<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2016年 02月 29日

プリムラ・オブコニカ

e0033229_17221546.jpg


実は、昨日梅の花を観に行った帰りにその近くのほーむせんたーに寄ってみたのでした。
でも気に入ったのがなくって、買わずに帰って来たのでした。

e0033229_17392135.jpgそして今日は別のホームセンターに行きました。


並んでいる苗を見ていると、目についたのが、ごでちゃの苗でした。
「おい、俺はお前が出てくるのを一日千秋の思いで待ってたんだぞぉ」と心の中で叫んだ。
でもタグを見ると斑入りの花と赤の無地しかない。
それでもいい、なくならないうちにと、2ポットずつ買ってきた。
e0033229_17364291.jpg


うちで種を蒔いた苗が2本あるから、これでいいか、それとも別のホームセンターに行ってみようか。思案中です。

そしていくつか篭に入れて、最後に目についたのがサイネリアと、オブコニカでした。
先日サイネリアを買ってきて、ベッドの横で元気に花を咲かせています。
そのサイネリアがこれです。e0033229_1745272.jpg


「それじゃぁオブコニカにしよう」ということで、つい手を出してしまった。

プリムラ・オブコニカ
e0033229_18195930.jpg


帰ってきて、このオブコニカだけはすぐに植え替えたが、あまり冷たい強風が吹くので、今回も「明日頑張ろう」ということにした。

どうして俺はこんなに花に弱いんだろうか?、見るとすぐに手を出したくなる。



by yo-shi2005 | 2016-02-29 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)
2016年 02月 28日

古刹の梅林

e0033229_1825404.jpg


静岡市の郊外にある古刹洞慶院(とうけいいん=通称おとうけんさん)の梅林には今年になって3回訪れた。
まだ満開ではなかったが、だいぶ花は開いていた。

先日修理が終わって”退院”してきたパソコン(ニックネーム奈々子)は内蔵のハードディスクを交換したので、初期設定をしなくてはならず、今日、プロバイダーのコミュファのおねぇさんの電話サポートを受けながら、その初期設定をやったが、プログラムの更新に時間がかかって・・・・

「とっても待ってなんかいられねぇ」というわけで洞慶院に梅の花を観に行ってきたわけだ。

更新プログラムの確認したら207個のプログラムをインストールする必要があったようで、ダウンロード、インストールとまだセットアップがあるのかもしれないが昼前から初めて、いま6時過ぎ、まだやっています。

そして梅の花の方は、まだ少し早いようで、満開とはなっていなかった。それでも・・・
e0033229_18411920.jpg


この程度の咲き具合
e0033229_18454735.jpg


e0033229_1846377.jpg

e0033229_18473100.jpg

e0033229_18474369.jpg


目の保養にはなったようだ。



by yo-shi2005 | 2016-02-28 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2016年 02月 27日

アマリリスの植え替え

e0033229_17214292.jpg


昨日は夕方近くにこの植え替えをやろうと思ったが北風のあまりの冷たさに、恐れをなして家に逃げ込んでしまった。

赤玉土も、腐葉土も買ってきて、午後あまり寒くならないうちに始めた。

今日の主人公、アマリリスのピンクの花が咲く株で、これは以前隣に住んでいた奥さんからいただいたもので私の一番気に入った色です。
e0033229_17253248.jpg

ちょっと古い画像ですけど可愛いでしょう。

ほかの鉢は昨年春に植え替えたが、この鉢だけはその時すでに新芽がだいぶ伸びてしまっていたので、植え替えは見送ったのだった。
横についた子供の球根は一段と大きくなり狭苦しそうだ。
e0033229_1727582.jpg


これは私の知っている限りの知識で植え替えをした記録です。

まずは用土、赤玉土と腐葉土は午前中に買ってきた。
こんな比率で用土作り
e0033229_17304331.jpg

赤玉土、腐葉土、バーミキュライト、それに、土質改良のために、苦土石灰少々。
赤玉土が渇いているのでこの時点で少し水をかけて湿らせてよく混ぜ合わせる。
この画像の右側の黒いのが腐葉土、その向こう側に少し白い粒粒が混じっている部分がバーミキュライトです。苦土石灰は粒粒と粉末がありますが、この画像のは粒です。

球根を鉢から抜き出す。根と球根を傷めないように、特に根は絡み合っているので無理に引き離さず解きほぐすように分ける。
・・・・と、その時・・・・
古い土の中から、とんでもない奴が出てきた。

コガネムシの幼虫だ、だいぶ食われたようだ。
e0033229_17372564.jpg


そこで思いついて「そうだこれを用土に混ぜておこう」
土中の害虫退治の薬
e0033229_17384584.jpg


今年植え替えをして良かった。もしもこのものぐさ男(私)が何とか理由をつけてこの植え替えを来年に延ばしたら、この球根の根は全部この虫どものご馳走になってしまったことだろう。

植え付けは、鉢の下の方に、赤玉土の大粒を入れて、次に混ぜて作った用土を少し入れて、緩効性の肥料を少し入れて、再び用土を、球根の大きさと相談しながら入れる。

仕上がりがウオータースペースをを作った用土の表面から球根の頭が3cmあまり(球根の高さの三分の一くらい)露出するように合わせて、球根の根をそっと広げて置き、周囲から土をかける。
e0033229_17481823.jpg


鉢の胴を両手でたたいて土をなじませる。
腐葉土が露出していると風で舞うので、表面に薄く赤玉土を広げて置くと、見栄えもよく用土が渇いたこともよく分かるようになる。

水をたっぷりあげて、名札を立てて、出来上がり。
e0033229_17531014.jpg


一つの親球根から子供が8こ出て来て1こはあんまり小さいので捨てたが、あとは全部植え付けたら。なんと一鉢だったのが3鉢になってしまった。
e0033229_17552519.jpg


なんだか春の大仕事が一つ終わったような気がする。

さてこれが今年いくつ花を咲かせるか、そしてあの小さな球根が花を咲かせるのはいつのことになるか・・・・楽しみだ。



by yo-shi2005 | 2016-02-27 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 26日

急遽中止アマリリス植え替え

e0033229_18185993.jpg


午後から風が出てきた。それもものすごく冷たいそしてやや強い風です。

昨日のブログの下の方に書いた、ピンク色のかわいい花が咲くアマリリスだが、時間もできたので
「思い切って植え替えをしよう」とその鉢を引っ張り出して作業台に乗せて、支柱を引き抜いた。

そこまではちゃんとやったのです。
e0033229_18233374.jpg


今回はしっかりと手順を踏んで、それを画像として記録しようと、意気込んでいたのでした。

・・・・ところがその時・・・ビューーと北風が・・・・「うっ、寒い、さむいなぁ、こらぁたまらん」

見ると用土の鹿沼土もちょっと足りない気がする。今から買いに行っても遅くなれば寒くなるばっかりだ。・・・・なんとでも理由はつけられる。

「今日は中止しよう、風邪ひいたらたまらないから。植え替えは明日でも枯れちゃうわけじゃないから・・・・・思い通りにならない日は、明日頑張ろう」

急遽中止してしまった。

「今回はこの植え替えを事細かに記録して、これをブログに載せておこう、そうすれば、この次の時の参考になる」
そう思っていたが、これを中止したので、ブログネタまでもなくなってしまったことになる。
e0033229_18502019.jpg


好きな花を一つアップして
e0033229_18554636.jpg


明日頑張ろう。



by yo-shi2005 | 2016-02-26 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)
2016年 02月 25日

猫のひたいの 花日記

e0033229_17564431.jpg


まだ寒い。
でも、我が家の猫の額ほどの花園?にも花が咲く。

クリスマスローズ

先日來、どうしちゃったのか気になっていた、クリスマスローズが、たくさん花やつぼみを出しているのだが・・・・「今年はどうしちゃったの?」と声をかけたくなる。
この西洋の乞食を思わせるような姿。
私の何かが悪かったのだと思うが、その何かがわからない。肥料か、土か、置き場所か・・・・。
e0033229_1864981.jpg



はなかんざし

お店で買った頃はまだ蕾ばっかりだったので、「これどんな花が咲くんだっけ?」と独り言を言いながら買ってきた。
咲いた花はこんな花だ。触るとかさかさと造花の感触だ。
e0033229_18152396.jpg



金魚草

金魚草はにぎやかで忘れていても来年も芽が出るからと、思って買ったのはだいぶ前のことだったように思う。
ようやくにぎやかになってきた。
e0033229_18182081.jpg



ラナンキュラス

店先に花が少なかったころに「早く買っていきなよ、お宅の庭寂しいんでしょ」と花に言われたような気がした、でも、「球根を植え付けたのがたくさんあるから」と、買いたい気持ちを抑えてきた。
でも我慢しきれずに何日かして買ってきてしまった。その時には花は咲きはじめていた。
今ではいくつもつぼみが出て庭を飾ってくれている。
因みに、球根を植え付けたのは、たくさんある中で、やっとひとつつぼみが出てきた。
画像は、花が咲いているのを買ったラナンキュラスの白
e0033229_18234531.jpg



アリッサム

単に、アリッサムというと、何にも匂いがない。これはそれ。
スイートアリッサムというと、甘い香りがする。
ただこの花は、うまく育てると鉢からこぼれそうに増えて、何よりも苗の値段が安いのがうれしい。
今度仲間入りしたアリッサム。3株植えた。
e0033229_18274829.jpg



アマリリス

これは私の宿題、去年はあんまり新芽が伸びてしまったので植え替えを見送った。
親球根の周囲にたくさん子ができているのでこれを分けてやれば何年かのちには花が見られる。
好きなピンクの花だ。
今から植え替えをするアマリリス
e0033229_18302724.jpg


狭い庭も暖かくなるにつれて忙しくなってくる。それが楽しみだ。

タイトルボックスの中のピンクの花は、昨年秋ドーム菊の苗を探しにホームセンターに行ったときに、買ってきた苗が花をつけたものです。
その時ドーム菊用の苗は手に入らなかったのですが、私のブログを見てくれたお友達が、ドーム菊用の苗を送ってくださって、苗に仕立てるように只今育成中です。



by yo-shi2005 | 2016-02-25 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 24日

可哀想な花

e0033229_195263.jpg


去年から、このブログに時々出てくる花だが、実はこの苗を買ったのは2007年だから、もう10年になる。

その時買った苗は一度枯れてしまった、が、枯れる前に枝を少しちょん切ってその鉢の隅にちょっとさしておいた。

親木は枯れたが子は見事に発根して残っていた。それが今残っているから、正確には二代目で親の代からだと10年目になるわけだ。

何の木かというと、それは昨年塗装工事の足場の陰で枯れる寸前までいったあのボケ(木瓜)のことです。

それが今頃あの長い枝についていたつぼみがだいぶ咲いたのです。
e0033229_18235658.jpg


去年はあの枯れる寸前の一件があったので、枝の剪定をしなかった、
するとその伸び放題のあっちこっちにつぼみがついて、早いのは1月初めころから咲きはじめていた。

そしてまだぽろぽろと咲いている。

これを買った花屋さんはもうすでに店をたたんでしまったが、これを買ったとき、きれいなかわいい花が咲いていた。
こんな花だった
e0033229_18271683.jpg


この花に惚れて買ったら、そのあとこんな花も咲いた。
e0033229_18281784.jpg


この二色の中間みたいな色の蕾が、間もなく咲きそうだ。
e0033229_1829317.jpg


・・・・

これを買ったとき(10年前)
妻はこの世になく、妻の母は施設にお世話になっていた。
私は時々顔を見せに行った。忘れられないために・・・。
でもわたしの顔を見て、4回に3回くらいは
「おばあさん、俺が誰だかわかる?」と聞くと、私の顔をよーく見て
「あたしゃぁぼけちゃってわかんないけど、どちらさんでしたかねぇ?」
「わかんねぇかぃ、それじゃぁ考えなくってもいいよ。考えると疲れるからさ」
と私も意味のないようなことを言って帰ってきた。

だが、ある日、面会に行ったとき。
母のいるフロアーにエレベーターであがって行って、ドアーが開くと、車いすが二つ並んで、エレベーターを待っていた。
片方は母だった。
「どこかへ行くとこかね?」
すると私の顔を見て
「あぁ、お父さん!来てくれたんかね」とこの日はすぐに解ったようだった「
すると、並んで車いすに乗っていた人に・・・
「この人はねぇ、私の娘の旦那さんなんだよ。私んとこへ来てくれたんだよ。いい男でしょう」
フロアー中に聞こえるような大きな声に、施設の介護士の人たちも大笑い。
この日は母の脳の配線がうまく繋がっていたのかもしれない。

照れ臭かったが悪い気はしなかった。

その帰りに花屋によってこの花を見つけた。
「あんなボケならボケもいいな」とボケつながりで買ってきた花だが、その時花屋のおやじさんに「この花は本当はいつ頃咲くの?」と尋ねた。
「例えば梅とか桜みたいに決まった時に咲くわけじゃなく、だらだらととんでもないときに咲くんですよ、だからボケっていうんでしょうね」
e0033229_18583598.jpg


だからこの花は、ボケつながりで買ったボケなのです。



by yo-shi2005 | 2016-02-24 20:05 | 花日記 | Comments(0)
2016年 02月 23日

帰ってきた奈々子

e0033229_19282115.jpg


我が家の奈々子は、先月末にどうも調子がおかしくなって、入院していたが、元気になって(と思う)帰ったきた。

奈々子は、我が家の娘でも妻でもないのです。
ご存知の方はご存知ですが、私は愛用のパソコンにそれぞれニックネームをつけて、その名前で呼んでいます。

奈々子は我が家で5歳のパソコンで、当時「そのうちウインドウズXPのサポートが終了するそうだから、今のうちにウインドウズセブンに慣れておいた方がよい」と友達からアドバイスされて、2012年に買ったもので画面が大きくて使いやすいパソコンだった。
セブン搭載だから奈々子と名付けた。
e0033229_199158.jpg


それがこのところ調子が悪くなり時には止まってしまうことさえもあるようになってしまった。

そこで小さなPCショップに持って行ってみてもらったら、「これはどうやらハードデスクの故障らしいです」というので、PCショップには訳を話して、購入時に入った、ヤマダ電機の5年間保証の故障保険を利用してヤマダ電機で修理してもらったわけです。

買うとき、メーカー保証は1年ですけど500円の掛け金でこの保証を付けておいたのだった。

20日以上も入院していても一向に不自由はなかった。
そのあとで購入した、ウインドウズ8.1を搭載したノートパソコンがあって、これも調子よく使えたからだ。
これには、80.1だから八重子と名付けた。

今まで机の真ん中で頑張っていたが、古株の奈々子の顔を立ててその場所を明け渡した。
隣のパソコンテーブルの上でおとなしく働いている。
e0033229_19201363.jpg


でも奈々子は、ハードデスクの交換という大手術をしたので、このままでは使えない。
新品のパソコンを買った時と同じように「初期設定」をしなくてはならない。

パソコンお助けマンさんの説明をもう一回よく読んで、それから落ち着いて初期設定に取り掛かる予定だ。

それまで八重子に頑張ってもらうことになる。

そんなわけで修理代は0円だった。


by yo-shi2005 | 2016-02-23 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 22日

長い名前の花

e0033229_1954460.jpg


買ってから半月余りになるが、まだこの花の名前は覚えられない。
もちろん初めての種類だ。

買ったとき既に
e0033229_1974653.jpg


少し咲きはじめていたが、その後はなかなか花が開かない。

「遠慮しなくってもいいから、どんどん開き\なよ!」なんて言い聞かせてきた。

それが最近ようやくつぼみが全体的に膨らんできて、花も咲きはじめた。
e0033229_19134572.jpg


先日お見せした、サイネリアのようなパッと咲く花ではないようだ。

外の風があまり冷たいので、今夜はこの子を家の中に入れてあげた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日アップしたブログがあまりに長かったので、今日は短めに切り上げます。

今夜は静岡も冷たい風が吹いていて寒いです。
どうぞお風邪など引きませんよう、温かくしてお休みください。

こんな寒い日は暖かい色の線にしました↓↓。


by yo-shi2005 | 2016-02-22 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 21日

鐘山の滝と、見られなかった田原の滝

e0033229_19243585.jpg

鐘山の滝の道案内は最後のMOREにあります。

富士山のきれいな湧水で知られる観光地で山梨県都留郡忍野村に「忍野八海=おしのはっかい」というところがあるのをご存知ですか。

その忍野八海のすぐ近くで、忍野八海の水も流れ込む、比較的簡単に行くことができる(私たちはお手軽滝と言います)滝があって、気になっていたのですが、訪問の機会がありませんでした。
お手軽と言っても、我が家からはちょうど富士山の向こう側に当たるので、富士山を半周しなくては行くことができない。今日も片道120kmあった。
ただ歩く距離が短く、楽だというだけですが。


先日かかりつけの医院に定期診察のために行ったとき、先生に「もう、滝を見に山に行ってもいいですか?」と聞いてみた。
・・・というのは帯状疱疹の初めのころ先生から
「当分はハイキングや山登りのようなことはしないでくださいね」と言われていた。

今回先生は
「もう行っても大丈夫ですけど、無理したり滑って転んだりしないように気を付けてくださいね(笑)」と、一応、ドクターストップ解除のようなお返事をいただいた。

そこで、今回はその富士山の向こう側の滝に行ってきた。

今日の主目的の滝は

山梨県都留郡忍野村・鐘山の滝(かなやまのたきまたはかねやまのたき)

まずはメインの部分の画像を
鐘山の滝上の滝
e0033229_1835597.jpg


遠くからの目測だが、この部分だけで10mくらいはあると思う。

全体ではこんな・・・・と言っても下の部分はこの角度からはよく見えない。
e0033229_19493188.jpg


そこでカメラを移動させたが、枯れ枝が邪魔をしてすっきりした画像が得られない。
滝は自然の恵み、木の枝も自然の一部と解釈してご覧ください。
向かって少し左からの滝全体の姿。
e0033229_1841813.jpg

樹の枝は邪魔になりますが、この季節限定の画像で、木の芽が吹いて葉っぱが茂ったらこの位置からは滝は見えなくなると思います。

上の滝つぼから流れ出した水は大きな樋のような形で滑滝となって次の滝つぼの落ちます。

やっぱりいいですねぇ、滝は・・・・。

鐘山の滝について(忍野村観光協会HPより鐘山の滝は、鐘の音を響かせるという伝説がある。
それは、武田信玄が烽火(のろし)をあげる時間を惜しんで、早鐘を打たせた際、勢いあまって懸け金がはずれてしまい、つり鐘は転げ落ちて桂川の大滝へと深く沈んでいってしまった。
それ以来、滝からは鐘の音が聞こえるという。
この滝は、忍野八海と新名庄川の水が流れ込む二条の美しい滝です。秋には紅葉の葉を浮かべ、情緒深い景色となります。
落差は約10メートル程と大きくはありませんが、桂川の上流付近では唯一の滝です。 この滝のことは「甲斐国志(江戸時代に作られた山梨県に関する総合的な地誌)」にも記述されていて、昔は滝ではなく鐘ガ淵と呼ばれていたようです。淵と呼ばれていただけあって、この滝つぼは非常に広く深いものです。滝が流れ落ちる岩は、すべて富士山が噴火したときに流れてきた溶岩です。


・・・・・・・・・・・

このほかにもう一つ、半人工的な滝(田原の滝)があるので、行ってみたが、この滝は深い河の中にあるので、橋の上からでないとみることができない。
ところが運悪く今はその橋を補強工事中で5月頃完成の予定という。
工事は日曜日で休みだが、その橋の周辺は金網でしっかり囲って、南京錠で締め切ったあった。

遠くから見ても昨日の雨で水量が増したのか水煙を上げて水は流れているのだが・・・・あきらめて帰ってきた。

その滝とは
山梨県都留市十日市場町・田原の滝

山梨県のHPによりますと

桂川(田原の滝)砂防事業都留市十日市場にある田原の滝はその昔、清流桂川と富士山溶岩の特殊地形が上下二段の滝を形成していました。特に下段の滝は直下七丈(約20m)もあり、松尾芭蕉が「勢いあり氷消えて滝津魚」と句を詠んでいるほど大変ダイナミックな滝だったそうです。
しかし、岩盤の浸食や崩壊により明治31年には、1段の滝となってしまい、その後、昭和33年には高さ10mの砂防堰堤が建設されました。

本事業においては、滝周辺に露出している柱状節理を擬岩工法により復元し、周辺環境の整備を図るための工事を実施しました。
e0033229_21304917.jpg


そして、今の 田原の滝
e0033229_19203733.jpg


どうです、普段は人工の滝は滝じゃァないなんて言っている私でも一目見たくなります。
せっかく50kmも余計に走ったのに見ることができませんでした。
写真で見ると周囲の柱状節理をうまく残して作ってあります。

またいつの日か挑戦します。




金山の滝はここです
by yo-shi2005 | 2016-02-21 20:05 | | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 20日

静岡市内の河津さくら

e0033229_18411234.jpg


静岡地方は予報通り午後から雨になった。

そして、予想通り河津さくらは満開になった。
と言っても、伊豆半島の河津町まで花見に行ってきたわけではない。
時々アップするが、静岡市葵区通車町(とおりくるまちょう)の通車公園の河津さくらが冷たい雨の降りしきる中満開となった。
e0033229_1857534.jpg


樹を見るともうつぼみは見られないくらいだが、地面には花びらはほとんど見られない。

桜にしてみれば雨のおかげで花びらがしがみつく力が強くなったのかもしれない。

今日の天気予報では明日は晴れて風が強くなりそうとのことだった。
それでは、花の散る条件がそろってしまう。
それなら見るのは今日でしょう。
e0033229_191971.jpg


ここの河津さくらは樹がまだ若い。だからまだ豪快な咲き方はしないが、花のもちはいいのかもしれない。
e0033229_1922411.jpg


それにしても寒い。こんな雨を氷雨というのか。
e0033229_1954988.jpg


雨合羽を着ていても寒い、早々に引き上げてきた。

明日はこの公園では花吹雪か。もう少しそっとしておいてあげたいけれど・・・。



by yo-shi2005 | 2016-02-20 20:05 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧