<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2016年 04月 30日

初めての花・見慣れた花

e0033229_17572190.jpg


4月も終わり、明日からは・・風薫る皐月・・だ。
花も元気良く咲き始めている。

初めて手掛けた花。安かったのでついつい手を出した花が咲き始めた。

本来は球のように咲くのだそうだが
e0033229_1815512.jpg


なんとなくやせているようなので玉のようには無理かもしれない。
e0033229_1883483.jpg


初めてで、どのくらい大きくなるかわからずありあわせの鉢で二つずつ植えたのだが、ちょっと窮屈そうで、これでは花も大きく咲けないかもしれない。
e0033229_18103235.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・

よそのお宅に咲いた姫檜扇を二度もブログアップしたが、我が家の姫檜扇もようやく一つ咲いた。
ただし白ではなくたくさん咲くはずの橙色だ。
e0033229_18314377.jpg



ゼラニュウムがいろいろと咲き始めたが、私はこの色の花が一番好みだ
e0033229_18141725.jpg


そうかといって、ほかの花を粗末にするわけではない。
この花は私が花に憑りつかれる前からあったものだが、あまりに大きくなるので可愛らしさがないような気もするが・・・・。これで草丈は80cm位ある。
e0033229_1835327.jpg

 

そしてこの花も我が家のゼラニュウムの中ではかなり古参だ
e0033229_1820433.jpg


でも、どの花も同じように適当に、大事にしてしてあげている。

だって私は 滝と花が好きな男、「滝花好男」なんだから。



by yo-shi2005 | 2016-04-30 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 29日

花に個体差

e0033229_18332242.jpg


この冬もハイビスカスやマンデビラ、それに新入りのアサリナなどはベッドの脇に連れてきて添い寝をした。
アサリナのことはここをクリックしてみてください。

そして春になって屋外に出したら、ハイビスカスの元気のいいやつはどんどん葉っぱを増やして、すでにつぼみを出している。
e0033229_19185793.jpg


しかし、一緒に添い寝をした仲間でも、まだ芽吹きさえもしていないのがいた。

去年の夏はこんないい花を咲かせた優等生だったのに。
e0033229_1942177.jpg


それが今年は芽も出ない。「寒さに耐えかねて枯れたかな?」と思っていた。

しかしよく見ると、枝先のほうに緑色のものがポチッと見える。
「あぁ、出てきた」まだ生きてた、
e0033229_190491.jpg

(チイメとは小さい芽の略・・・・私が作った単語)
それにしても同じ条件のハイビスカスが・・・・これが個体差っていうやつか。
とにかく芽が出てきたんだからなんでもいいや、大事にしてやろう。

・・・・・・・・・・・・・・・

矢車草と、むぎなでしこは、並べておいてある、しばらく前から咲き乱れるような感じで花が咲いていた。
e0033229_1911382.jpg


その中でようやくピンクの矢車草が咲いた。
e0033229_19122643.jpg


その隣では、むぎなでしこのほうも負けてはいられないと、、変わった色(濃いピンク)が咲いた。
e0033229_19134943.jpg


だが、このむぎなでしこは去年咲いた花から種を採取した、去年はこの色の花は見かけなかった。
・・・・と、いうことは、今日咲いたこの花は「突然変異」の花ということになるかもしれない。

これは別に種を採取して来年蒔いてみよう。・・・・・・また鬼が笑っているような気がする。



by yo-shi2005 | 2016-04-29 20:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 28日

寝た子を起こしたバスツアー

e0033229_197512.jpg


深紅の薔薇が咲いた。
この薔薇は一季咲きでこの季節しか咲かない。
薔薇は虫が付きやすいので一段高い台の上に置いてあるが、最近この薔薇が背が高くなって、下から見上げるような位置に咲いているで逆光の写真になって色が出ない。
まだ蕾がたくさんあるので、そのうち低いところにおろしてじっくり眺めたいと思うが、薔薇は、あまり通り道に近いところに置きたくない。(とげが怖いから)
e0033229_19112736.jpg

もう一つオレンジ色の花のアンネのバラがつぼみを膨らませている。

これだけ言い訳を書いたら、変な色の写真でも勘弁してもらえるだろ。

・・・・・・・・

ようやく元気が出てきたフーロ草

もうずいぶん前のことだが、一株植えたフーロ草が30cmの鉢いっぱいに広がって花をつけたことがあった。
それが忘れられずに、時々フーロ草を買うのだが、なかなか気難しくてあの時のようには大きくなってくれない。
今年は色をちがえて三株植えた、同じ種類の色違いかと思ったら、どうやら一つは種類が違うようで、花も小さい。

それでも最近はよく花が咲くようになった。
e0033229_19163857.jpg

種類が違うのだったら、この一株は別の鉢にしたほうがいいかな?。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の夕刊の新聞広告を見て、私の中の眠っていた子が目を覚ましてしまった。

もう数年前のことになるが、富士山の中腹にこの季節限定の滝ができると聞いた。
ぜひ行ってみようと、計画を立てた。
ところが予定していた日は荒れ模様の天気になって、計画は中止。
翌年も予定していたが、何かの事情で行けず。そのまま「いつか行きたい」という気持ちが私の中で眠っていた。


e0033229_1928479.jpgところが、夕刊を見ているとこんな広告が目に入った。

案内人もつくらしい、これは行くしかない。
寝た子が起きてしまった。


運が良ければこんな滝が見られるそうだ。
e0033229_19323876.jpg


ほかにも別のツアーをひとつを申し込んである。
一生懸命脚を鍛えておかなくてはならない。



by yo-shi2005 | 2016-04-28 20:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 27日

花二題 ・トルトニア・姫檜扇

e0033229_18425937.jpg


ちょうど一週間前4月20日のこのページに知り合いのお宅で姫檜扇の花が咲いたの書いたが、今日そのお宅に行ってみると、なんと私の待ち焦がれていた、白の花が咲いていた。

去年と同じところで咲いた、
e0033229_18472539.jpg


よその庭の花でも嬉しくなる。

我が家の姫檜扇はというと
咲けばたぶん真っ白か、白に赤い玉模様と思われるが、二鉢ともまだつぼみも出ていない。
e0033229_18494570.jpg


ちなみに、我が家の通路わきのブロックの隙間から自生している姫檜扇は、こんなに元気で蕾もちらほら見られる。
e0033229_18514780.jpg

しかしこれはほとんど赤(橙色)のはず。
でも、全部咲いたらにぎやかになると思う。

・・・・・・・・・・・・

大きくなる種類のカンパニュラが大きな鉢に植えてあるその陰でじっとしていたおとなしい子がいた。

「カンパニュラに支柱を立ててリングをつけてやらなくっちゃならないなぁ」と思いながら大きな鉢をちょっと動かしてみると・・・・・
「あれぇ??、フリージアはもう終わったはずだけど・・・・・」
大きなカンパニュラの陰から、オレンジ色の花が見えた。
「なんだろう?」
大きな鉢を動かしてみるとそこには、フリージアによく似た花がひょろひょろ伸びた茎の先に咲いていた。

「あぁ、あれだぁ、トルトニアっていうやつだ。忘れてたぁ、ゴメン!!」

すぐに花に詫びた。
陰から出てきた鉢はこんな姿になっていた。
e0033229_1902228.jpg


花はというと、もう少し萎れかけていたが、一番いいのを探して写真に撮った。
トルトニア
e0033229_1913994.jpg


去年の秋にホームセンターでタグの写真を見て、いい花だなと思って一袋買ってきたのだった。
e0033229_193451.jpg


タグにはミックスと書いてあるが、これは嘘で、オレンジ色一色のようだ。
もっとちゃんと育ててあげて、綺麗に咲いたところを見たかった。

来年はそのように頑張ろう・・・・・・・・どこかで鬼が笑ってる・・・かな?・・・・



by yo-shi2005 | 2016-04-27 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 26日

居候のベゴニアの独立

e0033229_18164880.jpg


陽気がよくなると草花の育ちが活発になり、、ブログにネタにも不自由しなくなる。
しかし、私のブログは連日花の話題ばっかりで、あんまり花を好まない人には、つまらないブログになってしまうかもしれない。
でも、花も一生懸命なのだから、せめてブログにアップされて、皆さんに見ていただきたいだろうと、勝手に考えている。

さて、昨日のブログで皇帝ダリアの鉢の中に居候をしていた、ベゴニアを、独立させてあげた。

独り立ちしたベゴニア 一番あとから芽を出した D
e0033229_18234551.jpg

これで、皇帝ダリアも邪魔者がいなくなったし、ベゴニアのほうもマイホームでしっかり花を咲かせてくれることだろう。

ほかにも同じように去年あたりからのベゴニアも、ついでにみんな植え替えやら草取り、施肥をしてやった。
とりあえずABCDと名前を割り振ってやった。

古株の A 
e0033229_18271132.jpg


鉢を開けてみたら、根食い虫が出てきた B
e0033229_18282944.jpg


去年はホタルブクロと同居していた C
e0033229_1829525.jpg


何年か前にベゴニアの苗を一つ買ったことがあった、あとはみんな勝手に芽を出したものだ。
でも、わが庭で芽を出して花を咲かせれば可愛い。
今咲いているD以外は、何色の花が咲くかわからない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はアサリナという植物を育てたことがない。
昨年暮れにお友達から送っていただいた苗だが、見たところ何とも弱弱しい感じで蔓も針のように細く。静岡弁でいえば蔓も葉っぱもみるい苗だった。
「これで育つのだろうか」
とりあえず鉢に植え替えて、冬はベッドのわきで添い寝をした。
だんだん育ってくると、どうやらこれは蔓植物のようだったので、朝顔の行灯のように手を付けてやった。
陽気がよくなると次第に元気になり、よく伸びる。
e0033229_18393745.jpg

この調子で伸びたら支柱の高さが足りなくなりそうだ。
別名「蔓金魚草」と言われるようにこんな花が咲くらしい。ただしどの色の花が咲くかわからない。
e0033229_1842558.jpg


ネットで調べると窓のグリーンカーテンになるなんて書いてあるが、つるがみるいのでどうかなと思う。

猫の額ほどの狭い花置場は歩くところもなくなりそうだ。



by yo-shi2005 | 2016-04-26 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 25日

夢のお花の月見草と皇帝ダリア

e0033229_1805539.jpg



はるかに海の

  見える丘

月のしずくを

  吸って咲く

夢のお花の

  月見草

花咲く丘よ 

  懐かしの





いい歌だなぁ
我が家の月見草が咲いた。午後五時半に撮影
e0033229_18163630.jpg


先日雨の中でつぼみを膨らませ始めたが、そのあと見に行かなかった。雨の中でも咲いたようで翌朝にはピンク色の花柄がついていた。

今日はしっかり見ようと、何度もカメラを向けた
e0033229_18195719.jpge0033229_18203141.jpg

純白で・飾り気がなく・これを清楚というのか



ガラリ変わってこちらは男性的に・・・・・
皇帝ダリアの話題

昨年遅掛け(おそがけ=通常よりも遅く事を行うこと)に苗を買ってきて、植えるところがなくって、20リットル入りのぺール缶に植えてそれでも花が咲いた皇帝ダリアの白だが、今年はそれを取り戻すつもりか、早くからずんずん伸びて、もう草丈が90cmもある。
この調子で伸びたら、とてもペール間の養分では足りなくなる。私は心配になって時々
「おぃ、本当に大丈夫かよ、まだ4月だぜぇ」と言うがもちろん何も答えずにただ伸びるだけ。
e0033229_18353143.jpg


そしてもう一つ何年か前にお友達から挿し木の準備をしてペットボトルに入れて送っていただいた、もう一つの皇帝ダリアの白、昨年は咲く準備が遅かったのか、寒くなるのが早すぎたのか、つぼみは出たのだがついに咲くことができなかった、これも芽が出て今草丈は60cmほどになっている。
今年は咲かせてあげたいが…どうなるか。
e0033229_18402942.jpg


もう一つ、昨年鉢植えにする実験と称して大きめの鉢に植え付けた、皇帝ダリア紫が鉢の中で芽を出したが、それより早く居候が来て庇(ひさし)を取られて、うっかりすると母屋まで取られそうな様子だ。
これは早いうちに何とかしてあげなくてはならない。ベゴニアは強いから、皇帝ダリアが負けてしまうかもしれない。
e0033229_18443724.jpg


やっぱり花の世界も弱肉強食なのかなぁ。



by yo-shi2005 | 2016-04-25 20:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 24日

花のルーツ

e0033229_18254215.jpg



誰にも幼い時はあるが、庭に咲く花にもその幼い苗の時があった。

そんな画像を集めてみた

ロベリア
植え付けたときは、こんな
e0033229_18283351.jpg

この花はアズーロコンパクトの原種とされているが、これを植え付ける前にアズーロコンパクトを植え付けた。
ところがその苗が高かったので、どんな違いがあるんだろうかと植えたのがその動機だった。

そして現在は…まだ咲きそろってはいない。
e0033229_18321462.jpg


アズーロコンパクトは今日撮った写真が気に入らないので後日取り上げます。


このブログをずーっとご覧くださっている方はあるいは覚えていらっしゃるかもしれませんが,
もしもお忘れの方はここをクリックしてみてください。
結果を必ずブログにアップして報告すると約束した、勿忘草です。
これは1月24日の姿です。
e0033229_18354853.jpg


そして今はこんなふうに咲いています。
e0033229_18363394.jpg

これは、可でもなし、不可でもなしといったところでしょうね。
勿忘草という花は、花径が伸びてその先に花をつけ、花の散った後には種ができます。
花径はずんずん上に延びてその先に花をつける、間延びした形になり、種に養分を取られて、花はどんどん小さく少なくなります。
そこで・・・・。


そしてこれは元気のいい花、アリッサムです
植え付けたのは2月25日のことでした。
e0033229_18425765.jpg


ホームセンターの園芸部門に行くとよくこの花が売れ残って、痩せ衰えて数枚の葉っぱと数少ない小さな花が「枯死寸前」で小さなポットの中で震えているのを見かけます。
あれを見るとうちのアリッサムは幸せだなぁなんて思います。
だってこんなに自由に育ったのですから。これは3株植えてあります。
e0033229_18445481.jpg

植木鉢の縁も間もなく見えなくなることでしょう。

こんな風に取り上げたい花がまだたくさんあります。折を見てまた・・・・。



by yo-shi2005 | 2016-04-24 18:51 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 23日

花の手入れと坂道散歩

e0033229_184464.jpg


暑くなく、寒くもなくこんな土曜日は滝に・・・と思っていたが、予想外のもっと楽しいこと(内緒)が発生したので、滝は中止。
そして楽しい事柄が一段落したところで、表庭の花の手入れにかかった。

このところ花を楽しませてくれたラナンキュラスとフリージアもシーズンを終わって、みっともない姿になってしまった。
e0033229_1852297.jpg

ラナンキュラスは、花が終わったからと言って捨ててしまうわけにはいかない。
花柄を取って庭の隅のほうに並べて置く。
来年のために球根を太らせるためだ。そして、葉も茎も枯れたら球根を掘り上げて水洗いして日陰の風通しの良いところで管理する。
そして、フリージアも(これは洗わない)やはり掘りあげて風都市の良いところにしまっておく。
そうすれは来年は球根を買わずに花が楽しめるというわけ。


まだ寒いころに、茎が伸びないとか、つぼみが葉っぱの中から出てこないとか、ブログに書いたクリスマスローズは
「そんなことあったっけぇ??」とでもいうように茎も伸び花も咲き誇っている。
だがこれからは日差しに注意をしなくてはならない。
クリスマスローズは葉も花弁もちょっと強い日光に当たると焼けてしまう。
日陰に置くしかない
e0033229_18582839.jpg


「あっ!いけねぇ!、綺麗になった庭の写真撮るのを忘れたぁ!!」

昨年秋、早朝に坂道散歩をしていたが、秋が深まり、夜明けが遅くなって中止してから、そのままになっている。
昼食後、真田丸の再放送を見てから急いで、出かけた。

午後には雲が多くなってきて雨が気がかりのような空模様になってしまった。
このブログのタイトルバックの右側の山「日本平(有度山」)がすっぽりと綿帽子をかぶってしまっていた。
e0033229_1961572.jpg


この雲も雨の前兆だろうか???。

道端にはシャガの花が咲いていた
e0033229_1993299.jpg


もう一つ白い花、花は貧弱で茎にはとげがある、そしてまだ緑色の苺によく似た実がついていた。
これは山いちごか?。
e0033229_19112419.jpg


山の中では鶯がにぎやかに鳴いていた。
写真に撮りたいと思って声のする近くに行くと、いわゆる、「たにわたり」の鳴き方をする。
どうやらあのケキョ ケキョ ケキョ・・・・・というのは危険の合図のようだ。

先日の百段階段の疲れがまだ癒えていないためか、帰ってきたら脚が痛い・・・歳か?。

今夜は早く寝よう。



by yo-shi2005 | 2016-04-23 20:05 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 22日

国道沿いの麦畑?

e0033229_1831662.jpg


毎年こんな風景が見らられるのかどうか知らないが、静岡市の市街地を貫く国道一号線の大きな交差点の脇に小さな麦畑がある。

この季節は麦秋と言って、麦が黄色く実るころだが、ここの麦もだいぶ黄ばんできたようだ。
この土地が道路わきのグリーン帯なのか、それとも道路わきの私有地なのか知らないが、そのまま置いて雑草をはやすよりも面白いと思う。たとえそこが国有地だったとしても雑草よりは目の保養になる。
e0033229_18381632.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペラルゴニュームが咲いた
一口にぺラルゴニュームと言っても無数にと言ってもいいほど花の種類がある。これはその中の一つ
e0033229_18402784.jpg


つつじの花にちょっと似ている。


もう一つのぺラルゴニュウム
この花がボール状に咲くとは今まで知らなかった。我が家で10年以上も花を咲かせているのだが。
e0033229_18423134.jpg


玄関前で・・・
e0033229_18504698.jpg


麦なでしこ(アグロステンマ)
この花はピンクのほかにブルーと白があるが、今年はピンクだけしかない。
e0033229_18441459.jpg


大分暖かくなって、蚊が出てきたようだ。
いい季節だが嫌な季節になる。



by yo-shi2005 | 2016-04-22 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 21日

雨の日の歌散歩

e0033229_19235788.jpg


雨の降る中、裏庭に出てみると、それぞれの花たちが「はよ咲きたい」と待っているような気がして楽しくなる。

マンデビラは私が一目ぼれした花、寒いころにはベッドのわきで添い寝をしてきた。新芽をぐんぐん伸ばし、先端にはつぼみのようなものがついていた。
e0033229_1927548.jpg



梅雨時に、金色の長い「つけまつげ」を思わせるような花を咲かせる美央柳(びようやなぎ)は今年は例年になく元気で花の咲くのが楽しみだ。
e0033229_19285442.jpg



何年か前にお友達からいただいた、白花月見草のつぼみが出た。
咲いても一夜花、朝には萎れてしまう運命の花、せめて綺麗なお月様の下で咲かせてあげたいものだ。
e0033229_193813.jpg




by yo-shi2005 | 2016-04-21 20:05 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧