<   2017年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2017年 03月 31日

スマホ一年生

e0033229_185842.jpg


私には自分で作った「戒め」があった。

e0033229_1862428.jpg


でも、そんなことを言っていては進歩がない、食うに困るような結果を招いては困るが、「お小遣いの範囲内」であればそれは、自分への教育費と思えばいいと思って時には無駄遣いもする。

のっけからつまらないことを書いていると思われるかもしれないが、自分の欲望と、必要性と、「¥」を考えて、踏ん切りをつけた。

これまでは、電話、メール用にガラケイを使って来た。そしてその使っていたガラケイがどうしても使い勝手が悪く、その前に使っていた古いガラケイをもう一度使うようにしたのがつい10日余り前のことだった。

その時はこんなことを考えながら・・・・
e0033229_1815540.jpg


シムカードを入れ替えて2000円の代金を払ったが・・・・これが調子がいいのです。
「何であの時あんなケイタイに替えたのだろう?」と思うほどで、携帯電話を使うのが楽しくて仕方がないほどでした。

ところがいろいろ考えると
これまで電話やメールは、このガラケイで、そのほかにWi-Fiの使えないところでパソコンを使う場合のためにNTTのタブレット端末を持っていました。(テザリングのために)
それらの月々のランニングコストが・・・・ということで¥が問題になって来たのです。

そこで考えて、最近はテザリングが出来て、しかも高齢者仕様のスマホがあると聞いて、
「よーし、これに懸けてみよう」と思い立ったのです。

こうなると、今調子よく使っているガラケイをやめなくてはなりません。
このガラケイ、言って見れば・・・・相思相愛でいながらも、わけあって一度は別れた彼女とつい先日再開してよりを戻して、今はラブラブといった間柄・・・・なのです。

わかりやすい説明だと思いますが・・・・。

そんなこと言っていたらまた、スマホが遠のくことになると、心を鬼にして・・・。
大げさな言い方ですね。

結論としては電話、メール機能の他にパソコンをネットに繋ぐ為のテザリングと一台3役をスマホに託し、ガラケイとタブレット端末は、すべて契約解除ということにしたのです。

そして今朝ドコモショップに行って、契約してきました。
それで買って来たスマホがこれです。
e0033229_1837850.jpg


赤と黒と白がありましたが、まさか私が赤いスマホというわけにもいきません、それに黒は前回の気に入らない携帯が黒だったのでNG,白にしました。

黄色いのはドコモのおねぇちゃんがくれました。「ポインコ」と書いてあります。

ドコモショップから帰ってきて、早速いつもITの相談する友人に電話をして、「スマホ買ってきちゃったよ」と言って驚かせてやりました。
友人は、
「スマホで電話かけられたんだね、それじゃぁ、メールもしてみて」というのでメールも送りました。
それも届いたそうです・・・・当然じゃん。

それ以上のことはこれからお勉強です。まだ新一年生ですから。

ピカピカのぉ、、いちねんせぃ、どうぞよろしく…といったところ。

早くテザリングができるように頑張りま~す。

そうそう、元カノのガラケイは、電話はかけられませんが、充電さえすれば歩数計は生きているので、ウオーキングの時は連れて行きます、・・・でもスマホにも歩数計がついていた。

   どうしよう   悩み多き yo-shi2005 なのでした。



by yo-shi2005 | 2017-03-31 20:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 30日

あの時の花は今・・・

e0033229_18354558.jpg



ピンクのシクラメンは

菊の苗を取るための大きな鉢の横の隙間で、小さな鉢に植えられたシクラメンが花がこぼれそうに咲いている。

このシクラメンは花の下(花茎)が短いので、よけいに花がこぼれそうに見える。
ピンクのシクラメン
e0033229_18425952.jpg


この子の20日ほど前の様子はここにあります【クリック】

あの頃も脚の短い花だったけれど、あのときつぼみだったのがだいぶ開いたが脚は相変わらず短いのでよけいに花びらがこぼれそうに見える。


つりがねそうは

雨が降ると軒下に取り込んで、花の色が変わってくると、すぐに摘み取ってやると、次の蕾が早くできてくる。そんな手をかけてあげると、花も喜んでよく咲く。
まだ元気のなかった釣鐘層はここに【クリック】います。
この花は本人・・・じゃなくって・・自分の希望でうちに来たんだから一生懸命咲いてもらわなくっちゃ。

今日のつりがね草(カンパニュラ)
e0033229_19114097.jpg


これから暖かくなると忙しくなりそうだ。


叢中紅一点

昨年植え付ける前に、球根を腐らせてしまうという大失敗の、腐り残りの球根を植え付けたラナンキュラスがようやく一つ咲いた。
雑然とした緑の中に真っ赤な花で、叢中紅一点の言葉がぴったりだ。

咲き始めたラナンキュラスの赤
e0033229_19191956.jpg


あんまり真っ赤な赤はカメラの方が負けてしまうようで、いい写真にならない。
   自分の腕は棚に上げて、カメラのせいにする。
 愚かなるおやじ、腕を磨く努力をしろ!!。…読者の気持ちを代弁。



by yo-shi2005 | 2017-03-30 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)
2017年 03月 29日

春浅き日の歌散歩

e0033229_18172575.jpg



郷土誌

同郷の友達から、ふるさとのことを書いた「磯部誌」という本をいただいた。
開いてみると自分の故郷のことをこんなに詳しく活字にされたものは見たこともなく、読み始めると止まらなくなって、読みふけって気が付くと25時30分になっていた。
e0033229_1821993.jpg



怖いもの見たさ

先日、東京スカイツリーに初めて上ってみた。一番低いフロアーで女の子たちがキャーキャー騒いでいた、行って見るとガラス張りの床で、340m下が透けて見えていた。
女の子たちは怖がりながらも次々にその上に乗ってみていた。
e0033229_18252129.jpg



掛川さくら

掛川さくらが見ごろだというニュースに、「掛川さくらとは何ぞや」と行って見た。
優しいピンク色の桜だった。
e0033229_18265240.jpg



吹き溜まりのタンポポ

静岡市葵区本通は送電用の電柱がない。それでも交通信号用の電柱や交通標識ようのぽーるはある。
その根元のごみの吹き溜まりの中にぽつんと一つタンポポの花が
e0033229_1829126.jpg



ど根性すみれ

我が家の前の道路のコンクリートの割れ目に芽を出したすみれに花が咲いた。
車にも一度や二度は轢かれたことだろうし、あるいは人に踏みつけられたこともあっただろうにそれでもめげずに咲いていた。ど根性すみれだ。
e0033229_1832021.jpg




by yo-shi2005 | 2017-03-29 20:05 | 歌散歩 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 28日

ニョキ ニョキと春です

e0033229_17543012.jpg


昨日は雹が降って、山では雪の事故のニュースも聞かれましたが、猫のひたいほどのわが庭にも春が近づいて来て芽がにょきにょきと出て来した。

芍薬

先日まで赤い芽をちょっと覗かせていた芍薬は
「いつまでもこんな姿じゃいられない」とばかり、いきなり葉っぱを広げ始めました。
でも去年もこんな調子で初めは元気だったのですが、蕾は出たもののついに花を観ることはできなかったので、今年も喜んでばっかりはいられません。
e0033229_17594244.jpg


でもあのピンクの花を夢見て期待しましょう。


紫蘭

もう忘れるほど昔に奈良に住んでいた兄(故人)が根っこを送ってくれてから毎年花を咲かせてくれて来た、紫蘭、今年も元気だ。
先日実家の法事で逢った義姉(その兄の妻)に
「あの時の紫蘭が毎年花を咲かせて、今では3鉢に増えたよ」と言ったら義姉も喜んでくれた。
e0033229_1854186.jpg



オキザリス・トライアングラリス

昨年12月に群馬で逢った、昔、小学校の頃、同級生の女の子だった女性が・・・
「よしさんは花が好きだから、これ持ってって植えてえ見て」と言って葉っぱのついた球根を持ってきてくれた。
葉っぱを痛めないようにそっともらってきて、鉢に植えた。
寒い時期だったので葉っぱは全部枯れてしまった。
でも、球根植物だから来年にはきっと新しい芽が出てくれるだろうと期待して待っていた。

そして芽が出て、葉っぱが広がったのだが・・・・
e0033229_18583531.jpg


しかしあの時、この花の名前は聞いてこなかったのでネットで検索したらどうやら
オキザリス・トライアングラリスらしい。
しかし、今度出て来た葉っぱを見ると、その形がやけに丸っこい。
トライアングラリスはその名のとおり葉っぱが三角形をしている。
そこで再び調べたら、あるいは別の品種で「オキザリス・パープルドレス」ではないかと思うようになった、
この二つは花が咲けば全く違う品種と分かるが・・・・

トライアングラリス         パープルドレス
e0033229_18561171.jpge0033229_18564266.jpg

花が咲けばそれによってどっちの名前の品種かわかるが、結論は花を観るまでのお預けということになる。


ど根性すみれ

我が家の前に道路のコンクリートの割れ目にどこから飛んできたかすみれが芽を出して、かわいらしい花を咲かせた。
ひところは、いろいろなど根性植物が話題になったが、これも、ど根性すみれと言えよう。
e0033229_1933461.jpg


こんなところで咲かないで我が家の庭で咲けばいいのに・・・・すみれだって、そうしたいけどその自由は認められていない運命というわけか・・・・。

せめて、種を採取して来年はうちの庭で・・・・
    ・・・なんて真剣に考えている yo-shi2005 なのでした。




by yo-shi2005 | 2017-03-28 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 27日

金の生る木

e0033229_1552355.jpg


静岡地方は、午前中は薄日もさして、寒さも一段落かなといった穏やかな空模様だった・・・・が、昼近くにいきなり東の空が暗くなり、昼には雨が降り出した。
リビングにいて、「やけに音のでかい雨だな」と思っていたがちょっと窓の外を見ると・・・・
なんと、雨ではない”固形物が降っていた。
      雹だ!!

玄関を開けてみると近所の子供らは喜んで、傘を逆さに広げて、氷の粒を受け止めている。
私の車の上にも
e0033229_15143145.jpg

そしてお隣の空き地の砂利の上にも
e0033229_15151256.jpg


20分くらい降ったのかな。

間もなく収まって、青空が広がって、日差が戻って来た、一瞬の晴天の霹靂だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お金の生る木の話

しばらく前のことだが、お隣の奥さんが、こんな話をしていた。

これねぇ、もうずいぶん前に、「金の生る木」ということで買ったんだけど、買ったときはちっちゃな苗だったけど、見て、こんなに大きくなっちゃった。
だけど一向に金が生らないんだよ(笑)。

お隣の奥さんはそんなことを言って笑っていた。

私は
「なに言ってんの、その金っていうのは現金ばっかじゃないんだよ、お宅はこんな立派な金がなったじゃん、この木は立派に役目を果たしたんだよ」
そういいながら私はお隣の建物を指差した。
奥さんは
「そうかねぇ」と言って笑っていた。

そんな話をしてから、まだ半年も経っていない。


お隣は5年ほど前に我が家の隣の土地を買って、立派な二階建てを新築して今は息子さん夫婦と住んでいるのだった。

半月ほど前に、奥さんが
「ねぇ、あの金の生る木って花が咲くみたいだね、蕾が出たよ」。と言って教えてくれた。
見るといくつか蕾が出ていた。

「へぇ、確かに蕾だね。この木に花が咲くっていう話は俺聞いたことがなかったよ。花が咲いたら写真撮らせてね、俺のブログに載せるから」。

そして先日フェンス越しにちょっと見たらたくさんある蕾の内一つが開いていた。

とりあえず、先日奥さんにお断りしてあるからと勝手に判断して、フェンス越しに一枚撮らせていただいて、先日のブログの最後にアップしてしまった。それがこの写真
e0033229_21474355.jpg



ネットで調べてみると、花を咲かせようとして咲かせるとこんな風にも咲くのだそうだ。
e0033229_21482652.jpg


金の生る木と言われる木はいろいろな種類があって花の種類もたくさんあり、お隣の花は、その中のひとつのようだ。

そして今日はまた一つ開いていた。
e0033229_15231573.jpg


もう少し拡大するとこんな花だ
e0033229_15234725.jpg


今日はお隣の奥さんに逢って。「花が咲いたから撮らせてもらったよ」とお断りして、「奥さんの話もブログに載せるよ」と承知していただいた。
奥さんは
「私は載せないでしょうねぇ」「本当は載せたいけど、許しが出ないと思うから、最初からあきらめています」。


e0033229_21502757.jpg何で「金の生る木」なんて言うありがたい名前が付けられたかというとこれは多肉植物で、風にも暑さにも強く、冬も枯れないこと、葉っぱが楕円形で、昔の小判をイメージできること、そしてだいぶ前にある業者がこの木の新芽を五円玉の穴に通してそのまま育てて、さながら五円玉が生ったように見せかけて売り出したことからお金が生っているようだとして、この名前が付けられたとか。

でもこの木には[フチベニベンケイ(縁紅弁慶)または 花月」という名前がついている。

残念ながら我が家んはこのありがたい木がない・・・・・そしてこの木を買って来る気もない。
・・・だからだめなのかなぁ・・・¥のことさ。
お隣の花が満開になるのが楽しみだ。



by yo-shi2005 | 2017-03-27 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 26日

吉田公園チューリップまつり

e0033229_18555668.jpg

<緊急告知>
 寒さのために開花が遅れています
この記事は3月24日に書きましたが、3月25日の静岡新聞によりますと、このところの寒さと少雨のために開花が予想よりも遅れているようです。
これは3月25日付静岡新聞の切り抜きです。
e0033229_9254657.jpg


イベントは終わってしまいますが、お花の観賞は一週間ほど遅らせたほうがよろしいかもしれません。
e0033229_18564357.jpg


昔は、越すに越されぬ大井川と言われた大井川も、今では、リニヤ新幹線の工事で水量が減るんじゃないかと関係者が気にしているほど水量の少ない川になってしまった。

それはいいとして、その大井川の一番下流の、河口に近い右岸に、静岡県が運営する吉田公園がある。
個々では毎年近くの住民の協力で、チューリップまつりが開催される。

静岡新聞アットエスによりますと

60品種10万本のチューリップが彩り鮮やかにお出迎え吉田町にある県営吉田公園のチューリップが3月下旬ごろから見ごろを迎えます。
芝生広場中央の花壇や園内の花壇に植えられた60品種10万本のチューリップが赤や黄、ピンクなど色とりどりの花を咲かせます。

25日には災害時の来園者避難場所となる「命山」の完成を記念した式典、オープニングセレモニーが行われます。期間中の土・日曜日にはバンドや太鼓の演奏、ダンス各種などのステージ披露があるほか、ミニSL運行のイベントも行われ、チューリップを見ながらさまざまな催しが楽しめます。しずかちゃんマーケットでは地場産品をはじめ、海の幸、山の幸、飲み物、お弁当など多数出店します。

ということです。上の画像はそのポスターを撮ってきました。
実はこの公園に、「チューリップはどんな様子かな」と去る3月12日に行って見ました。
このポスターもその時公園内で見かけて撮ってきました。

その日は寒い日でした。
地元の皆さんが一生懸命植えたチューリップは、まだ芽が出ただけで、蕾を出しているのはほんの少し、中でこの蕾が一番大きいなと思ったのがこの程度でした。
参考画像
e0033229_1963298.jpg


広大なチューリップ園では老夫婦らしい二人が、鼻水を拭きながらチューリップの芽よりも大きく伸びて花を咲かせた「ホトケノザ」を、無心に抜き取っていました。

ホトケノザ(雑草)
e0033229_191211.jpg


また、ほかの区画では、中年過ぎの女性がご主人らしい人と来ていた。
私が
「まだ花を観るにはちょっと早いみたいですねぇ」というと
「そうですねぇ、いまね、植え方が深いとか、浅いとか言われながら植えたので、自分が植えたところが芽が出ているか見に来たんですよ。この三角の区画だけで、球根が500個あるんです。眼が出ているんで安心しました」
「それじゃここはみんなボランティアの人たちが植えたの?」
「そうです、大勢来ていましたよ」

静岡県の公園なので県のヒトが管理しているが、実際に手をかけているんはこうしたボランティアの人たちのようだ。
満開になると壮観だ。
e0033229_19284393.jpg


何年か前にも来たことがあった。そのときは満開を少し過ぎたころだった。
私の予想では今年はちょっと遅れて満開になるのではないかと思う。

ここは駿河湾に面している、近くには自然の山も高い建物もない、津波に備えて、「命山」が完成したようだ。
e0033229_1931186.jpg


綺麗に整備された公園だ。チューリップまつりの時も入園自由だが駐車場は有料になるとのこと。
e0033229_1932759.jpg


チューリップまつりは間もなく始まります。お近くの方はどうぞ。
いろいろなイベントも・・・
e0033229_1936381.jpg




by yo-shi2005 | 2017-03-26 20:05 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 25日

スカイツリーのことを復習

e0033229_20371489.jpg


仏教でいう法事、一周忌は神教では一年忌祭というようだ。

その祭事も無事終わり、お墓参りも済ませて、お斎も終わり、今回は帰りはどこにも立ち寄ることなく帰って来た。

特に記すこともないので、昨日行ったスカイツリーについて復習しておきたいと思います。

言うまでもなくこの塔は電波塔です。

でも今ではどちらかと言えば巨大な観光建造物と言えます。

その高さの他に、珍しいものがたくさんあります。
今回は展望台について

e0033229_20443232.jpg


いろいろな写真で見るように展望所は地上340mから350mまでの三段階の展望デッキとその100m上にある展望回廊とに分かれる。

エレベーターは100mを50秒で動くという巨大なエレベーターだ。
下のビルのF4から乗ると、展望デッキの最上階(350mデッキ)に着く、そしてもっと上に行くにはその階からエレベーターで展望回廊下段(445mフロアー)に着く

その展望回廊は445mのフロアーから450mのフロアーまでが特殊な作り方になっている。

e0033229_20505476.jpg


展望デッキの最上階からのエレベーターは「展望回廊の下段」に着く
そこからデッキの外側に斜めに巻き付いた巨大なガラスの回廊の中の緩やかな坂道を上り450mのフロアまで登っていく
e0033229_20561830.jpg


展望回廊まで来ると床というかそのデッキ全体がすこーし揺れている。

そのことを今日のお斎の席で建築士の兄貴に話すと、あの高さになると、(もっと低くても)少しは揺れるように作らないとちょっとの地震でも破損してひどいときは折れてしまうのだそうだ。
だから昨日風があったのなら揺れていたはずだ。とのことだった。
やっぱり私が揺れているように感じたのは正しかったのだ。
そして展望回廊上段(450mフロアー)からの下りエレベーターは展望回廊の上段から100m下の展望デッキの中断(345mデッキ)に降りてくる。
そして帰りのエレベーターは展望デッキの最下段340mからビルの中の5Fに下りてくる。

最下段340mのガラスの床から見た地上の風景、まるで模型のようだ。
e0033229_21154646.jpg



「なるほど」と思ったのは設計段階から、完成後の混雑を見通していたか、エレベータの発着は展望デッキと、展望回廊を結ぶ上り以外は全部別々のフロアーから行われていることだ。

・・・・・・・・・・・・・・

最後に全く関係ない珍しい花を一つ。縁起の良い名前の小さな小さな花です。
これについては明日のブログに再びアップします。
e0033229_21305289.jpg




by yo-shi2005 | 2017-03-25 20:05 | | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 24日

群馬に行く前にスカイツリーの見物

e0033229_22155495.jpg


昨年他界した実家の長兄の1年祭(仏教では一周忌)に参列のために、群馬にきました。祭式は明日なので、時間はあります。

何時も一緒に行動するのは、だいぶ前に亡くなった次兄の奥さんと三年ほど前に亡くなった三兄の奥さん、そして元気な弟夫婦と私だ。
そこで、私も、義姉もまだ上がったことのない東京スカイツリーの見物に行ってきました。

以前から、TVの画像では見ていましたが・・・・・・

「近くで見るとスカイツリーはでっかい、本当にでっかい」・・・・これが第一印象でした。

これだけ巨大な建造物に、無数と言えるような大勢の客を案内する二は大勢のスタッフがかかわっています。
まず目を引いたのは、大きなはアルファベットのちりばめたユニフォームと。スカイツリーをイメージした三角の柄のユニフォームを身につけたアンバサダーたちでした。
e0033229_22273266.jpg


何を聞いても的確にはきはきと答えてくれて、写真を撮りたいと言えば並んで微笑んでくれました

最初は地上350mの展望デッキ
東京の町の地理に詳しくない私などはどこがどのあたりか全く分かりません。でも眼下に見える隅田川に架かるX型の桜橋はすぐに解りました。
e0033229_22362282.jpg


そうしてもう一段上の、展望回廊では。心なしか床が揺れているような気がして・・・・
やはり捕まっていたいような。そして下を見るのも「怖いもの見たさ」といった感じだった。
e0033229_2242476.jpg


こうしてスカイツリーを離れるのが名残惜しいような気分でゆっくりしていたら、安中市のホテルに到着は19時になってしまった。

後から考えると亡くなった兄が「お前たちこれからも兄弟義兄弟仲良くやれよ」と言ってくれているような気がした。
こんなチャンスを与えてくれた長兄にあらためて感謝。

ホテルの食堂の焼酎がおいしかったこと・・・・・・兄貴ぃ、有難う!!。



by yo-shi2005 | 2017-03-24 20:05 | | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 22日

アネモネに謝罪

e0033229_19553188.jpg


この際我が家のアネモネに一言詫びを入れておいた方がいいかもしれない。

実は昨年11月にアネモネの球根を買って植え付けた日のブログにこんなことを書いていたのです。

ここをクリックしてみてください

こんなことを言っても、実際にアネモネがつまらない花しか咲かせなかったとしたら、私もこんな気持ちにはならなかったのですが。

最初に咲いた花がまず気に入った。
咲き始めた日はこの程度の花だった。
e0033229_2072550.jpg


ところが3日ほどするうちにその花が・・・
e0033229_2085075.jpg


e0033229_209878.jpg


この時点で、
「あの時アネモネの球根を買っておいてよかった」と思った。

ところが3月に入って
紅白ペアー
e0033229_2028516.jpg


藍色三兄弟
e0033229_20291516.jpg


まだまだ続くアネモネファミリー
e0033229_20301575.jpg


そして極め付けが、この朱赤
e0033229_20321871.jpg


その割にこの花は手がかからない。
球根を植え付けて、「あ、芽が出たな」と写真をパチリ
「だいぶ茎が伸びたな」でパチリ、
「つぼみが出て来た」でパチリ。
そして花が咲いた。その間、ほかの花と同じように水やり施肥、草取り、それだけでこんなに楽しめる。

そしてまだまだ咲きそうな様子です。

アネさん、最初のブログに変なこと書いてゴメンナサイ。 (深々)

来年はもっとアネモネを植えようかな・・・・。

昔のヒトの教え・・・・欲をかくと 恥をかく・・・・・



by yo-shi2005 | 2017-03-22 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 21日

わが庭の花・今では

e0033229_18295829.jpg


春分の日が過ぎたから、少しはそれらしく暖かくなるかと思ったら、朝から冷たい雨がしとしとと降り続いた。

世に言う「暑さ寒さも彼岸まで」とは、春の場合は彼岸が終わるまでは寒いと解釈すればあと二日くらいは寒くても仕方なないのかなと我慢する。
こんなのを屁理屈というらしい・・・。

・・・・・・・

今月初めころは私に幽霊花なんて書かれていた、クリスマスローズもようやく花がバシッと開くようになった

幽霊花のころのクリスマスローズ 3月2日
e0033229_1839610.jpg


そして今では表庭で咲き誇っている。
e0033229_1913223.jpg



もう一つのクリスマスローズも、本来のピンク色になって来た。
e0033229_18404369.jpg



鵯(ひよどり)に花びらを食われてひどい状態になったと思ったのが、3月2日のこと、あれから、また食われて、丸坊主になってしまったジュリアンだが。
ただ黙って鵯の餌食にしておいては可愛そうと、金網で囲ってCDをぶら下げて置いたら、鵯も近づけず、次第に下の方にあったつぼみが伸びてきて開花して、だいぶ回復してきた。

こうやって鵯から守って来た
e0033229_1846472.jpg


こんなに花が咲いてきた。
e0033229_18463931.jpg



一週間余り前に、こんなにつぼみがあるとブログに写真で紹介した、ピンクのシクラメンが咲いてきて、ちょっと混雑過ぎて来たようだ。
e0033229_1848818.jpg



花を守ってやるのも私、時には花を駄目にするのも私だ。
花が綺麗に咲いてくれたときは、私自身が花に守られているようなほんわかした気分になる。

冷たい雨が降る今日も心はほんわかしている yo-shi2005 なのであった。

あっ!いけねぇ、もう一つ忘れてた。
昨日お彼岸で菩提寺に行って来た、寺の境内に緋寒さくらが綺麗に咲いていた。
e0033229_18552182.jpg


先日のかけがわさくらよりも、少し色が濃い、




by yo-shi2005 | 2017-03-21 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

ファン

画像一覧