<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2017年 04月 30日

甲府・板敷渓谷(再訪)

e0033229_1903472.jpg


甲府市北部の山中にある板敷渓谷を再訪した。
昨日のブログで紹介したKさんご夫妻と一緒だった。

昨日の朝、甲府市内の高速道路のサービスエリヤから電話したときKさんが・・・
「主人に話したら、一緒にいってもいいと言っていたけど、今主人はボランティアの用事で出かけているんです。でも待っていると遅くなっちゃうから」と話していた
「時間ならいいですよ、少し待っていて一緒に行きましょう、大勢の方が楽しいですから」

ご主人に連絡して早く帰ってきてもらったらしい。三人で行くことになった。

この滝は2012年4月1日に一度行っている。そのときは一人だった。
私が行く半月ほど前にこの板敷渓谷は10日間ほど立ち入り禁止になった。
遊歩道の整備のためだった。

その時思った。板敷渓谷って名前の由来は何だろうか??。
今日もそんなことを思い出して、ネットであちこち検索したが、出てこなかった。



400mほど離れた駐車場に車を止めて滝入り口まで県道122号を歩いた。
渓谷入り口の板敷橋の上から見ると最初の滝が橋の下に落ちている。
白髪の滝
e0033229_19145570.jpg


橋の手前から階段を下りていくと板敷橋の下に取り付けられた遊歩道専用の橋を渡って渓谷に降りる。

この前来たときは真新しい木の橋だったが5年の歳月は橋の色も変えた。
e0033229_1918592.jpg



ここは渓谷というよりも峡谷の底に無名滝が見える。
e0033229_19195365.jpg



この滝を亀の首のあたりから水が落ちてるように見えるとして、亀滝と呼ぶ人もいるが、どうも一般的な呼称ではないようだ。
e0033229_19265639.jpg


小さな滝を見ながら進むと、6~7mはあると思われる滝、これが大滝の前衛滝の親子滝だ
何をもって親子滝というかというと、大きい滝の横にあるのが子ではなくその下流にある1mほどの滝が子で親子なのだそうだ。
細かいことは考えずにこれが親子滝です
e0033229_19251424.jpg


そして少し歩くと、総落差30mという四段の滝
この渓谷で一番大きい大滝です。
何処が四段かって?
一ばん上に細い直瀑があり次が水が砕け落ちる大きな部分、そして手前に向かって流れてくる部分と一番下の直瀑で四段になります。
板敷渓谷大滝
e0033229_1933650.jpg


・・・・・・・・

ところでこれはきわめて個人的な想像ですが・・・・
板敷渓谷の由来は、その昔まだ県道なんかないころ山道を通ってこの渓谷から流れ出す沢を渡るために、丸太の上に板を敷いた橋がかけてあった。その橋は地元の人たちは板敷橋と呼んでいた。
その板敷の橋のかかる沢の上流にある渓谷だから板敷渓谷と呼んだ。
その橋の名前が今最初の白髪の滝の上にかかる県道の橋の名前として残っている
昔は大雨が降ると流れてしまうような橋も必要に迫られて架け替えられて、立派な橋になっても昔の橋の名前が引き継がれることが多い。

くどいようですが私の推測です。
e0033229_19541679.png

(画像はグーグルマップからお借りしました)

Kさんご夫妻さま、ご一緒していただきありがとうございました。お疲れさまでした。



by yo-shi2005 | 2017-04-30 20:05 | | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 29日

ミニミニオフ会

e0033229_18555023.jpg


こうゆうのもオフ会というのだろうか?。私はブログを投稿しているがKさんはパソコンでブログは閲覧するが、ご自分では書かない。

そんな関係だが、ブログの通信はオフの状態でお会いしたんだから、オフ会と言っていいだろうと思う。

よく、皆さんがそのように言われるし私のこれまでの経験もいつもそうだったが、はじまりはそのブログにポチッとクリックしたことが始まりで、知り合いになり、直接お会いしてみると挨拶は「初めまして」だが実はそんな気がしない。もうずいぶん前から知り合いみたいに感じるものだ。

ブロトモのKさんが私のブログにコメントをくださるようになったのはそれほど古い話ではないが、あるとき「ハヤトウリを収穫してそのまま置いたら芽が出てしまったからどなたか育ててくださるようでしたら、苗にして差し上げます、どなたか貰ってください」と書いたら、ご連絡を下さったのがこのKさんだったのです。

そして今日、片道100kmを走ってそれを届けに行ったのでした。実はほかに滝という目的もあったのですけどね。

近くのサービスエリアから電話すると。
「もうそこまで来たんですか、ハヤーイ。今ねぇ、食べていただこうと思っておにぎりと焼きそば作ってるところなんですよ」
「朝ごはん、もう食べたよ」
「いいですよ、お昼に食べてもいいし、今作ったばっかりだから晩御飯まで持ちますよ」

そんなやり取りののち、約束の場所で落ち合って・・・・始めまして・・・でも初めての気がしない。

「時間ありますかぁ」
「時間ならどうにでもなりますけど、今日は午後はお天気がヤバいなんて言ってたでしょう」
「そこに見えるあの白い建物が藤村(ふじむら)記念館ていって、国指定の重要文化財なんです、そこの二階に主人が寄贈した写真が展示してあるんです。ご覧になりますか?」
「それは見てみたいねぇ」
e0033229_19164269.jpg

藤村記念館についてはこちら(クリック)に詳しく解説されています。

それを見せていただいて。そのあとは滝へ。滝の話題は明日に譲ります。
まだ大事な話があるんです。

滝の駐車場で、
持って行った苗と持ってきていただいた花を載せ変えた。

戴いてきた花は

日本サクラソウ”千葉乙女”
e0033229_19245629.jpg


日本サクラソウ”南京小桜”
e0033229_19255116.jpg


それに私は初めて育てる苧環(おだまき)
e0033229_2011999.jpg


私がいつも苗を買ってきて育てているのは西洋サクラソウで、この二種類は日本の在来種だそうだ。
それは知らなかった。
それに宿根草だと聞いて嬉しくなった。来年もこの花が見られるわけだ。

ご主人が、「丁度お昼の時間になるからあのダム湖のあたりでお昼にしませんか、家内が何か作ってきたようだから」。
近くのロックフィルダムの見える小さな公園の四阿の下のベンチでKさん手作りのお昼をいただいた。
そのロケーションは
左を見れば今満開のソメイヨシノ
e0033229_1932297.jpg


そして右を見れば広々とした湖水
e0033229_2054961.jpg


後ろを振り向けば珍しいロックフィルダム。
e0033229_19384786.jpg

旧知の友人のように談笑しながらおひるをいただいた。

ここで名残惜しくお別れして、私は変な好奇心から、「別の道で帰ってみよう」と遠回りして帰って来た。
行ったところは山梨県の甲府市だったが、帰りはそのまま東に向かって進み富士山の北側精進湖を通ってきたが、精進湖のあたりも今ちょうどソメイヨシノが満開だった。

楽しいいいドライブだった。帰路に事故渋滞に巻き込まれたが事故現場の横を通って事故車を見て気が引き締まって安全に帰って来た。

Kさんご夫妻さま有難うございました、とても楽しい一日でした。
Kさん夫妻と見た滝の話は明日書きます。



by yo-shi2005 | 2017-04-29 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 28日

トリアングラリス

昨年12月12日に群馬に行ったとき、小学校の同級生のYさんから頂いてきて、庭の鉢に植え付けた、トリアングラリスの花の第一号が咲いた。

トリアングラリスの花、写真では白に見えるが、実は薄いピンク色をしている。
e0033229_1445272.jpg


葉っぱが豪華な割には花は小さくかわいらしい。
小さな緑の葉っぱは勝手に生えて来た片喰です


昨年暮れに群馬で、前述のYちゃんが自分の家の庭から一掴み撮ってきてくれた。
持ち帰って早速植え付けたのが12月15日でこんな頼りない状態だった。
e0033229_14491888.jpg


その時名前がわからずネットで調べたら
Oxalis triangularisと出ていた。
私は英語は得意ではないが、普通に読んで
トライアングラリス

ところが、今日になって、花が咲いたからもう一度その名前を確認しておこうとネットで見ると、別の呼び方になっている。
この花は トリアングラリスと読むのだそうだ。
このスペルならどっちにも読めると思うが、この花の名前の場合はトリアングラリスというそうだ。

一応訂正しておきます。

この12月に植えた鉢は家の中で管理したが、葉っぱは全部枯れてなくなった。
休眠期に入ったわけだ。
お彼岸の頃には再び紫色の新芽が出て来た。しかしその葉っぱが丸っこいので、「こ日れは別の品種なのかなぁ」と思うようになったが、花が咲けばわかるだろうとその日を待った。

3月28日の様子
e0033229_20482943.jpg


それから一か月ようやく咲いた。それが植えの画像です。
葉っぱの形も三角形になり、花の形もネットで見るのと同じ花が咲いた。
これは間違いなくトリアングラシスと思う。
ただこの花は改良品種がたくさん出回っているので、葉の色花の色がkとなるものもあり、その作者が名前を付けることもあるので、その名前もいろいろあるようだ。
ちなみに和名は 紫の舞 というようだ。

参考資料 こんな風に育てたいトリアングラリス
e0033229_2046986.jpg


・・・・・・・・・・

もう一つ別の話題

姫檜扇・白

仕事でいつも行くお宅に行った。
このお宅に行くとまずこの花のところへ行って見る。
今日は白がこんなに咲いていた。
e0033229_1765710.jpg


橙色ならそのうち我が家でも咲く見込みだ。でも白はやたら咲かない。
希少価値ということだと思う。



by yo-shi2005 | 2017-04-28 14:03 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 27日

ロベリアの花”生体実験”?

e0033229_14291512.jpg


無茶な実験の結果を披露します。

去る3月11日

ロベリアの苗を何種類か買ってきましたその時二種類(メーカーも値段も違う)のブルーの苗を寄せ植えしました。3月11日
e0033229_1420267.jpg


そして植えて間もなく、
「今はどうせ大した花は咲かないからそれよりも根を張らせよう」と、少し咲いて居た浜も全部綺麗に刈り取ってしまいました。
それが3月14日
e0033229_13385144.jpg


あれから一か月余り、暖かくなって花が咲き始めました。
苗のメーカーも値段も違う二つの苗はその差が出て来ました
e0033229_13495029.jpg


これでは比較しずらいと思い、二つの苗の大きい方と同じ品種(値段)の色違い(白花)があったので、並べて植え替えてみました。これは3月に刈り込まずにそのまま植えたものです。
途中で植え替えるのは株にとって不利であることは承知で、根鉢の土をたっぷりつけてできるだけ株に負担を与えないように気を配って植え替えた。4月24日
e0033229_145650.jpg


そしてその結果の花付きはごらんのとおり。今日の状態。
e0033229_146184.jpg


あの時一時的に花をあきらめて刈り込んだのは正解だったと思う。

前に何かの放送で見かけた記憶があるがペチュニア(サフィニアは商品名)も苗を買ってきたら咲いている花もつぼみもみんな摘み取ってしまうとそのあとよく揃ったいい花が楽しめるそうだ。
花好きの読者の皆さん、勇気があったらお試しあれ、ただし自己責任でね。
by yo-shi2005 | 2017-04-27 20:05 | Trackback | Comments(1)
2017年 04月 26日

花日記

e0033229_18222550.jpg


仕事でいつも行くお宅に行った。この季節そのお宅で、姫檜扇がよく咲く。
今日も行って見ると、もう咲き始めていた。
e0033229_18242578.jpg


このお宅のおばさんの言うには、
「あたしゃぁ、この花を植えた覚えはないんだけどねぇ、ここ何年か綺麗に咲くんだよ」だそうだ。
誰かの靴に種がついてきたのか、それとも風で飛んできたか。
不思議なのはこのピンクと真っ白と橙色が三色みんな咲く。こんなに種が揃って飛んでくるなんて考えられないが・・・・。
風に飛ぶといえば・・・そのおばさんが

「よしさん、ちょっとこってぇ来てみて」と言っておくの南側の庭に連れて行ってくれた。
母屋の裏側だが南側だ。
「こんなとこでも咲いてるよ」と指さしたのは母屋の縁側の下、文字通り縁の下の30センチほど奥のコンクリートの割れ目から芽を出して橙色の花が咲いていた。
「これはすごいまるでど根性姫檜扇だね」。
e0033229_18335987.jpg


我が家の姫檜扇はというと、蕾は出ているがまだ花は咲いていない。

わが庭では、ペラルゴニュウムが咲き始めた。
e0033229_18354177.jpg


にらの葉っぱみたいにぼさぼさした中から咲きだしたトルトニア。
この花はもう少し咲くろ上品な感じの花になるが、待ちきれなくって今日アップした。
綺麗に咲いたらもう一度くらいアップするかもしれない。
トルトニア
e0033229_18421472.jpg



まだ書きたいことがあるのですが、なぜか139kbの画像を大きすぎるとエキサイトが受け付けてくれないので今日はこのくらいにしておきます。



by yo-shi2005 | 2017-04-26 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)
2017年 04月 25日

アボカドの夢

私の手違いで25日付のブログの公開が遅れました(陳謝)

e0033229_19193240.jpg



先日亡妻のママ友が「お仏壇にお線香上げさせて」と言って二人で来てくれた。
生前仲良くしていただいたお友達で、同じ町内の人だ。

手土産に、果物の詰め合わせを持ってきてくれた。

その中に・・・・
「これ、なんだろう???」というような果物が入っていた。

見ると、形はラ・フランスに似ているけどちょっと小さいし、色が全く違う?。

妻の他界の後の食生活は体力と健康を維持のための物は食っているが、しゃれたものは食う機会が少なくなった。
e0033229_1856554.jpg


そこでネットで検索した。「黒い果物」
アボカドが出て来た。
次に「アボカドの色 画像」
ずらずらとアボカドの写真が出て来た、

アボカドもいろんな色があるんだぁ。
e0033229_18505768.png

私の知っているアボカドは、少し緑がかったのだったが、これもアボカドに間違いないようだ。

触ってみると適度に柔らかい、食べごろかな?。傷んでしまってはもったいない。

中に大きな種があるはずなので種を傷つけないように二つ割にした。
いい香りがする。食うことに夢中になって写真を撮るのを忘れたのでネットで借りて来た。
この写真よりももう少し熟していた。
e0033229_1858359.jpg


食べ方もいろいろネットには載っているが、私はシンプルに種を採った溝に、マヨネーズをかけて、スプーンで掘り出していただいた。
丁度良い熟れ具合で美味だった。

そうだ、この種を蒔いてみよう、芽が出て大きくなったなんて言うのをどこかで見たことがある。

それから幾日かお天気が悪かったり忙しかったりしているうちに、見ると種に割れ目が入って来た。
「こりゃぁ早く播かないとまずい」

写真は割れ目が向こう側になってしまいました。
e0033229_1931474.jpg


とにかく土の埋めてみた。
e0033229_1924357.jpg

芽が出るのか、どこまで育つのか、実がなるのか全く何もわからない。
初実験の初体験だ、でもやってみる価値はあるだろう。

今の食生活から考えて、この先アボカドの種なんか手に入るかどうかもわからない、この機会を逃してはならない、と(大げさだが)実験を始めたようなわけでした。

もしも実がなるほど大きくなるようならハヤトウリに遠慮してもらわなくてはならないかな・・・?。育て方も勉強しなくっちゃ。ほかの花は減らすことになるかな?。
アボカドの種ひとつで限りなく夢は広がる質素な生活の yo-shi2005 なのでした。

ゆめ 僕は楽しい素晴らしい おおきなおおきな夢を見ている・・・。


 
by yo-shi2005 | 2017-04-25 20:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 24日

お詫びと訂正

e0033229_1965534.jpg


まずお詫びと訂正です。

私が若いころお世話になった会社の玄関が寂しいので、私が育てた花をいくつかずつ置かせていただいている。

去る2月の寒いころ、その玄関前に以前からおいてあって、哀れな姿の鉢植えがあった。
聞いてみると、「いただき物でカラーっていう花だけど花が終わって、その後どうしたらいいかわからない」という。
その時の様子はこのページに私が間違えた事柄と一緒に書いてありますからご覧ください。

とにかく私はカラーという植物を手掛けたことがなかった。
植木鉢の隅に出て来た芽を、みて、何も疑うこともなく、これはカラーの新芽だろうと早合点してしまったのでした。
しして、私が預かって来たら新芽が出て来たとブログにアップしてしまったのでした。

ところがその芽がだんだん大きくなってくると親であるはずのカラーの葉っぱとは似ても似つかぬ姿をしているのでした。

「あれぇ、あの時ブログにカラーの新芽が出て来たなんて書いたけど、これはどうやら違う植物だなぁ」

そこで会社に用事で行ったとき、聞いてみた。

すると
「そういえば、花が終わった百合の球根を、これもどうしたらいいかわからなくって、とりあえずどこかの鉢の隅っこにいけておいたことがあったねぇ」とのことだった。

これは紛れもなく百合だ。あの日のブログにカラーの新芽が出たって書いたのが間違いだった。
今では一目見ればすぐにわかる。
e0033229_18374234.jpg



過ちては改むるに憚ること勿れ
(あやまちてはあらたむるにはばかることなかれ)
父親に教えられた記憶がよみがえった。

はやとちりで間違いのブログを公開してしまいました。ここにお詫びして訂正させていただきます。
(平身低頭)。

ところでそのカラーだが、よく見ると本物の新芽が周囲にたくさん出ている、果たして、この植物はこの後どうしてやればよいのか、実は私も知らない。
ただユリはもう根が張ってしまっているはずだから、ここで花を咲かせて、茎が枯れたらカラーの鉢から掘り上げてやるしかないと思う。

ネットで調べたらわかるかなぁ。ご存知の方いらっしゃったら教えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ところでこの冬はあまり花が咲かなかったシャコバサボテンだが庭の隅でこんな雑草に絡まれながら生きながらえていた。

e0033229_18554383.jpg


大分前に園芸専門家の先生から聞いたが、シャコバサボテンの剪定と植え替えはソメイヨシノが散るころが良いとのことだった。
何日か遅れたが、今年は植え替えはする予定はないので剪定と草取りだけしてあげた。

e0033229_18582666.jpg


わたしのやりかただと、これから梅雨明けまでは肥料を上げて水を上げて、太陽に十分当ててあげることになる。



by yo-shi2005 | 2017-04-24 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 23日

もうそんな季節?、嬉しい発見

e0033229_18334383.jpg


ひと雨降るごとに草は伸びる。鉢植えでも草は伸びる。
狭い庭に足の踏み場もないほどの鉢が並べてある。その中の花の咲く時期に近いものから手入れをする。

アマリリスが7鉢ほどある。
e0033229_1839066.jpg


この写真は綺麗にしてから撮ったものです。
草を取り、枯れ葉を取りながら見ると、つい先日「新しい葉っぱが出て来たな」と思ったアマリリスだが、草を取っていると、なんと、なんとつぼみが出ていた。


e0033229_184377.jpg


ピンクも出ていた
e0033229_18445775.jpg

ピンクは成長が早く何年か前に株分けしたが、その球根からも
e0033229_1846172.jpg


いつもは白は花が遅いのだが、その白もつぼみが出ている、
e0033229_1844138.jpg


これは嬉しいことだ。草取りのご褒美のようなものだ。

この冬植え替えた皇帝ダリアの白が芽が出たと先日このブログにアップしたが、見ると皇帝ダリア紫の株にも新芽が出ていた。
e0033229_18485091.jpg


そして、去る12日のこと。
なんの鉢かわからない鉢の雑草を抜き取ると、小さな芽が出ていた。
その時の様子はここを【クリック】してみてください。

今日見ると、それは何と、ここ何年も花が咲かないので、諦めて観葉植物と思えばいいとしている擬宝珠だった。葉っぱを見ればすぐにわかるのだが・・・。
e0033229_197195.jpg


こいつ、今年も花が咲かないのかなぁ。

これからは庭仕事が忙しい季節になる。
今年は菊があるから一仕事多い。



by yo-shi2005 | 2017-04-23 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(5)
2017年 04月 22日

園芸作業に勤しむ

e0033229_16381368.jpg


昨年はよく花を咲かせてくれたハイビスカス。
見ると幹の根元あたりに細い根が浮き出てしまっている。
「これは植え替えてあげなくっちゃ今年の夏はやばい」と思って、始めた。

ハイビスカスの植え替えはこの時期4~5月が良いとされている。
先日一鉢、よそ様からお預かりしているのを植え替えた。今日は自分の鉢だ。

こんな花が咲く
e0033229_1711840.jpg


用土は赤玉土の中粒と腐葉土。私は腐葉土を多い目に入れる。

鉢からまず抜き出す。
プラスチックの菊鉢だから普通なら周囲を両手で挟むようにトントンとやると根鉢が緩むのだが、これが、緩まない。抜けてこない。
そこで幹の付け根をしっかり片手で持ってぶら下げるようにして、鉢のフチをもう一つの手でトントンとたたいたらやっと緩んできた。
e0033229_16465097.jpg


抜き出してみて驚いた。
e0033229_16481688.jpg


周囲に巻き付いている根をはがして、細い根はきりすて、太い根は切り詰めて土も半分ほど落とした。
同じ形の一回り大きな鉢に、赤玉土の大粒を鉢の底に敷き腐葉土と配合した用土を入れて植えつけたた。

出来上がり
e0033229_16574333.jpg


この時点では肥料は上げない。傷ついた根が自力で修復できた頃から肥料を与える。
季節によって違うが、一週間以上。

これでも少し枝を切り詰めてある。

切り詰めた枝は挿し木にしてみたが果たして木の季節発根するかどうか、まださむいからなぁ。
それはおてんとうさましか知らない。

・・・・・・・・・・・・・・

この頃はゼラニュウムの熱が冷めてしまったようで、あまり手入れをしなくなったが、それでもまだ10鉢ほどある。
その中のいくつかが花を咲かせた。
朱赤
e0033229_17302496.jpg


サーモンピンク
e0033229_17271841.jpg


まだ一つしか咲いていないが白
e0033229_17311920.jpg





先週大河ドラマを見てウルウル
by yo-shi2005 | 2017-04-22 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 21日

枝垂れ桜と花たちのコラボ

e0033229_14595630.jpg


静岡市を流れる安倍川の中流あたりの小さな川の立派な堤防に枝垂れ桜が植栽されている。

昨年の満開の日よりも一週間ほど過ぎたから丁度いいかなと思って出かけてみた。
予想は的中し、ちょうど満開のしだれ桜の花と近くに咲く花たちとのコラボレーションも見てカメラに収めて来た。

まずは全景
e0033229_1545489.jpg


まだ樹は若いがそれでも私が初めていった頃よりはだいぶ育って幹も太くなっている。

四角の野や畑でもいろいろな花が満開で、枝垂れ桜に文字通り花を添えていた。

ちょっと遠景から、名の花と枝垂れ桜
e0033229_158723.jpg


垂れ下がった枝先の花とひそひそ話をしているようなタンポポ
e0033229_1591973.jpg


真っ赤な躑躅も花を添える
e0033229_1511957.jpg


菜の花畑の中に自生したカラスノエンドウ
e0033229_15121092.jpg


ちょっと離れた田んぼではれんげが満開だった
e0033229_15132275.jpg


11時半ころに仕事が出来上がってそれを納品してその足で安倍川中流まで走った。
最近覚えたばっかりのスマホのタイムラインで見ると片道15キロになる。

空は花曇りだったが、腹は減ったが、心が晴れ晴れするような郊外の田園風景の中で楽しんできた。




Moreタイムライン画像
by yo-shi2005 | 2017-04-21 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

画像一覧