<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2016年 12月 31日

今年一番印象に残ったこと

e0033229_12394962.jpg


今年も今日で幕引きとなります。人生劇場のうち平成第二十八幕の千秋楽です。
人生はシェークスピアよりももっと面白くまた悲しくまた楽しい劇場で舞台に立っているようなものでしょう。

今年も一年間とりとめのないことを書いてまいりましたが、それを飽きもせずに読んでくださったみなさま方に、熱く、そして厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

来年も、極力お休みすることなく書き続けたいと思っておりますので、どうぞご愛読くださいますようお願い申し上げます。


ところで、この一年をブログの上で振り返って・・・なぜブログの上でと申しますと、こんな私でもいくらかのプライバシーのようなものがまだありますので、そのプライバシーとやらの多くの部分もブログにはさらけ出していますが・・・何が一番印象に残って現在も頭に残っているかを考えてみました。

富士山の幻の滝は幻だったこと、尾瀬の水芭蕉は幻だったが、あの木道を歩いたこと
そしてつい先月までは、一位と考えていたのが、7月の長兄の他界でした。
そして最後の月12月になってから、
小学校からの友達に誘われて、群馬に行ったことが、記憶も新しいせいか、一位に入れ替わってしまいました。

4日間かけて、車で行きました。最初は私だけの希望の滝を見て歩き三日目の夕方、ミニミニミニ同窓会。中学の頃の恩師をお呼びして、滝の事、河岸段丘の話。

この先生は私たちは国語の先生としてお世話になった先生だったが、歴史、特に郷土史に詳しく、人文地理にも詳しい先生で、市の教育長を最後に退職された先生です。
御年91歳でとてもお元気でした。

同級生からの誘いには一度は参加を断ったのでしたが、あの先生はこうゆうことにすごく詳しいよ。というのが私の趣味というか興味を持っていることと共通点が多く、急きょ
「俺行くから人数に入れといてくれ」ということになったのだった。
そして三日目の夜先生をお迎えして食事をしながら話に花が咲き、最後の日、先生もお誘いしてというより説明役に引っ張り出したようなものだったが。これも私にとってただ驚きだった。

行ったところが高崎市郊外にある俗称はにわの里、

社会科で学んだ覚えのある、前方後円墳は奈良県の方にあるものと思っていたら、わがふるさと群馬県は古墳大国だったことを初めて知った、そして巨大な前方後円墳が発掘さて、それを復元されていた。
e0033229_1313639.jpg


向うが復元された前方後円墳、手前が出土されたはにわのレプリカ
e0033229_13162291.jpg


これを見てきてから私の食卓の上にあるティッシュペーパーの箱はこうなった
e0033229_13183746.jpg


この旅が、まだ時間の経過が少ないこともあってか今年の出来事としては一番心に残っているような気がする。
ということで今年のこころにのこったことがらは、尾瀬を抜いて、長兄の他界をも抜いてトップは
高崎市郊外のはにわの里でした。
e0033229_13243876.jpg


では皆様よいお年をお迎えください。また来年ブログ上でお目にかかりたいと思います。




by yo-shi2005 | 2016-12-31 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(1)
2016年 12月 30日

夕暮れ

e0033229_17452121.jpg


日中は日差しが気持ちよかったが、夕方から冷え込んできた。
こんな日は夕暮れの山の端(やまのは)が美しいと聞いたことがあったので、夕方出たついでに撮影ポイントに行って見た。
普段富士山の写真を撮るには安倍川の右岸(河口に向かって右側)が良いが、西の山の端を撮るには左岸の方がよい。

昔、子供のころ、実家に仕事に来ていた大工さんが、三時のお茶のみ話に
「冬至から十日つまる」と言っていた。あれはきっと冬至のころのことだったと思う。
冬至が一番日が短いのではなくまだ短くなると言っていたのだが、真偽のほどは私は知らない。
ただ言葉だけ覚えていた。

やっぱり冬至が過ぎても、日暮れは早く、私が行くのが少々遅かったようだ。
太陽が没して少し時間が過ぎた南南西の空。
e0033229_17535765.jpg

やっぱりちょっと遅かったようだ。

そしてもう少し南にカメラを向けると、こっちの方が日没直後の感じだが、これは方位としては南に近い。
安倍川下流の方向で手前には国道一号、その向こうにはJR在来線、そしてそのすぐ向こう側には東海道新幹線が並んで走っていて東海道の大動脈が通るところだ、その向こうには数キロ先に駿河湾がある。
そんな南の方角
e0033229_17585263.jpg

こちらの方が西空のような色をしていた。

そして北の方向に目をやると、カメラの位置からは高い山に見えるが標高は400m弱の徳願寺山が黒くうつっていた。去年私が坂道散歩をした山です。
e0033229_1805891.jpg

写真の左下に白く見えるのは、河原の水たまりです。
この方向がちょうど西に当たる。もう少し早い時間なら、県道の安倍川橋のライトブルーのトラスが見えるのだが・・・。

それに、もう少し早くいけばもっときれいな山の端が見られたと思うが。

ちなみにその頃の富士山はというと。すでに赤富士になるタイミングは過ぎて闇の衣を纏う寸前だった。
e0033229_1834329.jpg


まったく雲がない夕暮れの空よりも、少し雲がある方が赤が綺麗になる

今年もあと一日だけになりました。
大掃除なんかしなくってもお正月は来るから心配ない。もしも来なければそれでも良い。
こんな考えを持つなんと「ものぐさなオヤジ」だろう。



 
くっちゃねの


お正月なら


 大掃除


しなくても来る


ものぐさの家


     よし


  





by yo-shi2005 | 2016-12-30 20:05 | 自然 | Trackback | Comments(1)
2016年 12月 29日

可睡斎の雛飾りと春の花

e0033229_18131444.jpg


静岡県袋井市に、徳川家ゆかりの古刹がある。可睡斎という。

新聞によると、その可睡斎で早くもひな祭りが始まるそうだ。
それも三千体のひな人形を一堂に展示するという。
e0033229_1816436.jpg


展示期間は元旦から3月31日までで、新聞の記事にもあるように、同期間JR袋井駅周辺の商店や公共施設100か所でもひな人形を展示する。
「まちじゅうひなまつりプロジェクト」も開催される。

可睡斎本堂、お正月は大変な混雑が予想されます。

・・・・・・・・・・

ホームセンターに行った。

園芸コーナーにも立ち寄った。
目についたのは薄紫のフリージア。
うちのフリージアは面倒見きれないような状態だし・・・・・。
つい手を出した。

買ってきて、寒い中ですぐに植え替えた。
e0033229_18295234.jpg


本当はサイネリアが欲しかったが、気に入ったのがない、やっぱりあの店に行かなくてはだめか。
代わりにこれを買って来た。
ラナンキュラス
e0033229_1833881.jpg


ホームセンターには行かない方がいい、見ると欲しくなるから。
ドーム菊の場所確保のために花を減らすなんて言いながら、困った人だ。
元のページに戻る



by yo-shi2005 | 2016-12-29 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 28日

今庭に咲く

e0033229_15563465.jpg


この季節は花の苗を買ってきても寒さに負けて育たない。
その上わが庭では来年のドーム菊に備えて花の鉢の数を少なくするようにしているので、とても寂しい状態の庭になっている。
そんな中、今必死で寒さに耐えている花たち・・・

シャコバサボテンは、寒さが好きなようだ。
これも暖かい部屋の中で育てれば、花ももっと早く咲くのだろうが、ずっと屋外に置いた。
この花の性格で、外の寒い所で管理してきて、蕾が膨らんだからって家の中の暖房の部屋に入れると、蕾が咲かずに落ちてしまうことが多いという事なので、我が家ではずっと屋外に置いている。

先日ひと鉢咲きはじめたのが、やはり外では開花の進みは遅い。
1号鉢
e0033229_162589.jpg


そして遅れて咲きはじめた2号鉢
e0033229_1633956.jpg


・・・あれぇ?、みんなこの色かぁ、あのピンクは?・・・
この夏に一鉢根腐れで枯れたのがあのピンク色だったのかなぁ…と思いながら鉢を動かしてみると

あったぁ!。鉢の向こう側になっていたのだ、何とか全滅は免れたようだ。
ピンク
e0033229_1661754.jpg


やれやれ・・・だ。

頼まれているよそのお庭に植えようと苗を買ってきたが、まだ前の花が咲いていたので家に持ち帰って鉢植えにしたビオラ。この子たちも寒そうで開花が遅い。

黄色
e0033229_1685061.jpg


ブルー
e0033229_1693788.jpg


しろ
e0033229_16101014.jpg


寄せ植え
e0033229_1611776.jpg


ハイビスカスは蕾は出るのだが、どうしても咲けない。
e0033229_1613115.jpg


ぼちぼち添い寝を考えてやるかな。



by yo-shi2005 | 2016-12-28 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 27日

面倒見きれないフリージア

e0033229_18105336.jpg


今年はフリージアが6鉢になった、というか6鉢に抑えた。
花が咲くのは3月頃だが、葉っぱはだいぶ伸びた。

だがこいつら疲れているのかすぐ寝たがる。

見るに見かねて一昨日手製の特別な支柱で起こしてやった。青い鉢は全部フリージア。
e0033229_18135472.jpg


そのときはこんなに整然と立っていたのだが昨夜から今朝にかけて雨が降ったら
もう倒れ始めた
e0033229_18164967.jpg


上の段に置いてあるのは、黄色で、球根がたくさんあったので球根の隙間を狭くしてたくさん植えたら、お互いに支え合っているのかこれは倒れにくくこんな支えだけでも倒れない。
e0033229_18202567.jpg


花が咲く3月までは、ブツブツ言いながら面倒見なくてはならないかな。

これは同じころに花が咲くトルトリアだが、これもかなり密植したので倒れないが、この支えを外したら、きっとべったり倒れてしまうと思う。
これもフリージアと同じころに咲く。
e0033229_18241714.jpg


また今日も花の画像がない花日記ブログになってしまった。
今年の春のフリージアの写真を一枚載せておきます。
e0033229_18271744.jpg




by yo-shi2005 | 2016-12-27 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 26日

師走の歌散歩

e0033229_1831380.jpg


オキザリスは非常に種類が多い草花だがその花たちはこれからが本番だ。

我が家のバーシカラーは今を盛りと咲き誇っている。(versicolor これは英語じゃないようだがどんな意味かな?)
花を正面から見るとただ白いだけだが、そのつぼみを横から見ると、紅白の布を絞ったように見えてこの花のチャームポイントの一つだ。
e0033229_18334669.jpg



こんな言い方はオキザリスに対して失礼かもしれないが、ごくありふれたオキザリスの一種。
オキザリス・プルプレア、ただこの渦巻のような花が何とも言えない(個人的な感想だが)
e0033229_1836273.jpg



先日から行って見ようと思っていたのだが、夜出かけるのが億劫でそのままになっていた、街の電飾、夕方市街地の近くにいたので足を延ばして見て来た。
時間が早かったせいかぼんやりと。
e0033229_1839078.jpg


もう少し中心街の方に行って見て来た
これがメインと思われる、昭和通りの電飾。
e0033229_18403176.jpg


もっと市役所の近くの方に行けばまだほかの飾りもあると思うが、私は街中の混雑を嫌って、引き上げて来た。

明日は雨になるという。



by yo-shi2005 | 2016-12-26 20:05 | 歌散歩 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 25日

芽が出た球根植物たち

e0033229_14472429.jpg


今日のブログは花の写真のない花日記です。

この時期は春に咲き球根植物たちの発芽時期なのです。

わが庭には何種類かの球根植物があるが、芽が出て来た。
中にはまだ出てこないのんびり屋もいるが・・・・・。

一番早いのがスノードロップで、むすでにつぼみが出て白くなり始めている。
e0033229_14521642.jpg


でも本格的に咲くのは来月中頃になるか。


日当たりの良い所に地植えされた黄いろの推薦は種類によってはもう咲いているが、我が家の庭ではそれは望めない
ようやく目が出始めたところだ。
e0033229_1455662.jpg



早咲き種のようにもうだいぶ前から出回っている黄色の小さな水仙がある。
ティタティタなんて名前がついているが、これはこれも早く咲くように管理されたものだ。
普通にして置いたら早くて2月我が家のはおそらく4月近くなって花が咲くと思う。でもこれも芽が出始めた。ちなみにこの鉢は50cmもありこんな小さい水仙だけではもったいないと、真ん中に大きな推薦を植えてあるが。昨年は花が咲かなかった。
水仙曰く「こんな子供たちの中じゃ花も咲かせられないよぉ」なんて言ってるかも。
e0033229_150737.jpg



この鉢は黄色の水仙が植えてあるはずだが、咲いたのを見た記憶がない。
年のせいで、忘れたのかな?。
でも芽が出て来た。今年は咲いたら覚えておこう。覚えておくのを忘れるかな・・・・。
e0033229_1524523.jpg



チューリップの球根を買った。欲張っていく色かセットになったのを買った。
これが同時に咲くというのがうたい文句で売られていた。果たして同時に咲くだろうか。
e0033229_1544647.jpg



今年球根を買ったチューリップだが私はまだこれの花を見たことがない。
ところがまだこれは芽が出ていない。変わった花だ。
「こいつどうしちゃったのかな?」なんて言いながらハサミで、雑草の根っこを切っていたら、
「いててて、なにすんのよぉ・頭を刃物で突っついたりして痛いじゃないのっよぉ」って叱られちゃった。
地表の近くまで芽が伸びてきていたのを知らずにハサミの先で突っついてしまったのだった。
スノークリスタル
e0033229_1595575.jpg




植えっぱなしでも花が咲くといううたい文句で売られていた、それでも何年かほったらかしておくと花は小さくなり、元気がなくなった。一年ほど前に植え替えてやった、
花は可愛い花だ。
ホワイト・ライアン・フェータ。私はへーたと呼んでいる。
e0033229_15135148.jpg


どの鉢も同じものにしか見えないですね。
最後に花をお見せしましょう。
そのホワイト・ライアン・フェータです。この花は4月頃です。
e0033229_1515172.jpg




by yo-shi2005 | 2016-12-25 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 24日

見納めの紅葉と、ダイヤモンド実験

e0033229_16354653.jpg


用事で隣町の焼津市に行った帰り道のこと、もうじき市境のトンネルというところで、「いい天気だなぁ」とあたりを見回した。すると

この道は何度となく通っている道だが、離れた山の中腹に小さな集落が見えた。

「あれあんなところに集落があったかなぁ」と思って、時間もあったし興味半分で行って見た。
地元の人には悪いが、何のことない集落だった。
そこから下界(?)を見ると・・・・。
「あそこは何だろう?」綺麗に紅葉した楓らしいものが見える」
デジカメでズームして撮ってみた。
e0033229_16422156.jpg


「北国じゃぁ1mもの積雪だというのに」と思いながら、その紅葉の所に行って見た。

小さなお稲荷さんがあってその先は私有地の入り口のようで、その道端に植えられたかえでが紅葉していて、昨日の風でだいぶ落ちたようだった。
e0033229_1647795.jpg




その帰り道、道路が北を向いたところで信号で止まると前の車が、よく手入れされていて磨いてあるようで、光ってまぶしい。
e0033229_16492420.jpg


「まぶしいなぁ」と思いながらふと気が付いた・・・・。

我が家に今咲いている、ネリネはダイヤモンドリリーの別名を持ち、その花びらに細かい水滴がつくとダイヤモンドのように光るのがその語源と言われている。

ネリネ(この花は今お知り合いのお宅の玄関前に出張中)
e0033229_1762458.jpg


数日前、我が家に残っているネリネに、霧をかけて、どんなふうに光るか実験してみた。
そしてその光をカメラに収めようと、・・・何枚写真を撮ったか・・・・けっかは肉眼では光って見えたが、写真では光らなかった。

そこで考えた。
カメラ自体に乱反射防止の機能がついていて、光って映らないのかなと思っていた。

話は戻るが、信号で止まった前の車を、助手席のカメラをもって撮影してみた。
e0033229_17125532.jpg

まぶしいほどではないが、光っている。

そこで、気が付いた。
この前実験したときは、カメラに太陽光が入らない程度の逆光で撮っていた、順光なら反射するからあるいはダイヤモンドリリーが取れるのかな。

思いついたらもう実験してみたくて仕方がない。
急いで帰ってきて、ネリネに水を噴霧して、太陽を背にして、肉眼で見て水滴が光っている角度から撮ってみた。


その結果は・・・・・・
残念ながらダメだった。
e0033229_1720307.jpg


肉眼で見て光って見えたところは白い点にしか映らない。

この実験は、失敗に終わった。 ・・何か方法があるのかなぁ???・・・

そこで落ち着いてよーく考えてみた。

こんな小さな球体に太陽光が反射した程度の光の強さでは、
e0033229_1733355.jpg

こうゆうかがやきにはならないのだ。

あの目を細めたくなるような海の輝きだって、写真にしたら白い点の集まりしか映らないのだから。
e0033229_1735527.jpg


ということが分かった。

一つお利口になったというか、ばかげた実験をしたというか、私の好奇心がそうさせたのだから仕方がないが・・・・・。



by yo-shi2005 | 2016-12-24 20:05 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 23日

無残!!、皇帝ダリア・ポッキリ

e0033229_1427151.jpg


今朝がた、お天気は良かったが、一時かなり強い風が吹いたようだった。

表庭に出てみると。ハイビスカスの鉢が横倒しになっていた。
用事で来た近所のおじさんが
「あぁ、あの風で倒れちゃったねぇ」と言って親切に起こしてくれようとしたので、
冗談も交えて
「そいつはもうちょっと寝かしておいてやって、起こしてもこの風でまたたおてちゃうから」と言ってら、おじさんは解ってくれて、「そうかぁ、倒れていればこれ以上倒れる心配ねぇもんなぁ」

と二人で笑いながら、横の皇帝ダリアも風にあおられて倒れそうになった。
e0033229_14275369.jpg


ふと心配になった。
「裏庭で咲いてる、皇帝ダリアの白は大丈夫だろうか」

急いで裏庭に行って見た。
すると・・・・無残!!・・・・ぽっきり折れて、花の部分は下の方にぶら下がっていた。

e0033229_14283634.jpg


「もう一本はどうしたろうか」

よく見るともう一本も・・・・花が逆立ちしていた。
e0033229_14291445.jpg


仕方なく、なみだをのんで(それほどでもないが)チョッキン。
e0033229_14294582.jpg


そのままゴミ箱になんてことは出来ない。
大きめの花瓶に挿してみた。


まだ、遅くにつぼみが出た枝の緩み始めた蕾が、残っているが、昨日の最盛期ほどのにぎやかさは望めない。

一昨日写真を撮っておいてよかった。晴れ姿が画像として残った。
e0033229_14511288.jpg




by yo-shi2005 | 2016-12-23 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 22日

花二題

e0033229_1522728.jpg


静岡地方は、夕方から雨という予報だったが、朝9時ころから小ぬか雨と言いたいような雨が降り出した。
本来は今日撮った画像でブログを作りたかったのだが、このお天気ではそれもままならない。

さいわい、昨日撮った画像があったので、わが庭の花を二つアップします。


これまでに何度となく白い花の皇帝ダリアの様子は写真と共に紹介してきたが、今日あたりが今年の晴れ姿になると思われる写真が取れたので、アップしてみます。
写真では花の大きさまでは解りませんが、普通の薄紫の花よりも少し小さい花ですが、私を見下ろしながら元気に咲き誇っています。

皇帝ダリア白
e0033229_15101465.jpg




・・・・・・

シャコバサボテンは去年までは真夏の暑い間だけ日陰の風通しの良い所で避暑をさせていたが今年はそれをせずにそのまま熱い思いをさせて来た。
そのためかどうか、蕾が少し少ないようだが、たくさん蕾が出ても咲かなければ何にもならない。
それにこの夏3鉢のうち一鉢が根腐れで空手今は二鉢だけだ。
そのシャコバサボテンが、咲きはじめた。
この花のこの色は亡妻からの遺品のようなもの咲いてくれるとほっとする。
e0033229_15144655.jpg


ほかの花たちは雨で写真も取れずちょっと寂しいブログになりますが。本日はこれにて。

外では雨が音を立てて降っています。



by yo-shi2005 | 2016-12-22 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

画像一覧