<   2017年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2017年 05月 31日

名前を変えたインパチェンス

e0033229_18374825.jpg


見ると買いたくなる。もうだめだねこの癖はどうにもならないようだ。

今日も、洗剤と柔軟剤がなくなったので、ホームセンターに行った。
例によって、園芸コーナーの真ん中を通って店に入るようになっている。

あとは長々書く必要もないだろう。いつものごとくだ。

そんなわけで買って来た。

インパチェンスの八重咲の花があんまり可愛いので三色かった。
サーモンピンク
e0033229_184257100.jpg



e0033229_18431840.jpg


ピンク
e0033229_18434437.jpg


そしてこれは花がちょっと大型に改良されたもの。ピンク
e0033229_18444478.jpg


それぞれ植え替えたが、この花は花茎が細く柔らかいので、植え替えて水やりすると、花が濡れた重みで、下を向いてしまう。
ブログアップするにはちょっと見栄えが悪いので、植え替える前の写真をアップした。

このほかに、前にこの花とよく似た花を「サンパチェンス」という名前で買ってきたことがあったが、あれは別のメーカーの商品名だあったようだ。
これはソレイユ・ライラックという名前になっている
これも二色
e0033229_18501768.jpg


これらは以前はひとくくりにして「インパチェンス」という名前で出ていたが、それぞれのメーカーで改良してそれぞれの名前で売られているが、元はインパチェンスだ。

レジを済ませて、出てくると・・・・・
目の前の棚に私の好きなマンデビラがぎっしり詰まってツルは伸びて絡み合っていた。

我が家にはマンデビラは大きいのが二鉢と去年挿し木をしたのが一鉢二株あるからいいや、と思ったのだが、白い花のラベルが目についてしまった。
何度か白を買ったのだが枯らしてしまって、白がないのだ。

参考画像・マンデビラ 2016.11.12
e0033229_1927187.jpg


急いで買ったものを車に置いてきて、白い花のラベルがついたのを一つだけ持って、もう一度レジへ。
さっきはガラガラだったレジは今度は大勢並んでいる。

こんなときは買うのをやめて商品を棚に戻して帰ってきてしまうこともある私だが、今日は違う、欲しかった花だ、おとなしく並んで待って、買って来た。

マンデビラ白
e0033229_195639.jpg



置くところがなくなるどろうってぇ?。ご心配ご無用。
ロベリアとビオラがもう終わりなので入れ替えるさ。

もう一枚、遅れて咲いたアマリリス、
赤は4輪、ピンクは3輪咲き
e0033229_1982339.jpg




by yo-shi2005 | 2017-05-31 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 30日

咲き始めた黄色の花

e0033229_18171195.jpg


昨日はこのブログで白と赤の花をとりあげたが、その中の最初の花、かわいらしい白い花の名前がわからなくて、教えて~と頼んだらブロトモさんが、それは「梅花空木=バイカウツギ」ではないかと教えてくださった。
今朝早くに、そのことを追加書き込みしたがご覧いただいたでしょうか。
私は空木(うつぎ)という花木があることは知っていたが、梅花空木は知らなかった。


さて今日の花だが・・・・。

我が庭では、黄色の花が咲きはじめた。

昨年買ったハイビスカスの黄色が咲きはじめた。
昨年二本植えの苗を二つ買った。だから今は四本あるが二本ずつのままにしてある。そのほうが場所を取らない。
黄色のハイビスカス
e0033229_18273881.jpg


・・・・・・・・・・

しばらく前に、安かったので三色まとめて買ったダリアが最初の蕾は咲き終わって、二番花が咲き始めた、中でも黄色が一番元気が良い。
何度も書くが、一本98円は安いでしょう、私向きの値段だ。
e0033229_18304678.jpg


・・・・・・・・・

毎年よく咲く花だが今年も咲き始めた。花木のランタナの黄色。
e0033229_18324060.jpg


まだ咲き始めで。ポツリポツリだが、これが満開になるとこのドーム型の傘全体が真っ黄色の大きなコウモリ傘のようになる。
e0033229_18342459.jpg


樹高は3メートルくらいになっている。コウモリ傘の骨に当たる部分は枯れ枝になって上の葉っぱと花の部分を支えている。

・・・・・・・・・

もう一つ黄色い花が咲いていると思ってカメラを近づけてみたらこれは違うようだ。
でも撮っちゃった。
斑入りひめつるにちにちそうの班が黄色いのだった。これの花は普通のツルニチニチソウと同じようにブルーだ。
花と間違えて撮っちゃった、フイリヒメツルニチニチソウ(斑入り姫蔓日日草)
e0033229_1841218.jpg





by yo-shi2005 | 2017-05-30 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)
2017年 05月 29日

名も知らぬ花咲く

e0033229_18424182.jpg


これも、お向かいの解体工事現場から緊急避難してきた花だが、根の方の手当てはしてあげたが枝につぼみがついていたとは気が付かなかった。

今朝白い花が咲いていたので、気が付いた。
しかしこの花の名前はわからない、確か、お向かいの奥さんは「可愛い白い花が咲くんだけど手入れをしないもんで・・・・」と花に申し訳なさそうに話していたことがあった。
わざわざ仮住まいに電話して花の名前を聞いてみることもないと一人で楽しんでいる。
飾り気はないが可愛い花だ。
e0033229_18571074.jpg


ズームするとこんな花です。
e0033229_19202053.jpg


嬉しい緊急報告です。
この白い花の名前を、ブログのお友達が今朝(発信は昨日と思う)メールで教えてくださいました。

この花は「梅花空木=ばいかうつぎ」大木にはなりませんがよく生垣に使われる木で木の芯が空洞になっているので空木と名付けられたとか。この季節に4弁の白い花を咲かせます。
ブロ友のBさんありがとうございました。(30日朝追加書き込み)

・・・・・・・・・・・

この前は花が咲いたのを気がつかず、翌朝になって赤く萎れた花柄を見てがっかりしたが、今日は咲きそうなつぼみを見て、カメラを準備して待っていた。
夕刻17時の月見草の蕾
e0033229_18591947.jpg


そして18時20分咲いた。
e0033229_1914583.jpg


・・・・・・・・・・・

これは本来は赤い花になるのだがまだ赤くなる前の状態の額紫陽花。

ごちゃごちゃしていてみずらい構図の写真だが。
まだつぼみの額紫陽花
e0033229_193495.jpg


・・・・・・・・・・

三日も同じ花をアップしたら「いい加減にしろ!!」なんて言われそうだが、これがそれだけの理由があったのです。
昨日は真っ赤な花を二つ咲かせていた、お向かいから預かったクジャクサボテンだが。
今日もう一つ花を咲かせて三つになった。これだけだったら、一人楽しむだけでブログにアップする程のことではないのだが、実は、この花がついている大きな葉っぱは、根がついていないのです。
先日植え替えるときにつぼみのついた葉っぱがぽろっと落ちてしまったのでした。
でもそのまま捨てるのもかわいそうだと思って、鉢の隅の土の中に葉っぱを差し込んでおいたのでした。
「この蕾は咲かないで萎れてしまっても仕方がないな」と思っていたのです。
それが、前に咲いた二つよりも大きな花を咲かせたのでした。
この花は葉っぱの中の養分を消費して咲いたのだと思う。
クジャクサボテン
e0033229_19112642.jpg

こっちを向いて咲いているのが今日咲いた花でその下の方にある葉っぱが根がない葉っぱです。



by yo-shi2005 | 2017-05-29 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 28日

満身創痍の預かりものの花

e0033229_1432574.jpg


我が家のお向かいでは、住居新築のため古い家の解体工事が行われている。

その解体工事のあおりを食ったのが庭の草花たちであった。

奥さんに「残しておきたいものは、鉢に移して、こっちの隅にもってきておいて、あとで俺がうちの庭に運ぶから」と言っておいたが・・・
一部は隅の方に運ぶところまで行かなかったようだ。
この時の奥さんは家の中の片付けで精いっぱいだったと思う。
そのうち工事の人たちが来てまずは庭木の伐採から始まった。

工事の人たちはそんなことは知らないから、必要なものは移動してあるものと思ったようで、大事に掘り上げて、大きな鉢に移した、紫陽花の仲間の(名前は聞いたけど忘れた)鉢はチェンソウで枝は切られ、鉢はひっくり返されていた。私は見かねて、工事のお兄さんに・・・
「これ、ここの奥さんが大事にしていた花で、残しておきたいって言ってたから、向こうの隅にやっといて」と口出しした。
お兄さんは慌てて、株を鉢に戻し、こぼれた土を手で鉢に戻していた。
「あと俺がやるから向こうの隅にやっといてくれればいいよ、有難う」と言っておいた。

そして我が家の庭に持ってきた。
e0033229_1448112.jpg


そして、そのままでは心配なので、植えなおして、枝を選定しておいた。
e0033229_14522449.jpg


紫陽花の仲間は発根力が強いから多分大丈夫と思う。

そして解体工事が二日ほど進んだ日の夕方工事終了後に奥さんが現場を見に来た。
それから我が家に来て・・・・
「ねぇ、あの芍薬どこかに片付けてくれた?」
「知らないよ、うちの庭にずいぶん運んだけど芍薬は見かけなかったねぇ」
奥さんはまた現場に入って行ったようだ。
しばらく奥さんは現場の中を見ていたが・・・また我が家に来て
「あった!、だけど鉢から抜かれて鉢は別のところにあった」
「行って見ると、ひどい状態だった。茎がほとんど真ん中あたりから折れた状態だった」
奥さんは
「大丈夫かしらねぇ、こんな状態で・・・」
「芍薬は球根がしっかりしていれば大丈夫だろうと思うよ、その鉢の中にそっと入れといて、明日植え替えとくから」

・・・そんなわけで、同じ鉢に、植え付けたそして、茎の折れ具合を見て何とかなりそうな茎は添え木をして、まっすぐ伸ばしてマスキングテープで巻いておいた。
とにかく腰を折られた状態だったので全体が倒れることのないようにリングの支えを付けて、こんな状態にした。
e0033229_1553297.jpg

 
今年は花は見られないと思うが、枯れることはないと信じる・・・・・。


そして、一つ嬉しいことがあった。
昨日のブログで、これは過保護か?と書いたあのクジャクサボテンが今日見ると、二つ花を咲かせていたのだ。
e0033229_854157.jpg


私はこの花のことは育てたこともなくよく知らないが、蕾は大きな葉っぱから出てくるようだ。葉っぱ自体の付け根もおぼつかない状態でその葉っぱから大きな花を咲かせたら、ポロリと落ちてしまいそうだったので、葉っぱはマスキングテープで支柱に固定して、蕾は糸でつりさげておいたやった。

こんなことをしていると自分自身が楽しい。

一言いうなら、お向かいの奥さんに「楽しい作業をさせてくれて有難う」と言いたい。



by yo-shi2005 | 2017-05-28 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)
2017年 05月 27日

暑い日の花歌散歩

e0033229_1743532.jpg


花を題材にした歌散歩、散歩と言っても、題材になったのは庭に咲く花ばっかりです。

お向かいのお宅で家屋の解体作業をしている、残しておきたいという花を運び出さないうちに工事が始まったために、花たちはだいぶ傷めつけられた、
クジャクサボテンは鉢はひっくり返されて、葉っぱは傷だらけ、それでもつぼみは日々大きくなっていた。可哀想にと応急手当てをしたのは私だった。
e0033229_1794944.jpg



先日この花のいきさつはブログに書いたが、我が家で植え替えをして根付くのを待っている間に、その場所をほかの花に占領されてしまった花、ガザニア。
今ではわが庭で私が楽しんでいる。
e0033229_17134748.jpg


この歌は変な歌だが、前句は花の立場で詠み、あと句は私の立場で詠んだ、いわば花と私の合作みたいな歌になった。


今朝見ると月見草の枝先に赤く萎れた花柄がついていた。
真っ白に咲く月見草は、一晩のうちにピンク色になって萎れる。
昨晩咲いたのに気が付かなかった。惜しいことをした。
e0033229_17184292.jpg



植え替えてからだいぶ日が経つから、日に当ててやろうと、朝方日向に置いたら、この花は日向が嫌いのようでショボンと下を向いてしまった。
一人娘は日焼けが怖いのか。日陰に戻したらすぐにシャンとした。
e0033229_17211319.jpg



以上花歌散歩でした。お粗末さまでした。



by yo-shi2005 | 2017-05-27 20:05 | 歌散歩 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 26日

まるちゃん静岡音頭

e0033229_1823928.jpg


今朝、静岡新聞を開いたら、こんな写真に眼が止まった。
e0033229_18476.jpg


踊っているのはどう見ても巫女さんだし、後ろの社殿にも見覚えがある、これは静岡の東照宮だ。
でも巫女さんの「舞」とは様子が違う。

静岡ではこれまで民謡と言えば「チャッキリ節」だったが、これは実は元は某鉄道会社のCM村だったのだそうだ。それはいいとして・・・・・。その記事は・・・・。
e0033229_18103550.jpg


これは最近作られた静岡市のPRソングの「まるちゃん静岡音頭」のコンテストの話題だった。

作詞  さくらももこ

作曲  細野晴臣

編曲  小山田圭吾

うた  ピエール瀧

振付  パパイヤ鈴木

蒼々たるメンバーだが、まずはアニメでどうぞ

まるちゃん静岡音頭



踊ってみたい人のために振付のお勉強


そして、巫女さんが躍っていたのは、そのプロモーション動画の一場面だったのだ。

新聞の記事の中にも書いてあるが7月の清水銀座商店街の七夕祭りの会場で初めての「まるちゃん静岡音頭」のコンテストが行われる。

詳しい問い合わせは静岡市広報課Tel. 054-221-1219へどうぞ。

今日の話題は静岡市広報課のお手伝いでした。頼まれたわけじゃないけど結果的に。




by yo-shi2005 | 2017-05-26 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 25日

花は可愛い

e0033229_1743998.jpg


この季節になると、私のブログのネタは花で埋め尽くされてしまう。

今日も花の話題です。

アマリリス

「今年はこの球根はお休みかなぁ」と思っていた、一番古い球根、
この球根の子はもうだいぶ前に花を咲かせて、散ってしまった。
ところが先日見ると横っちょからつぼみが出ているではないか。
そしてそれがにょきにょきと伸びて、昨日ついに花が咲いた。
一番最初に咲いたピンクと白より一足遅れて咲いた赤の母親の花だ。
e0033229_1749112.jpg



この花は薬草だが、臭いがどうも…という人が多いと思う。
でも咲く花は真っ白で飾りっ気のない四弁の花で、それなりに可愛い。
通路の脇に自生していたので先日、切ってしまおうかと思ったが、見ると蕾がついていたので、
「せめて花が終わるまで待ってやろう」と、そのまま置いた。
どくだみの花
e0033229_17531729.jpg



わが庭は足元が雑然としているので、いつも下を向いて歩いていたら、上の方でも花が咲き始めていた。玄関前のディユランタタカラヅカ。
木も大きくなって、今年も何度剪定することになるのだろうか。
e0033229_17565383.jpg


そして花が咲き始めたが、今年これからこの花が何度ブログに登場することになるのだろうか。
タカラヅカの花
e0033229_1758513.jpg



今お向かいのお宅では家の解体作業が行われている。
その前に、気に入った花を避難させなくちゃぁ、ということで
「それじゃぁ鉢植えはいいけど地植えの物も掘り上げて鉢に植えておきな、俺がうちの庭に持ってっておくから」ということでお預かりしている鉢が十個余り
e0033229_1833911.jpg


その中に葉っぱはぐちゃぐちゃに潰されてしまった、哀れなクジャクサボテンがあった。
すぐにも咲きそうな真っ赤なつぼみがついていた。
「これじゃぁこの花は咲けねぇだろう」と、手を出した。
本当は植え替えてやりたいのだが、こんなに大きくなったクジャクサボテンは今植え替えてはやばい。
そこで支柱を立てて余分な枝を切り捨てて、土も少なくなっていたので、土増しをしてつぼみは支柱に結び付けて、何とか形になった。
クジャクサボテン
e0033229_1894633.jpg


咲くかな??。



by yo-shi2005 | 2017-05-25 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 24日

わけありの草花

e0033229_1825617.jpg


待ちに待ったこの花が咲き始めた。
その花の名は「旗竿桔梗」。
亡妻が花屋でこの苗を買ったときに教えられた名前は「鳳凰シャジン」だったがその後調べてみると、鳳凰シャジンというのは山梨県にある鳳凰三山という高山に自生する花でもっと小さな花だそうだ。その後、花の正式な名前がわからず、妻は、間違えた名前でこの花を愛でてそのまま旅立ってしまった。
それが気になって、富士山の向こう側にある山野草専門店にまで行って調べてもらったがわからず、ネットでよくよく調べて「旗竿桔梗」と正式名称が解った。
ところが、ところが、その名前がわからなかった頃は、何もしなくっても鉢いっぱいによく咲いたが、その後は花茎の出が悪くなってしまった。そのうえ、変な季節に咲くようになってしまった。
今日咲き始めた「旗竿桔梗」
e0033229_18163859.jpg



ガザニア

今月初めにお隣の庭から預かって来たガザニア。
私はガザニアの花は育てたことがなかった。
預かって来たいきさつはここに書いてありますのでクリックしてみてください。

そして昨日のこと。
お隣の奥さんに、「明日あたり咲きそうだよ、お宅の庭に返すから、置く場所を開けておいて」
というと・・・プランターのガザニアを見て
「わぁ、すごく立派になっちゃったじゃないの、嬉しい!。でも置くところがないからしばらくここにおいてくれない?、私毎日ここへ見に来るから・・・・」

まぁ、いいさ、低いブロック塀一つ隔てた隣の庭なんだから「うちの花だ」ってような顔しておけばいいのだから。
まだたくさん蕾があるから、しばらく楽しめそうだ。
プランターからはみ出して咲いた、ガザニアの花
e0033229_18314553.jpg




裏庭の花たちに水を上げていると、どこかで呼ぶような気がした。

見ると先日山の滝の前の道端で、踏みつけられそうになっていた(よく見ると一度踏みつけられたような痕があった)かえでが、呼んでいるようだった。

「なんだ」
「親父さん、僕の体つきよく見てよ、こんな大きくなったんだよ」

なるほど、改めてみると、あの時の3倍くらいになっているようだ。
e0033229_18375470.jpg


「あの時連れてきてもらわなかったら、今ごろは滝を見る人に踏みつけられて、枯れちゃっていたと思うよ、親父さん有難う」

なんだかこいつ涙を流しているように見えた・・・・・が
・・・・そうじゃなかった、今水をやったしずくだった。

でも本当に大きくなった。でもこの庭では秋になっても紅葉はしないだろう。昼と夜の温度差が少なすぎるから。

もっと大きくなったらどこかに地植えにしなくてはならなくなるだろう・・・・それが悩みだ。



by yo-shi2005 | 2017-05-24 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 23日

ハヤトウリの所替え

e0033229_18574777.jpg


何にもしなくってもずんずん伸びる代表選手のような、ハヤトウリの蔓が今年も元気すぎて、塀を超えてお隣の方をのぞき込んでいる。
そこで一度蔓をちょん切ってやったら、また予備軍が伸びて来た。
e0033229_190209.jpg


つかまるところのないアルミの塀をどうやってよじ登るのだろうと感心する。


実は、昨年からこのハヤトウリを仕事場のグリーンカーテンにしているが、このハヤトウリの株があるところと、グリーンカーテンの棚がちょっと離れていて、そこまでの蔓が邪魔になるので、ハヤトウリの株の「所替え」をしようと思ったが、このハヤトウリの根っこは、とても植え替えのできる状態ではない。とても掘り上げることはできないほどになっている。

そこで、今年芽を出したハヤトウリの苗が残っていたのでこれを新規に棚の下に植えることにした。
一作年まではゴーヤを植えていたコンテナーだ。

e0033229_196165.jpg


この土を掘って、自家製の生ごみたい肥を入れて、腐葉土も入れて土をよく混ぜて植え床を作った。

そこに、残っていたハヤトウリの苗を植えた。
e0033229_1983899.jpg


この一列のコンテナーには、向こうから皇帝ダリア白、皇帝ダリア紫、ほど芋(ルピナス)一つ置いて今度のコンテナーになる。ほど芋については後日エピソードをアップします。

今年は皇帝ダリアが白も紫も異常なほど元気がよくて、もう私の身長を大分上回っている。
ほど芋のコンテナーのこっちが一つ空いている。


ここに何を植えようか、もう一つハヤトウリを・・・・いやそれは多すぎる。
そこでこんな風に、挿し木や植え替えをしたばっかりの物をここに置けば日当たりは悪いから丁度いいだろうということになった。

結局植え替えたばっかりの鉢を置いて、その手前にハヤトウリで、完成した。
e0033229_19162146.jpg


このハヤトウリの蔓が日よけになるくらいに育つまで暑くならないことを祈りつつ、たっぷり水を上げて作業終了。

なお、文中に出て来た「ほど芋」についてここをクリックすると、芋も蔓も、花も見られます。お時間のある方はご覧ください。



by yo-shi2005 | 2017-05-23 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 22日

暑さの中、花は咲く

e0033229_1842339.jpg



日本列島あっちこっちで夏日とか真夏日の報道で街角でアイスクリームをなめる画像などが報道されてきたが、私の体感ではそれほどの暑さは感じなかった。
しかし、今日は暑かった、真夏の暑さと言ってもいいほどだった。

そんな暑さの中、わが庭の花は次々と咲いて、一服の涼を提供してくれる。

先日紹介した、ご近所から頂いたヒトリムスメの花が今数えたら、七つも咲いていた。
ただ一輪だけの時は、「ヒトリムスメっていう感じだなぁ」と思ったが、
「なんだぁ、一人娘も大勢いればにぎやかじゃん」と感じる。
e0033229_18121124.jpg

 でも、じっくり見るとそれぞれひとりっこなんだなぁという感じもする。


アマリリスは元気が良い時は分球して増やすことが出来る。
この花はもとは元お隣におられた方から一株頂いた、そして最初の子供(第一期生)は私のお友達のところへお嫁に行った。そして去年分球した第二期生が花を咲かせ始めた。
e0033229_18171162.jpg



先日紫のホタルブクロが咲いたが、今日は白が咲いた。
庭の草花もあまり繁殖力が強いと粗末にされる恐れがある。
このホタルブクロがそうだ。鉢植えで粗末にされると哀れなものだ。
それでも咲いた。
e0033229_18231752.jpg



道路一つ隔てたお向かいに嫁入りしたホタルブクロの方が地に植えてもらって元気が良い。
お向かいのホタルブクロ
e0033229_1826596.jpg



先日、このミニバラは毎年このくらいしか花を付けないと悪口をこのブログに書いた。
その後次々と花を咲かせて、これまでになくたくさんの花を咲かせた。
このばら、あのブログを見たのかな?なんて思いながら・・・・
ふと見ると鉢の土が乾いてしまっているではないか、花が咲く時期に水を切らすなんて花好きの風上にも置けない。
バラに悪いことをしたと詫びる気持ちで水やりをし、土増しも施肥もした。
本当は花が咲いているときは施肥は控えたほうが良いなんて聞くが・・・・。
e0033229_18311416.jpg




by yo-shi2005 | 2017-05-22 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

画像一覧