<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2016年 09月 30日

オキザリスのお手入れ

e0033229_19321160.jpg


植物は季節をよく知っているようで、気が付いてみると、去年の球根から芽が出て細い茎がにょきにょきと出ていてびっくりする。

それらを見ても、「はて、これは何の芽かな」と思うこともよくある。

オキザリスペンタフィラ
e0033229_193444100.jpg

昨年も花数は少なかったが咲いた、可愛い花だ。ただ、茎が異常なほどよく伸びるので去年はこんな風になってしまった。
e0033229_19391571.jpg


そこで少しでも高い所だ花を咲かせようと、こんなことをした。
花が楽しみだ。


オキザリス・ゴールドアイランド

これも茎が長くなって葉や花を支えきれない感じになるので
e0033229_19425878.jpg

バーシーカラーという品種によく似た花をつける。
同じようにこうやった。


オキザリス・パルマピンク
これは茎は短いが葉っぱが重たいようで、すぐに寝たがるから・・・
e0033229_19585714.jpg




e0033229_19453345.jpg


「なんだぁ、みんな同じようなことをしただけじゃん」ということになるか。

まだオキザリスはいろいろあるがまだ眠っているのもあるし、知らぬ間に自然消滅してしまったのもある。

これから寒くなると、オキザリスのシーズンだ。

もう一つあった。これはもう花が咲いていても不思議ではない、オキザリスボーウィー。
そこらにやたら芽を出すので、それをこの小さな鉢にまとめてみたのが去年の事、今年は蕾を持っている。
e0033229_19504224.jpg


冬の花の楽しみはオキザリスだ。



by yo-shi2005 | 2016-09-30 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 29日

庭で見つけた喜び

e0033229_1774415.jpg


この話しはもう何回もこのブログで紹介しているから御存知の方は多いと思いますが、きょうの話のつながりでもう一度書きます。

もうかれこれ 10年近くなると思うけれども、私はテレビの園芸番組を見ていて、この花に恋をしてしまいました。

その花というのが、今日の話の主人公「マンデビラ」の薄いピンクの花です。

早速その苗を買ってきて育てました。
その後何度か枯れてしまって、新しい苗を買ってきては育てて楽しんできました。

ところがなんとしたことがそのマンデビラが今年は急に元気がなくなってしまったのです。
はっぱは青々としているのですが、つぼみがたくさん出る季節になっても一つしか出ません。
こんな状態だったのです。
e0033229_17212884.jpg


何が悪いのがわからないまま「何とかしなくては」と、蔓も葉っぱもぎりぎりまで切り捨てました。
e0033229_17232418.jpg


そのとき切り落として枝を・・・・
「マンデビラは挿し木ができるのかなぁ??」興味本位で挿してみたのです。
それが、忘れたころに芽を出したのが、丁度半月前のこのブログのミクロの喜び記事でした。

嬉しくなって少し肥料を上げたりしました。
そして今日見ると・・・・
こんなに伸びていたのでした。これが今日の最初の喜びです。こんなにと言ってもまだ3cmほどですけど。
e0033229_1737959.jpg



そしてこの前見たときは芽も何も出ていなかったもう一本のすぐ横に新しい芽が出ているではないですか。これもびっくりポンのよろこびでした。
e0033229_17381819.jpg




そして親木はどうなったかというと、あの時の思い切ったダイエットが良かったようで、その後元気を取り戻して。今では表庭の特等席で咲き乱れています、元気を持て余してか、蔓をのばしてお隣のフェンスに巻きついたりしています。
この画像は今日午後の様子です。
e0033229_1741984.jpg


前に掲載した記事と重複するところもたくさんありますが、あまりの嬉しさに、つい詳しく書きたくて、長いブログになりました。

この新しい芽の生長具合も追々書いていきたいと思います。
これで来年、このマンデビラに花が咲けば「マンデビラは挿し芽ができるということを実証できたことになります。

どうしても私のブログは来年のことを書いてしまいますね(笑)。



by yo-shi2005 | 2016-09-29 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 28日

ドーム菊の夢、その後

e0033229_18421462.jpg


まだ海のものとも山のものともわわからない状態だが、たくさんのお友達にご協力いただいたので、お礼もかねて中間報告します。

そもそも初めて、このドーム菊なるものを知ったのは、私のもう一つのブログ、このブログは不思議な方法で作成しています。

主宰は私ですが、もう一人の相方、どこのだれかは詮索しない約束になっているので詳しいことは知りませんが、その彼?が探してくれた記事に、このドーム菊が紹介されていたのでした。

そこで好奇心が洋服を着ているような私は、さっそくやってみたくなった。
こんなふうに
e0033229_18472896.jpg


このドーム菊は昨年秋、山梨県韮崎市の道端の畑で見かけたものです。

早速苗を探しにホームセンターを見て回ったが、あとから考えると、それは苗が出回る季節ではなかったようで、結局、手に入らなかった、
するとお友達が、それらしい菊の苗を送って下さった。

大切に管理して春に挿し芽をしてみたが、どうやら、ドーム菊になる種類ではなかったようで、今はこんな状態。
e0033229_18503820.jpg

これではドーム菊のようにはまとまりそうにない。
そしてもう一つ
e0033229_18512588.jpg

これも同じ種類のようだが、これはこれで、もう蕾も出始めているので、普通のスプレー菊として楽しめると思って大事に育てている、

そしてある時、別のお友達が、「いいものが手に入ったよ、これは本物だよ」と言ってドーム菊の苗を届けてくれた。

今の状態はこんな様子だが、そう思ってみれば、ドーム型になりそうな気もする。
e0033229_18543611.jpg



とにかく私は好奇心だけで、右も左もわからないど素人のことなので、それぞれに大切に育ててみようと頑張っています。

うまく形になれば又このブログに、いかにも自分の力でやったかのようにアップします。

春先のある日、ホームセンターに行ったとき目についた「ドーム菊の苗」なるものがあったが、すでにその季節ではなく、苗も売れ残りらしく今にも枯れそうな可哀想な状態になっていたので、手を出さなかった。
もしも今年のこれがうまくいったら、来年は早めにこののホームセンターで苗を手に入れてしっかりやってみよう、なんていうと又鬼に笑われそうだが。

・・・・・・・・・・・・

別の花の話題

我が家に旗竿桔梗というあまり聞かない花がある。
亡妻のこの世に置き土産だが・・・。
本来は5月から6月の梅雨のころに咲くのだが、今年は今ごろ咲いている。
e0033229_1912034.jpg


本当はこんな花だが、本来咲くべき梅雨時にに今年は大した花は咲かなかった。
e0033229_1924346.jpg


言葉が通じるなら
「こんな時期に無理して咲かなくてもいいから、咲くべき季節にしっかり咲いてくれよ」
と言ってやりたいところだ。



by yo-shi2005 | 2016-09-28 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 27日

自転車事故の思い出

e0033229_1993055.jpg


ついさっきまでの予定では、今日のブログはまだ咲いていないけど形になりかけた菊の話題にしようかと思っていたが、ちょっと夕刊を見ると、こんな記事が載っていた。
e0033229_19131852.jpg


これを読んだら、あの頃のことが脳裏に浮かび、どうしても書きたくなった。

それは、今をさかのぼること〇〇年、まだうちの倅が幼稚園の頃のことだった。
この新聞の写真は10万円以上もする電動アシスト自転車だが、当時我が家の自転車は極普通の自転車だった。
こんなの
e0033229_19161987.jpg


ある日勤め先の会社に妻から電話がかかって来た、呼び出されて電話に出てみると・・・・

「お父さん、ごめんなさい」
「なんだ?何を謝ってるんだ、詳しく話せ!」
「〇〇(倅)にケガさせちゃった」電話から倅の鳴き声も聞こえた。
「どうした、どんなケガだ、それで命は大丈夫なんか?」泣いてたから大丈夫とは思ったが。
「自転車の後ろに載せていたら足を挟んじゃった、今からお医者さんに行く」
「今どこにいるんだ?」
「駒形通のXXにいる」
「それじゃ、近くのYY医院に行け、おれ、今からうちへ行って保険証を持って行くから」

そんな大騒ぎの電話だったが、けがは軽く、骨に異状なくねん挫とかすり傷程度で済んだ。

当時の自転車は、普通の荷台に子供をまたいで載せて、「しっかり背中につかまっていなよ」といった状態で、すいすい走っていた。

そんなことがあってから、妻は自転車店に行って子供の足が車輪に入らないようにネットをつけてもらって、その後も子供を乗せて走っていた。

巷でもそんな事故が多いようで、今では取り締まりが厳しくこんながっちりしたチャイルドシートを荷台につけて子供を載せている。
e0033229_193363.png


その後綿谷の自転車が古くなって、買い換えるときに、この話が出て、妻は・・・
「私はあの時は子供の足がとれちゃうんじゃないかとびっくりして、足はがたがた震えて、よくあの時会社に電話できたと思うくらいだったよ」と言っていた。

その倅も今では私のパソコンが調子が悪いというと、1200ccのバイクに乗って東京から飛んできてくれて、ちょいと直してくれる。

でも、昨日のブログに書いたようなパソコンの操作に関しては私は倅には相談しないことにしている。・・・・なぜだろう??。



by yo-shi2005 | 2016-09-27 20:05 | 随想 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 26日

あぁ、悲しや、学成り難し

e0033229_1825146.jpg



少年老い易く 学成り難し 若いころによく言われたものだが、それが今ごろ身に染みる。

老人既に老いて 学成り難し・・・と言ったところ。

それに対して、先日親戚の家の小学生に逢って話をしたが、「このゲーム機昨日パパに買ってもらった」と言いながら、カチカチと目にもとまらぬ速さで操作していた。
少年気が向けば 学成り易し・・・といったところか。

今日は先日来お勉強中の「音声入力」のお勉強は少しお休みして、画像のポップアップを勉強してみた。
今までに覚えた部分で、花のブログに、応用してみた。
まだ未完成で、画像がちらつく。
これは例のパソコンに詳しい友達に来てもらわなくては、解決しそうにないが・・・・。
(彼はこのブログを毎日見てくれているから・・・・そのうち・・・)

とりあえず学習発表会

お天気のせいか季節的なものか、肥料不足なのかわからないが、次第に花が少なくなった桔梗。
今にも花が開きそうな蕾がついていた。カーソルを当てると花が開きます。



カレンダーで日数を数えてみると、買ってきてからちょうど十日になる菊苗。

これは、買ってきたころの画像です、カーソルを横から当てると今日の画像になります。
だいぶ咲いたというのか、まだこれしか咲かないといえばよいのか。


作る要領は解ったのですが、カーソルを上から下げてくると画像がちらつくのが、気にいりません。
もう少し勉強します。横や下からなら、パッと変わります。



by yo-shi2005 | 2016-09-26 20:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 25日

今日の富士山

e0033229_13484012.jpg


一言追記します。
TVニュースでは富士山に雪が降ったと報じています、放送の画像でも雪は見られますが、私の住む
静岡市からは、空気の湿度の高いこの季節には、少しの雪が降っても肉眼でもコンデジカメラでもそれをとらえることはできませんでした。2016.09.25 21時追記しました。


何日か前の天気予報では、この土・日はもっとよく晴れるといっていたが、やっぱり秋雨前線が横たわっていて、台風も次々と生まれているので、古い予報はあてにできない。

我が家は静岡市の安倍川左岸側にある。
右岸側に行くので橋を渡るときは、後ろに見えた富士山は白い雲にからまれて、迷惑そうだった。

そして用事を済ませての帰り道、正面に雲のない富士山がさっぱりしたようにそびえていた。

「これはこのまま帰ったのでは、富士山に申し訳ない」
と、一度左岸にわたってから、別の橋に回って、再度右岸の堤防に行った。
ここは静岡市駿河区向敷地、いつも私が写真を撮る市よりも少し上流側だ。

雪が降り始めるとほれぼれするような富士山が見られるのだが、この季節は、これが限界
9月25日正午前の富士山
e0033229_13585531.jpg


画面下の方の緑は安倍川左岸堤防

大雨の後で水が濁っている安倍川と富士山。
左の二つのピークを持つ山は、清水区の高山(836m)
e0033229_1413728.jpg



そして、足元の安倍川堤防には、真っ赤な彼岸花が咲いていた
e0033229_1485875.jpg


ちょっと左を向くと堤防には彼岸花がだいぶ咲いていた。
左に少し見えるのが徳願寺山、その途中にブックり膨らんでいるのが、私が坂道散歩に行ったときの終着点の展望台
e0033229_14124887.jpg




by yo-shi2005 | 2016-09-25 20:05 | 富士山 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 24日

失せ物発見

e0033229_18113468.jpg


私の住んでいる家には、玄関と勝手口の二つの入り口がある。
そのほかにも一階のそれぞれの部屋から屋外に出られるように、掃き出し窓と呼ばれる、床と同じ高さの窓がついているが、それらからはほとんど出入りはしていない。


先日東京に住む、義理の妹(弟の奥さん)が、絵手紙を送ってくれた。
私が絵心がなく絵を描くことが苦手なことは自他ともに認めるところで、そんな私は絵手紙なるものをいただくとことのほか嬉しい。
e0033229_18271048.jpg


前にも送ってもらったことが何度かあって、とても嬉しいと話したことがあった。
絵手紙を貰って、電話で「ありがとう」と言ったのではあまりに情緒に欠けると思い、
「そうだ、俺の好きな花の写真に短歌を添えて送ろう」と、思った。

ところが、インクジェットのはがきを切らしてしまっていた。
「はがきに写真を印刷するにはやっぱりインクジェットでないと見栄えが違う」
そこで何日か前の雨の降る日に用事で出かけたとき、駄菓子屋さんによって、インクジェットのはがきを10枚買った。(この店は切手や印紙の売りさばき所もやっている)
雨の中だったので・・
「濡れるといけないから袋に入れてくれますか」と言って、ビニール袋に入れてもらって、車に乗った。助手席にビニール袋に入ったはがきがあるのはしっかり見た記憶がある。

そして、家について、それを持って、・・・・・雨の中傘もささずに肩をすくめて・・・・・
勝手口から入ったか、玄関から入ったか全く記憶がない。

早速、花の写真を印刷しようと思ったが、そのはがきが見当たらない。

確かに車を降りるときはカメラと一緒に持っていた。その後・・・・

絶対家の中にあるはずだ!。
勝手口の帰ってくるといつもカメラを置くところ・・・ない。
あの時はお昼ころだったから、食卓の上に・・・・ない。
よくソファーの上にちょっと置く癖があるから・・・そこにもない。
ソファーから落ちてその下に入ってしまったか・・・・床にはいつくばってみたが・・・ない。
もちろん、机の上、机の中、あらゆるところを探したが・・・・ない。
最後には、古紙回収に出す古新聞まで広げてみたが・・・・ない。

いつの間にかこんな歌を口ずさんでいる私がおかしかった。



二日間探した。
いよいよなくて、
「10枚買ったって520円だ、あとでどこかから出てくるだろう、探してるより買ってきた方が早い」と、諦めたのが昨晩の事。
近くのコンビニに買いに行こうとして、勝手口で靴を履こうと、土間に落ちていた空っぽのレジ袋をどけると、その下にはがきの入った袋が・・・・・。
「買う前に見つかってよかったぁ」と、コンビニは中止。
e0033229_18541310.jpg


デザインも歌も作ってあったのでパソコンから出して、プリントアウト。
コンビニとは反対方向のポストへ。
昨晩の投函で休みが入るから、まだ妹の手には届いていないと思うが、その前にデザインを公開します。
これは試験刷りをした時の写真
e0033229_18584335.jpg


それにしても、この歌と同じようなことをして探していて、探すのをやめたら見つかったので、おかしくなった。

今度はちゃんと便箋の引き出しにしまっておこう。



by yo-shi2005 | 2016-09-24 20:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 23日

本日は特別なを勉強しておりますので失礼します。

本日もお越し下さいまし、まことにありがとうございます。
本日はわたくしにとりましてはまことに難しいパソコン操作を独学で自主勉強しております。
そのようなわけで普段のヨシブログの送信はお休みさせていただきます。
どんな勉強かといいますと、キーボードを使わないで入力する方法を勉強しているのです。
この文章もわたくしが話した言葉をマイクロホンで拾ってそれを文字に直して入力しています。
まだ慣れないせいかなかなか思うようにできません。
とりあえず一生懸命老体にむち打って頑張ってみたいと思います。
明日はまじめに書きますのでよろしくお願い申し上げます。
本当はキーボードの方が得意なんだけどこれも勉強しておきたいと思いまして。

ここから下はキーボードで書ききます。
2016.03.23  好奇心の塊のyo-shi2005



by yo-shi2005 | 2016-09-23 19:32 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 22日

雨の春分の日

e0033229_18262486.jpg


秋分の日は、朝から雨模様だった。

そんなぐずついたお天気の中でも咲く花は咲く。

一時はどうなっちゃったかと心配した、私の好きなマンデビラは、柔らかい花びらが雨に打たれて咲き乱れ状態になってしまった。それでも今は完全復活してこんなに花をつけている。
e0033229_18322910.jpg



小さな木のハイビスカスは、「私の自慢は木の大きさじゃなく花の数だよ」とでも言いたげに、雨の中でもよく咲く。明日も咲きそうだ。
e0033229_18344351.jpg



先日一時成長が止まって、新芽の色が悪くなり、節の間隔が短くなった鉢植えの皇帝ダリアだが。肥料不足だったようで肥料を上げたら急に伸び始めて、今ではとてもその高さを計測することはできない。
目測で4m近いのではないかと思う。この写真では梢が雲にかすんで・・・・そんなはずないか。これは咲くのは11月頃からです。台風が来ないことを祈るばかりです。
e0033229_18395320.jpg



咲いたといえば、今年はこの一輪だけしか咲かないのかと気がかりだ。
鉢植えの彼岸花です。
去年の記録では9月上旬から咲きはじめているのに今年は、この一輪以外は花芽が出てきません。
e0033229_18431244.jpg


根くい虫に球根を食われたか、それとも私がほったらかしにしておいたのでへそを曲げたか。
コガネムシの死骸を彼岸花の鉢の中で見つけたことがあったから、その幼虫の仕業か。


 
ただひとつ

寂しく咲きし

 彼岸花

今年はこれで

おつもりなのか


    よし



  


ちなみに、我が家の彼岸花は、この薄ピンクと黄色で合わせて10鉢ほどあるのだが。



by yo-shi2005 | 2016-09-22 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 21日

増えた酔っ払い

e0033229_182432100.jpg


朝は、しらふでシャキっとしているのだけれど・・・・
e0033229_1843388.jpg


やっぱりこの子も夕方になると
e0033229_1851141.jpg

この通り。

酔芙蓉です。

我が家のこれまでの酔芙蓉は、八重咲で花びらがにぎやかですが、こちらは一重咲きですっきりしています。でもやっぱり酔芙蓉らしく、夕方にはホンワカピンク色になって、ついには酔いつぶれてしまいます。

この花は何日か前に咲きはじめたのですが、このところいろいろあって、掲載が遅くなりました。



このほかにもう一鉢も八重咲きが咲きはじめました。
大きな花なのに鉢植えなので、花数も少なく、ちょっとかわいそうです。

・・・・・・・・・・・・・

普通は「春は芽吹きの季節」と言いますが、我が家では秋なのに芽吹きのシーズンです。
オキザリスが次々と芽を出して、花の準備をしています。
この子たちは冬の花なので今が芽吹きのシーズンです。

名前が素晴らしい ゴールドアイランド「
e0033229_1816582.jpg


雑草のようによく増える桃の輝き
e0033229_1817834.jpg


お友達から苗をいただいたけど名前がわからない、でも花は可愛い花が咲く
e0033229_18182762.jpg


まだほかにもいくつかあるが、これらはこれから芽が出てくる。

季節が来ると自分から芽を出してくるから可愛い。



by yo-shi2005 | 2016-09-21 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

ファン

画像一覧