<   2017年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2017年 10月 31日

猫の額にも 秋到来

e0033229_1882986.jpg


10月も今日で終わしりとなり、いよいよ秋の到来だ。

先日、花の付け根に小さなハヤトウリがついていたのを写真で紹介したが、あの売りが成長したのか、それともあれは落ちてしまって別の瓜が育ったのかわからないが、だいぶ成長したのがぶら下がっていた。
e0033229_18111883.jpg
写真では大きく見えるが、実物はまだ小さく、産毛もとれていない。


そのハヤトウリだが、我が家で唯一の台風被害?。
台風前に二階のベランダから撮った写真。屋根に上り始めていた。
e0033229_18133330.jpg


今朝になって「晴れているのに、仕事場の中がやけに暗いなぁ」と思ってよく見ると、ハヤトウリの蔓はトタン屋根では捕まるところががなかったようで、強風に屋根から引きづり降ろされていた。
e0033229_18165013.jpg


お陰でハヤトウリの棚はグリーンカーテンどころか、棚の上で堆肥が出来そうだ。

そのすぐ横では、今年はやけに元気が良い皇帝ダリアの白が、もうじき咲きそうだ。
e0033229_18213028.jpg


いつもは紫の方が早いのだが、今年は白の方が早く咲きそうだ。


・・・・鶏肉とごぼうのいい匂いが漂って来る。
今日は子ぎつねご飯を炊いている。
困ったことにお醤油の量が解らない。
仕方なく水加減をして、「こんな程度かなと嘗めてみた。そして具材を放り込んだ。
本当は小さな釜で1合だけ炊こうと思っていたが、具材をあれも入れようこれも入れようと並べたら、あんまりたくさん具があるので、急きょお米を2合にして電気釜で炊いている、どんな味になるか楽しみで心配で、その上空腹で・・・・。
こんなに具材を入れた。残念なのはにんじんを切らしていた。
e0033229_18334946.jpg


今ブザーが鳴ったから食べてみます。

  ・
  ・
一口食べてみたら・・・・これは美味なり。おいしいです。
子ぎつねご飯・・・何で子ぎつねというか、油あげが細かく刻んで入っているからです。
e0033229_18472159.jpg


イタダキマ~ス。





by yo-shi2005 | 2017-10-31 20:05 | 自然 | Trackback
2017年 10月 30日

残る思いを来年に・ドーム菊

e0033229_18125872.jpg


ドーム菊は上品な名前だ、ほかにざる菊、ボサ菊なんて言う呼び方をしている人もいる。

一年前ころから、憑りつかれたように一生懸命やってきたが、結果としては、基本的な失敗で、ドーム菊の形にすることが出来なかった。

そして、今日、
「今ごろは”仮宿ざる菊花観会”(かりやどざるきくはなみかい)をやってるだろうなぁ」と思いながら仕事をしていた。
ちょっと早めに仕事が一段落したので、「よし今からいこう!!」と支度をして出かけたのが午後三時過ぎ。
道路がすいていたので20分ほどでついてしまった。

何度か言っているので主宰者とは知り合いだ。ご夫婦そろってとてもいい人だ。

一目見て「あぁ、いいなぁ、俺こんな風に作りたかったんだけどなぁ」
e0033229_18223718.jpg


定植して間もないころに大雨が降ってちょっとのあいだ水につかっていて傷んでしまったと話していたが、その結果はしっかりと尾を引いていた。ピンクが弱かったようだ。
e0033229_18243052.jpg


こんな風にできるといいのだが・・・。
e0033229_1825259.jpg



すぐ隣に住んでいる、主宰者の奥さんは、住まいの庭で別の菊を育てている。
これは全く別の品種で、福助造りといって、鉢は4号蜂くらいの素焼き草丈は数十センチくらい。
e0033229_18272122.jpg


こっちの方が楽かなぁ、これをやってみるかな、なんて奥さんに言ったら、「やってごらんよ、これも楽しいよ、このあいだ台風が続けて来たでしょうあの時は2回とも全部家の中に避難させたよ」と言っていた。

私が今年育てたのは失敗に終わったので、ここで鉢植えのドーム菊黄色とピンクを二つほど買って、一つは静岡の実家に置いてきた。
「おれ、一年前からこうゆうのを作ろうと思って頑張ってるんだよ」と言って。
これがその黄色、ピンクは「これは俺が育てたんじゃねぇよ」と言って静岡の実家へ・・・。
e0033229_8505241.jpg


私はあと一年やってみて駄目だったら、今度は福助づくりに挑戦してみようかなと思っているが・・・・いかがなりますことやら。

菊の花ならうちでこんなかわいいのが咲いているんですけどね
e0033229_18365181.jpg

これ菊ですよ。ダリアみたいですね。





by yo-shi2005 | 2017-10-30 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 29日

弱そうで、意外に強い 庭の花

e0033229_14194887.jpg


先日の台風21号は知らぬ間に通り過ぎてしまったが、今度の22号はだいぶ雨が降りそうな感じで、警報まで出されている。

静岡では朝から強くなったり弱くなったりしながら雨が降り続いている。

そんな中、この花弱そうに見えて以外にも強い花なんだなと思う花がある。

玄関に貼ったタイルの残ったのを庭の隅に5~6枚重ねておいた。
すると底にたまったほこりを頼りにしてベゴニアが芽を出した。

「こんな埃があるだけでも芽を出すんだなぁ」と思いながら幾日か過ぎた。
今日見ると雨の中で花が咲きそうになっている。
ど根性ベゴニアとでも言おうか。
e0033229_14274099.jpg



この花が好きだというので、知人のお宅に、「しばらく眺めていてもいいよ」と言って、マンデビラの鉢を置いてきた。
花が終わりそうだったので引き取って来た、鉢の隅にベゴニアが芽を出していた。
「何色の花が咲くかわからないけど、植え替えて置いてみよう」と、別の鉢に移して置いてみた。
それが何日か前に咲き始めて、今日も雨の中で咲いている。
e0033229_14323198.jpg



お向かいから預かっているはなたちのなかでいろいろな葉っぱが入り混じった中で目に着いたのが、このベゴニア。
これもどこかから種が飛んできたのだろうけど、、「どの鉢からめをだしたのかなぁ」とそのベゴニアの茎を下の方に辿ってみると・・・「この鉢からだぁ」
その鉢というのが先日「こらぁ掃き溜めに鶴だ」なんて言ったこの花の鉢だった。
オンシジュームがこれだけ咲いていた。
e0033229_1438525.jpg


その鉢の中から芽を出した、ベゴニア
e0033229_1536395.jpg



そしてその近くの預かりもの椿の鉢になかにも目を出していた。雨で花びらが辛そうだったが・・・。
e0033229_15393051.jpg


こうしてベゴニアという花はあの柔らかい茎と葉っぱ、そして柔らかい花びらをしながら、意外に強いというか図々しというか、、今日は雨の中で驚いた。



そして名前のわりに弱いのが、皇帝ダリアだ。風に弱い、
e0033229_15505490.jpg

これは白い花が咲く皇帝ダリアだ。

今静岡地方には大雨警報は出ているが、強風警報はまだ出ていない。大丈夫かな??。






Moreベゴニアの種
by yo-shi2005 | 2017-10-29 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(6)
2017年 10月 28日

ガン撲滅最前線

e0033229_1861348.jpg


この記事は静岡新聞子供向けタブロイド判10月22日付に掲載されたものを主体にしてまとめてみました。

私たちの体をむしばむガンは、早期発見早期治療が一番大事なことは誰も承知していることだが・・・
現状、複数のがん種について調べられる検査としては、腫瘍マーカーが有力であるが、高価で早期がんについては精度が低いといった弱点もあり、私たち患者予備軍(誰もが)としては、体への負担や苦痛がなく、より安価に、かつ正確に早期がんを発見できる検査に自ずと関心が向くことになる。

体長1mmの線虫を使って、その体がガンにかかっているかどうかを見分ける研究が進んでいる。

九州大学発のベンチャー企業 HIROTSUバイオサイエンスと日立製作所が、共同研究を進めていくことを発表し、早ければ2019年末からの実用化を目指しています。

ところで線虫って何でしょう?。
線虫は人間の体内を含む地球上のいろいろなところに生息する、長さ1mmほどの線形動物です。
今回のこの研究に使われる線虫は普段は土の中に暮らしていて人間には寄生しないし、害も与えない種類です。

どうやってがんを発見するのでしょう?
線虫は嗅覚が犬以上に発達している生き物で、その線虫はがんにかかっている人と健常者の尿の臭いをかぎ分ける性質があるのです。
e0033229_18261775.jpg


容器(シャーレー)にの線虫を入れて置き、その中に尿一滴を垂らして、30分ほどで50~100匹の線虫が、尿の方に寄って行けばその検体の主の体のどこかにガンがあるというものだそうです。
e0033229_18315596.jpg


早期がんでもわかるのでしょうか?。
ガンの進行度合いはステージという単位であらわされますが、この方法ではステージ0~1程度の初期のガンでも反応するということです。

かなり高精度に、値段も安く(一回数千円程度)検査を受けられるようになりそうだそうですが、そのがんがどの位置にできているかは、今後の課題だそうです。
この検査で陽性反応が出た場合はその後詳しく専門医の検査が必要になると思います。

なお、このことについて詳しくお知りになりたい方はここをクリックしてみてください。広津先生の解説が載っています。

私は素人ですのでこの程度の記事を書くのが精いっぱいです。
・・・・あ~疲れた・・・・・





by yo-shi2005 | 2017-10-28 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 27日

見れば欲しくなる花の苗

e0033229_1739698.jpg


ことのはじまりは、仕事で使う輪ゴムがなくなった。

そこで、仕事で外出したついでに、輪ゴムを買いにホームセンターに行った。

ホームセンターの入り口付近には園芸コーナーがある。困ったもんだ。

見るともなく花の苗を見ると・・・・なんと見たこともない花が目に飛び込んできた。
ダリアだ。
何ともかわいい。

それがこれ「スターシスター」という名前だ
e0033229_17463046.jpg



これだけにしようと思ったが、その横にシュウメイギクがなんと花は一つも咲いていないが、つぼみを11個もつけていた。
「こんなにつぼみがついているのに買わなくっちゃ勿体ない」。
e0033229_17484626.jpg


ちなみにこの前白い花のシュウメイギクを買ったがまだ花は一つも咲いていない最近やっと一つ蕾が出てきたところだ。


店に入る通路には、ガーデンシクラメンが土間に並べてある。
「去年はシクラメンは買わなかったんだっけなぁ、ついでだから・・・・」
3ボット買って来た。

もうやめた!、急いで店に入って、輪ゴムを買って帰って来た・・・・その途中に

もう一軒ホームセンターがある。
「あっ、腐葉土を買うの忘れた、ここで買って行こう」と駐車場に入った

腐葉土の隣に花が並べてあり。またここにも珍しい花があった。初めて見た。名前は
「ウインター・コスモス」手に取ってみるとかすかな香りがする。
すぐ横には花が咲いたビオラがずらり並んでいた。

このくらいは腐葉土のおつりで足りるかな???。

ウインターコスモス
e0033229_1834282.jpg


そして、まだ植え付けてないガーデンシクラメンとビオラ
e0033229_1844766.jpg

e0033229_1851444.jpg


植え付けながら見ると、近くにあったネリネがこっちを見て笑ってたような気がした。
「親父さん、毎年なんだかんだと苗を買った来るんだね」

「このネリネは亡妻の従兄弟の家から我が家にもらわれてきてから15年くらいになるが、毎年花を咲かせている。
よく見ると今年もつぼみが出始めていた、
e0033229_188367.jpg


置く場所もないし、古株のネリネに笑われるからもう買わないことにしよう・・・・・なんて思ったってダメだろうな。






by yo-shi2005 | 2017-10-27 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 26日

富士山雪化粧

e0033229_17442361.jpg


朝からよく晴れていた。こんな日なら富士山も見えるだろうと、急いでパソコンに向かって、県の富士山ライブカメラの画像を開いてみた。

山頂付近が朝日に輝く富士山が映し出されていた。
この画像は配信されたライブカメラの画像をそのままコピーしてアップロードしました。
e0033229_17552056.jpg



静岡側から見れば、初冠雪だと言いたいところだが、なぜか富士山の初冠雪は、山梨県甲府地方気象台から初冠雪が目視で観測出来たときに初冠雪と発表される。

ちなみに今年の初冠雪の発表は10月23日だった。
その日は、雨の後の晴れた日だったので私も静岡から目を凝らして眺めたが、雪らしいものは見られなかった。だが甲府の方からは見えたのだそうだ。

その日の静岡新聞夕刊には、こんな写真が載っていた。これは上空から撮影したものだ。
2017.10.23静岡新聞夕刊切り抜き写真
e0033229_183130.jpg



本日
昼前に用事で出かけたので、いつも富士山の写真を撮る駿河区東新田の安倍川右岸堤防道路に行って見た。
これは私が地上から撮った写真です。
e0033229_185489.jpg


そして、静岡新聞の夕刊にも綺麗な写真が載っていた。
これは今日10月26日静岡新聞夕刊の切り抜きです
e0033229_1872661.jpg


e0033229_18192721.jpg


今日は富士山の話だけなので、せっかくですからその写真の記事も一緒にアップします。
e0033229_18102536.jpg


これからは富士山が綺麗に見える季節になります。とても楽しみです。
でも我が家からは富士山は見えません。

また時々富士山の綺麗な姿をアップします。





by yo-shi2005 | 2017-10-26 20:05 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 25日

雨降りでもやっぱり逢いたい・花に

e0033229_17503441.jpg


今年の「秋の長雨」はまだ降りたいらしい。今日もはっきりしない空模様。
そんな中、傘もささずにカメラを持って、狭い庭をあっちこっち、花を求めて、濡れながら。

一昨日のこと

「雲南サクラソウは元気だけどこれだけじゃ寂しいな」なんて思いながら見ていると。

あれ?!、これは何だろう、四鉢のサクラソウの中に一つだけ、オキザリスのような葉っぱに押しつぶされそうな子がいた。
e0033229_17581043.jpg


このままじゃ雲南サクラソウが負けちゃう。でもこの三つ葉の植物は何だろう、出てくる芽の数も多い、この葉っぱでこの赤い茎、見た覚えもない。一体何だろう???。
でもとりあえずサクラソウを助けなくっちゃ、でも、この三つ葉も何になるのか興味がある。

そこで、一番小さなスコップでサクラソウの球根
を痛めないように、そしてこの侵入者の球根も炒めないようにそっと掘り出して、そのまま別の鉢に植え付けた。

侵入者を植え付けた
e0033229_1831135.jpg


そしてサクラソウの鉢に空いた穴は土を入れて、塞いでやった。

この一番手前の鉢がその雲南サクラソウだが、何もなかったような顔をしている。
e0033229_1864654.jpg



そして、初めて種を蒔いたホリホック(タチアオイ=静岡市の花)が芽が出たのだが、日差しがなく雨ばっかり降っているから、茎がひょろひょろ伸びてしまうので、思い切って植え替えた。
この花は、高さが1.5メートルくらいになるので、もっとしっかりした苗にしてもう一回増え変えたほうが良いと思うが。
本当は育て方を知らない。
植え替えたホリホック
e0033229_18134257.jpg



もう一つ小さな秋

この写真上の方が暗い感じがしませんか?。この葉っぱはほど芋の葉っぱです。
この上の方は、グリーンカーテンという名目で、ハヤトウリの葉っぱと皇帝ダリヤの葉っぱが生い茂っています
e0033229_18172110.jpg

夏は涼しくってよかったのですが、今は仕事場の中が暗いです。


もう一つお付き合いください。

昨日10月24日は、亡妻の祥月命日だったので夜に牡丹餅を作って供えました。
e0033229_1819593.jpg

(自分が食いたかったから作ったのですか)

結婚当初は妻は牡丹餅を作ったことがありませんでしたが、私が作って見せて教えたら、その後上手に作るようになりました。でも今は作れませんので私が気が向くと作ります。

作った本人が早く食べたかったので、お皿なんかなんでもいいやって、食器棚から出したら、ちょっと小さかったようでしたね。 
やっぱり「急いては事をし損じる」ですね。でもおいしかったです。





by yo-shi2005 | 2017-10-25 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(3)
2017年 10月 24日

サクラソウの苗

e0033229_17372943.jpg


もう5年以上も前のことになるが、タグのついていない花苗を買ってきて、花は咲いたがその名前がわからず、ブログのお友達に「雲南サクラソウ」と教えていただいた思い出がある花。

その「雲南サクラソウ」の苗を先ごろ、お友達から頂いて、植え付けた、今は元気に育っている。

「あっ!、いけねぇ。雲南サクラソウの今日の写真を撮っておくの忘れた!!」

関連のネタだというのに写真を忘れるなんて・・・歳は取りたくねぇもんだ・・・。

それで、その雲南サクラソウだけじゃ寂しいと思っていた矢先、あるホームセンターに行ったら、入荷したばかりで、みずみずしいサクラソウの苗があった。
値段も安い(¥98)、早速買って来た。
耐寒性の強い花なので、早春には咲いてくれると思う。その前に咲くのかな??。
早速植え付けた5鉢3色
e0033229_1747654.jpg



・・・・

棚の隅でおとなしくしている大きな葉っぱがある。
我が家に来て間もなく1年になる、花が咲き始めてから次々とつぼみが出てよく咲いてくれていた。オキザリス・トライアングラリスだ。
これが、しばらく前に一時花がなくなった。
「今シーズンはこれで終わりかな?」と思っていたらまた、大きな葉っぱの陰からツボミがにょきにょきと伸びてきて咲き始めた。
今日も咲いている。
e0033229_17523985.jpg


自分はだらしないくせして、こんな風にだらしなく咲くのは好きじゃないので、ちょっと綺麗にしてあげた。花には迷惑なことかもしれないが・・・。
e0033229_17542356.jpg



オキザリスと言えば、元気に咲いているのが・・・
黄色の花も可愛いが、床屋の看板みたいな蕾もかわいいゴールドアイランド
e0033229_17564846.jpg



以前に丸いリングの支柱を立ててあげたが、あれがあってこんな具合だから、何もしなかったらどうなっているか、カーリーヘヤーみたいなペンタフィラ
e0033229_1832116.jpg


・・・

小さなわが庭の大きな葉っぱの小さい秋見つけた

夏に大きな赤い花を咲かせたもみじ葉あおいが黄葉した。
e0033229_1891436.jpg



だんだん秋も深まってまいります。
皆様お風邪などひきませんように。






by yo-shi2005 | 2017-10-24 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(3)
2017年 10月 23日

コキアの実は畑のキャビア

e0033229_18102189.jpg


今年の夏は暑かった、暑い夏の日は花の苗を買ってきてもうまく育たない。
花がだめなら葉っぱを楽しもうと買って来たのが、今日の話のほうき草ことコキアだった。

そこまで気が付くのが遅かったが何とか見つけて苗を買って来た。

こんもりとよく茂って涼しさをプレゼントしてくれた。
e0033229_18145562.jpg


そしてお彼岸のころに花が咲いた
e0033229_18174613.jpg


花が終わると茎から次第に赤くなってきた。
e0033229_18183670.jpg


秋の深まりとともにすっかり紅葉した。みどりの時も涼を呼んでくれてよかったが紅葉もまた素晴らしい。
e0033229_1820747.jpg


葉っぱをいじってみたがまだ実は赤く柔らかかった。まだ未熟だ。

それから幾日か、葉っぱの赤みの薄くなったころ、触ると種がこぼれるようになった。
でも秋の長雨にたたられて、収穫できない
e0033229_18521183.jpg



台風一過の晴れが来た。ひと鉢だけ収穫してみた。
枝をそっと切りとって逆さにして指でしごくと面白いように種が落ちる。
とりあえず今日の分
e0033229_18271276.jpg


この種が、「とんぶり」と言って、来年の苗を作るためだけではなく畑のキャビやとか、和製キャビアと言われて、珍重されているうえに、民間薬として利尿効果や、強壮効果があるのだそうだ。

作るのはかなり手がかかるようだが美味だそうだ。
ネットで探したらこんな画像があったので借りて来た。
e0033229_18333935.jpg


作り方も調べたが、長くなるのでここには載せませんし、私は来年の苗を作るための種があればそれでいいので、これを食おうとも思わない。


とんぶりの解説を載せておきます。

とんぶりは、アカザ科ホウキギ属(英語版)の一年草であるホウキギ(ホウキソウ、ホウキグサ)の成熟果実を加熱加工した物の、日本語での名称。 日本では古来、民間療法で用いる生薬の一つであったが、現代では日本文化における食品の一つとして用いられることが多くなった。

ホウキギという植物もその実を薬用および食用とすることも古代中国からの伝来であり、日本で言う「とんぶり」と同じものを、古来中国であれ日本であれ漢方医学では地膚子(日本語読み:ぢぶし、じふし)と呼び、利尿と強壮を主な薬効とする生薬として取り扱ってきた。




 
食わずとも


見て楽しまん


 ほうき草


夏は涼しさ


秋は紅葉


    よしa0290852_9551381.gif

  





by yo-shi2005 | 2017-10-23 20:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 22日

嵐の前の歌散歩

e0033229_2020405.jpg


朝からじとじとと降り続いたが、まだ台風の雨にはならず、こういうのを「秋霖」というのかなっていう程度の雨だった。この後どうなるか。

台風の予報では超大型で強力な台風がその勢力をあんまり落とさずにやってくると言っている。
おまけにその予報進路の真ん中あたりに静岡市がある。こらぁどっちにそれてもやばい。

そこで昨日から花たちを避難させてきた。歌を詠みながら・・・。

表庭にあった台風に弱そうな子らを玄関に取り込んだ。
e0033229_1518332.jpg



これらは取り込んだが、玄関前のデュランタ・タカラヅカはどうにもならない、支えの棒が一本でも外れたらグニャっとなって倒れてしまうような柔らかい木なのだ。
e0033229_15203120.jpg



裏庭に行って見ると台の上に明日の朝には咲きそうな酔芙蓉がこっちを見ている。
このままじゃ咲いたらすぐに散ってしまいそうだ。
鉢も葉っぱも綺麗に洗って家の中へ。そしてベッドの脇へ。
e0033229_15251639.jpg



そんなことをしながら仕事場の屋根の上を見ると、白花の皇帝ダリアが、今年の春植え替えた場所が気に入ったのか、紫色の皇帝ダリアよりも元気よく高くそびえている。
よく見ると蕾を付けているようだ。梢まで4mくらいはある。今更どうにもならない。
皇帝ダリアに、「おい、台風が来るっていうけど、どうする?」って聞いても・・・・。
e0033229_15292894.jpg



ドームには ならぬ菊でも 花は花
   
      咲けば可愛い 失敗作の花     よし

この子も家の中に入れてあげた。
e0033229_15414272.jpg


ねぇ、ドーム菊には程遠いスタイルでしょう。
あっ、菊は短日開花性の植物だから、こんな明るい所では花が咲けないかも。







by yo-shi2005 | 2017-10-22 20:05 | 歌散歩 | Trackback | Comments(2)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ファン

画像一覧