を一本ずつ調べて摘み取った。
そして、重なった茎は位置を変えて、全体に日が当たるようにした。

あれから一週間、だいぶ元気を取り戻してきた。蕾も次々と出てくる。
今日のカリブラコア
e0033229_2049296.jpg


通りがかりに「おぉ、元気になったなぁ」と声をかけてやる、花好き親父でした。
ピンク色と黄色の花が咲くのも同じことをしてやったので近いうちに元気な花を咲かせてくれると思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


月見草

e0033229_20585462.jpg遥かに海の見える丘

  月のしずくを吸って咲く

   夢のお花の月見草

     花咲く丘よ懐かしの


私はこの歌が好きだ、歌だけでなくこのなんとも清楚な月見草の花も好きだ。

4月頃咲き始めてそれからよく咲いているが、大体一度に咲く花のかずは2輪くらいだった。
そこで考えた。
この花は蕾の時から種のできる袋を持っている、花が終わればここに種ができる。
カリブラコアのことを考えると、これも種に養分を取られているのか・・・・。

どこで、この茎に残っていた種を全部取ってしまった。
(来年用の種は別のプランターで実らせている)
そうして一週間が過ぎた。

午後に見るとすぐにも咲きそうな蕾が沢山あった、
「今日はいくつ咲くのかな?」と楽しみにしていた。

5時半ころ外に出てみると・・・・なんと、今日は五輪も咲いている。
こんなの初めてだ。それに花の形もしっかりしている。
今日の月見草
e0033229_218292.jpg


やっぱり花をしっかり咲かせようとしたら種は我慢する、種が欲しければ花は我慢する。

「虻蜂捕らず」にならないように心がけよう・・・と反省したyo-shi2005でした。



by yo-shi2005 | 2015-06-24 21:18 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2015年 06月 23日

トルコキキョウ

e0033229_20173344.jpg


他の物が欲しくて、あるホームセンターに行った。

ひとまず花を見る。次々とみていると、目に止まったのが・・・・・
トルコキキョウだった。

「あいつこの花が好きだったっけなぁ」・・・ふと思い出した。

こんなことが有った。

我が家から50kmも離れた町の農園でトルコキキョウ狩りをやっていると聞きつけてきた妻は、
「ねぇドライブ行かない?。トルコキキョウが安いから」と言う。

今もそうだが、車に乗るのは嫌いではなかった私は、二つ返事でOK.
「道は解るのか?」
「うん、大体わかるし、近くに行けば看板が出てるんだって」

e0033229_20272994.jpg50km近くも走ったところで、道端に看板が立っていた。こんな単純な看板だった。

それを見た妻は
「あれこの看板”キ”が一つ多くない?」
一瞬私もそう思ったが・・・・・・。
「そんなことないよぉ、キを一個取ったらトルコキョウになっちゃうじゃん」


こんなことを言いながら、ビニールハウスの農園に着いた。
農園では直径5cm位で長さも5cmくらいの水道管のきれっぱしのようなものと鋏を渡して、
「入園料500円です。この中に茎が入るだけ入れてください、その分はお持ち帰りできます」と言う

「あんまり下の方で切っちゃぁつまらねぇぞ、花瓶に挿すのにちょうどいいくらいの長さで切ればいい」
なんて言いながら切ったことを思い出していた。



e0033229_20373677.jpgもう買うしかない。一ポット買ってきた。
彼女は薄いピンクの縁取りのトルコキキョウが好きだったのでそれを選んだ。


早速植え付けた。これは家の中に飾るのでちょっと綺麗な鉢にした。
e0033229_20403190.jpg

根が付いているので仏壇に飾るわけにいかないので近く飾ってあげた。

庭が狭いとか置くところがないとか言いながら、やっぱり買ってくる花好き男だ。
・・・・・・・・・これは家の中だからいいことにしよう・・・・・・・・

e0033229_20422481.jpg





今日の短歌
by yo-shi2005 | 2015-06-23 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 22日

一本で三度おいしいカンパニュラ

e0033229_18024.jpg


我が家の、大型のカンパニュラの苗を買ったのは昨年の10月26日の事だった。
はっきり覚えていないが、1ポットが150円くらいだったと思う。紫、白、ピンクと三色買った。
そして早速その日のうちに大きな鉢に植え付けた。
e0033229_1810744.jpg


そして、半年の間”蝶よ花よ”と大切に育てられた・・・・・実は水をやって、時々肥料をやっただけだが・・・・・苗は、ずんずん大きくなり自分の枝を自分で支えられないほどになり蕾も出た。
いつものように支柱を立てて、リングをはめて、枝が偏らないようにタイで止めてやった。

だが、そのうちピンクは、一番花を咲かせながら萎れて枯れた。根が傷んでいた。



そして紫は5月9日に第一号の花が咲いた。
e0033229_18172437.jpg


5月中ごろにはほぼ満開
e0033229_1826137.jpg


そして満開のあとは花はしぼんで茶色になる。
それを全部摘み取る。そのころには茶色になった花のすぐ下には二番花の蕾が待ち構えていた。

間もなく二番花が開花し、最初の花より少し小ぶりの花が満開になる。

6月9日二番花ほぼ満開
e0033229_18315751.jpg


今日6月22日二番花も全部萎れて茶色になった。
e0033229_18395579.jpg


ところがよく見ると4~5日前には見えなかった3番花の蕾が出ている。
「これはいかん」と茶色になった花柄を全部摘み取った。
小さなつぼみに「おやじさん!早くしてよ、私たち待っているんだよ」
と叱られるような気がした。
こんなに蕾が・・・・。
e0033229_18432481.jpg


一株で三度おいしい我が家のカンパニュラ、もう一花咲かせてくれるようだ。
e0033229_18452519.jpg


花の重さに耐えかねて折れた枝や枯れた葉っぱを取ってきれいにして、即効性のハイポネックスでねぎらってあげた。



by yo-shi2005 | 2015-06-22 18:53 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 21日

皇帝ダリア八重咲白花 剪定

e0033229_1812237.jpg


先日、地植えにするところはないけど鉢植えにすればいいと考えて、油を入れるペール缶に植えた皇帝ダリア白の八重咲きのことをブログにアップしましたが覚えておいででしょうか。

e0033229_1891284.jpgあれはどんな花が咲くかと言いますと、こんな花が咲くのです。
ただし「うまくいけば」ですけどね。


その、皇帝ダリアが、こんなに伸びたんです。これは鉢の土の表面からです。
e0033229_18145775.jpg


話しはちょっと逸れますけど、この写真を撮っていると、何かビョンと跳ねるんですよ。
よく見ると、「今年は見かけないなぁ」と思っていた小さなバッタなんです。
全体の長さが1cm位です。


「あっ、こいつはいけねぇ、こんなのにたかられたら、葉っぱぁみんな食われっちゃう」。
e0033229_18231121.jpg

見えますか両方の葉っぱに一匹ずつ。
早速、シューゥとやってやりました。このくらいのうちは簡単に退治できます。

さて、話を戻して・・・・

背が高くなりすぎると、このペール缶では育ちませんから大きくなりすぎないようにしなくてはなりません。

「でもまだ50cmだからなぁ」
「でもこのくらいで選定しないと大きくなり過ぎちゃうかも」
「だけどちょっと可哀想な気がするしなぁ」
「でも咲くのはまだ半年も先のことだからなぁ」

こぬかのような雨が降る中で一人考える。yo-shi2005でした。

いろいろと思案して、結論として、48cmのあたりで切りました。
e0033229_18305341.jpg


お手本も参考書も何もない育て方なので、悩むことが多いです。

  まして、一本しかない花なので、なおさらです。どんな結果になるか。
         このあとの経過もブログアップします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
五月末に群馬で行った田んぼアートの稲の途中経過をぐんまブログに明日22日夜に投稿します。




by yo-shi2005 | 2015-06-21 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧