<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2015年 10月 31日

山梨の旅 2

e0033229_2052813.jpg


まずはこぼれ話を一つ

私は折鶴の作り方を知らない。

山梨県韮崎市(にらさきし)のホテルチェックイン。
部屋に入るとベッドの横の台の上に、お気付きのことがありましたら・・・というカードのうえにこんなかわいい折鶴がおかれていた。
私は、自分では作れない、これ折り鶴が欲しくなった。
でもこんな親父が、折鶴を下さいと、わざわざフロントに言うのも気恥ずかしいので、そのカードに一言書いていただいてきた。
折鶴をつぶしてしまってはいけないと、めがねケースからめがねを出して、その中に収めて連れてきた。
e0033229_2254122.jpg

e0033229_22201021.jpg今ではパソコンの上にちょこんと止まって私のやることを見つめている


さて本題に移ります。
やっぱり坂道散歩と実際の山路とは脚の筋肉の使い方が違うようで、昨晩はホテルの大きい風呂を独り占め状態でふくらはぎを十分にマッサージして塗り薬も塗っておいたが、朝になってもまだきつい筋肉痛が残っていた。

そんなことより滝だ。とにかく現地に行って、脚と相談しながら登ればよい。
ということで、ナビに滝の入り口のあたりを入れて出かけた。


行先は、山梨県北杜市(ほくとし)の山を知る人には有名な「甲斐駒ケ岳」の麓の、「尾白川渓谷」にあるいくつかの滝を目指していた。

駐車場に着くと、駐車場は7割がたふさがっていた。
そして、駐車場の一番奥の登山口のすぐ前には救急車が一台救急隊員も3人ほど待機していた。
駐車場の警備員にきいてみると「足を滑らせて滑落した人の救助です」という。
ついでに山道の難度を聞いてみた。
すると
「最初の千ケ淵まではそれほどでもないですけど、その上はかなりきつくなります」という。

「脚と相談しながら行けるところまで行ってみるよ」と言って出かけたのだが・・・・・・

昨日の筋肉痛が私に「無理するなよ」と言っているようだし、千ケ淵で滝を見ていると上空をヘリが飛んでいる。
おそらく滑落した人の救助のためだと思う。

駐車場のおじさんは
「千ケ淵は滝じゃァなくって淵を見るとこです」と言っていた。
滝はないのかと思ったら滝もあった。

半分岩の陰に隠れて見えない滝とその下の方に小さな滝も見えた。
e0033229_21165657.jpg


しかしやっぱりここは淵を見るところだと納得した。
e0033229_21174930.jpg


しかしその後は、脚と相談したらあまりいい返事をしないし、駐車場のおじさんは、千ケ淵から上は起伏がひどくなりますよ、というし、ヘリの世話にはなりたくないし。

昔、子供のころ、叔父から教えられた「君子危うきに近寄らず」を実行することにした。
・・・・・あの時叔父さんは「虎穴に入らずんば、虎児を得ず」とも教えてくれたっけなぁ、でもそれは今日は忘れることにした。

次回は28000mもある大きな岩の話です。

今回はこれに・・・・・・・そうそう、昨日アップしなかった、大滝の上流の一の滝の画像です。
e0033229_2134369.jpg

この滝の不が、昨日アップした滝よりも、綺麗だと言うサイトもあるが・・・・
私はそうは思えない。

帰りがけに朝霧高原(富士山の西側の裾野)で見た富士山はすばらしかった。
e0033229_21352717.jpg




by yo-shi2005 | 2015-10-31 21:05 | Trackback | Comments(2)
2015年 10月 30日

山梨県北部・清里あたり

e0033229_2010383.jpg


ただいま山梨県韮崎市のホテルの一室でブログを書いています。

昨日になってから、滝を見に行こうという気になって、今朝は普通に起きて花に水をやり、自分も食べて、ちょっと用事もすまして、家を出発したのが9時過ぎ。

まず行きたかったのが何年か前に一度訪れたことのある、吐竜の滝。ここは八ヶ岳からの伏流水が沢に向かって上から滝になって噴き出してくる。とてもきれいな滝です。
一般の人にも人気のあるお手軽な滝で、いつもにぎわっています。
周囲は図らずも紅葉真っただ中でした。
とりあえずその画像だけどうぞ
吐竜の滝
e0033229_20221162.jpg


滝の前では、コンビニのおにぎりも格別の味でした。


ゆっくり滝を鑑賞して、次に向かったのは、これも同じ時にいちど訪問したことがある、清里の大滝です。
この滝は一の滝、二の滝と別れていて、前回行ったときは上流にある一の滝は、木の葉に隠れて、よく見えなかったのでそれも観たいと思っていました。
今回は上の滝もよく見えました。今日はメインの二の滝だけアップします。
e0033229_20265099.jpg


e0033229_211352.jpg




by yo-shi2005 | 2015-10-30 21:05 | | Trackback | Comments(2)
2015年 10月 29日

ほったらかしにされた!!

e0033229_17541469.jpg


ずいぶん花を大事にしているようなブログを書いているが、時には残酷なこともしているyo-shi2005である。
今日のブログは残酷物語だ。

去年の暮くらいにフリージアを植え替えた。
鉢の中が球根でいっぱいだった。

それを二鉢に分けて、適当に隙間を開けて植えつけた・・・が…球根が残ってしまった。
そこでもうひと鉢植えたがまだ残った。

もうそんなに植えたってしょうがないし置くところもますます狭くなるので、やめた。

残った球根を小さなポット鉢に入れて、何も植えてない土の入った鉢の上に置いて、そのまま忘れていた。
去年の夏ころに芽が伸びた球根がいくつかあった。
「こんなとこに置いても芽がでるんだなぁ」くらいに思っていたが、今年の夏に見ると、いっぱいに葉を伸ばしていた。
「なんだぁ、まだ咲きたいのか」と言いながら持ち上げようとしたら、小さな鉢が重たい」
見ると、底から根を出して、下の鉢の土に根を張っていた。

「うわっ、これはすごい、それじゃぁこうしてやろう」ともうひとつ土を入れた鉢の中にそのまま入れてやった。
こんなふうに
e0033229_1812756.jpg

球根は重なり合って入っていたはず、球根にしてみればいっそごみ袋に放り込んでもらった方が楽だったかもしれない。 反省材料。



我が家の庭で数少ない地植えの植物の中に黄色の花のランタナがある。高さは2mを越えている、花は一年に何度か満開になる。
e0033229_1823088.jpg


この花と同じように3色でそろえたいと思って、白とピンクを買ったのが数年前の事だった。
ところがこれは種類の違うハーブらしく葉っぱの臭いが強いし、枝が細くよく伸びる。

どうも気に入らないのでそのままほったらかしておいて、ふた鉢じゃぁ邪魔だと一鉢に寄せ植えにしてしまった。庭の隅っこで時々可愛い花をつけていた。
これもこのままじゃかわいそうだなと、台の上にあげて、水をやったり肥料をやったりしたら、最近はよく花が咲くようになった。そして枝は伸びるのびる。
e0033229_18274432.jpg

この子も長いことほったらかしておいたなぁと思いながら水をやっている。


その大きな黄色のランタナの枝の下に白い鉢があるので引っ張り出してみたら、なんとそれはオキザリスバーシーカラーだと思う。去年咲いてから、そのあとはほったらかしだった。適当に雨に当ったりほかの花にやった水がかかったりして、何とか生き延びてきたようだ。
「可愛そうになぁ、ゴメンヨ」
このヒョロヒョロと痩せこけたオキザリスは何も言わない。何も言わないだけによけいに可哀想になる。
たっぷり水をやった。 これも反省材料。
e0033229_18335023.jpg




by yo-shi2005 | 2015-10-29 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 28日

中秋の歌散歩

e0033229_21281594.jpg


秋まきの花の種はほとんどがこの時期に蒔くように言われている。球根も同じことで、特にラナンキュラスの球根は硬くって指に突き刺さるほどだ、これを2~3日湿った水苔に包んでおいて静かに水を吸わせて柔らかくなってから植え付ける
e0033229_2133316.jpg



ハイビスカスは夏の花に非ず。真夏は蕾も花も少なくなるが秋になると元気に咲いてくれる。
冬の寒さに葉も枝も枯れてしまったが、幹がまだ生きていたのでそっと大事にしていたら
e0033229_21354122.jpg



この夏は庭の花が寂しかったので、その反動か、やたら花の苗が買いたくなる、しかしそれらを置くスペースは限られている。せっかく咲いても愛でる場所がないなんてことになりかねない。
e0033229_21381574.jpg




by yo-shi2005 | 2015-10-28 21:41 | 歌散歩 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 27日

カンパニュラ

e0033229_182036.jpg


このところ花関係のネタばっかりで、「花好きの花のブログは寝てるに然り」なんて言われてしまいそうだが、花好きにとっては、今やっておかないと手遅れになるようなことがあるのです。

このところ毎年育てて自己満足している花に、カンパニュラがある。
つりがね草ともベルフラワーなどとも呼ばれる。
今年も五月に一度花が咲き、そのあと六月に再び咲いて、その後三度目蕾を付けたのだが、今年は梅雨明け後の暑さが厳しかったために、暑さに弱いカンパニュラは敢え無く敗退中断となった。

その時の二番花がこれ
e0033229_17544766.jpg


こんな経験をすると、同じ花を育てたくなる気持ちは・・・・わかんねぇかなぁ・・・・。

そんなわけで紫、白、ピンクと三色の苗を買ってきた。今年はちょっと冒険して、小さい鉢に植え付けてみた。(本当は置く場所がないから)
これを春の初めに大きな鉢に植え替えたらどうだろうかと考えたのである。
e0033229_1758288.jpg


種苗店で見るとすぐ隣に、八重咲きと言うのがあった。つい手が出てしまった。
e0033229_1759199.jpg



e0033229_1864121.jpg


店の中に入ってみると、しばらく我が家とはご無沙汰していた、勿忘草(わすれなぐさ)の種があった。
勿忘草には比較的小ぶりのピンク、白、ブルーと大きくなるブルーがある。
白もほしかったがそれはなかったので二色だけ買ってきて早速蒔いた。

ムギナデシコも先日蒔いたのは薄いピンク一色だったので、他の色も混じった種を買ったがこの中にブルーがあるかどうか、それは不明だった。
e0033229_18104093.jpg


みんな蒔いた・・・・ただ心配なのは足の踏み場がなくなりはしないかと・・・・。



by yo-shi2005 | 2015-10-27 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 26日

儲けもののハイビスカス

e0033229_17301752.jpg


今から20年も前に椿の苗を買った、小さな苗だった。その年は小さな花がいくつか咲いた。
翌年からはもっと大きな花になったが数が少なくなった。

亡妻は「小さくって可愛いって言って買ったのに、大さくなくなっちゃったねぇ」と言いながら水を上げている風景が今でも思い出される。

それから毎年咲くが、花は小さかったり大きかったりしてきた。

そして今日咲いたのは普通の椿より少し小さめの花だ。
買った時はXXXXと言う名前が付いていたと思うが、年月とともにそれもわからなくなってしまった。
そこで私が名付けた。
そんな椿だが、今年は例年以上に蕾が沢山付いているので楽しみだ。
e0033229_17374475.jpg


昨年の冬は殊の外寒かったが、そんな冬に、添い寝をしないで物置に入れて置いたハイビスカスのうちのひとつ。
葉っぱは全部枯れ落ちて枝も、上の方は枯れてしまった。
枯れた枝を上から少しずつ切り詰めてみると幹のうち、下の方は緑色で生きていた。
「ひょっとしたらひょっとする」かもしれないと、暖かいところで管理したら「ひょっとした!!」
横から新芽を吹いてきたのだった。
「今年のうちに花が咲くところまで行けるかな??」
新芽はすくすく伸びて、秋になってから蕾が出た。
そしてついに咲いた。
「ひょっとした」朱色のハイビスカス
e0033229_1745113.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0033229_17455764.jpg


坂道散歩でいつも通る道端にあるのに今日まで気が付かなかった。
大豊作のつぼみが付いている。

こんな画像見たくないと思われる方もおられると思うが・・・・。
私の妻だったら画像を見ただけで目がかゆくなりくしゃみが出るだろうと思う。
道端の手の届くような所にある杉の枝のつぼみ
e0033229_17502346.jpg



坂道をちょっと登ったところに茶畑がある。正確に言うと「茶畑だったらしいところ」がある。
雑草の生い茂った畑から、あるじに見捨てられたお茶の木が顔を出して、花を咲かせて、去年の実をつけていた。
可愛そうだがこれが現実だ。
e0033229_17543161.jpg


なぜかもの寂しいような坂道散歩だった。でも元気に行ってきました。



by yo-shi2005 | 2015-10-26 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 25日

冬の花苗を買う

e0033229_19544959.jpg


たとえ庭が狭くて置くところがないと言っても、季節の花は欲しくなる。

それに、ホームセンターの園芸コーナーに行けば、花苗たちが
「ねぇ、わたしをあなたのおうちにつれてってぇ」なんて言ってるように見えて仕方がない。

という言い方もあるが言い方を替えれば、欲しい花ばっかりだって言うことになる。

冬の花苗を買うつもりで出かけた。

・・・はなみずきの苗がある、山茶花も、去年枯れてしまった、紫紺野牡丹も、見ればみんな欲しくなりそうなものばっかりだ。

そんなことを考えていても仕方がない、とりあえずすぐ欲しいものだけを買ってきた。

我が家の定番、プリムラマラコイデス、和名サクラソウ
e0033229_20474741.jpg


昔は種を採取して苗から育てたものだったが最近は苗を買った方が間違いないので・・。


これはかわいらしいので、冬の庭が明るくなる。
プリムラ・ジュリアン
e0033229_20501074.jpg



この季節の代表選手
ビオラ
e0033229_20513367.jpg

この写真を一枚撮った後この苗はこんな姿になった
e0033229_2054874.jpg

咲いている花も蕾までも全部摘み取った。こうした方が根の張りがよくなるようだ。


もうひとつ、私自身初めての花、変な名前で覚えられないのでタグも写真に撮って置いた。
e0033229_20554362.jpg

・・・という苗で、苗は小さいが「今に見ていろ」と言ったところだと期待して、大き目の鉢に。
e0033229_20571786.jpg


このくらいにしておかないと、先日蒔いた種がもう芽を出し始めた。これも植え替えることになるのだから、あんまり増やすわけにはいかない。

矢車草
e0033229_2141396.jpg

ムギナデシコ(アグロステンマ)
e0033229_2143040.jpg


そのうちわが庭もにぎやかになることだろう。



by yo-shi2005 | 2015-10-25 21:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 24日

坂道散歩で

e0033229_20295067.jpg


月日の経つのは早いもので、私が「坂道散歩」を初めてから50日余りになる。

山道が暗いと嫌だからと、10分ほど遅く出発したが、行ってみたらその必要もなかったようだった。

坂道に秋を感じながら登っていくとあとから駆け足で来て元気よく追い越していく人もいる。
決して真似はしたくない。

高いところにからす瓜が真っ赤に熟れている。
e0033229_20434288.jpg


そしていつもの展望台下に着いたときはいつもより10分遅い、順調だ。
そして下り坂で日の出を迎えた。今朝の画像
e0033229_20431829.jpg

左に横たわる低い山は日本平のある有度山で、中ほどに地デジのアンテナ鉄塔があります。

この画像は太陽が顔を出してから2分ほどしてからの撮影です。

よく見ると日が昇る位置がだいぶ南に移っている。

ちなみにこれは坂道散歩を始めて間もない9月3日の画像です。
この日は太陽はもっと後から雲の上に顔を出したが、雲の光り具合で太陽の位置はおよそ見当がつく。
e0033229_2052959.jpg


そしてこれは9月16日の画像
e0033229_20542457.jpg


こんなことを気にし始めて、もっと詳しく見ようとネット検索したら、丁寧に説明してくれているサイトがあった。

それはここ だが、見ているうちにだんだんわからなくなってきた。

そして見るのをやめた。
その結果わかったことは、だんだん冬に近づいているということだ。

その説明しているサイトを開けて読むのはよいが、鎮痛剤を用意してからの方がよいかもしれない。

「おめぇの頭とは違う!!」なんて叱られそうだ。




試験栽培の皇帝ダリア
by yo-shi2005 | 2015-10-24 21:05 | 自然 | Trackback | Comments(2)
2015年 10月 23日

野牡丹と話し合い

e0033229_20244518.jpg


昨年まで紫紺野牡丹の高さ1mほどの鉢植えがあった。
しかし秋口に急に勢いがなくなってしまってついには枯れてしまった。
鉢をひっくり返してみると、案の定、コガネムシの幼虫が十数匹も出てきた。
そしてそいつらに食われた紫紺野牡丹の根は綺麗に丸坊主になっていた。

どうしてもあの紫紺のぼたんが忘れられずに、7月後半になって園芸店に行ってみたが。あの紫紺野牡丹はなかった。

代わりに色違いのピンクの野牡丹をふたつ買ってきた。
e0033229_20312863.jpg


ちょっと遅かったので、花も終わり際だった(紫紺野牡丹はもっと遅くまで咲いたけど)

その後は大した花は咲かなかった。
そして今日、季節外れに一輪だけ小さなピンクの花が咲いた。
e0033229_8442350.jpg

ところがこの画像を見ても解るように枝が横に広がって、これでは「オクトバートル」だ。
「オクトバートル」わかりますか。
「置くと場をとる」すなわち場所をとるということです。

もう一つの鉢もこんな状態でした。
e0033229_845227.jpg


猫の額のようなわが庭には、この樹形は禁物なのです。

そこで野牡丹を二つ並べて話しかけた。

「おい、見ても分かるようにな、我が家の庭は狭いんだ、そんなに横に枝を伸ばされたんじゃァ迷惑なんだけどなぁ」
「でも私らは、茎が軟らかいから上に伸びたらぐにゃってなっちゃうんだよ、それならどうすりゃぁいいの?」
「そぉかぁ、それじゃぁそこのランタナとか、玄関前のタカラズカみてぇなやつだな」
「そぉなんだよ」
「よし、それじゃぁ何とかしてやるから、俺に任せろ」

といって作ったのがこんな形。
花が咲いたA
e0033229_8514045.jpg


花が咲かなかったB
e0033229_20532854.jpg

大して変わらないみたいだけど・・・・
Aの方はツリーのように上に伸ばして、Bの方は横の枝を枝垂れさせてやってみようとこんな風にしてみたが、はたして来年思うように伸びてくれるかどうか。



by yo-shi2005 | 2015-10-23 21:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 22日

1GBSにメニュー変更

e0033229_1925954.jpg


パソコンが時々もたもたするのが気に入らなかった。
送信容量と言うか速度が少なすぎるのかと思って、1GBS(1ギガバイトパーセコンド)に切り替えた。

プロバイダーのCOMMUFA(コミュファ)に申し込んだ時に、「つなぎ方は解ると思うけど、パソコンの方の設定が自信がないのに手を出して、変な具合になってしまうと困るので、そこんとこやってもらえますか?」
と訊ねると・・・・
「はい、それもやれます」ということだった。

それに関するいろいろな手紙が来た。
そしてクロネコ便で機器も送られてきた。
e0033229_18172262.jpg


開封するようにと書いてあるので開けてみた。
弁当箱のような機械の入った段ボール箱と、接続説明書が入っていた。
e0033229_1819217.jpg


なんだぁ、これは俺に機器の接続とパソコンの設定を自分でやれって言ってるみたいだ。

実は数年前にWindows7のPCを買った時に、「こんなのXPと同じようなものだろう」と何もわからないまま手を付けてしまった。
それが、使い始めてみるとだいぶ様子が違う。PCの中はめちゃめちゃになってしまった。
そのころはまだXPが健在で十分に使えたのでそれを使いながらセブンを修復して使えるようにしたが、まだ今でも完全な状態ではない。
その時のトラウマが脳裏にこびりついているのだった。

「パソコンの設定作業は出来るだけ自分ではしないようにしよう」と自分の中できめていた。

ここで、自分で設定なんかやって失敗したらトラウマの二度塗りになる。と考えて、プロバイダーのcommufaに電話して「失敗するといけねぇからやってもらいたい」と申し込んだ。

先方の言うには「あなたはゴールド会員になっていますから、年間に二回だけ無料出張サポートが受けられます」ということだったので・・・
「それじゃぁその中の一回分でそれをやってちょうだい」と依頼した。

来る前に今度危機を入れ替えるところの写真を撮って置いた。
e0033229_18312670.jpg

一番左が、回線終端装置、光の信号がここまで入ってくる。
一番右がブロードバンドルーター、信号をネットとTVと電話に振り分ける。
真ん中の黒いのが私が自分で買ってきて取り付けた、無線ランルーター。

そして今日そのサポーターのお兄さんが来てくれた。

全部替えるのかと思ったら。
「これは要らなくなります」と言って外したのが、黒い無線ランルーターと、ブロードバンドルーター。
そこへ新しくホームゲートウェイと言う機器。
「今度はこの二つの機器で済みます」
少しすっきりした。
e0033229_1840348.jpg

そして、セブンのPCと8.1のノートPC の設定をして、いろいろと説明してくれた。
他にもパソコンがありますかと言うので、「タブレットならあるけど」「タブレットもこの電波を使えばタダです」。
外で使うときはドコモに自動的に切り替わります」
これは有難い。

心なしか、パソコンの動きが早いような気がする。早くて当然だが。



by yo-shi2005 | 2015-10-22 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧