<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2017年 09月 30日

ドーム菊見学

e0033229_186951.jpg


私が育てて来たドーム菊は、今年はドーム菊の形にはできそうにないので、先日失敗宣言を出したが、まだ菊は大切に育てている。

そして、本来は今ごろはどんな形になっていればよいのか知りたくて、去年見せていただいた藤枝市のお宅に、見学に行って来た。

おじさんは
「今年は水害にあってしまって大きさが不揃いになっちゃって失敗だ」と残念そうに言っていた。

藤枝市のこのあたりが集中豪雨に逢い、田んぼの一部では植えた菊がまる二日ほど水没していたために一部の苗は育たなくなってしまったのだそうだ。

今年はあんまりよくないと言っていた菊の田んぼ
e0033229_2093589.jpg


このアングルでは綺麗に育っている。まだ花は咲いていません。

ところがアングルを変えるとちょっとかわいそうなような株も見られる。
e0033229_20433697.jpg


おじさんは、我が家と同じように鉢植えも少しやっている。
これは田んぼの菊が咲いたとき見に来た人に売るように作っているのだそうだ。

私も、まだ咲いていない鉢を一鉢・・・と思ったが、うちで待っている私の失敗で変な形に育った菊と並べては、菊がかわいそうなような気がして、買わないで帰って来た。

おじさんの鉢植え。玄関前で。
e0033229_2015237.jpg

私が目指していたのはこれです。
これで垂れ下がったような枝を剪定すれば綺麗なドーム菊になる


これは販売用の菊だそうだ
e0033229_20201528.jpg



直径が80cmくらいある大株
e0033229_2021669.jpg



20年もやっているというおじさんの田んぼの痩せこけたような「失敗作」を見て、いくらか気持ちが楽になったyo-shi2005でした。
でもおじさんのは自然災害ですから。

・・・・

花の咲いていないよそ様の菊の葉っぱばっかりアップしましたので、ひとつだけ我が家の花を。
今年初めて咲いた、オキザリス・アルマピンク。
e0033229_20293014.jpg



本日は来客のため投稿が少々遅れて失礼しました。





by yo-shi2005 | 2017-09-30 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 29日

ついにお別れ、お向かいの花

e0033229_18323079.jpg


お向かいの豪邸が完成した。

中を見せてもらうと、「おぉ、こりゃぁいいなぁ」というようなアイディアがそこここに見られて、現代風の造りになっている。

今日は家財のお引越しで忙しそうだった。

「花はあとでいいよ、人間の住むところが落ち着いてっからで」ということで、住まいの片付けで大忙しだったようだ。
引っ越し業者に依頼してあったので私は遠くからの見物人になった。

ところで引っ越す間際になって、預かっていた花がつぎつぎと咲いた。

先日バラが咲いたとこのブログにのせたその時の蕾がもう一つ咲いた。
同じ木に咲いたとは思えないような別の雰囲気の綺麗なバラで、私が一人で楽しんだ。
e0033229_18413170.jpg



車のすぐ横に変な色の植物の鉢植えがあった。
茎と葉っぱが紫色でやたら大きくなる。多肉植物だ。らんの仲間かと思っていた。
「これはいったい何だろう?どんな花が咲くのだろうか?」

すると今日薄紫色の可愛らしい花が咲いていた。
どこかで見たような花と思ったら昨年5月にどこからか種が飛んできてわが庭で花を開いた、「トキワツユクサ」に似ている。
あの時のトキワツユクサ
e0033229_1858948.jpg.


早速図鑑で調べてみると、これはつゆ草の仲間で、ムラサキゴテン(パープルハート)というのだそうだ。
ムラサキゴテン
e0033229_1859444.jpg



最初は「小さなつぼみが出たけど、何だろうか」と思ったが、花が咲いて、実がついて、色づいてきて「あぁ、これはコムラサキだ」と分かった。
それがお別れ前にこんなにきれいに色づいた。
コムラサキ
e0033229_1933258.jpg



そして、もう花が終わって、茎を切ってしまったが、我が家のそれは一つも咲かなかったのに、嫁に出した花が里帰りして、咲いてくれたのが彼岸花(リコリス)の黄色。
まだ咲いていたころの彼岸花黄色、再掲、これは去る9月22日の画像です。
e0033229_19114616.jpg



そんなわけで、預かった花で結構楽しませてもらったが近々お別れだ。






by yo-shi2005 | 2017-09-29 20:30 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 28日

もうひとつの来年こそは コキア

e0033229_1854786.jpg


今年の夏は、菊に気を取られたのが原因かそれとも気候のせいか我が家の庭は寂しかった。
買って来た花の苗もあんまり咲かないうちに枯れるようなことが多かった、そこで・・・・それなら
・・・花がだめなら、これでいこう。と、植え付けたのが、コキアだった。

そう思い立つのがちょっと遅かったようで、すぐにホームセンターに行っても気に入ったのがなかった。仕方なく買って来たのがこれだった。
e0033229_1814020.jpg


そしてそれから2~3日して車を運転しながら街角の花屋さんの店先を見るともなく見たら・・・・ある!。歩道を隔てた向こうだったが店先に並んでいたのは確かに私がイメージしていたコキアだ。
改めて出直していって買って来た。そしてすぐに植え付けた。
e0033229_18184957.jpg


コキアは私の期待を裏切ることなく育ってくれた、10日後にはこんなに葉っぱが増えた。
e0033229_18195418.jpg


そして秋が近づくと、ひょろっとした方が先に色づいて花を咲かせた。

今では逆さに振ると種がぽろぽろとこぼれる。
小さな字で書きたいが・・・この種は採取しようと思わない。
種が実ったコキアのヒョロタ君。(この画像はすまほで撮影)
e0033229_18224365.jpg



そして丸々太ったコキアにも花が咲いた
花がだめならとして買って来たコキアも花が見られたわけだ。
e0033229_18254466.jpg


ここまでコキアを見てきて・・・
「そうだ来年は自家製の苗でコキアいっぱいの庭にしよう」

また鬼に笑われそうだが来年の夢が出来た

その丸ぽちゃのコキアは種を熟成中、まだ振っても種は出ない。
(この画像はスマホで横に撮影して4:3にトリミングしました)。
e0033229_18323847.jpg


この子は菊ほど手はかからないから、楽しむだけだろう。



by yo-shi2005 | 2017-09-28 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 27日

今年のドーム菊失敗宣言

e0033229_1759038.jpg


こんなことを書くのは自分自身がつらいと思う前に、菊に申し訳ない気持ちでいっぱいであります。

菊はただ私が植えるままに芽を出し肥料を貰って綺麗な花を咲かせようと努力してきたと思うと、菊たちに対して頭を下げたい気分です。

菊がみんな枯れてしまったなんて言う事ではないのです。菊は全部元気です。
ただ形を作るための方法を私が失敗したのです。

今から取り返しはできません。今年はドーム菊は失敗です。

これはだめな写真です。
e0033229_188937.jpg


ドーム菊に仕立てるためにはもっと「ずんぐりむっくり」に作らなくてはいけないのです。
私の菊は現代の若者風にみんなすらっと脚が長く育ってしまったのです。

もっと幹から沢山脇芽が出て下の方が幹が見えないようにならなくてはいけないのです。
今から脇芽を出そうとしても、それは無理な注文です。
それに、見ると蕾が出ています。
e0033229_18115734.jpg


品種によってこれは早咲きの種類だと思いますが、蕾はもう大分大きくなっているのもあります。
e0033229_18134437.jpg



失敗したからと言って、ここまで育てたのを全部引き抜いて処分するなんて残酷なことはしません。
これはこれで、ドーム菊にはならないとしても、菊の花として咲かせてやりたいと思います。その中で、いろいろと趣向を凝らした形の菊を作ってみようと思っています。

何しろこんなに沢山ありますから。
e0033229_18162610.jpg

これでもまだ一部分です。

ドーム菊ではなくても、花が咲いたらこのブログにアップしたいと思います。



 
ドームには


ならなくたって


 菊は菊


愛でる気持ちは


どれも変わらず


    よしa0290852_9551381.gif



  




失敗の原因はおよそ習得しています。一層勉強して、たとえ鬼がおへそでお茶を沸かそうと、来年こそはと心に決めています。

もしも来年も失敗したら、今度はお読みになったあなたがおへそでお茶を沸かす番になります。

そんなわけで、ドーム菊としての今年の菊は失敗でした。





by yo-shi2005 | 2017-09-27 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(4)
2017年 09月 26日

咲く花に 季節は秋と 教えられ

e0033229_1821278.jpg


最近お店に並ぶ商品は季節感が薄れてきた感じがする、花も生産者が温度調節や品種改良などで、とんでもない季節に店に並ぶものもある。

我が猫の額に咲く花は温度調節も何もしないので普通に咲く。

秋明菊


10日ほど前に初めて買ったシュウメイギクは最初に咲いた花が色が濃く、ついていたラベルと色が違うと思っていたら、だんだん色が変わってきて今ではラベル通りの色合いの花になっている。
e0033229_1883881.jpg


今日もお隣の奥さんと話したが
「シュウメイギクってどうして花びらの大きさがまちまちなんだろう、変な花だね」
「でも、それが可愛いじゃん」と奥さん。

ケイトウ

同じ日に買い求めた、濃い赤色の葉を持つケイトウは、よく見ると先端に穂が出始めている、この穂が大きくなったらにぎやかな花になることだろう。
e0033229_1813842.jpg


ネリネ

今年植え替えた彼岸花はほとんど花が咲かなかった。
そしてまだ葉っぱも出てこない。
花が咲かなかったので気まずくって葉っぱが出られないのかも・・・。
彼岸花は葉っぱよりも先に花茎が出て花が咲くが、ネリネは葉っぱが茂ってから花茎が伸びて花が咲く。
そのネリネの葉っぱが元気に伸びて来た。
e0033229_1820819.jpg


葉っぱが伸びても外にしだれないようにリングの支えを付けてやった。

酔芙蓉

裏庭のジャングルみたいなところに、75cmの棚の上に高さが120cmもある枝の先に、酔芙蓉の一番花が今朝咲いたようだった。
その下を何度か通ったが、足元の菊に気を取られて高い所は見なかった。
気が付いたときは昼過ぎ、その花はもうすでに赤くなっていた。
「こりゃぁ酔芙蓉に悪いことをしたなぁ」と思いながら、重たい鉢を表庭まで抱えて行った。
e0033229_18275184.jpg


やっぱり、気づかなかったことで動揺していたか、その時写真を撮ることを忘れて、この写真は16時過ぎに撮った。


ハイビスカス

ハイビスカスも秋が好きなようで、夏の間は咲かなかった木も蕾を付けている木が幾つかある。
この木は夏の間もポツリポツリと咲いていたが、最近は蕾の数が多くなってきた
e0033229_18392353.jpg

季節は秋なんだなぁ。

もう一つあった!!。

薔薇が咲いた バラが咲いた・・・・

お向かいから預かっている鉢物の中で「これ花が咲くのかなぁ?」と思っていたバラがある。
我が家に来たときは土が少なく、根っこが半分くらい見えるような状態だった。
丁度、バラ専用の土というのがあったので、土増しをして肥料もやっておいた。
すると、蕾が一つ出て来た。そして咲いた!。まだつぼみがたくさんあるので次々と咲きそうだが、それらが咲くころはもうこの鉢はお向かいの庭に帰っているかな。
e0033229_18451889.jpg


支柱が細くて弱弱しかったので立て替えて結んでやろうとしたら・・イテェ!!。
あんな棘でも血が出て来た。
綺麗なバラには棘がある。

花はいいなぁ、俺は花と滝を見ている時が一番幸せなんだ・・・・。





by yo-shi2005 | 2017-09-26 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 25日

浜松は今・直虎一色

e0033229_1941380.jpg


静岡県西部に位置する浜松市は何もかも直虎、直虎一色の状態だ。
先日浜松へ、田んぼアートの作品を見に行ったが、これもやっぱり直虎だった。

e0033229_199132.jpg



そして街を走るタクシーも

e0033229_19101135.jpg


周遊コースをじっくり

遠鉄タクシーは井伊家の象徴「赤備え」をモチーフにラッピングしたタクシー「井伊直虎号」を3台用意し、「観光タクシーでゆく直虎ゆかりの地めぐり」を運行。



そして電車も

e0033229_1913426.jpg



ピアノの貸し出しもある

「直虎ピアノ」無料貸し出し 湖西の企業、イベント用に製作
e0033229_1915763.png


井伊家の家紋を塗装したデザインピアノ=湖西市新居町のオギノピアノ工房

 
井伊家の家紋入りのネクタイ

e0033229_19224063.jpg


刺しゅう入りハンカチやコースター

e0033229_19234975.jpg



はては玩具のシュリケンまでも

e0033229_19251268.png


まだ現地で数え上げれば、このブログ三日分くらい出てくると思うが・・・・。

浜松の皆さんしっかり稼いでください。

台本を読んだわけではないが、この後このドラマの展開する舞台は群馬県や滋賀県ににも移っていくのではないかと思うから、今が書き入れ時です。

先日浜松に行ったが、この直虎混雑に巻き込まれてはたまらないと市の南の方だけで早々に逃げて来た。





by yo-shi2005 | 2017-09-25 20:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 24日

6年前に見たあれは・・・・

e0033229_1842334.jpg


土木関係の知識の豊富な方は、「こんなの常識さ」ということかもしれませんが、私は知りませんでした。

始めてみたのはこの時でした。

丁度6年になります。6年たつと、記憶もあいまいになるものですね。

先日の大雨の被害の映像や画像をテレビで見て、あそこにこれがあれば、この流木は・・・・と思って見たら、その実物をもう一度見に行きたくなりました。

6年前に静岡市清水区の山の中で見かけたのです。
その後何度かこのブログにも登場していますが。これです。正式名称はあると思いますがこれはスリットダムのひとつだと思います。
e0033229_18142765.jpg


これがどこの山のどこの川にあったか定かな記憶はなかったのですが、ブログの投稿記録からその日付を割り出し、その日付の画像ストックからこの画像を割り出し、その画像のEXIF情報から経度と緯度を出して場所を特定したのでした。
でもあの時は、車で道を走っていたらすぐ目についたけど、その後あの道路は何度か走っているけど気が付かなかった。

現地に行って見るとその疑問は解決した。

6年のうちに周囲の木々が成長して、これを隠してしまっていたのでした。
そして見つけた今日のスリットダム
e0033229_18203684.jpg


見ると大きな倒木が引っ掛かっている
「役目を果たしているな」と感じた。

だが、あの時は道路からよく見える高さにあったような気がするけど、今見るとずいぶん低い川床にあるように見える。
これが記憶の曖昧さというものだろう。

そしてそのダムのすぐ下流の向こう岸に滝が落ちていたのを覚えていた。
2011年の画像
e0033229_18235825.jpg


その滝も水量は少ないがあるにはあった。
e0033229_1830423.jpg


でも考えてみると、記憶の中にあるあの風景と今日の現実との違いが大きいのに驚く。

そして十分に驚いてから、そのあとも戻ることなく上流に向けて走った。
黒川に沿って走ったので窓を開けているといつも心地よい水の音が聞こえて来た。
すると、ひときわ水の音が大きくなった。前方に橋が見える。
「あぁ、六号橋だ」

このあたりはその昔は炭焼きが盛んにおこなわれていたらしく、地名にも「炭焼」道路の名前も「炭焼ー平山線」という。
橋の名前も「炭焼6号橋」といい、その橋のすぐ下流に黒川本流にかかる滝がある。
その音がしたのだ。
前にここを通った時、崖を少し下りて、この葉隠の滝の写真を撮ったのを思い出した。

今回は車にロープを載せてあったので、川床までおよそ15mほど急な斜面を下りてみた。
木の葉は邪魔をしなかったが、大きな綺麗な滝つぼに阻まれ滝に近づくことはできなかった。

これがその滝つぼというか淵というか
e0033229_18464954.jpg


炭焼き六号橋のすぐ下流の滝
e0033229_18483896.jpg


このあと、山の中腹まで登り穂積神社(ほづみじんじゃ)の前を通って反対側に降りて来た。

久しぶりの滝行きで満足してきた。

やっぱり滝はいいなぁ。





by yo-shi2005 | 2017-09-24 20:05 | | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 23日

待ちに待った花

e0033229_17165369.jpg


今年の春早くに植え替えたハイビスカス。去年は私のふるさとの会社の玄関前で40こを超える花を咲かせた。

これは去年の9月23日、よく咲いていたころに撮影した画像です。
e0033229_17271311.jpg


なのに今年はというと・・・・。
一度だけ小さな花を咲かせたがその後は蕾が膨らみかけるとポロリ。あるときは蕾の先が赤くなり始めたのにポロリ。、またある時は小さなつぼみのうちにポロリ・・・・。

これは何かの祟りかそれとも根っ切り虫か、それにしては葉っぱは元気だった。

ところが今度出た蕾は頭が赤くなっておおきくなっても落ちない。
今度は大丈夫そうだと思って、昨日写真を撮っておいた。
e0033229_17285856.jpg


そして今朝咲き始めたが、お天気がいまいちで花の開きが遅いような気がした。

待ちきれずに何枚も写真は撮ったのですがそんなのアップしても仕方ないので、夕方「もうこれ以上は今日は開かないだろうというところで撮影しました。

まだお椀のような形ですが、とりあえず咲いたとしてください。
e0033229_17322058.jpg


くしくも去年写真を撮った日と同じ日だったのです。

よく見ると、枝先にまだつぼみがついているので、このあとは元気に咲くものと、期待しています。

この蕾が落ちてしまった原因として考えられるのは。この木は背が高く土の表面から1メートル以上もあるのです。植え替えた時に少し枝を切り詰めればよかったのではないかと思っています。
来年は切り詰めます。

でも、ようやく花らしい花が咲いてくれたので、ホッとしているyo-shi2005なのです。

これで、花がよく咲くようになったとして、これを私のふるさとの会社に持って行くのに、荷台に乗りません(背が高すぎて)さぁ、どうしようか???。

・・・・・・・・・・・・

私が蒔いたオダマキの苗が大きくなったので、試しに二鉢だけ植え替えてみたのが4日ほど前のこと。
e0033229_17455628.jpg


それが元気にしているので、これなら大丈夫と思い、残りを植え替えました。
今がオダマキの植え替えの適季なのだそうです。

今日植え替えた6鉢
e0033229_17463936.jpg


これが根付いて元気になったら間引きをしますが・・・・間引きができるかな?可哀想で、勿体なくって・・・・。





by yo-shi2005 | 2017-09-23 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 22日

芙蓉・ツーショットの恥じらい

e0033229_17105734.jpg


なんぼ花が好きやゆうても、二日も続けて同じ花見せられたら、たまらんでぇ。

まぁ、そない言わんと・・・・。

棚の上の高い所に、真っ白な一重咲の芙蓉が開いていた。
e0033229_17194676.jpg


「そうだ昨日の芙蓉の写真の真ん中に赤い蕾があったけど、あれも咲いたかな?」
と見に行ったら期待通り咲いていた。

「そうだこの二つの花は両方とも掛川城の出身だから、並べて写真を撮ってやろう」

先日のブログに書いたが、この二つの花は、何年か前の真冬に掛川城前の逆川の土手から採取してきたあの時の種から芽を出したもの同士の花なのです。
種を採取したその日の様子はこのページで秘密にしていたのがそれだったのです。

そして二つの花は・・・・・。

始めは何となくぎこちないツーショット 朝十時過ぎでした。
e0033229_172284.jpg



相手を意識し始めたか三時ころには、ほんのりと赤みが差してきた。
e0033229_17265687.jpg



午後四時過ぎには雨が降り出した
e0033229_17284298.jpg



小雨がしとしと降り続く中、しっぽり濡れて・・・・暗くなる前にもう一枚
e0033229_17385575.jpg


風邪ひかなきゃぁいいが・・・・。

芙蓉の白い花は夕方には赤くなるが、お天気の良い日の方が赤くなるのが早いし、色も濃いようだ。

本物の酔芙蓉はまだつぼみが硬い来週には咲くことだろう。






by yo-shi2005 | 2017-09-22 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 21日

わが庭にも秋の気配が

e0033229_17481286.jpg


自分の家の庭の植木鉢やプランターに彼岸花の球根をたくさん植えた。
今年は珍しく表庭のブロック塀の下に少し地植えもしてみた。

しかしそれらはみんな知らんふり。「もう諦めた」と思った矢先、お向かいから預かっている鉢からにょきにょきと花茎が伸びて、今日黄色の彼岸花が二輪咲いた。
嬉しいような寂しいような悔しいような複雑な気持ちだ。

e0033229_1754118.jpg

どうやら彼岸花は植え替えた年は咲かないようだ。ということで今年は諦めようと思うが「来年はそうはいかないから覚えとけよ」とちょこっと首を出している球根によく言い効かせておいた。


・・・・・・

庭の鷹の羽ススキは毎年よく穂を出して秋の到来を知らせてくれる。
今年はあんなに暑かったのに葉っぱが日焼けすることもなく元気だった。
e0033229_17574666.jpg



・・・・・

今年の夏の暑さで、花は元気がなかった。
花がだめなら葉っぱで楽しもうと買ったのがコキア、昔風に言うと箒草だ。

よく成長してこんなに大きくなった。
e0033229_180228.jpg


そして、もう片方の種類は茎も花もみんな真っ赤になった。
e0033229_182121.jpg


こんもりしているほうは、茎だけ赤くなって、白っぽい米粒くらいの花をたくさん咲かせているようだ。小さくってよく見えない。」
e0033229_184218.jpg


でも、この花がみんな種を実らせて地面に落ちたら、来年はこの地面はどうなるのだろう。
コキアの芝生って感じになるのだろうか。

・・・・・

今朝も咲いた可愛い花の写真があるので、コキアよりかわいらしいからアップしておきます。
e0033229_18245524.jpg







by yo-shi2005 | 2017-09-21 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

画像一覧